2009年04月30日

新しい概念を伝える時の3つのルール

(このエントリーは、自分の頭の整理です。
 いわば、フィッシュ哲学ならぬ、アイデアプラント哲学。)

新しい概念、難しい知識を伝え短時間で理解してもらうために
コツがあります。
本質を結晶化させると3つにまとまります。



ルール1「近似する。知っているモノゴトで」

ルール2「芯から言い始める」

ルール3「絞る。3つまでに」




どんな概念も、
理解者は知っている行為へ分解して理解します。
その人が持つ視座でしか、理解しないためです。

その概念に習熟すると
その概念を一つの存在として、視座の集合に迎え入れています。



学習者は、
伝えられる情報を積み上げます。
広い何もないテーブルの上に、積み上げていきます。
概念の要素を。
はじめに伝えるものが、土台になります。
それが、伝えるべき物事のはじっこだと
理解の積み上げがひどくいびつになります、。
認知のストレスが上がります。
なので、いうときには、一呼吸置き、整理して、
芯から、つたえます。




人間の頭の短期記憶は容量が小さい。
仮置きの情報を、積み上げすぎると、最初の3つを残して
あとは滑り落ちています。

相手の手の中に、ボールを、3つ以上、もたせない。
そういう意識が重要です。

仮に腕に抱えてもらったボールを、一度、あるべきところに
置きに行ってもらうことが必要です。

休憩するか、日を変えるか。あるは、まとめの整理トークをするか。

そうします。



3つのルールを適用すると、

「新概念を、相手に理解してもらう時には、
 それを、既存のよく知っている行為3つで近似する。」

ということになります。

3つではとらえきれないこまかいことは、
ひとまず捨てます。
何を残すか、といえば、それは、芯。

そういうことだと、おもいます。
posted by 石井力重 at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | メソッド&ハウツー

YUREXが本当にやってきた!

(今日は記事っぽく書きます)

今日、独立・開業してちょうど一カ月目が終わろうとう日。アイデアプラントには偶然、大量の宅急便が届いた。
続きを読む
posted by 石井力重 at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/YUREX

2009年04月29日

漫画家「さそうあきら」さんとのお仕事

このエントリーは長いです。

京都精華大学で、漫画家「さそうあきら」さんとのお仕事をしてきました。

なぜいきなり、漫画?

となりますよね。いつもの私の支援先の企業さんや技術開発者の分野の方にとっては。

私の仕事が「創造支援」である、ということがことの本質を端的に言い表しています。

続きを読む

2009年04月28日

講義の準備の朝。アスリートとほぼ同じ。

今日は、お話づくりの講義の日です。
午後からの講義なのですが、午前中からいくどか講義資料を
みなおして、想定を繰り返しています。

続きを読む

アイデア収束支援ツールの初公開

昨夜の会食では、柴田さんと元同僚の方に、アイデアプラントの次期商品である「アイデア収束支援ツール」をお披露目しました。

続きを読む

京都×ブレインストーミング

京都の夜は、誰かと会ってブレストしたり、一人ブレストを深夜までしていることがすごく多いです。

今日は、KGCの柴田さんと会食して、いろんな話を聞かせてもらいました。ああ、たのしいなぁと、のびのびとした気持ちで、発散思考をたのしむ一時でした。

(私も時々、人からそういうコメントを頂戴して嬉しく思うことがあるのですが、その意味が、気持ちレベルで、ふと分かった気がします。こういうことって、すごく価値がありますね。数字や金銭ではかれない、記述できないものごとなのですが。)


柴田さんの語る姿を見ていて「流れる川」を思いました。

流れる川の流れには、再び、同じ水はない。
前に見た水とは全く別のものが次の時にはある。
しかし、川の流れという存在自体は、ずっと変わらずそこある。

そういう「流水」という「不変の存在」のような、人だなぁと思いました。

また数年後にきっとお会いすることがあると思うのですが、今日の話とは、「そこを流れている水は全然違っていて」そして「流れ」という存在としては、一部の揺るぎもなく、その存在を保っているのだろうと思いました。


京都。

日の明けたこれからの今日は、京都精華大学でブレインストーミングとか、お話づくりのアイデア創出のメソッドの、講義(というよりワークショップ)です。

京都にいると、その大半を、クリエイティブな人との接触か創造支援の仕事をしています。

いつか、遠方の支社的オフィスをつくるなら、京都のあたりがいいなぁと、京都に来るたびに思います。それはなかなか難しいとしても、いつか、どうにもアイデアが出ない時があったらなら、ペンとお財布だけもって、京都にいって、昼夜きままに、人と会って、考え事をして、リフレッシュしたいなぁとおもいます。

未来に明るいものがある、と想起させること。

社会における大人の仕事の一つに、
子供たちに「未来に明るいものがある」と想起させるような
後姿を示しつづけること、があると思います。

子供、と表現しましたが、明日を作る人々、というべきかもしれません。
私は教育的な行為をする時にはいつも、自分より仮に年上の方でも
わが子だと思って愛そう、とおもってその場に臨みます。

そのためには、
自分自身が、本気で、未来に明るいものがある、と信じ、
その実現の為に、ゆるぎない努力をし続けていて、だからこそ
本心で信じられる、そういうものではないかと思います。


「はじめに本物を与える」

私の教育的な活動における理念です。
生涯を通じてその知識は、その人に残ります。
だから、初めに与えるものは本物でありたい。


そんなことを思う夜でした。
posted by 石井力重 at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、価値観、仙台オススメ



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(59)
ideaplant 作品(25)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(83)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(147)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(343)
アイデア・スイッチ(38)
アイデアの技法(216)
メソッド&ハウツー(189)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(119)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(11)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(3)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(12)
311special(5)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)