2010年01月16日

松阪でアイデアワークショップをしました。

1月16日(バックデートで書いています)

松阪市(三重県)でアイデアワークショップを行いました。

その前日、東京からの移動では、富士山が見事でした。
Mt_fuji.jpg
この時刻前後、西日本では部分日食があったそうです。

さて、松阪。今回よんでいただいたのは「松阪商工会議所 青年部」さん。

松阪にご縁ができたのは去年の夏、米山さんに呼んでいただき市民向けアイデアワークショップをしたのがきっかけでした。そこにいらしていたMさんが今回はこうした形で場を作って下さいました。

今回のアイデアワークショップの講義スライドは、アイデアプラントのダウンロードページからダウンロードできます。

講義スライドのダウンロードページ

クリックするとPDFファイルのダウンロードが始まります。
開くと以下のような画面になりますので、
黒っぽいスライドをクリックして下さい。
download_slide_update.jpg

今回の参加者は、青年部、ということで、地域産業の明日を担う方々です。

今回は大きく分けて以下のような事をしました。

1)シンプルなアイデアの出し方
2)ビジネスアイデアと簡単なビジネスプラン化
3)アイデア会議の実践的な方法(BWを中心に)
4)力強いブレインストーミングのやり方

プラス、いつもながらに、石井からのメッセージを。


みなさん、飲み込みが早くて、かなり速い進行速度で、すすめることができました。15:10〜20:00、実に5時間にわたり、膨大な量のアイデアをみなさん出されていました。

ちなみに、「〜松阪YEG 活動報告〜」に感想を書いてくださっています。

こちら

なんとも、ありがたいお言葉。
これを励みに、さらに精進いたします。

今回、人数が比較的コンパクトだったこともあり、ワークの途中に創造特性に関する雑談をいれたり、個人発想のワーク時に、代表例として、お一人前に出て一緒に発想プロセスをおこなったりと、理想的な進め方ができました。

皆様、ありがとうございました。

matsuzaka_002.jpg

matsuzaka_001.jpg

matsuzaka_003.jpg

matsuzaka_station.jpg

2010年01月15日

月刊誌「THE21」の方にお会いしました

2月10日発売の「THE21」については、
こちらをご覧下さい。2月10日のブログへ


1月15日。

今日は、雑誌 THE21(PHP研究所)の中村さんとプロのライター百瀬さんに取材をしていただきました。

東京駅の駅前、丸の内ホテルにて、2時間ほど。

marunouchi_hotel.jpg
(それにしても、この10年で、丸の内側は、綺麗になりましたね。)

発想ノート法、というテーマでした。
優れた、ライティング中心の発想技法がありますが、発想法の根底にあるものは結構違います。しかし、それらに「発想するノート記法」として共通するものが有ります。それを、整理してお話しました。

私たちアイデアプラントの開発した発想専用の罫線の入ったシート「はちのすノート」も、それらのエッセンスを踏まえて解説しました。

shuzai_fuukei.jpg

今回の取材をいただいて、とても発想ノート法について、深く考える機会をもらえました。普段、結構そういう方法使いつつもそれらの根底にあるものを深く考えることはあまりなかったのですが、発想手法の観点から言えば、かなり興味深い共通点をもっているんだなぁと、整理しながら思ったのでした。

(その整理のメモをつくって取材時にお見せしました。普段はそういうメモを用意してはいないので、私にとっては、とても特殊なケースなのですが)

nakamurasan_and_momosesan.jpg

おふたりとも、話を引き出す流れの作り方が実に自然でいて、気がつかないうちに、たくさん引き出してもらって、お話していました。ありがとうございました。

2010年01月14日

「書いてから、考える。」

1月14日。

発想ノート法の取材を受けることになりまして、そのために発想のためのノート記法を、体系的に分析して共通項を抽出していました。

具体的なところは雑誌に掲載されてから、紹介したいと思いますが、一言で芯の部分を言うと

「書いてから、考える。」と言う部分が、
発想ノート法には、ある。ということ。

「無駄書きさせる仕組み」が備わっていることって
実はすごく大事なんです。

iPod touchの連載の第6回が、掲載されました。

1月14日。

道具の使い方アイデア考、的なテイストですが、ITmedia 誠Biz.IDのiPod touchの連載、第6回が掲載されました。今回は、私の本業である「発想ツール」としての使い方を考えてみた、という内容です。



会議中、手元のiPhoneやiPod touchを自動スライド機能にして、発想カードがぐるぐると巡っていくようにしておくと、ふと目にした発想のトリガーから、アイデアが出てくるかもしれません。

自身を持ってオススメする方法です。記事のリンクから、発想カードを創るための専用テンプレートもダウンロードできます。よかったぜひお試し下さい。

2010年01月13日

サービス開発プロジェクトもそろそろ佳境

1月13日(バックデートで書いています)。

半年かけて、地域の起業家の新事業(とくにサービス業系)を開発するプロジェクトも、そろそろ、佳境です。

起業家の方が、アイデアを熟成してきましたが、今回は、「数値計画」。かなりしっかり数字で夢を表現出来る時期に。

数値計画のトレーニングで、庄司先生から、ラーメン屋を開業した事業ケースでの損益分岐点の計算方法などを、段階を追ってお話していただきました。私も一緒に手元で計算してみて、とても興味深かったです。

ベテランの起業家さんもいて、ケース例題の計算なのに、それを超えた設定付けをもとに、具体的な数字を算出されている方もいて、とても私も勉強になりました。

アイデアワークの支援専門家としての石井には数値計画など、この辺になってくると、あまり全面にでることなく、サポート講師に徹していますが、いずれにしても、アイデアから事業開始まで、多様な講師陣によるサポートで、力強く前に進んでもらえるよう、私たち講師サイドも皆、精一杯頑張りたいと思います。

2010年01月12日

クライアント先でのアイデアワーク

1月12日(バックデイトで書いています)。

アイデアワークの支援を依頼されるクライアント企業で、アイデアワークをしてきました。今回は、大量のアイデアの中から、試作段階に進めるためのトップアイデアを選出する、というワークです。

具体的には
1)アイデアの評価軸を作り出す
2)シンプルな手順で全アイデアを評価する
3)トップアイデアを強化する(PPCOプロセス)
   PP=「アイデアの潜在可能性の顕在化」
   C=「アイデアに再しての懸念点」
   O=「対策案のブレスト」

この商品開発チームは、アイデアワークの専門的トレーニングは受けていませんで、都度都度、方法をお話して学びながら進みます。メンバーの理解力が早さにたすけられて、非常に短時間で、深いアイデアワークが可能になっています。このクライアントさんは、社員の方の変化対応力が全体的に高いような気がします。

(私をいれて、アイデアワークをしてみよう、とお考えのトップがいる時点で、かなりそういう組織文化であることはさっせられていましたが)

アイデアの評価は難しい。というのは、たしかにありますが、それでも、ロジカルなアイデアの扱い方はあります。特にTRIZ系の技法を使うコンサルタントの方々は、かなりデリケートかつ大胆に、アイデアを強力に絞り込む術を知っています。私のワークは、そうした方々にご教授いただいた部分と、オズボーン系のCPS技法などにある技法を、適宜、組み合わせて使っています。

この深さのクライアントワークは、1時期に1社しかうけられないなぁと、思います。実際に製品開発にアイデア開発の支援者として入るのは、かなり精神的にもコミットしているわけで、週の多くの時間、そこに意識がいきます。アイデアワークの事後の整理も、かなりしっかり行いフィードバックをしていきたいですし。

そんな調子で、「自社の製品開発プロジェクトだとおもって、仕事します。」(と、勝手にクライアントに誓い)、取り組んでみています。

2010年01月11日

最も出ているのが、9点セット、だそうです

アイデアプラントの作品は「カード」「シート」「ボード」など、いくつかの局面に特化した発想支援ツールがあります。

どの商品もアマゾンから手に入りますが、マグネットデザイン社の運営するオンラインショップ(その名称は、アイデアプラント・オンラインショップ)でも、手に入ります。

アマゾン店のほうが「出荷が早く」、オンラインショップ店のほうは「セットでお得」、という違いがあります。

そのセットの中には思い切ったものがあります。

送料無料でとにかくお得!アイデアプラント福袋9点セット
http://braster.ocnk.net/product/35
価格24,400円(税込)


ボリューム・セットでだいぶお得な価格設定と言うこともあって、実は、オンラインショップ側で最も出荷している商品はこの9点セットなのだそうです。オンラインショップ店長によると。

年度末の残予算をそろそろ使う時期だと思いますが、もしご興味あればぜひご検討下さい。アイデアプラント作品は、産学連携で開発したものや、技術開発理論のエッセンスカードなどがあり、残予算として「開発の資料を買っておこう」と言うときに丁度よいかもしれません。

どのツールも小ロット生産なので収益幅は薄いのですが、その収益は、アイデアプラントの創り出すツールの開発費として、大切に使わせてもらいます。(買ってくださる方と、きめこまかい販売対応をしてくださっているマグネットデザイン社さんに感謝!)



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(60)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(84)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(154)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(353)
アイデア・スイッチ(38)
アイデアの技法(217)
メソッド&ハウツー(189)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(119)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(13)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(3)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(12)
311special(5)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)