2010年07月26日

支援案件が記事になりました

農商工連携をゲームで学ぼう 仙台のコンサルが開発
http://www.kahoku.co.jp/news/2010/07/20100723t12019.htm

仙台の地域活性のベンチャー、プロジェクト地域活性さんが記事になりました。
思えば二年半ぐらいまえの新年早々、まだよるも暗いうちから頻繁に開発会議をして創りあげたました。まだまだ人材育成の必要な分野です。未踏領域にはじめて投じた一石。1人でもこれで何かを得て力強く進んでくださる人がいれば幸いです。

育成ツールは作っただけでは道半ば。使って人が学び取る、実践に役立てる、そこまで行ってはじめてゴールです。
このツールはようやく折り返し地点に入りました。真のゴールに向かって私も全力で伴走を、します!

もっとアイデアを出したい人、を支援

アイデアプラントの仕事を一言でいえば、首記の言葉になります。

具体的には3つあります、仕事が。

1.発想支援ツールの開発
2.アイデアワークショップの実施
3.アイデアワークの設計

ブレインストーミングのカードゲーム「ブレスター」やTRIZ発明原理をもとに作った発想支援カード「智慧カード」など。クライアントごとに専用品を作ることもあります。

良い発想手法をメンバーで体験することでここの力とチームの力を高める事をワークショップの形で提供します。

そしてプロの方から依頼を受けて彼の発想行為を分析、整理して、大幅な単純化をおこない、彼が調子の悪い時でも取り戻せるように、そして彼の部下やお弟子さんに伝えられるようにします。


アプローチとしては「創造工学」の範疇にある各種の創造技法をコアエッセンスとして使います。平たくいえば創造的に考えるためのステップや特有の知識セットを現場に擦り合せる様な行為です。


目指して進むもの
創造的な人や組織が次々と生まれてくる社会を作りたい


大きな野望かもしれません。五年、三年でやろうとしない。10年、20年かけてずっと追い続けていく。情熱と覚悟をもって、凛と力強く進みます。

空の鞄にゼロから入れる

このところ出張がちです。

前回自宅に戻ると鞄を一度空にしました。
いろんな物が出てきます。今朝出発の準備で
今回いる物を棚からとって行くとアマゾンのようです。

ゼロから入れると気持ちいいです。
ただ、普段からそれほど余計なものを入れていないので
そんなに軽くはなりませんが。

たしかあったはず、は、無いかもしれない、でもある。
確実に入れた、は、ないはず無い、であり。


今も新幹線で300キロ移動中です。
posted by 石井力重 at 15:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | メソッド&ハウツー

2010年07月20日

行為を単純強力化

発想法の勉強、日々勉強です。

世界にはさまざまな発想法があります。なるほどと思うのは、だれもがいつかしていた行為を単純強力化しているところ。

一方、芽生え始めの発想法は人工的に過ぎるところがあります。人の手でこなれていくうちに発想法は磨かれた玉のようになります。そこからの構成をかえるのは難しいところですが、時代に合うように変えていかれなければそれは完璧な玉でありながらほこりをかぶります。

温故知新。発想法もまた然り、です。

2010年07月19日

はちのすボード、ワークショップ被験者感想

はちのすボードによるアイデアだしを体験してもらい、被験者に自由記述の感想をいただきました。

[日時]2010/07/09_18:50〜19:20
[場所]TRUNK presentationroom
[参加]東北大学生(5名)

  • はちのすシートはブレストの際に生まれる似たような考え方やアイデアのブレークスルーになった!カードであるならほしい!
  • やはりアイデアでも、事前知識がないと息詰まることが分かった。アイデア出しのテーマとともに、事前知識の必要性を感じた
  • アイデアを生み出そうと考えると、アイデア考えなきゃ!という思考が働いて、様々なアプローチがしにくくなるので、その時蜂の巣ノートを見ると視覚的に発想の転換が行えるのでよい。これはカードよりはボードにほとんどの要素が書いてあることがメリットだと思いました。
  • 事前知識がないとアイデアを書きにくいが、あまり調べすぎると縛られるので難しい
  • 吹きだしとは関係ないアイデアを思いついたときに書く場所に迷った。吹きだし(?)どうしの隙間を作ってそこに書けたらいいな、と思った。(蜂の巣っぽくなくなってしまいますね)
  • もっといいのが思いつくかもしれないと感じて、その吹きだしにアイデアを書きこむことに躊躇してしまった。そのときにも出た意見だけど、同じ質問が複数あるとよい気がする。
  • 1つの吹きだしに1つの問いかけ(?)、1つのアイデアだったが、1つの吹きだしに2つ、3つ質問(字は小さくなっちゃう)があってもおもしろいかもしれないと思いました。そうすれば、1つの問いかけが複数の場所にも配置できる、と思った。

2010年07月17日

ごく簡単なアプリの案なら、Webサイトで

iPadのアプリをいろいろ考えてみた中で、ごく簡単なものならば、WEBサイトでそれを提供してiPadから除いてみればいいのではないかと思いました。フラッシュはつくるすべも無いですが見れもしないのでそもそものぞいて、そうすると、テキストと画像と入力ボックスとリンク構造だけで、簡単なアプリ的なこと、なんらかの有意義な機能を提供すればいいだな、と思います。

たとえば、よい文章を書くためのフレームワークをアプリとか、発想のための刺激になるコンテンツとかは、iPad+Webサイトでいいんだと思います。

もうすこし考えて見ます。
posted by 石井力重 at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/iPad

iPadからのブログエントリー

アイパッドからブログをかいてみています。
メールから書いたことはあるのですが、編集画面を開き書いたのは初めてです。これはなかなかおもろいです。

写真もアップして見ます。

あ、これはだめですね。pcの中のファイルを参照するが如くの作業はできません。

ひらめき 絵文字はいけました。

長い入力はきついですが、誤字脱字の手直しぐらいはいけそうです。

posted by 石井力重 at 01:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/iPad

先日の東北大マスピーでのアイデアワークショップを誠ブログの記事にしました。

アイティメディアの展開するブロガーによるブログの一つ「誠ブログ」にて、先日のマスピーでのアイデアワークショップの様子を記事にして見ました。ゲームアイデアの発想部分です。

 「学生たちと、ゲームのアイデアを出してみた」
 http://blogs.bizmakoto.jp/ishiirikie/entry/655.html

実際の雰囲気がわかるように、あまり編集をしていないビデオを掲載しています。多少、内容がアレなものもありますが、それも含めて、アイデアワークの雰囲気を感じてもらえれば幸いです。



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(68)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(86)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(167)
アイデアプラント 5th(2018-2020)(16)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(373)
アイデア・スイッチ(39)
アイデアの技法(224)
メソッド&ハウツー(191)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(124)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(15)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(4)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(14)
311special(6)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)
過去ログ
2018年09月(2)
2018年08月(1)
2018年07月(8)
2018年06月(12)
2018年05月(11)
2018年04月(7)
2018年03月(8)
2018年02月(6)
2018年01月(2)
2017年12月(6)
2017年11月(12)
2017年10月(3)
2017年09月(3)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(5)
2017年05月(8)
2017年04月(5)
2017年03月(8)
2017年02月(6)
2017年01月(6)
2016年12月(10)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(5)
2016年07月(6)
2016年06月(9)
2016年05月(11)
2016年04月(10)
2016年03月(12)
2016年02月(15)
2016年01月(32)
2015年12月(41)
2015年11月(28)
2015年10月(11)
2015年09月(5)
2015年08月(10)
2015年07月(6)
2015年06月(6)
2015年05月(7)
2015年04月(19)
2015年03月(4)
2015年02月(7)
2015年01月(6)
2014年12月(6)
2014年11月(9)
2014年10月(12)
2014年09月(11)
2014年08月(11)
2014年07月(14)
2014年06月(2)
2014年05月(8)
2014年04月(6)
2014年03月(10)
2014年02月(2)
2014年01月(5)
2013年12月(7)
2013年11月(6)
2013年10月(8)
2013年09月(10)
2013年08月(11)
2013年07月(17)
2013年06月(7)
2013年05月(11)
2013年04月(11)
2013年03月(6)
2013年02月(13)
2013年01月(11)
2012年12月(34)
2012年11月(13)
2012年10月(8)
2012年09月(12)
2012年08月(13)
2012年07月(40)
2012年06月(27)
2012年05月(23)
2012年04月(15)
2012年03月(17)
2012年02月(23)
2012年01月(10)
2011年12月(20)
2011年11月(32)
2011年10月(18)
2011年09月(22)
2011年08月(24)
2011年07月(32)
2011年06月(20)
2011年05月(7)
2011年04月(34)
2011年03月(74)
2011年02月(36)
2011年01月(36)
2010年12月(50)
2010年11月(47)
2010年10月(57)
2010年09月(36)
2010年08月(42)
2010年07月(39)
2010年06月(64)

Powered by さくらのブログ