2010年09月24日

用途アイデアを発想する技術

久々に、アイデアの技法を紹介します。



以下の内容がPDFでダウンロードできます。

用途アイデアを発想する技術




用途アイデアを発想する技術

自身のもつ技術や、自社の製造する素材に新しい用途を考え出す。業界に登場した新しい技術や新素材の用途を考え出す。こうした際に効果的にアイデアを創出することが出来れば、付加価値の高いビジネスを生み出せる可能性が高くなります。

技術と素材は、形の無いものと形のあるものであり大きく異なりますが、用途アイデアを発想するアプローチは同じです。普段は無意識にしているそれを、いつでも、確実に出来るようにしてみます。

ステップは2つです。

ステップ1「素材・技術」→「もっと○○できる」
ステップ2「もっと○○できる」→「潜在ユーザ・用途」

この2段階に分けて発想する。簡単に言うとそれだけです。この構造は、アカデミックな新技術を用いて新市場を作り出す場合にもよく使われています。この方式のよいところは、ステップ1と2を分けて行うことで考えやすくなり、アイデアを非常に多く得ることが出来ます。また、複数人でアイデア出しを行う場合にも有効です。メンバーの中に、テクノロジー側の人材、ビジネス側の人材がいた場合、アイデアを出しているレイヤーが違っていてかみ合わないことがよくありますが、二段階に分けて発想することでメンバーがもつ知識や着想を効果的に掛け合わせることができます。

詳しく方法を解説します。


ステップ1「素材・技術」→「もっと○○できる」

まず素材や技術(あるいは、設備など、自社の資源)の名称を具体的に書きます。それが、大きく異なるものをいくつかのものを含んでいる場合、要素に分解して、その一つを書くようにします。(発想するときには具体的なものの方が発想しやすいという特性があります)

次にそれがあると「もっと○○できる」というものを列挙します。このとき、世界で一番である必要は無く、業界平均に比べて勝っていればOK、というぐらいにハードルを下げると、沢山書き出せます。書き出す時は「○○できる」もしくは「○○」と書きます。(これは、素材や技術の持つ「機能」や「便益」を書き出すことをしています。)

似たようなものも沢山でますし、上位概念や具体的なものも出ますが、気にせず列挙していきます。通常ここは、素材や技術に詳しいテクノロジー側の人材が沢山発言します。


なお、この部分は、各人が「マンダラート」や「マインドマップ」を使って拡げるのも良い方法です。アイデアを拡げるときに、発想を強制的に引き出す力を使うノート記法の一つです。


ここからは、複数人で行っているか、一人で行っているかで分岐します。

【メンバーが複数人いる場合】

そして、複数人がいる場合は「ハイライト法」をします。メンバー全員がペンを持ち、リストを見てゆき、「“面白い”もしくは“広がる可能性がある”と感じるもの」に「☆」をつけていきます。皆が独自の判断でつけた後、星の多い順に並べます。

次のステップで、コンパクトに実施したい場合は「☆の多いもの上位5つ」だけを取り上げて、次のステップに進みます。

もし十分に時間がとれるならば「☆のついたもの全て」を取り上げ、似たものをグループ化します。その際にグループ内で☆の多いものを中心にしてカテゴリーを作るようにします。(グループ化すると一般に表現は抽象化していく傾向がありますが、それを回避することができます)

【1人で行っている場合】

一人しかいない場合は、「“面白い”もしくは“広がる可能性がある”と感じるもの」に☆をつけ、星の着いたものを簡単にグループ化しておきます。次のステップでコンパクトに実施したい場合は、その中でも特に取り上げたい5つを選び、次のステップに進めます。


ステップ2「もっと○○できる」→「潜在ユーザ・用途」

説明の簡略化のために「○○できる(1)」〜「○○できる(5)」を取り上げたというケースで話を進めます。

もっと「○○できる(1)」。もしこれがあると、どういう困りごとを解消できるか。どういうことに使えるか。これを考えて書き出します。

なお、漠然として上手く考えられないときは、「○○できる(1)」と「○○できる(2)」など、2つの「できる」から考えます。より強みの活かしやすい用途を想起でます。

なお、ニッチな用途でよいので、できるだけ、具体的な用途を書き出します。書き出すときは、有益さや実現性の程度の判断は後回しにして出します。似たものや上位概念の案もでますが、統合せずに書きます。


ここからは、複数人で行っているか、一人で行っているかで分岐します。

【メンバーが複数人いる場合】

なお、上記の部分で、ブレインライティングを用いると、沢山のアイデアを引き出せます。

アイデアを沢山出した上で、ハイライト法を行い上位のものを可視化します。上位案について、簡単なブレストをすると、アイデアをぐっと具体的にすることができます。

ブレストの後、各々、有望な用途を「アイデア・スケッチ」形式で書きます。A4の紙を横に使い「ヘッドライン化したアイデア」+「補足・詳細、3行」を書き出します。目安は5分で3枚ぐらい。

これをさらにハイライト法をして、星の多い順に並べます。上位のアイデアについてレビューを行います。

【1人で行っている場合】

一人の場合は、“強み発想matrix”をつかうと、強制的に発想を拡げることができます。縦と横に「○○できる(1)」〜「○○できる(5)」をいれて、対角線より下半分を斜線で消しこみます。そして、縦(2)横(4)のセルならば、「○○できる(2)」かつ「○○できる(4)」という2つの特長から用途を発想します。全てのマスに対してアイデアを考えるようにすることで、多様な発想が得られます。

アイデアを沢山出した後にハイライト法を行い、☆の着いたものをいくつかピックアップしてアイデアスケッチにします。


補足:

なお、用途アイデアとしての可能性をざっと検証するには、「アイデアスケッチ」をもって、まず身内など聞きやすい人にヒアリングをします。次に知人で、想定するユーザ像に近い人にヒアリングします。具体的な声は、机上で初期段階のアイデアをブラッシュアップするよりも、ずっと効果があります。

その際、「○○できる」リストは、参考情報としてもっておき、適宜見てもらうと、意外な用途アイデアをもらえることもあります。
posted by 石井力重 at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイデアの技法

2010年09月23日

参加者の方の感想(アイデアワークショップ第6回)

トランクでのアイデアワークショップ第6回の参加者の方の感想を、アンケートから、書き起こします。(個人情報のある部分は、記号化処理をして)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Q:本日、参加してどのようなことを感じましたか?


「とにかく、実践的にすぐ活用できるよさがある」

「発想例が分かりやすかったです。記入の時間がもう少し長ければよかったです」

「石井さんのワークショップは6,7月頃にも参加したことがあるのですが、今回も思ったのが、時間が足りない事。もっと聞きたいのですが駆け足セミナーとなってしまうのが残念です」

「発想の仕方では、今までに無いようなアプローチで面白いものがありました。現実的にどうかというと全く別の業種へ移行するというのは難しい(今ある設備の処分とかを考えなくてはならなかったりする)やはり今ある設備で他のものを作るという考えにいたると思う」

「場所が分かりにくい」

「最後のコメント強く同意です!!****もそうありたい(すでにそうしているつもり)歩んでいきます」

「これを機会によりよいアイデアを出せるようになりたい」

「最後の話し、感動しましたし、儲からない仕事をしている自分にすこし自身と誇りを感じることが出来ました。誰かに喜んでもらえたり、よかったと言って貰える仕事を出来るように努力していきたいと思いました」

「アイデアを出す、創造性を高めるチャンスが日頃少ないが日頃意識的に努力していきたい。感性と創造性は若干リンクないしは関連しているように見える。今日この会に参加を要請した人達5人には全員参加して欲しかったしもったいないことだと思いました」

「アイデアが広がっていく感じがとても気持ちよかった。30circles等を積極的に行います!iPhoneアプリも何か作ってみたく、でも何を作るか思いつかないところではありましたので参考にして色々アイデアを捻り出したいと思います。」

「本日は次に進めるアイディアをいっぱいもてました。」

「様々な人の考え方や、アイデアを知ることが出来、楽しかった。仕事上の悩みや現状を知り、とても興味深かった」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、とてもよい事ばかり書いていただいたので、なんだか恐縮です・・・。ですが、こういう声が励みになります!使命と決めた道を、ひたすらに、行きます。ご参加いただいた皆さん、有難うございました。

場所について、は分かりやすくする工夫がありそうです。考えて見ます。(これ自体をアイデア出しのテーマにしてもいいかなとおもうくらいです。)

時間について、は、善処もしますが、実は駆け足になるように時間を設計しています。やや足りない時間でワーク時間を設定し、計画的に数分延長する、という方式をとっています。また、アイデアワークが要所要所アで盛り上がったときには無理にはとめないで他の部分で取り戻すような調整もしています。今の学習設計スタイルも一方で継続していくつもりですが、ゆっくり発想するスタイルのワークショップも企画してみようと思います。

来月は13日。用途アイデアを発想する、というテーマで構想中です。

2010年09月22日

ブレインライティングとその後のハイライト法

アイデアプラントのワークショップでは、よくブレインライティングとハイライト法を行います。沢山出し、のち、上位20%に絞り込む。

そのプロセスは、実はオンラインショップ(パートナー企業のマグネットデザインさんが運営している「アイデアプラント・オンラインショップ」)の特設ページにも掲載されています。

ブレイン・ライティング・シートの使い方
http://braster.ocnk.net/page/11

ブレインライティングだけ、ではなく、その後、効果的に絞る方法も書いてありますので、「ブレインライティングをして、アイデア沢山でたけど、さて、どうやって絞ろう」というときにはぜひヒントにしてみてください。
posted by 石井力重 at 16:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイデアの技法

2010年09月21日

パネルディスカッションのコーディネータをしました

9月21日。連休明けの日の午後、仙台でサービス開発プロジェクトのプレイベントとして、講演とパネルディスカッションがありました。

私はパネルのコーディネータをつとめました。

先ずは、講演。仙台のプロバスケットチーム、仙台89ersの中村社長から同社創業までの秘話をお話しいただきました。

sakaipu1.jpg

東大を博士後期課程まで進んだのちに、実業団コーチなどを経て、仙台スポーツリンク(89ersを運営する会社)を創業されます。お話が実におもしろい、聞かせるトークでした。

次の講演は、ゆいネットの稲葉社長。女性二人で創業した同社も既に10年を超える社歴に。

sakaipu2.jpg

いろんなチャンスが舞い込むわけですが、それもひとえに人とのご縁を誠実に対応していく姿勢がもたらしていったものでした。

そして、後半はパネルディスカッション。中村さん、稲葉さんのほかに、湯浅さん(合同会社Y.M.O. 代表)と東さん(NPO法人日本セラピー普及会 代表理事)の4名+私石井で2時間。

当初予定していなかったのですが、つながりを重視するこの事業の主旨から、「他己紹介」を急遽、来場者全員でやることにしました。(私が直前に提案したのですが。)

前に詰めてもらい、4人で組みになって、先ず最初は、ペアで自己紹介。その後、相手のことを、もう一つのペアに紹介する、というもの。自己紹介した相手同士は深く知り、その上で他の2人についてもある程度知ることが出来ます。一人参加の状態から、周囲に知人のいる状態にして、意識を開いて聞いてもらいたいと思い。

ワークの様子。

sakaipu3.jpg

ワークが始まると皆さん楽しんでいただいたようで、よかったです。ちなみに、パネラーの4名の方も、他己紹介をしてもらい、パネラー同士の人となりも幾分共通理解が出来たのと、段上での緊張を幾分解いていただけたようでよかったです。

さて2時間のパネルディスカッション。

皆さんから新事業を起こしていく中での課題とその打ち手を伺ってきました。そして”つながり力”とでも言うべきものについて、光を当てて伺いました。6つほど、関連するトピックがあり、それを整理していきました。

その後、サービス開発プロジェクトの一期生二期生の湯浅さん、東さんから、当時を振り返って感想を頂き、この事業の思想である連携でさらに進もうという考えについて私から紹介させていただきました。

質疑応答では3名の方から質問をいただきました。経営理念について訪ねられた時は、私も真剣に回答していました。

最後に会場にいらした皆さんにむけて、パネラーのお一人お一人からメッセージをいただきました。私も最後にすこしメッセージをお話さて頂き、パネルは終了。

その後、中小企業診断士による無料経営相談会が後ろのほうで自由に受けられるということで、皆さん、思いをいろいろと語ってくださっていました。

今回、主催者、共催である中央会のみなさん、公的機関の皆さん、貴重な機会を有難うございました。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

資料:

私のスライド

このスライドの最後のページを使って、つながり力、という考え方について説明させてもらいました。必ずしもフレームワークのようなものでもなく、資料単独で見ても分かりにくいものであるかもしれませんが、一応掲載しておきます。

2010年09月20日

最近の私のツイートから

ツイッターでいろんなことを書いています。後でまとめるつもりのものもあれば、質は量を生むと思ってくださらないことをいろいろと書いたりしています。目的が後から出来る珍しいタイプのツールですね、ツイッターは。しかし、遊びというのは本来そういうものかもしれません。さておき。

今日のツイートでこう書きました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
重いカバンから全部出し、要るもの一つで進むのも、必要。積んどくの本、受信箱の地層のメルマガ、作りかけの作品。みんなみんな箱に放り込んで、一つをつかみそればっかりやる。リセットってのはそれでいいんですよ。手ぶらになったらその内情熱の羽を再び感じる。作りながら道をゆかん。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


いろんな人の思いや目線や何気ないつぶやきやテレビの感想をみていて、そんなことをふと思って書いたのでした。特に誰にというわけでなく、しいて言えば、袋小路に迷い込んだときの自分に向けて、今、言っておく。そんな感じでしょうか。人は鏡。いずれ自分がその場所に立ったときに欲しい言葉を今言っておこうという妙な意図ですが。
posted by 石井力重 at 23:15 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記、価値観、仙台オススメ

2010年09月19日

カフェっぽい、という記号

cafe_ppoi.jpg

ある大型CSで見つけた看板です。ふと見て、カフェがあるんだとおもってよく見ると、サイクルショップ。もう少し拡大してみるとこうです。

cafe_ppoi2.jpg

カフェっぽいな、とおもったのは、豊かな緑と暖かさのある茶色、丸を基調にしたデザイン、余白の使い方など、どこか、カフェの看板のテイストが感じられます。

ここはカフェじゃないけど、カフェっぽい場所なんだろう。人が集って気楽に過ごす場所だよって、メッセージが伝わってくるようです。(実際にこのサイクルショップに入ると居心地のいい場所です)

楽しくなるって大事だと思うのです。看板からしてそういうテイストを醸し、中に入る人にうっすら期待させる。そういう空間の記号とそれに見合った姿勢。看板一つですが、いくつかの大事な学びがありました。
posted by 石井力重 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、価値観、仙台オススメ

2010年09月18日

伊豆沼農産、あるもの探しワークショップ

9月18日。仙台から70キロぐらい北上したところ、白鳥の飛来地として有名な伊豆沼に行ってきました。

農商工連携プロデューサーを育成するプロジェクトの一環で、ケーススタディーが当地の伊豆沼農産さんで開かれており、その見学をさせてもらったものです。

伊豆沼農産は先進的な農と食の事業を長年展開してきています。国の調査事例などにも非常に沢山登場しています。

ここで、取り組みを伺い、地域にある資源を発見するワークショップ「あるもの探しワークショップ」を体験しました。

地図と調査シートをもって、グループに別れ出発です。ゆっくり、これはなに、とあらゆるものに疑問を持ちながら、見つけていくのんびりしたものです。

私のカメラからいくつか紹介します。

まず、くんぺる。

izunumanousan1.jpg

伊豆沼農産の”赤豚”というすごくおいしい珍しい豚肉を食べさせてくれるところです。この日は焼肉ランチが合ったのでそれをいただきました。肉のうまみが濃い!おどろきました。(ただしここはワークショップの前に、個人で入ったのですが)

それから、羊。

izunumanousan2.jpg

羊がフィールドの中、触れるところにいて、触れ合うことも出来ます。ヤギとウサギも囲いの中ですがいて、子供づれには楽しい場所です。

伊豆沼。

izunumanousan3.jpg

この広い沼に、10月ごろから白鳥が飛来するそうです。展望台と無料駐車場もあって、ちょっとしたドライブの目的地にいいですね。

近くの施設(淡水魚館)には、白鳥の剥製。

izunumanousan4.jpg

無料でがらがらですが、本物のなまずがいたり、二体の白鳥の剥製があったりして、冬以外に来ても結構ここの自然がリアルに感じられて興味深いです。

小さな神社。

izunumanousan5.jpg

この上には「ミラクル桜」という看板があります。切り倒してほおって置いた桜から新しい桜の枝が伸びて育っている、という再生、生命力の強い桜がそこにあります。

この散策が1.5時間ぐらい。この後集合し、それぞれのグループの見たものを見つけた観点も含め皆で報告・共有しました。同じようなところを歩いていても、見つけたものは随分違いました。私の入った班は近場をずっと歩いていましたがその分、一箇所を深く深く見ていました。

報告の後、地域の郷土史をよくしる方からコメントをいただいて、それがなにであるのか、どういういわれれをもつのかをお話しいただきました。新鮮な観点と地域の伝統的な情報のつながるこの時間をみていて、なるほどなぁとおもいました。このつながりは、地域資源の掘り起こしと、訪問者視点のよいところ表現がセットで蓄積されていく面白い方法だと思いました。

あるもの探しワークショップ、他の地域でも展開してみるとおもしろそうです。難しいようでいて気楽。簡単に運営しているようでいて実は非常に良く考えられて今の形があるのだとおもさせられる体験でした。有難うございます。

2010年09月17日

某公的機関でアイデア創出の技術ワークショップをしました

iws_20100917.jpg

9月17日、とある公的機関で、アイデア創出の技術の講義(とアイデア創出ワークショップ)を行いました。

高度な技術的研修のプログラムの一こまとして、アイデア創出の技術を提供するもので、3時間の講義+発想実践を体験してもらいました。皆さん、さすがにこの研修に送り出されてくる人材なので優秀で、すぐに要領をつかみ、楽しんで発想してもらっていました。

講義の内容も、普段よりも専門的な詳細概念を盛り込んで一気に伝えていったのですが、大きな学びにしていただいた参加者さんが何人もいて、講師冥利に尽きる時間でした。

参加いただいた方はこのほかにも優れた研修プログラムを受講して、一層力を付けていかれます。未来の新しい何かを生み出す人にすこしでも役立つ手法を提供できたならば、甚だ幸いです。



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(67)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(86)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(167)
アイデアプラント 5th(2018-2020)(16)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(373)
アイデア・スイッチ(39)
アイデアの技法(224)
メソッド&ハウツー(191)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(124)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(14)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(4)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(13)
311special(6)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)
過去ログ
2018年07月(8)
2018年06月(12)
2018年05月(11)
2018年04月(7)
2018年03月(8)
2018年02月(6)
2018年01月(2)
2017年12月(6)
2017年11月(12)
2017年10月(3)
2017年09月(3)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(5)
2017年05月(8)
2017年04月(5)
2017年03月(8)
2017年02月(6)
2017年01月(6)
2016年12月(10)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(5)
2016年07月(6)
2016年06月(9)
2016年05月(11)
2016年04月(10)
2016年03月(12)
2016年02月(15)
2016年01月(32)
2015年12月(41)
2015年11月(28)
2015年10月(11)
2015年09月(5)
2015年08月(10)
2015年07月(6)
2015年06月(6)
2015年05月(7)
2015年04月(19)
2015年03月(4)
2015年02月(7)
2015年01月(6)
2014年12月(6)
2014年11月(9)
2014年10月(12)
2014年09月(11)
2014年08月(11)
2014年07月(14)
2014年06月(2)
2014年05月(8)
2014年04月(6)
2014年03月(10)
2014年02月(2)
2014年01月(5)
2013年12月(7)
2013年11月(6)
2013年10月(8)
2013年09月(10)
2013年08月(11)
2013年07月(17)
2013年06月(7)
2013年05月(11)
2013年04月(11)
2013年03月(6)
2013年02月(13)
2013年01月(11)
2012年12月(34)
2012年11月(13)
2012年10月(8)
2012年09月(12)
2012年08月(13)
2012年07月(40)
2012年06月(27)
2012年05月(23)
2012年04月(15)
2012年03月(17)
2012年02月(23)
2012年01月(10)
2011年12月(20)
2011年11月(32)
2011年10月(18)
2011年09月(22)
2011年08月(24)
2011年07月(32)
2011年06月(20)
2011年05月(7)
2011年04月(34)
2011年03月(74)
2011年02月(36)
2011年01月(36)
2010年12月(50)
2010年11月(47)
2010年10月(57)
2010年09月(36)
2010年08月(42)
2010年07月(39)
2010年06月(64)
2010年05月(74)
2010年04月(78)

Powered by さくらのブログ