2011年04月05日

大切な人たちと、今日を生きよう

人生にはいろんなことがありますね。個人単位でも大きな大きな人間の集団の単位でも。

うまいやり方なんてなくて、おなかがすいてて、寒くて疲労困憊で、ただ目の前の石ころだけの道を行くしかない時もあります。

人の認知が「未来」と「過去」という存在を作りだし、それについて深く考えることができるようにしていますが、ただただひたすらに、前へ、前へ、歩き続けることが、唯一できることだ、という状況も、やはりあるわけです。

聡明さというのは、理屈で考え抜くことだけではない。そう思うのです。やるしかないことを、ひたすらに凛とやり通す。無い中でも希望を見いだしそれを引き出す可能性を作っていく。そういうことも合わせてできると、その人に聡明さを感じる。私はそう思うのです。

暗闇の中では、仲間と家族としっかり手をつなぎ今日を生きよう。今日を楽しみ、明日を可能性を信じて、力強く進んでいくこと。それも、とても大事だなぁと。

大事な人たちと、今日を生きよう。

自分を愛し、家族を愛し、パートナーたちや顧客を愛する。そういう日々をずっとずっと続けて遠い未来に寿命をまっとうする日に、ああわが人生悔いなし。といって終わりたいなぁと思うのです。人間への愛がなければ、人生は味気ないものになってしまう。哲学はよく分かりませんが、そう思うのです。

顧客への愛が製品のフォルムに宿る。そういう仕事をつづけたい。

子孫たちに、社会的な2つの負債(財政と廃炉)を残すことになるこの時代の人類は、当事者として皆が後世に負うところがある。それを帳消しにするぐらい、もっとよりよい社会、物心豊かな世界を、作ることに汗を流していきたい。そうも思うのです。

長期展望も常にあります。2016年ごろ(私が43歳になっている頃)までに、実現したい、アイデアプラントならではの構想もあります。創造的思考を補佐するもっと有機的なシステムを、多くの人たちと一つでも形にして行ければ。そう切に思うのです。

posted by 石井力重 at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、価値観、仙台オススメ

2011年04月04日

文化行事は非常時も、要ります

日曜日、娘たちを連れて、(新潟の)科学館に行きました。これまで夜中に娘が飛び起きて恐ろしいセリフの寝言をいう。そういうことを見ていて小さい子供の心に一杯つまってしまったものを、感じていました。それはそうでしょう。大人だって恐怖の数日を過ごしたのですから。

科学館に行くと、平和な世界があって、プラネタリウムでは星座の話や、宇宙開発の歴史とドラマがあったり、手動で風を起こして風力発電したり、恐竜の卵を触ったり、会話するロボットを見たり、ドラえもんの科学道具の展示を見たりして気が付けば5時間もいました。五時間。普段だったらそんなに遊ぶ体力もないですが、久々に、文化に触れて、それはその間、平和な世界に住んでいるんだなという時間を全身で感じられる時間で、子供たちは昔のように屈託なく走り回っていて、・・・、書いていて言葉に詰まりますが、平凡な日曜日がありました。

文化行事は非常時も、要りますよ。確かに。

今すべきではない、無駄だ、有事の際に危険だ、という声が東日本のあちこちで聞こえてきますが、非常時の中でも、みんなで天幕貼って映画見たりしてその間だけでも”文化”という空気の安寧に浸るようなことって、とても大事なことだと思いました。大人は自分で自分の心にある程度、メタ認知をして、自己コンサルティングをしていくようなところがありますが、子供の心は単一で小さくて、見た刺激をフィルターなしにためていって、言わないだけで、言う方法を知らないだけで、いっぱいいっぱいなんだと思います。

沿岸部ではまだまだ苦しい方が沢山います。亡くなった方もたくさんいるのも事実です。でも、生き残った子供たちを健やかに育てることも、すぐに必要になるわけで、やたらと文化行事を取りやめてしまうのは避けるべきで、気を吐いて、大変だけどない中でも、やっていくべきだと思うんです。大変です。被災地に近いほど資源がないので。でも、無い中でなんとかする知恵は苦しい時ほど引き出されます。まず、やろう、という強い意志を持つこと。後はない中でできるだけ、トライしてみる。そういうことを内心したいなという気持ちのある主催者さんが、遠慮をしているならば、それは進めるべきです。私はそれを薦めたいです。

むろん、カラ騒ぎを虚しくする、というのとは違います。無い中で、ひたすら盛り上げていこうというだけでは、それに陥りかねないので、平時よりもより、企画力、運営力の問われるところではありますが、それも乗り越えて、やれる限りは、文化を街に。

そういう社会知性を私たちは身に着けるべきであると、今日は考えていました。

私も、社会の一員として、果たしていきたい使命があり、ます。

posted by 石井力重 at 03:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、価値観、仙台オススメ

2011年04月02日

「労働を治める」仕組みはどうだろう

全く定量的な検討のない、実現可能性も考慮していない、思い付き段階の未成熟なアイデアですが、自分メモとして、書いてみます。


今回の事態に臨んでは、納税するほど余剰がない人や組織が一層増えるでしょう。今後も大災害が続く国土ならば、それは慢性的に。

所得税だけでなく、年金や保険など、国に治めるお金を作るだけの仕事はないけれど、時間と労働力が(そして知力も)ある。そういう構図の増加が加速するならば、国に治めるお金を、「(例えば)30万円の納税の代わりに、年間で20日、公務の現場において仕事を補佐する」という形で、いわば”現代の物納”をすることも、制度として求められているのかもしれません。

例えば、公の仕事とできるのかわかりませんが、公営の農場を設け、多くの人の少しずつの労働力で野菜をつくる。(そんなに簡単なことではないはずで、打破するべき懸念事項が沢山あるでしょうけれど)

例えば、公営の物流会社を設け(ん?それは原点的には郵便局?)、地域の配達を多くの人の少しずつの労働力でまかなう。

どうしても必要な「水」と「エネルギー(電気、灯油などの熱源)」については、人々の細切れの労働を集約してもちょっと難しそうです。(わかりませんが)。他には、「道路の補修作業」や「短時間の育児を行う」など。

後は、政治、ですかね。専任の議員を減らし、多くの人の議論を経て、制作が練られていく。(これも簡単ではないし重要な問題を決めるのでそれでいいのか、という大きなリスクも含みますが、国内でいえば裁判の陪審員制度や、外国でいえば北欧に見られる議員制度など、いくつか足掛かりになりそうなものもあります)

国としては「予算」という概念が「貨幣的リソース」だけでなく「労働的リソース」としても歳入を得ていく中で、今までは、お金で発注していたことを、公営(中身は、地域の労働力)で担う事業ができていく。そんな社会制度も今のこの国の未来としてあるのかな、と思います。

お金がないのに納税せよ、さもなくば差しおさえだ、という形になってしまった現代。しかし、彼らから提供してもらえる資源の1つに、労働力がありそれを「国に治める」ことに使う制度を作ることで、行政はとりはぐれを減らして、個人も健全な社会市民として義務を全うし誇りある生活をできるのではないか、と。

そんなふとした思いつきでした。(しかしこれが発展すると、これは、資本主義経済の中で、部分的な社会主義経済を取り入れることになりそうなきもします。それが良いことなのか、未来の姿として好ましい姿なのかは、今の私には、わかりません。)

【試作】こどもブレインストーミング

着想から、形(試作品の初期デザイン原稿)まで、一気にやってみました。約36時間。

こどもブレインストーミング、をコンセプトにした「アイデアの種」というキットです。

こどもブレインストーミング.jpg

親子で楽しむことを前提に作りましたが、小学1年生の学力があれば、子供だけでもつかえる前提でつくりました(ただし、「ゲーム」ではなく、アイデアを考えることの楽しさが推力なので、効果的に使えるかは個人差は大きそうです。

子供たちが多面的にモノを考える(創造的思考の入り口だと、私は思うのですが)ことを、ちょっとだけ、助けるような道具です。明日は、出力して(意外とこれが今の私には難しい)、ちょっとうちの子供たちでテストしてみます。

2011年04月01日

アイデアプラントのWEBサイト、刷新しました

オンラインショップの店長でもある遠藤さんが中心となって、アイデアプラントの公式サイトをリニューアルしてくれました。


 アイデアプラント
 http://www.ideaplant.jp/



昨年末から初めて、地震の後も一生懸命に進めてもらい、アイデアプラントの3年目を迎える今日、公開の運びとなりました。

ideaplant_web.jpg

今までよりも、情報がすっきりしています。と同時に、足りていなかった各種の情報もここにくれば得られるようになりました。


リニューアルを記念して、割引キャンペーンがあります。

ideaplant_web2.jpg

キャンペーン期間は、3か月間です。(キャンペーン購入をいただいた分も、四半期の間、売上10%を宮城県へ寄付していきます。)


また、ボーっとしたい時に、何度もこのサイトへ立ち寄ってもらえるように小さい仕掛け窓を作りました。

ideaplant_web3.jpg

いくつかのページの右側に、こういうものがあります。[他の方法も見る]を押すと、そのたびに、リフレッシュ方法が変わります。ボーとしたい時には使ってみてください。


今後、このほかにも、アイデアに役立つものをサイトを通じて発信してゆきたいと思います。創造的な人や組織をはぐくみたい方に役立つような発信をしてゆきたいと思います。

今日からアイデアプラントは3年目です。

2009年4月1日に、開業届を出したアイデアプラントは、本日で3年目を迎えることができました。

「アイデアプラント」というプロジェクトネーム&活動自体は2005年の夏にできていましたので、創業は2005年です。開業や設立、としての記載には、2009年になります。(よく、創業、寛永何年、という企業が設立は昭和になっているものがありますが、それと同じです)。

2011年3月11日は、徹夜で創造研修を作り、日中は起業家支援プログラムの講師役でビジネスプランの場に立ち会っている時に、大地震が来ました。そのあとの三日間は電気も水もなく、通信もガソリンも乏しく、震災後は走り回っていた自動車も次第に台数がへり、信号機すら電気のついていない真っ暗な世の中を経験しました。情報も乏しい中で原子力発電所が危機的状況というニュースが届いていたこともあり、人々はあまり外に出ず、この先世界はどうなるのだろう、と強い余震のたびに緊張して過ごしていました。

次第に街に電気が付くとホッとしました。原子力発電所の危機は去っていませんでしたが、街の明かり、信号の光をみて、大丈夫、この文明社会はきっと復活する、と理由がよく分からないままに、安心していたのを覚えています。ろうそくの明かりでご飯を食べ、石油ストーブ1つでご飯を作っていた時期も、暖かいものがありましたが、私たちは文明の光にやはり勇気づけられているんだなぁと思いました。

この国は、新しい発展、を遂げるでしょう。その中で従来通りにはできないことが、沢山出てくるでしょう。『新しいことを考えなければならない。』『これ、どうやって解決しよう。』そういう場面が増え、創造的な思考力がますます必要になってくるでしょう。そういう時に役にたつよう、「アイデア発想の道具」や「アイデア創出の技術」をアイデアプラントは世の中に提供して行きます。

危機は変革の最大のトリガーです。力強い発展の道をこの国が駆け上がってくことを心から願っています。私たちアイデアプラントも、精一杯、頑張ります。皆で、ともに、進みましょう。




カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(60)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(84)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(154)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(353)
アイデア・スイッチ(38)
アイデアの技法(217)
メソッド&ハウツー(189)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(119)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(13)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(3)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(12)
311special(5)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)