2011年08月28日

【スライド】魅力的なアプリ・アイデアに至る発想の仕方 には いくつかのパターンがある


5つの発想法_アプリアイデアのための.jpg




アプリのアイデアのブレスト
これを大量に観察



魅力的アイデアに至る発想の仕方
には
いくつかのパターンがある




IDEAPLANT/Fandroidの活動の中から大量に発想事例が溜り、見えてきたことをスライドにまとめてみました。




■PDFファイル(スライド)


■動画(1分)BGMが出ます


このスライドは、単体で成り立つほど詳しくは書けていないので、別途、説明が必要です。

普段、アイデアを作り出すワークショップでやっていることは、これらのうちのごく一部です。(エクスカーションをやりだけが、アプリのアイデアの創りだし方ではない、です)

アイデア創出の技術だけを、みっちりやりたい、という場合には、こうした多様な手法も提供していきたいと思います。

posted by 石井力重 at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイデアの技法

2011年08月27日

「もし会議嫌いが議長になったら」会議手順の検討

アイデアプラントの試作の目線、というブログカテゴリーに久々に、書きます。

以下の体験を通じて、会議道具を作りたい、と思っています。

最近、IT団体のリーダーたちの組織した活動で、理事長をしていて、会議を進行することが、たびたび出てきました。個人的には私は会議が好きではありません。創造的に刺激しあう話し会い(ブレスト)は大好きですが、それ以外の会議部分には、出たくないたちです。仮に12人が2時間費やすとすると、24時間分の人的資源を使っているわけで、その時間があれば、かなりの事ができたはず。何かを創りだせたはず。組織行動論からいえば、人数が増えても、生産性ロスがあり、人数に正比例はしません。3人で議論するのと12人で議論するのでは、4倍意見をだせるかといえば、口という物理デバイスを使う以上、それは無理です。

会議を進行しながらも、できるだけ、リソースを最高活用して参加者も参加することで達成感があるようなものにしたいと思いました。

少し試してみて、手ごたえと、次はこうしてみようというのが見えてきて、(まだ、見えてこない改善したい点もありつつ)、こんな手順と道具を考えてみました。

STEP1)議題カード

多様な案件が走っていて参加者一人一人が思いつくままに出していくと、重要案件がすべて議論できないでタイムアップになるケースがあります。それを改善するためにこうしてみました。まず、メンバーに3枚程度、メモカードを渡します。3分ほど各自で書いてもらいます、今日、議題としてあげたいことを。(事前に、ある程度、情報交換サイトで、議題は上げてはいるのですが、改めて。)

STEP2)重要緊急ボード

テーブルに、2軸を書きます。X軸に重要度。Y軸に緊急度。この2軸で区切られる4象限に、それぞれのカードを置いてもらいます。

C=緊急だけれど組織の中心命題に照らして重要度は低いもの
B=緊急ではないけれど組織の中心命題に照らして重要度が高いもの
A=緊急度、重要度共に高いもの
D=緊急度、重要度共に低いもの

これらに、置いていきます。ある程度、直観的にさっとやります。

傾向として、中身は
Dは報告系が多いです。
Bは計画系が多いです。
AとCは問題解決・意思決定系が多いです。


STEP3)ABCDの順に話す

会議の始まり時点でそろいきっていない場合は、初めにDをできるだけ行い、全員がそろった時点で、ABCDの順に頭からダーッとやります。

なお、1つあたりの目安時間は、「想定する会議時間」/「議題の数」になります。例えば90分/19議題、のような感じです。なお、1つあたりが5分を下回ると、議論が不十分すぎるので、その場合は、議題を減らします。総時間90分の場合、5分×18議題、が妥当な線です。それを超えたものは、議題にいれず、書面などでの情報共有に。

ただ、非常に重要度の高いものは、10分から20分ほどとる必要もあるので、実際にはもっと、議題を減らす必要があるでしょう。経験則ですが、1議題=10分ぐらいの計算で行くと、だいたい、平均するとあっているようです。(もっと、改善できると思いますが)。

或いは、D=10分、A=20分、B=20分、C=10分、と設定して30分を1案件の熟議に使う、というスタイルもいいかと思います。


以上がステップの話でした。

会議には、5つのタイプがあります。

1)計画会議
2)報告会議
3)問題解決会議
4)意思決定会議
5)振り返り会議

1と5は、プロジェクトの境目あたりにだけ多いので、一度外しておくと、2,3,4がよく出現する会議スタイルです。

2)については、1対多でも、十分いけます。報告件数が多い場合は、書面・ITとのミックスがいいでしょう。
3)については、13人もいても十分な解決案の列挙はしにくいもの。そこでこういう時には、主要な意見を1,2個聞いて、その後、短い、マイクロブレインストーミングを3人一組で行います。で、そのアイデアをざっと募り、良いものを選び取る。そうすると、沢山のアイデアの中から、良いものを得られるでしょう。
4)については、人数が多いほうが有効でしょう。これは全員でも行けるでしょう。究極命題かそれから演繹したルールをぶれずに使えると速いでしょう。

振り返ってみると、人数が7人を超えてブレストをしてみようとしても、そもそも難しいわけで、「これについてアイデアの有るかたは?」と聞いても出しにくいわけです。ブレストの阻害要因にもろにあたりますので。

後は、1)についてですが、これは、どうでしょう。ここも、ある部分はブレストなのですが、FBS(フリップボードブレスト)がいいかもしれません。考えてもらうお題を説明し、5分で紙に書いてもらい、セーノで出してレビューしていく。

そんな感じに、会議のやり方を、筋肉質にしてみたいと思います。



なお、熟議をする、ということも大事なのですが、それは、お酒を入れたり、おしりを気にせず集まれる場を、会議の後に作るのがいいのかもしれません。ここについてはまだ、明確に、見えていません

2011年08月26日

【ご案内】復興創発会議 (9/3 仙台)トーク&ブレスト(アプリアイデアの創出)

アンドロイドアプリ開発コンテスト「A3(エーキューブ) together」(応募締切9/26、日経BPらが主催)は、東日本大震災からの復興に向けて、「被災者支援」「産業復興」「安心安全」をテーマにしたものです。

このコンテスト、復興に向けた特別版ということもあり、従来は「開発が必須」であるのに比べ、今回は「アプリのアイデア(1000文字)」でも応募OK!というものです。

そのコンテストを更に熱く加速させるべく、日経BPさんが「復興創発会議in仙台」というイベントを「9月3日(土)」に仙台で行います。

 A3Together presents
 「復興創発会議 in 仙台」
 日時:2011年9月3日 10:00〜18:00
 場所:TKP仙台カンファレンスセンター
    宮城県仙台市青葉区花京院1丁目2-3
    (アエルの北側、JALシティーのちょい奥)

 対象:どなたでも
    (私の想定ですが、アプリ開発者、デザイナー、クリエータ、
     IT起業に興味がある、アイデア出しが好きな人、など)
    
 費用:無料
 申込:必要(下記のURLより)
 詳細:http://itpro.nikkeibp.co.jp/android/REM2011/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「え?会議?なんか、大変そうだな…。」「会議に出るより、開発したいよ、ブレストをしたいよ」という声も聞こえてきそうですが、このイベントは、ぜひ安心してきてください。堅そうなのは名称だけです。

主な内容は「トーク」と「ブレスト」です。

トークでは、面白い登壇者の話を聞いて、沢山のアイデアの刺激を得たり、世界に勝負するサービスを開発する人の情熱をもらえます。特にエバーノート日本法人会長の外村(ほかむら)さん、Zaimという広く使われている家計簿アプリの開発者の閑歳(かんさい)さん、東北の開発者コミュニティーの勉強会・イベントなどを強力に引っ張ってきたTDCの小泉さん(よく司会等をしている愛嬌あふれる巨人)、末席に私石井も。会場との質問ややり取りも、多分できそうです。

ブレストは、会場の参加者でアイデアワークショップの形で、どんどんアイデアを話し会っていきます。アイデア出しやブレスト得意でなくても全く問題ありません。ご興味があれば無理なく参加できるように、ワークを設計しています。ここで生まれるアイデアは、活用自由ですので、A3 togetherに応募することも出来ます。

時間は、10:00〜18:00、と長く感じるかもしれませんが「沢山の良質なインプットを得る」「魅力的な人たちと、アイデアを出しあう」ことは、その時間を投資するに見合うだけのものがあると、私は思います。

例え、アイデアやそこからの開発アプリを、コンテストに応募することが無かったとしても、創造的な刺激を体で浴びる一日は、普段の仕事へのとても良い効果があると思います。

エンジニア、デザイナ、クリエータ、創る人々にとって、きっと楽しい一日になると思いますので、ぜひおいでください。将来、あなたと一緒に可能性を拓く仲間と出会う日になるかもしれません。

追記)

なお参加申し込み者が定員に達すると、キャパオーバーになるので「当日ふらっと来たんだけど」というスタイルでは参加できなくなります。関係者の方も、ぜひ事前登録をお願いします。

詳細・申し込み http://itpro.nikkeibp.co.jp/android/REM2011/index.html





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 



なお、この文章を書く前に、ツイッターでも、その下書き的にかいていたツイートがあります。それもここに載せておきます。面白い人がくるほど、面白い場になります。ぜひ、友人知人で面白い人がいたらお誘いください。


A3 together の前哨戦ともいうべき、トーク&ブレストの場が、9月3日に仙台であります。エバーノート日本法人会長の外村仁(Hitoshi Hokamura )さんや、「Zaim みんなの家計簿」開発の閑歳孝子さん(この方、私の友人の奥さまでもあるそうです)が、来仙されます

このトークとブレストの場には、復興期のITシーンの推進を担ってきた塩釜の巨人・小泉さんが「Hack for Japan」などこれまでのIT関連復興活動を語ってくれます。僭越ながら私石井も同席します(〜日経BPさん曰く「創発の街・仙台」の仕掛け人、的位置づけだそうです:汗)。

で、何をするかと言いますと サービスの 「使いやすさ」 「グローバル展開」 「起業」 などをディスカッション! 外村さん、閑歳さん、小泉さんらのトークを通じ、参加者それぞれが「復興を考える」を、その後、アイデアワークショップで、アイデアを創出しよう、という物になっています。

こういうイベントで、最も参加者が得るものは何かと言えば、外村さん閑歳さんたちとの接点がもてるというのも非常に大きいものがありますが、同じ方向に目線をもった多くの「まだ出会っていなかった仲間」と出会うことがあります。特に、アイデアワークショップは、互いの垣根がさがり、仲良くなります。

なので、もしかしたら、将来、起業・開発チームを起こした仲間とこういっているかもしれません。「お前らと、初めて会ったのは、そういえば、あのイベントのブレストだったよなぁ。まさか、そんな出会いがあるとは思わなかったよ」と。

震災前、仙台のアイデアワークショップで一緒に、たまたま同じグループになって、アプリやサービスのアイデアを考えたメンバーが、その後一緒にアプリを作り初めり、一緒に創業し、今では海外からの仕事も受注するようなベンチャーになった、というケースもあります。今回もきっと、生まれるでしょう。

ゲストの外村会長は、すごく面白い経歴をお持ちです_「外村仁(ほかむら・ひとし)さん。1963年生。東大卒、アップルコンピューター・ジャパン、マーケティングなど担当。スイス国際経営大学院のMBA。シリコンバレーで複数会社立上げ。10年6月から、エバーノート日本法人会長。」

ゲストの閑歳さんも面白い経歴です_「閑歳孝子(かんさいたかこ)さん。1979年生。日経BP社記者・編集→Web系ベンチャー、開発→(株)ユーザーローカル、Webアクセス解析ツールの開発・企画・UI ・デザイン。個人でも開発「ReTweeter」「Smillie!」「Zaim」」

外村(ほかむら)さんについての最近の記事  
閑歳(かんさい)さんについての面白い記事
  (←閑歳さんの旦那であるKAYAC瀬尾さんも登場。「仲良し不思議夫婦」呼ばわりされてますね。笑)

9/3のイベントは、堅い名前で「復興創発会議in仙台」ですが、内容は楽しいトーク&ブレストです。トーク4人のうち、東北で活躍する「小泉勝志郎」さんは、東北の開発者コミュニティーでは名前のしれた人気者です。人物としては、そうですね・・・配慮深い、まんべくんみたいな愛される人柄です。



2011年08月25日

ブレストの道具を作ることはそう難しくない、という話

アイデアプラントではブレストの道具をよく作ります。製品になるものもあれば、一瞬で役割を終えるものもあります。

後者でいえば、かなりいろんなものがブレストの道具には、なるんですよね。その場限定、その時限定で、良いというならば。

たとえば、岐阜の夜、会津の佐々木さんと飲みながら話していてiPadの裏のメモスペースに書きつけたメモには、こうありました。

━━━━━━━━━━━━━━━
 ゲーム
  3つの要素を切り出すワーク
   ↓
  パターンカード化
   ↓
  ブレスト要素カード
━━━━━━━━━━━━━━━

これは、たしか、ブレストの中でゲーム要素をブレストする場合に役立つ道具がこうやったら作れますよね、という会話をしていた時の物です。

1)皆でいろんな優れたゲームをリストアップして
2)ゲームごとに、面白さの要素を三つ書き出す。
3)引き出しそうな感じの強いものに各々が☆を付ける
4)それらを似たものでまとめる。
5)ブレストで使えるような適切な要素化を行う。
 (基本的に1単純化、2粒度を整える、3五十個以下にする)

多分、うまく行くかどうかは、☆のつける度合いに寄りそうです。
出して評価して束ねるという作業は後半には高度な創造的編集作業が要ります。自己矛盾的概念ですが、編集も創造的な作業です。この辺の部分は何度かやるとなれます。


この主題を「ゲームの着想」にしたのでこうなりましたが、これを別のテーマにすると別のブレストの道具を作ることもそう難しくありません。

発想トリガーとかパターンカードとか、その辺のアプローチがこれですが、外にも6色ハット法にちかい感じで、明確な役割の生成も、ブレストを盛り上げるのに使えます。

その辺の話もまた、ゆっくり書きたいところではあります。

2011年08月24日

オープンアワー「企画書ワーク」を行いました。

8月24日、アエル8Fで、Fandroid オープンアワー「企画書ワーク」を試行的に、行いました。これは、MiMosと共催で行った物です。ご参加いただいた皆様ありがとうございます。

(オープンアワーの第一期は、全て、ブレストCafeをやりましたが、第二期は、Idea to X、ということで、いろんなものへ展開していきます。)

この「企画書ワーク」は、なんなのか?どんな背景なのか?何が目的なのか?

一言で言えば、「Idea to Plan」、です。

まず、アイデア創出については、ブレストCafeや、アイデアソンで大分やりました。これからも、時折必要かと思いますが、アイデアのその先へ進もう、というのが、この企画書ワーク、の趣旨です。1時間ぐらいで、企画書の一通りを、書きあげてみる。そんな内容です。

普段から、企画書を書いてパートナーに見せたり、クライアントに提出したりしている人には、造作もない作業ですが、初めて書く人にはそれなりにハードルは高いわけですが、それをこの1時間10分でやってしまおう、というものです。

カヤック仙台支社があった時代に、企画書の書き方をFandroidの内部的には、いろいろと示唆を受けていて、そうしたもの集大成として、1つのツール(企画書の書き方フォーマット)が作られました。これが唯一無二の正解、というつもりはなく、書き方の一つの例、として、必要な人には使ってもらってもっともっと先に進んでもらえたら、という意味合いの物です。

さて、進め方は、こんな感じです。

ws_進行.jpg



進行の仕方


1)ツール(企画書のフォーマット)の説明、書き起こしの例。(15)

ここで、全員がばらばらになり、知らない人同士で3人組を作ります。この後の企画書ワークでは、このメンバーでブレストをして、企画書を1つ書くことになります。まずは、ツール(企画書のフォーマットを使って、あるアイデアを展開した例を紹介します。

スライド一覧

企画書ワーク_進行スライド・イメージ.jpg

クリックすると、ある程度大きくなりますが、内容については、少しぼかし処理をしています。スライド現物はもちろん見やすくできています。


2)3人ブレスト(10)

アイデアがないことには、企画書もないので、簡単に10分程度、企画書に書き起こしてみたいアプリのアイデアをブレストします。
(ここについては、アイデア集を用意しておいてそこから選んで少し発展させる、という形でもいいかもしれない、と感じました。もちろん、ゼロからオリジナルで発案できる場合はその方がずっといいのですが)


3)企画書ライティング(45)

この45分間は完全に自由です。企画書8ページを、どんどん埋めていきます。1ページ5分ぐらいで、どんどん進むスピード感で書いていきます。ネットを調べないと分からない情報もありますが、その点は、手分けして行ったり、仮説的に、一度、想定で入れてしまって進み、最後にその部分を調べて正確に埋めます。こつは、ある程度、早くたくさんの可能性を上げて、1つに決めて、先へ進む、こと。

ws_ワーク2.jpg


4)レビュー

書かれたものを、簡単に紹介しあうタイムです。ここは、かなり時間がかかるので、実際は割愛したり、一例だけを紹介してもいいでしょう。

ws_ワーク中.jpg





こんな感じに進行しました。ブレストの喧騒とはまた違った、話し合いの雰囲気があり、それもなかなかにいい感じでした。

ちなみに、私のグループは、こんな感じになりました。

アプリ名「ノームノマド」
窓を開けるモーションだけで
コミュニケーションができるアプリ

08月24日 企画書ワーク「チームノマド」

(一枚だけ余計なシートが入っています。2頁)


書いてみると、ブレストの段階では気が付かなかった細かい部分のアイデアが具体的に出たりして面白いとおもいました。また、本質的とはあまり思っていなかった、小さいアイデアが、意外と、このアプリの差別化要素として重要だったりすることがわかり、具体的に考えることの大事さを改めて感じました。

このワークは、毎週やるようなものでもないので、月に一度位、オープンアワーの枠でやってみようかと思います。ご希望があれば、日時をそれに極力合わせてみますので、ご相談ください。

2011年08月23日

海、眼鏡、足跡

若いころは、誕生日の日は、海の上にいようと思って船に乗ったり、なにかしら海に出ることをしていました。今年の8月22日もたまたまその日にいた場所が海に近い所だったので、少しぶらぶらしていました。

20110822_DSC00269.jpg

見えている世界。本当の世界。

20110822_DSC00356.jpg

海も砂浜も、人工物よりずっと、でかい。

20110822_DSC00298.jpg

自然に任せてたどり着いた形が砂浜。大きなシステムの中で一部を変えてもやっぱり戻されちゃう。

20110822_DSC00288.jpg

アシカのような流木。

20110822_DSC00346.jpg

砂に磨かれ曇りガラスと透明ガラスが同居した瓶。もともとはどっち。

20110822_DSC00362.jpg

猫か。

20110822_DSC00390.jpg

塩だらけ、砂だらけ。それでも、生える。命は強い。

posted by 石井力重 at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 8月22日

2011年08月22日

2枚のお札「戦略の本質は捨てるにあり」と「志ある所に道は拓ける」で不連続な時代を行け |

2011年8月22日。38歳になりました。

毎年書いている、「8月22日」(誕生日の日)のブログ。今年は、当日に書きあげられませんでした。この一年は、変化があまりに大きすぎました。しかし、やはり、書きます。

昨年の私が、38歳の私に投げかけた問いは、次のような物でした。

• 縮小社会において、チャンスとなる流れを見出していますか?
• 開発において、評価軸をもち、情熱的に動き、深い愛をもって仕上げていますか?
• 顧客が一点突破できるよう「創造支援」していますか?

珍しく、3つも問いがありました。

1つずつ、問いに答えてみます。

「縮小社会において、チャンスとなる流れを見出していますか?」

昨年、2010年8月22日に予想していたよりも、縮小社会のトレンドや経済のシュリンクは、大きな衝撃により加速されています。もちろん、逆のトレンドを短期的に取っているところもあります、復興で伸張している一部の産業です。総じていうと、人口面では縮小していくこの社会は若者の海外就職が顕在化する数年後にむけてより重要な問題になるでしょう。少子高齢化から、海外就職高齢化、に相当する言葉が出てくるはずです。

こういう局面というのはピークを過ぎた国には見られることで10−20年のスパンで見れば、今の産業伸張力のある国でも見られるはずです。それぐらいの長期でいうと日本はまた違った局面を迎えているかもしれない。そう思います。

縮小社会に突入してみて「チャンスとなる流れ」とはそもそも何か、それ自体の定義も難しいとはありますが、答えてみようと思います。

縮小社会が生み出す一つの流れは「自分で化」だと思います。

「社会で余剰な物」が、発展期と衰退期でまるで違います。前者はお金、後者は時間。今の社会では、可処分所得が減り、一方で時間は余ります(ただしポジションによっては過酷な労働環境にあり、必ずしもこの限りではありませんが)。

お金はなく時間が余る縮小社会のトレンドにおいては、「欲しいものを自分でつくる」「欲することを自分でやる」がよく見られます。個人では外食が昼食・手作り、になったり、完成品を買う代わりにDIYへシフトしたりしています。

企業内も「自分で化」が進みます。研修、人材育成、社内の制度設計などが、外注から内製へ流れが変わり始めています。大手コンサルに湯水のようにお金を払った時代から必要なパーツだけを社外に依頼し自分たちで人材を育むフレームワークを作るような傾向が強くなっています。成長期には営業代行のレップ制度が流行りましたが、現在は自社の力で売っていこうという傾向が再び強くなっています。大手企業の下請工場を訪問しても、その下請会社さんでしかできないこと以外はかなり少なくなっています。これはもはや下請けという業態ではなく、独自技術を提供する中小企業へと、強制的に転換を求められている社会になったということでもあります。(もちろん、これらのトレンドがすべてではありません。逆にやはりファブレス化を推進しているところもありますので)

なお、家庭にしても企業にしても、この「自分で化」は実は幸福度の増える可能性も含んでいます。今年の3月30日にこんなことを書きました。「人は手作りする機会が多く、お金を使う機会が少ない暮らし方をしている方が、幸福度が高い。という説があります。手作りでいろんなものを作る社会。それが復興後の「新しい発展」の1つの姿では」

創造力など、人材開発研修に役立つ道具を私たち(アイデアプラント)は創っています。これまで創造力などの人材開発の研修には、フルパッケージが好まれていたところがあります。ですが、近年、自分たちでそれをやろうとする動きも増えてきました。私たちの道具がそういう時の補助ツールになっていることも知りました。大手の研修機関のパッケージではカスタマイズはきいても、自社の思想をベースに研究プログラムをゼロ構築することができないため、自分たちでくみ上げてたりない所だけを探してきて適用する、そんなスタイルをよく見るようになりました。そういうトレンドを見ると、アイデアプラントとして社会に求められていることは、非常にたくさんあるなあ、と思っています。今は私の所には、ワークショップ込みで依頼される企業さんが多いですが、徐々に、道具の提供がメインになると考えています。それを踏まえて、既存製品の進化形も作っていきたいと思っています。

“縮小期の社会に出現するチャンスがある。”それはまだうまく見切れていないのですが霧の向こうに存在するのは感じています。自分の周りの事は見え始めています。でも社会の広いエリアではそれがなんであるのは、もう少し視力を上げてよく見ないと、いけないかもしれません。


「開発において、評価軸をもち、情熱的に動き、深い愛をもって仕上げていますか?」

評価軸)アイデアプラントの究極的な命題は揺らぎませんから、軸の点はだいたいOKです。ただ、具体的な適用のレベルになると、柔軟に開発の評価軸を再定義していく必要があるだろうことは、常に意識しています。先の所にも少し書いた通りです。もっというならば、IDEAPAPERのように、従来の開発思想には当てはまらなかった製品のヒットを受けて、私たちが取りえる選択肢には他にも可能性がある、と気づかされました。評価軸がぶれないということはかっこいいことのようでいて、長い時間スケールにおいては、功罪がある。究極的な命題は揺らがず、しかし、短期的な行動レベルでは、別の考え方を試したりするのは評価軸自体についても、そうなのだろう、と思います。ということで、具体レベルでの評価軸は、変えていくためにしばらくブラしてみようかな、と今の私は思っています。一言でいうならば、いろいろ作るためにいろいろ試そう。と。

情熱)常に情熱的に開発をしていたか、と言えば違うかもしれない、とも思っています。こども向け発想ツールを震災の避難先で作っていたことを踏まえれば、ここはYESでいいかもしれませんが、「頭をいつでも開発に向けていたか」といえばそうでない時期も結構あります。こども用ツールも、他の復興支援にかまけて、進捗を長らく停めてしまっています。情熱というのは時に、周辺の物をなぎ倒してまでまっすぐに突進していく巨大な鉄球のようなものだと思うのです。小器用に止まれたりハンドルを切れるものとは違う、そんな気がします。復興支援の展開が続く状況で、数か月、今しばらくは厳しいかもしれません。

愛)深い愛をもって仕上ているか、というと、自分に正直にいうならばNOかもしれません。時間の無さを言い訳に「形になる段階」を人にお願いしていることが結構あったことに気が付きます。それは自分が望む“ツール作家”としての生き方とは反していることに、いまここで気が付きます。使ってくれる人を見つめるまなざし、使っている人の手元でどうそれが、もってあそばれるか、をそれを何度も何度も見ようとする姿勢がどこまであったのかを、自問したいところです。ストイックかもしれないけれど、顧客への圧倒的な愛を持ち、その愛が製品のフォルムに宿る、僕は尊敬する企業を見てそういう仕事をしたいと強く思いました。それは変わっていくなかで変わらずにいること。今の私はそう思います。心に愛がなければ、お金というのは感謝の物質化したものじゃなく、労働力の物質化したものに成り下がります。アイデアプラントというのはそういう組織では、うまく物が作れなくなります。

職人のように、何度も使う人の動きを想像し、地道に時間をかけて丁寧に作る、そうありたいのです。


「顧客が一点突破できるよう「創造支援」していますか?」

これについては、心意気としてはYESと思っています。震災後、大量のアイデアワークショップをしました。企業向け、大学向けのも、かなり行いました。お客さんのことを本当に愛して、その人のために、と考えて、ワークショップを設計し、創造支援をできたか、と言えば、できたと胸を張りたいところです。

ただ、創造活動の組織的行動を設計する支援に関しては、もうすこし修行が要るなあ、と思うのです。もっとよい何かを提供できたのではないか、という可能性も、時折、感じます。


そんな感じに、過去の8月22日の日記を振り返ってみました。


・・・

さて、一方で、今の時点に戻ってみると、今年(2011年)は、不連続な未来にたどり着いたなあ、と思います。

なんと言っても、2011年3月11日。東日本大震災。我々は多くのモノも、仲間も、失いました。東日本で、親の一方をなくした子供が1200人規模。両親ともなくした子供が250人規模で、います。

地域の子供達が、未来に、もっとたくさんご飯が食べられ、もっと希望あふれる道をゆけるように、この時代に生き残った大人たちは、破竹の勢いで豊かな未来へ全力で進まねばならない。そう思うのです。

震災後一ヶ月は、皆、友人や故郷の街そのものを失ったショックで茫然自失の時間を生きていましたが、今の地域の空気は違います。復興への強い志し。渦巻くその気運は、人々に多様なチャレンジをはじめるエネルギー源となりました。個々人の生活が疲弊するようでは長続きしませんので長く続けられるようペース配分はいりますが、皆、120%出力で疾走しているようなところは、やはり今もあります。

今時期はお盆を過ぎたところです。今年は、新盆を迎える人(故人)が大量に出ました。悲しい現実。それを受け止める段階で張っていた気が緩む感じもあります。夏が過ぎ、秋風が吹いてくるころ、本物の志や情熱の人と、一過性の人が、分離していくと思われます。被災地以外からの支援に一足先にその現象は見られました。次はこの地域自体がそのフェーズを迎えるでしょう。だれも責めることはできないし、短期的にでも、志しに動いていた人々に感謝をしなければいけないと思います。あるいは、無理のある形から、長く続けられる形へ徐々に変わっていくことも皆が受け入れていく時期でもあるでしょう。

フェーズが変わる。本当に経済的な深刻さを迎えるのは、雪が降り始める前ごろからだ、と私は見ています。この予想を来年の私は“杞憂だよ、ばかだなぁ”と笑っていられればいいなぁと願うばかりです。今の私にできることはあまり多くないですが、その時期への備えとして、クリエータの仕事を作る活動に取り組んでいます。一年後の私にはそれがどう見えるのか、興味深い所です。

そして、もう一つ、時代の空気を語る要素があります。

“一度封印が解けたら御しきれない苛烈な龍を、我々は飼っている。”

放射能の長期的な拡散と電力に依拠する国内産業ダメージという経済的な懸念。これは国民の中でも、原子力発電所問題への姿勢を複雑なモノとしています。復興への見通しは希望の光と不信混乱の闇がマーブル模様のように混ざったものとして存在しています。

修士まで理論物理を専攻していた身として、科学と人類について最近、再びよく考えます。科学者の知性は時にブレークスルーを生む。しかし、我々人類はいつでも賢明であるわけでもない。利用できるが、出てくるものの有害さを消す事はできない。2011年のこの時代、我々人類の科学技術はまだずっと未成熟である。その事を謙虚に受け止めた上で資本主義経済を回すのでなければいけない。そう思うのです。

しかし、人間の強さを私は信じています。非常に困難な状況が来たとしても、人間は黙ってそれを受け入れはしない。きっと創意工夫がなされて、改善されていくものもかなりある。そう思います。医学の発達、排泄を促進する機能性食品の登場、新しい観点での健康診断、衣服の変化(よくある未来人のつるんとしたスーツというのは、花粉や放射性物質の付着を少なくし、エアによるパワーアシストをする良さそうな形にも思えますが)

・・・

いつもの、来年の自分への問いかけ。これは今年は悩みます。ことし達成したい目標を書いているのですが、果たして今年はなんだろう。この一年は、かなり踏ん張りどころになるだろうと思います。アイデアプラントの仕事が増えてきて時間的に非常に足りない中で、一つ一つ愛を持って仕事を仕上げていきたいし、新しい作品も作りたい。多くの人とかかわるプロジェクトの効果的な展開にもできるだけ、知恵を絞りたい。その意味では、この一年でどうしてもやり遂げたいことに、注力しそこで圧倒的によい仕事をする、ということなのかな、と思いつつあります。

「戦略の本質は捨てることにあり」と、かつて某先生が言っていました。そうなのかもしれません。何かを成し遂げるということは、捨てること・やらない事を決める事とも非常に密接な関係にあるのかもしれません。

一方で、「志あるところに道は拓ける」という言葉が、示すように、闇の中に道を照らすもの、それは、高い志し、ではないか、と思うのです。“捨てる“ということをやみくもに振り回すと、何も残らなくなります。とても素早く楽に行けるけれど、それは下り坂です。捨てる時には、聡明な判断をもって捨てるものを選ぶこと。

「戦略の本質は捨てるにあり」と「志あるところに道は拓ける」は、闇の中の時代を行く、二枚のお札。これをいつも胸ポケットにねじ込んでおいて、道を作りながらゆきたいです。



39歳の私への問いかけ。

39歳の私は「多くの人を愛し、その人たちが幸せになるように、何かを作っていますか


(幸せになるように、考えるだけじゃだめ。やっぱり、何か作ろう。それが自分らしいですよ)



過去の8月22日の記事(2006〜2010)
http://ishiirikie.jpn.org/category/792940-1.html
posted by 石井力重 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 8月22日



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(57)
ideaplant 作品(25)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(83)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(141)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(340)
アイデア・スイッチ(38)
アイデアの技法(216)
メソッド&ハウツー(189)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(119)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(11)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(3)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(12)
311special(5)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(10)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)