2011年08月21日

岐阜の旅

8月17日。新潟を出て、相模原(神奈川県)で打ち合わせ。そのまま岐阜県へ。途中名古屋で乗り換える時に、きしめんを食べました。

gifuDSC00237.jpg

うまかったです。さて、岐阜県。目的の町は大垣。

とても暑い日でした。

大垣のホテルは、「ホテルグッディ大垣」です。滞在しながら執筆の仕事もしようと思い、4泊ほどしました。古く駅から離れていますが、静かで最低限のものはあるし、清潔で対応も親切で、なかなかいい所でした。滞在中ずっと執筆するので人通りのうるさくない奥の部屋がいいのですが、というオーダーにもこたえてくださり、ありがたかったです。

18日は、モバイルコアへ。

ここはソフトピアという岐阜県のIT産業振興の戦略的な拠点の中にあります。10年以上も前からある建物ですが、きれいで大きくて、イベントのし甲斐があるところでした。

gifuDSC00240.jpg

すごい!いいなぁ、が第一声。

gifuDSC00241.jpg

ここは、電気も通信も公共インフラ的に利用できます。二階がイベント会場。

アイデアソン(ITの世界でのアイデアワークショップのこと)の打ち合わせを、棚橋さんと2時間ぐらいやって、だいたいの線が見えてきたところでお昼へ。

お昼は近くのお店で。

gifuDSC00242.jpg

これが岐阜っぽいとか、大垣っぽいとかはよく分かりませんが。

ホテルから、モバイルコアまで徒歩二キロ。約30分。帰りも歩きました。えらく暑い日でふくはびしょびしょでした。部屋に戻るあまりにボーっとして居眠りにをしていて、これは熱中症に気を付けないといけないなと、当時のツイッターに書いていました。

ホテルの前に売っていた缶ジュース「スコール(skal)」を生まれて初めて飲んだのですが、甘くて酸っぱくてしゅわしゅわしていてとても気に入りました。あまりに気に入ったのでWikipediaで検索してみたほど。これは、西側では結構有名な由緒ある飲み物でした。私の生まれたころにできた者で、スコールは、北欧の言葉で乾杯を意味するそうです。

19日は、モバイルコアのアイデアソンのワークを設計。久々に丁寧に作りこむスライド。最近は即興でのアイデアワークが増えていてちょっとこういう時間を求めていたのもあってかなりじっくり作りました。

【スライド】Mobilecore IDEATHON



その作成というのは、(1)構成をテキストで作る→(2)具体的にスライドに起こす→(3)人々の流れがおかしい所を直す→(2)と(3)を繰り返す。ようにして出来上がります。配布用スライドはなしにして、スライドそのものをデータで掲載しておくのは、主催者さんの印刷コストを減らすため(後は、当日、紙資料がわさわさ動くので、スライド印刷物は、結構邪魔になる為)です。

普段もそうですが、アイデアワークショップをする場合、今回のように現地で打ち合わせができて、その後、だいたい設計・制作には、丸一にかけています。

翌日の20日には、早朝・始発の電車に乗って、飛騨高山をみてこようかと、考えて少し調べてから眠りました。

20日。早朝。すごい豪雨。これは、だめだなぁと、判断して、部屋で仕事をしながら様子を見ることに決定。

ようやく時間ができたので、本来の執筆をしようかなと、いろんなことを頭の中で考えていると、様々な終わっていない懸案が浮かんできてそれらを1つずつやっていきました。すごくすっきりしたものの、気が付けば午後3時。早朝はひどい豪雨でしたが、夕方には、薄い曇りぐらいでこれから、飛騨高山に行こうかどうか、しばし悩むものの、やはりこれから行っても遅い時間なのできついかなー、と思っているうちに、仙台メンバーが次々と、岐阜入りしたことをしりました。ツイッターやFacebookは、どこにいても、関係ないほど世界が近くなりましたね。日本語しか使わないので日本の中と一部の海外にいる日本語ユーザの方について、だけですが。

皆は、モバイルカフェ(モバイルコアで、面白い講演会がある)にいくというので、それに間に合うように移動をしましたが、原稿を書いていて筆が乗っていたので書き切ったら、もう、開始時刻。バスはめったに来ないし、タクシーもあまり拾えない。2キロをどう移動しようかとおもっていたら、ホテルに貸自転車があったのでそれでもうダッシュで移動しました。旅先で日錆に自転車に乗る不思議。

gifuDSC00244.jpg

うぉ!すごく人がいる。

モバイルカフェについてそう思いました。話は、面白いアプリを沢山出されているFEYNMANのCEO八尾さん。ゆるふわ育成ゲーム「MEGU」の開発秘話や、マネタイズのいろんな示唆をお話しいただきました。講演と、後半は、ジークルーの佐々木さんによる対談形式。佐々木さんはエンジニアでもありつつ、多彩な力を思いだなぁとおもいつつ、面白い話を伺いました。

育成ゲーム MEGU

その後は、大交流会。持ち寄った食べ物を食べながら、わいわいと交流をしました。私はたまたま近くにいたデザイナーの坂口倫崇さんとしりあい、面白い話を沢山伺いました。翌日のアイデアソンの後も、一緒に飲みに行っていろんな話を伺ったので切り分けにくいですが、例えば、「間」という字は、昔は門の中が日ではなく、月だった、という話は今も記憶に残っています。デザインや音楽を作ることについて、私の興味(創造工学的な観点)からいろいろ伺ってみて、本当に面白い話ばかりでした。ちょっと曖昧になって自分の中の考えも混ぜた言い方に変えてしまっていますが、メモをみてみると、、、

デザインや曲をつくる人が、その人の手癖でつくる。
だからある程度つくると同じようなものばかりになる。
(漫画家にもでそういう、すでにやったことある感に悩みスランプになる時はある)
意図的に、違うものを作る、感性を重視しつつも工学的なことも重視する。
気になった物があって、振り返ってiPhoneで写真を撮る。
(どういうものをとっているかは、気になった物、としか言えない)
あれ、この赤が多いことがいいのか、と。
沢山とる日もあれば少ししかとらない日もある。物理的に忙しい日もあるし。
(良いアイデアは、最悪のタイミングでやって来る、そういう所もあるし、その辺は興味深く)
道元。判断停止。エポケー。哲学。
(発想の回廊の話、再び)

坂口さんとの話は面白くてわくわくして聴いていました。書かれた論文がおありとのことで、それについても、いつか読んでみたいと思います。

そんな感じに、20日の夜は更けていきました。

21日、アイデアソンの日です。このために来たので、体調も万全に整えて、午後からの会場に向かいます。この日ばかりは歩いて体力を消耗するわけにはいかないので、バス時刻を調べておいてバスに乗りました。

gifuDSC00246.jpg

伝馬町、というバス停がホテルからの最寄。

そのバスには、アイデアソンの参加者の方が結構乗っておられて、福井からいらした背の高いshoito(伊藤さん)もいて、あ、石井さんですか、という感じに会話しながら生きました。前の席には、「デスマーチファービー」のチームの方もいたような気がします。

アイデアソンは65名ぐらいの申し込みに対して、スタート時点で40人ぐらいでしたので、まずは、私の仕事の紹介のビデオをながしたり、他己紹介ワークや、発想の特性についての話をすこしして、いました。30分ぐらい十分に、導入をしたところであらかたそろいましたので、アイデアワークの本編に入りました。

初めはエクスカーションです。アプリで補助出来たら面白い、と思える「動詞」を書き出していく、というものです。その後それに☆を付けて回して、今度は、5分交代のペアブレストです。

gifuDSC00248.jpg

60名の会場で、ペアブレストは、ものすごいワーワー感。 ワーワー、ワーワー。

gifuDSC00253.jpg

皆、楽しんでかつ、アイデアを出されていたようでよかったです。

次は、アイデアスケッチを書き出しました。そしてそれらに☆を付けて回り、上位のアイデアを抽出しました。

#岐阜アイデアソン アイデアスケッチ集

 (公表に同意してくださったものだけです。トップアイデアはハッカソンに移行した関係でここにはないものもあります)

そのうえで、上位アイデア+情熱枠で、チーム編成候補をつくり、そこに2~6人で別れてグループでのアイデア具体化の作業に入りました。

gifuDSC00254.jpg

机だけでは足りない想定でしたので、立派なガラス面もつかって、18ぐらいのグループがワークを行いました。

gifuDSC00255.jpg



最後はそのアイデアを模造紙に書いて、発表する、というところで終わりました。

時間がおしてしまい、一チーム90秒、という過酷な発表条件でしたが、どこも立派にうまくプレゼンされていて、岐阜の方々はさすがだなーと思っていました。

夜は、運営スタッフ側で、一緒にご飯を食べて、いろんな話をしました。

21日。この日は、午前中はアンデックスさんの新人4人の方に対する、アプリ系の発想の仕方のレクチャーをモバイルコア1Fを借りて行っていました。せっかく岐阜にいるなら、そういう教育の時間をとりませんか、と原さんにお誘いいただいて。もちろん石井としてはお役にたつなら喜んで。

大量の、アプリのブレストを観察していて大きく分けて、5つの発想方法があるな、ということが見出されてきて、それをコンパクトに技法として整理したものを3時間ぐらいで、レクチャーしました。その他、普段のアイデアの出し方やアイデア出しで困ることを伺い、それらに対する効果的な対処についてもコメントしていきました。

この日は、ハッカソンということで、アイデアソンの参加メンバーがアイデアあ損の終わった後から開発に入りそのまま泊りがけで作っているものを完成させる日でした。MiMos原さんやジークルー佐々木さんが講師としてついていました。

お昼は佐々木さんらと、モバイルコアの裏ちょっといったところにある、すごくこじんまりとしたお好み焼きさんやで食べました。

gifuDSC00258.jpg

私は、野菜焼きそば。これで300~400円ぐらい。安い!塩味でうまかったです。

午後はハッカソンを見学しつつ、ソフトピアでの展示物もみてきました。懐かしいゲーム機や様々なデジタルとアートの融合領域のものをみて興味深かったです。

夕方はハッカソンの発表がありました。アイデアは具現化されてそれで初めて真価が分かる。と私は思うのですがその極めて短いサイクルを見ることができて面白かったです。アイデアの段階ではあまり魅力の面では高くなかったものが、実装されてデザインや動きも伴って初めてその魅力度がより引き立つ、そんなものもあり、すごく面白いと思いました。

岐阜からの帰りは割と過酷でした。翌日には仕事がある、というメンバーの車に乗って、岐阜から仙台へ、車で戻ります。

夕方、ハッカソンが終ったら挨拶もそこそこに、大垣を出て、飛騨高山方面へ、私が新潟亀田ICでおろしてほしいというニーズもあり、日本海側を行きます。

途中、SA、PAによってはトイレにいったり、開発のデザインサンプルになりそうなものを買ってみたり。

gifuDSC00260.jpg

飛騨か黒部の少し前で、のPAで食べた味噌カツ。

(今回の記事は、食べ物をのせてみるという初めての試みです。普段は余り食べ物の事は乗せないようにしているのですが。ちなみにここに乗せたもの以外は、ホテルに缶詰状態で、シリアルを食べているか、食事を抜いているかという状態でした。ホテルグッディ大垣の朝食はバイキングでかなりバランスよく食べられるので、朝飯を思いっきり食べて、昼は軽食。夜はだれかとご飯、という感じでした。)

この車のメンバーはでかい人ばかりでなんと私が一番小さかったです。180cmあるのですが。人を見上げてしゃべるというのはすごく新鮮でした。

新潟亀田につく少し前に、日付が変わり、22日。38歳になりました。

誕生日の最初の瞬間、同世代の男だけの高速道路の車中でむかえる、というのは、大学生のころみたいで少し楽しかったです。Facebookにおめでとうコメントがたくさん来て驚きました。僕は誰の誕生日にもSNS上お祝いは書かない(GREEでやっていた頃大変だったので)方針なので、なんだか大変恐縮です。。。

そんな形で、岐阜への旅は終わりました。


この時の「岐阜ハッカソン&アイデアソン」の様子は、いろんなところで報じられていました。

後で、その辺もリンクに追加しようと思います。

2011年08月20日

#岐阜アイデアソン アイデアスケッチ集

8月20日の岐阜のモバイルコアでのアイデアソン、みなさんの作られたアイデアスケッチ集をアップします。

20110820岐阜アイデアソン_.pdf

ぜひこれもヒントにして、いろんな展開にトライしてみてください。

2011年08月19日

【スライド】Mobilecore IDEATHON

8月20日に、岐阜の大垣にあるMobilecoreで、アイデアソン(アプリのアイデアを発想するワークショップ)を行います。

当日のスライドを掲載します。
Mobilecore_ideathon_20110820.pdf

(参加された方には、印刷物としてスライドはわたりませんのでもし、手元にスライドファイルを持ちながら、やりたい、という方をこちらをご利用ください。)

アイデアソンとしては、かなり人数が多くて、盛大なアイデアワークショップになりそうです。楽しいアプリ、優れたアプリのアイデアが沢山生まれるよう、私も精一杯頑張って進行します。よろしくお願いします。




追記:

ワークショップ中、何度か、「A3(エーキューブ)」というコンテスト名に言及しますが、そのサイトはこちらです。

A3 together
http://itpro.nikkeibp.co.jp/android/a3together/index.html
主催:日経BP社 ITpro
内容:アンドロイドのアプリとアイデアのコンテスト

2011年08月14日

TEDxTohoku 余力さん。川内北キャンパスの新食堂&クルール

8月14日。

仙台市内の喫茶店で、「TEDxTohoku」の代表者(発起人、というべきでしょうか)と会っていました。

なんと、現役の学生です。東北大学の余力(よりき)さん。

tohoku_UNIV_DSC00222.jpg

彼と、しばし、幾つかの事について、ディスカッションをしていました。

余力さんは、彼が一年生の頃、所属する企画系サークル(東北大Masspy)で、私がアイデアワークショップをやらせてもらって以来、いろんな場面で話してきましたが、とてもしっかりしていて、既に修士ぐらいなのかとおもったら、まだ三年生だとか。ただの学生ではないな、と思っていましたが、なんと彼がTEDを引っ張って来るとは。うーむ、男子三日みざれば括目してみよ、まさにその通りかと。

ワークショップを検討しているということで、ワーク設計について相談に乗ってほしいとのことで、「そりゃもう、後輩がここまでやっているんだから、喜んで!一緒に考えますよ」ということで、小一時間位話していました。

その後は、実際にワークショップをする会場に行ってみました。人数も非常に多い想定で、会場の形も特殊なのでそれは現地を見たほうがいいかと。

で、車で移動して、東北大学の川内北キャンパス(メインのキャンパス)に着きました。

tohoku_UNIV_DSC00223_.jpg

道路から、キャンパスに入ったところ。

左手に、クルールがあり、その奥に、北食堂(川内北キャンパス新食堂)があります。

tohoku_UNIV_DSC00224_.jpg

入口はこんな感じ。

普段、東北大生はこっちからは入らない、とのこと。でも、萩ホールから歩いてきた初見の人が、自然とここへ導かれるように、建築設計者の意図が分かるような作りです。自然と、皆、クルールの入り口へ向かうでしょう。

tohoku_UNIV_DSC00225_.jpg

クルールの入り口まで来たところ。

お盆中で閉まっているので、東北大生が普段、入る側にまわります。

tohoku_UNIV_DSC00227.jpg

右手がクルール。左手が、新食堂。

中央が、オープンテラスっぽくて素敵です。93年ごろの東北大とはえらい違いです。

tohoku_UNIV_DSC00228.jpg

ウッドデッキで、木陰があり気持ちよさそう。

洒落ていますね。

tohoku_UNIV_DSC00229.jpg

中庭側からみたクルール。

形が、ドーナツの1/3みたいな形(細い扇形、というべきでしょうか)をしています。

tohoku_UNIV_DSC00230.jpg

正面の壁っぽいのが新食堂。

クルールと、ウッドデッキの廊下でつながっています。

tohoku_UNIV_DSC00231.jpg

クルール側に沿って歩いているところ。

奥に、つながる廊下が見えます。

tohoku_UNIV_DSC00232.jpg

クルール側から見たウッドデッキの廊下と、新食堂。

広くて、椅子も動かせるし、ここなら結構いろいろできそうです。

・・・

こんな感じに現地を見て、例えばこういう場の作り方はどうだろう、とか、移動にだいたい何分かかるんだじゃない、という会話をしていました。

彼の思いが何百人もの人を集め、思いや知識が、伝搬していく。そんな秋の日が、もうすぐ来るんだなぁと、おもいながら彼を街中へクルマで送り届けました。(東北大は、仙台駅前や中心地から、ちょっと離れているんですよね。歩いても歩けないわけじゃないですが、30分ぐらいはかかります)


tohoku_UNIV_DSC00220.jpg

余談。喫茶店で出てきたグラス。

起き上がりコボシのようにしたが球面です。かたむけても転がらない不思議なグラス。

非常に熱い、夏の日でした。



・・・


TEDxTohoku (テデックス・トウホク)

 公式サイト http://www.tedxtohoku.com/

 Facebook http://ja-jp.facebook.com/TEDxTohoku


本家、TED(テッド)

 公式サイト http://www.ted.com/

 Facebook http://www.facebook.com/TED


TEDってなに?
http://ja.wikipedia.org/wiki/TED_(%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9)

ideas worth spreading(広める価値のあるアイデア・考え)の精神をもとに、様々な分野の方が講演を行う活動。TEDは、「テクロノジー」「エンターテインメント」「デザイン」の頭文字。

ツイッター上などでも、知識産業系の人々などで、よく話題にされています。

(私も、昔、バイオミミクリーの専門家の方の話しを、この講演のビデオ(日本語字幕が付いていた)を見て、初期的な学びを得たことがありました。内容は専門家以外の人にも実に分かりやすく、講演のスタイルが非常にどの方も魅力的で、沢山の内容をコンパクトにまとめていて、人気のイベントなのもうなずけます。本家のTED(テッド)はCAで行われるのに対し、いろんな地域で行われるTEDx(テデックス)があります。震災後には、東京でも開かれました。TEDxTokyo。IDEOの方が講演されたりして、とても面白いイベントでした) 

2011年08月13日

メモ)idea→APP(企画の手順)

これまで、アプリのアイデアをさんざん出してきました。

第二フェーズのFandroid界隈では、企画書ライティングのワークも、みんなでやっていきましょう。

そこで、優れた企業のアプリ企画書の構造を分析してみました。

こうなっています。(私見も多分にありますが)

idea→APP_企画書の手順.jpg

まず、ブレストして、アイデアが出た。

その後は、ネーミングや、企画動機があります。
企画動機というのは、ストーリーを語る部分で、機能にも、プログラムにも、書かれているわけではないのですが、作品の感性価値全体にかぶせる衣であり、意外と重要です。エンジニアプレゼンでは、ここの意味はかなりウエイトを軽くされていますが、大事っぽいです。

この後は、3C分析でいう、3C(顧客、自社、競合)の視点で考えます。

顧客でいえば、ターゲット層、サブ層などを描きだします。

自社では少しわかれていて、プロジェクト3要素で洗い出します。
スコープ。これは、ある意味、アイデアの部分でも幾分、明らかに。
制作期間と、アサインする人材。

そして、競合でいえば、カテゴリとアイコンを調査して、その中で目立つデザインや抜きんでられるカテゴリーを探します。

特に競合性のつよい複数と競合比較をします。そして自社の優位性を整理します。

最後には、アプリがバズるための工夫と、課金モデルを検討します。


詳しい、手順ツールもありますが、ここでは、ざっくり、私の理解を1ページにまとめてみました。




・・・

同じもの(PDF) idea→APP_企画書の手順.pdf

2011年08月12日

Fandroidの会議5時間、アイデア創発分室の撤収、第二フェーズへ、野崎さんの胴上げ、そして畠山ワールド

8月12日。

Fandroidの運営会議をしました。カヤックさんが3か月の期間満了でもあり、我々にとっても3か月という一つの区切です。これまでの積みあがっている懸案を一掃するべく、午後3時に集まり、おしりを気にせず運営会議を。

sendai2011_DSC00211.jpg

椅子が足りないので、私はバランスボール。

現在、運営メンバーは現在14名。写真に写らない所に、第二期から参加してくれるかもしれない方が二名。代替16名ぐらいのメンバーで運営されています。

会社組織にせず、地域の発展を願い、志しに向けて展開する集団です。みんな自分の仕事も大変な時期なのに、ありがとうございます。

最後に、アイデア分室の看板にしていたポスターにみんなで寄せ書きをしました。

FEJ寄せ書き.jpg

復興への志の詰まった寄せ書き。

カヤック内に設置していた「アイデア創発分室」は、カヤック仙台の撤収に伴い、8月12日で解消となりました。

お盆明けから、ファンドロイドの第二フェーズが、始まります。ブレストCafeだけをしていたオープンアワーも変わりますし、当地の作り手に仕事をとってくる活動も本格化します。

会議が終わると、夜8時でした。そこから、カヤックさんへの感謝を込めた飲み会へ。

呑んで気が付けば12時近く。

店を出て解散する時に、野崎さん(カヤック仙台支社長)を胴上げしました。

野崎さん胴上げ.jpg

酔ってて、ちょっと危なかった。

その後、野崎さんと二人で、五橋まで。支社長をしてくれた野崎さん、理事長をつとめた私石井。ですが、立場を離れて、あれやこれや、思いや3か月をふりかえって歩いていきました。野崎さんの借りている部屋の入り口で少し話して、じゃあ、またいつか!というようなその時に背後から、懐かしい声が。

皆のアニキ、河北の畠山さん。一馬さん、山田さん。

イツフェスが終って帰るところだと。

(彼らは、NPO法人ファイブブリッジの理事で、実は私も理事です。5人中4人がそこに揃うという状態。ファイブブリッジに集う人々は震災後に復興への目覚ましい活躍を皆見せます。)

畠山さんの、私にはほぼ意思決定権の無いお誘いに「はい、喜んで!」ということで、野崎さんも一緒に、○はたさんへ、いきました。

sendai2011_DSC00215.jpg

手前が野崎さん。奥が一馬さん。一馬さんは第二子がもうすぐ生まれそうな、そんな時期。

○はた、では、店主のおっちゃんが非常に面白い人です。南フランス生まれ中国育ち、という生い立ちを、オペラ調に歌ってくれる奈良出身の愛すべきオッチャン。畠山さんが出世魚でさらに発展するとここに至るのかもしれない、とか思いながら、楽しくたこ焼きをいただきました。

このメンバーなので、というか、どのメンバーでも、夜遅い時間の畠山さんの創りだすワールドを、皆で味わいます。

sendai2011_DSC00218.jpg

左が山田さん(はやく、おわんないかな、この話)
右が畠山さん(おっ、ここもう少しドラマチックに語っちゃうぞ)

※( )の中は、私が勝手にアテレコしました。本当は皆、ありがたく、拝聴しています。※

そんな感じに、カオスな感じに、カヤック仙台&Fandroidアイデア創発分室の、最終日は、幕を閉じたのでした。

別れはさみしい。

けれど「会うは別れの始めなり。逆また然り。」です。

別れは会うの始めなり。新しいメンバーがまた入って、fandoroidは更に強力に、展開します。個人的にも楽しみにしている活動も、また一つはじまります!

2011年08月11日

オープンアワー拡大版をしました。タカハシ流ヒットアプリの作り方のコツ。脳波アプリのブレスト、魅力的な企画書を書く!勉強会。

8/11、Fandroidのオープンアワーは、三時間・拡大版で行いました。


【!】 音が出ます。






Fandroidのオープンアワーとは:

参加者の方が自由にきてもらえるような時間で、主にイベントやブレストなどを行っています。特に何もしないで、ただおしゃべりするだけ、というのも要望にありましたのでいずれ。イメージとしては、大学の先生が生徒ウエルカムタイムとして設ける「オフィスアワー」と、大学が学外の方にどうぞ見学に来てくださいという「オープンキャンパス」のようなものです。Fandroidに参加する予定がない人でなくても、大丈夫、もちろんウエルカムです。


今回は、三本立てで行いました。




■パート1「高橋流ヒットアプリの作り方」

Fandroid_openhour_DSC00159.jpg

A3の初回のコンテストの受賞者「タカハシケンイチ(高橋憲一)さん」。彼から、戦略的にアプリを作る、応募する、という時のコツをみんなで伺いました。

ちなみに、名前表記がカタカナなのは、同姓同名の方で、IT界隈で有名な方(頓智・の高橋さん)がいるので、彼は、カタカナ表記にしているそうです。

タカハシさんは、実は、私の、高校時代(稲毛にある、千葉市立千葉高校)の水球部の動機でもあります。人生がまたここで交差することがあるのも面白く、お互い、それぞれの道を来たねえと。卒業後は長らく交流がなかったのですが、アンドロイドが縁で、また、接点が多くなってきたのです。今回は、彼が、全て自腹で来てくれて、かなりしっかりした内容の話をしてくれました。

Fandroid_openhour_DSC00163.jpg

ちょっと見ただけでも、もう、興味深い感じのスライド。

Fandroid_openhour_DSC00165.jpg

みんな、真剣にきいています。

Fandroid_openhour_DSC00167.jpg

全景はこんな感じ。椅子が足りないのでシートをひいて座っている人も。

Fandroid_openhour_DSC00173.jpg

即席のプロジェクター台が、いい感じ。

Fandroid_openhour_DSC00179.jpg

話しは、シンプルで、明快。そして、面白い分析が次々と。

Fandroid_openhour_DSC00181.jpg

戦略的なコンテスト応募にむけて、とっても賛同。

「新しいアイデアよりも、実体験から改良したというストーリー」 この辺、特になるほどー、と。

戦略的な作り手の持つべき思考、として、とても興味深いことを私たちに教えてくれました。

彼はその後のブレストも参加してくれました。









■パート2「ブレストCafe、テーマは脳波アプリ」




今回は、仙台から世界へ届けたい「脳波デバイス&アプリ」をテーマにしました。

詳しい話は、そろそろかけそうなのですが、Fandroidとしては、第4のアプリとして、なんと脳波を計るサンバイザー型デバイスと連動する、Androidアプリをリリースしようとしています。(この辺は、各イベントでオープンにしている事なので、書きますが、ある時点でしっかり、全容をお伝えしたいと思います)。

そのアプリ、第一期開発で形になるところはもう目前ですが、そのリリースを前に、私たちはすでに、第二期開発、第三期開発を、目指して、もう構想を初めています。今回のブレストでは、その第一期開発で作ったアプリを体験してもらい、その要素技術でできることをブレストしました。

Fandroid_openhour_DSC00183.jpg

オレンジのサンバイザーが、脳波を読み取る道具です。ワイヤレスでアンドロイド端末に、情報を届けます。

Fandroid_openhour_DSC00187.jpg

脳波の状態に応じて、画面の中で、キャラクターが変化を起こします。集中度とリラックス度の2つを、がんばって変化させて、簡単なゲームを達成する、そんな内容です。

ちなみに、被験者は、昨日一緒に、仙台に移動してきた、キングジムの遠藤さん。(彼もその後のブレストに参加してくれました。)

カヤックに、テレビ取材も入っていたので、テレビカメラもまわっている中で、わいわいと、体験会。

Fandroid_openhour_DSC00190.jpg

さあ、それをテーマに、第二期開発のアプリアイデアを皆でブレストします。

Fandroid_openhour_DSC00191.jpg

具体的な要素技術や物が発想のよい材料となり、今日はいつもに増して、わいわいと。

Fandroid_openhour_DSC00193.jpg

事務局の佐藤さん。石井がいろいろ言い出して、やれ、ブレストCafesだ、やれ、○○制度をつくろうだ、という度に、一生懸命動いてくださっている方で、出張しがちな私でも、理事長をできているのは、事務局が本当のブレインだから。いつも、黒子をありがとうございます。

Fandroid_openhour_DSC00194.jpg

テーマはこれ。今日の進行は「三人ブレスト→組み換え→三人ブレスト→アイデアスケッチ→ハイライト法→レビュー」という進行にしました。

Fandroid_openhour_DSC00195.jpg

要素技術の簡単な説明と、ブレストの時に心がけてもらいルールを1つだけ。

Fandroid_openhour_DSC00196.jpg

壁際は、仙台支社長の野崎さん。オフィスと交流空間に壁はなく、椅子も誰かが持って行ってしまっていて。そんな環境です。

Fandroid_openhour_DSC00197.jpg

大題、Fandroid界隈にいる人々のプロファイルや雰囲気を代表する一枚。

Fandroid_openhour_DSC00201.jpg

アイデア、新しい可能性、失敗しても進む、の空気。

”誰か一人が創造的”なのではなく、この街の今の空気、かと。



この後、アイデアスケッチを書いて、人数が多いので時間の関係で、6人組3つに分かれ、魅力度の高いモノに☆を付けました。その後は各組の中で☆の多かったものをレビュー。18人で、52枚のアイデアスケッチが生まれました。

中には、「そりゃさすがに、この技術では無理だよ(笑)」というものもあれば、「ああ、それならば、この技術の範囲内でかなり面白い体験を作り出せるね」というものがあり、いくつもの可能性が手に入りました。

開発は、PPPの藤井さんがシリコンバレーとやり取りながら、してくださっていて、ここまで来ました。この後、実機の体験タイムもつくって、希望者にいじってもらいました。私もやりましたが集中とリラクゼーションの2つをやって「達人!」の判定をいただきました!うれしいですね!








■パート3「魅力的な企画書を書く!勉強会」




最後は、アイデア→企画書、を学ぼう、というもの。

Fandroid_openhour_DSC00206.jpg

一転してまた、スクール形式。貴重なノウハウを学びあいました。

この辺、意図して混ぜたわけではないのですが、静・動・静で、いい感じになりました。

Fandroid_openhour_DSC00207.jpg

その企画書の勉強については、今後、秋にむかってのオープンアワーでも幾たびか行う予定です。
最初の講演者・高橋さん、カヤック仙台支社長・野崎さん(企画書ライティングの勉強は、彼のノウハウによるところが大きく)、みんな混ざって、質疑応答というか、意見交換をしました。






・・・

こんな感じに、カヤック仙台支社で行う最後のオープンアワー(拡大版)は、行われました。



なおこの日は、フジテレビが取材に来ていて、その時の様子が関東エリアで、土曜日の早朝に放映されました。木曜日取材で、土曜早朝放映。非常に早いですね。

2011年8月13日 5:00〜6:00
新・週刊フジテレビ批評  〜ネット企業復興支援のその後
http://www.youtube.com/watch?v=b8bUG2KCPro&feature=youtube_gdata_player

私も、3:50秒の前後に、数秒だけコメントをしています。(結構沢山しゃべったのに!というのは、お約束ですから。)牛タンのアプリがイチオシになっていて、その影響か、かなりそのアプリのDLが今伸びているようです。


・・・



皆さん、お盆明けから、オープンアワーは新しい取り組みも始まります。ぜひ、ご興味のある内容の時はおいでください。ブレストCafeも、それらのコンテンツの一つとして、間欠的に執り行いますので、ぜひおいでください。



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(60)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(84)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(154)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(353)
アイデア・スイッチ(38)
アイデアの技法(217)
メソッド&ハウツー(189)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(119)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(13)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(3)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(12)
311special(5)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)