2011年11月19日

【進行プロセス】日本Androidの会「ITを使った自立支援のアイデア」ブレスト

本日、AER(仙台駅前)で、日本Androidの会・東北支部(第21回発信会)の最後のパートで、ブレインストーミング・セッションを担当します。

テーマは福祉。広いのですが、発想としては福祉や高齢者の生活をITでもっとよくするアイデア(主に、サービスやアプリを想定しますが、そうでないものが出ることも許容、たとえば・・・特殊な入力装置のアイデアや、足ふみ入力マットのアイデアとかそういうものも含め)を発想します。

単純で、楽しくアイデアがでて、最後は具体的にトップアイデアを紹介できる、そんなワークを意図して設計してみました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブレインストーミング・セッション

1.進行プロセスの説明  3分
2.シーズ例「脳波デバイス」の紹介  2分
3.三人ブレスト 5分×3回  30分
  テーマ:ITを使った自立支援のアイデア
             スマートフォンアプリ、Webサービス、業務システム等。
             紙や物体なども含めたものでもOK。
             発想しにくい時は、前段に紹介するシーズ例を
             題材にしてもOK。
             全く違うものでもOK。
4.アイデア・スケッチをかく  10分
5.良案抽出  10分
6.トップアイデアの紹介  5分

                                     以上合計60分

ブレストのコツ
「アイデアを聞いている時は、人のアイデアの良い所に光を当てるコメントを沢山すると、場からアイデアが出やすくなります」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【スライド】
 Brainstorming session.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

 
 
この領域のアイデア出しは、インプット情報の鮮明さが大きく効きます。今回のイベント全体構成としては、その点については、やや限定的なるも、前回の会ですでに皆が聞き及んでいるのでカバーできそうです。また、全く、そういう前提がない、という方もいてもいいのですが、そういう方向けに、仙台発の脳波アプリの事例を紹介し、今後、この基礎技術を使っていろんなことができると期待されているので、それを福祉に使うなら、どんなアプリにしたい?というアイデアで、出してみてみませんか、としてみようと思います。(実際、この技術は今後、仙台のエンジニアが開発に容易に入れるように、基礎文献の整備や、開発のためのサポートを展開しようと、頑張っていますので)

(余談:いつもは、ワークショップ用に専用のスライドを作るところですが、今回は、ホワイトボード1枚で、ファシリテーションをするスタイルで進行してみようと思います。実はスライドよりも、フリップチャートを使ったセッションの方が分かりやすい部分もあって、時々、私はそのスタイルをとるようにしています。 )

追記:

実施後にスライドPDFを追加しました。結局、場の特性を見て(かつ時間的なタイトさも鑑みて)iPadで即興でスライドをつくりました。ただ、それでは足りなくて、ホワイトボードも使いました。
 
西原さんが写真を撮ってくださいました。

2011-11-19上位アイデアのレビュー.jpg

ブレストの後のハイライト法で、☆を10個以上取ったものを紹介しているところです。
 

2011年11月18日

【スライド】農商工連携プロデューサー育成塾「アイデア創出の技術」(仙台、2回目)

本日、東北大学(片平キャンパス)で行った育成塾のアイデア創出の技術(2)のスライドを掲載します。


発想を豊かにするアイデア創出の技術2
noushoukou_2011_ideaworkshop_sendai_2.pdf


ご参加の方は、ご自由にご利用ください。

前半と後半の1時間のうち、講義時の配布資料では、後半(5分交代のペアブレスト)のみ、入れていました。前半(フクワーク)については、今朝、急遽加えた内容なので、全体として資料の仕上がり程度が低くて恐縮です。そこについても、補って掲載しています。(マンダラートとSCAMPERのスライドも、更に巻末に加えました)
 

2011年11月17日

【スライド】いわき人材育成塾(第1回)人材育成用カード型教材「プロデューサー・メーカー」

本日、いわきで行う、「いわき農商工連携人材育成塾」の講義スライドです。


発想を豊かにするアイデア創出の技術1
noushoukou_2011_ideaworkshop_1.pdf


参加者の方は、社内や地域プロジェクトで、ご自由にお使いください。



追記:

私石井担当分は2回あります。第1回は、農商工のプロデューサーの育成専用カードツールをもちいたワークショップを行います。

専門的な知見が無くても、楽しく発想しながら、自然と「農商工連携プロデューサーとしての視点や行動」をテーブルゲーム風にやっていくことで、学べます。

私たちアイデアプラントは、発想支援ツールを作ることを仕事にしていますが、今回のもその一つです。カードツール「プロディーサー・メーカー」は2009年に公的なプロジェクトの中で開発を進めた道具です。広いエリアの活動を取材調査し、その中からエッセンスを抽出し、短時間でその本質を使った発想ができる、そんな道具です。私たちが開発に参画した道具にしてはとても珍しく「非売品」なんです。この道具のフィロソフィーが、道具の販売ではなく、地域活性にあるから、なんです。
 

2011年11月16日

コクヨの情報誌「worksight」創刊号

コクヨさんの情報誌、創刊号が届きました。

worksightDSC01254.jpg

ワークサイト、中をみても興味深い記事が沢山。

以前の情報誌の「エシーフォ」
http://www.eciffo.jp/jp/backissue.html
が、50ちょっとで終わったのですが、どれも興味深いものでした。創造性の観点からも、面白い話題がいくつも。

今回のワークサイトも面白い展開がなされそうです。

ちなみに、終わりの方のページに

worksightDSC01257.jpg

というミニコラム集があります。

実は私も少しだけ寄稿させてもらいました。

worksightDSC01258.jpg

Fandroidのメンバーの藤井さんがアプリ「脳波スポーツ」を出す少し前の寄稿だったのですが、それが無かったとしても、今の脳波簡易測定のデバイスの登場は、面白いトレンドだと思います。個人的にはこの技術や産業化のトレンド、とても興味深いと思っています。

話しが我田引水に過ぎましたので、もどしますと、このワークサイト、コクヨさんの知的生産の文具やオフィスや働き方からあふれ出る創造的なトピックが満載です。気楽な雑誌と興味深い論文誌を兼ね備えたような、そんな面白い紙面でした。
 

2011年11月15日

【スライド】日本VE協会、アイデア創出ワークショップ

VE_ideaworkshop2011_web_haifu.pdf
本日、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

ご参加になられた方は、社内での配布や出力であれば、ご自由にどうぞ。
 
 
 
 
 
追記:2011/11/19

VE協会のサイトで、当日の実施の様子が紹介されました。
http://www.sjve.org/topics/entry/508/ 

2011年11月14日

受賞作品レビュー「どのようにアイデアを練り上げましたか」(日経BP A3together)

日経BP ITProのサイトに、私のコメントが載りました。皆の集合写真も掲載されています。

日経BP ITPro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20111109/373621/?ST=android-dev&P=4

その中でこう、答えています。サイトから逆に引用します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

どのようにアイデアを練り上げましたか。

 震災後の仙台に集うエンジニアらが行ってきたいろんブレストの場で、幾度もこのアイデアに似たコンセプトの案が出されました。音以外に、懐中電灯やサーチライトを組み合わせるアイデアもありました。

 今回の「笛モールス」というコアアイデアへ固めた後は、更にイベントで、オープンにブレストをして、仙台のエンジニア・クリエータの皆さんから、アプリの機能詳細(内蔵辞書)やUIデザイン(ボタンの位置や色など)も大量の案を出してもらいました。日常使いを促すような楽しい機能の案もありました。その中の上位案を組み合わてさらに削り、最終的なアイデアに仕上げました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日経BP主催のコンテストで、我々アイデアプラントが、大賞(アイデア部門)を頂けたのも、ひとえにこの街に集う人々のおかげです。

皆さん、ありがとうございました。そして、更に、皆で進みましょう。

記事の最後に書いていますが、仙台には沢山のスマフォ・アプリ・アイデアが公共財として、ストックされています。ファイルは、ファンドロイド事務局で閲覧することができます。
 
posted by 石井力重 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fandroid

2011年11月13日

【スライド】はてなタクシー

熟成産業で、もう新しいビジネスなんてないよー、という場合に、良く効く発想法があります。


はてなタクシー_2011版.pdf


はてなタクシーのエッセンスを踏まえて、手法的に手順化した「531ストレンジ」(拙著『アイデア・スイッチ』)を、実際にやるため方法をスライドにしてみました。


ちょっと解説)

この手法の場合、IT産業や先端産業など「技術変化や市場変化がどんどんおこる」ような領域よりも、20年来変わっていない業態の方が、優れた発想ができます。その本質はこの手法が「前提を壊すことで道を拓く」ような思考形態をとることに起因します。前提となるような決まったものがない新しい産業、変化のある産業ではこれは「発想法としてなりたたない、つまり、普段から普通に存在する事業モデルを示す」だけの結果になります。

古い業界をよく見てみて下さい。既に芽生え始めた可能性がひっそりとあります。それが登場した時には奇妙な気がしますが、よりよいものであればすぐに「当たり前」になりますから。歴史はその変節点を現在からさかのぼってみるので論理的な気がしますが、時間軸をプラス方向に進むときには「変な事を始めた」と言われるのが新しい産業です。目をよく凝らしてみて下さい、きっといくつかは、少し険しいけれど、努力すれば薄暗がりのの先に手が届くはずです。
 
posted by 石井力重 at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイデアの技法



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(60)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(84)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(154)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(353)
アイデア・スイッチ(38)
アイデアの技法(217)
メソッド&ハウツー(189)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(119)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(13)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(3)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(12)
311special(5)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)