2012年05月30日

韓国でアイデアワークショップを実施しました(速報)

IDEAPLANT 海外レポート1a
2012-05-30
石井力重

韓国でアイデアワークショップを実施
 
概要:

 アイデアプラント(創設2005年、開業2009年)は、2012年5月25日〜29日の5日で、韓国において、合計4回のアイデアワークショップを、行いました。参加者は韓国の研究機関の専門家や大学院や大学生です。参加者総数は約100名です。場所は大邱(テグ:Daegu)広域市です。



コーディネータは嶺南(ヨンナム:Yeungnam)大学校(※1) 文科大学 心理学科 教授 朴在鎬(パク ジェホ:Park Jaeho)先生です。トランスレーターは、朴先生および上杉真由先生(同大学校 外国語 教育院)です。ワークショップの際の円滑な通訳をしてくれました。

※1 大学校の「校」は、大きな大学を意味します。単科大学に近いものを「大学」、総合大学に近いものを「大学校」と呼ぶそうです。嶺南大学校はとても大きな大学でした。

ワークショップの内容は3種類です。以下。
  1. アイデアトランプ」および「Brainstorm Card」(ブレスターのエッセンスから作った4枚のカード)を用いて日常課題への解決アイデアを出すワークショップ。
  2. TRIZ Card」(智慧カードのコンテンツを韓国語にして、かつ、問題ごとにその解決のための選定ガイドシートを付けたもの)を用いて、イノベーティブなアイデアを出すワークショップ。
  3. Speedstorming」(5分交代のペアブレスト)を行い、「アイデアスケッチ」を書くワークショップ。



これから、数回に分けて、「詳細」報告します。

2012年05月26日

IDEAPLANT Workshops[3] SpeedStorming & Ideasketch

These is Idea-workshop[3] slide data in Korea at 5/25-5/29. 

SpeedStorming_ideaworkshop3.jpg

Tool : [None]

Workshop3

Speedstorming_and_Ideasketch_workshop_En_Jp

( Written in both English & Japanese )

(c) IDEAPLANT
   

2012年05月25日

IDEAPLANT Workshops[2] TRIZ Card

These are Idea-workshop[2] slide data in Korea at 5/25-5/29. 

TRIZ_Card_ideaworkshop2.jpg

Card_Select_guide_ideaworkshop2.jpg

2012年05月24日

IDEAPLANT Workshops[1] Ideatrump, BrainstormCard

These are Idea-workshop[1] slide data in Korea at 5/25-5/29. 

Ideatrump_ideaworkshop1.jpg

2012年05月23日

「アイデアトランプ」のリニューアル版を発売

本日、公式サイトより、リリースを行いました。

サイズがトランプサイズになり、文字が大きくなりました。

初版をお持ちの方には、なんと、第二版を1セットずつ提供いたします!(これは店長頑張った!)今までお使いいただいた皆様からの声が製品を育てます。皆様の、製品についての感想やつぶやきに注目してより良い製品づくりに取り組んでまいります。


「アイデアトランプ」リニューアル版 発売

アイデアプラントは、"発想力"を鍛える新感覚トランプ「アイデアトランプ」のリニューアル版を5月23日より発売いたします。アイデアトランプとは、ゲームをしながらチームで気軽にブレインストーミング(問題解決)ができる、新感覚のトランプです。アイデアトランプの中央には、発想のきっかけとなる様々なフレーズが配されており、プレイヤーはアイデアトランプを使って遊ぶことで、様々な問題解決のヒントを得ることができます。本製品は、2012年3月の発売以降たくさんの方にお求めいただき、この度2ヶ月あまりで第2版発売の運びとなりました。よりよいツールでアイデア出しをしていただきたいという想いから、リニューアル版はユーザーの皆様の声を反映し、トランプの質感を追求したものへと改良いたしました。カードには、耐久性があり光を通さないトランプ専用紙を採用。サイズはこれまでの名刺サイズ(55×91mm)から、国際基準の『ブリッジサイズ(58×89mm)』としました。カードのサイズを大きくしたことに伴い、文字サイズも一回り大きくし、机に広げた時の視認性も向上しました。価格は据え置きの 3,500 円(税込)。ジョーカー2枚を含めた全 54 枚のトランプに、遊び方が書かれたマニュアルが1枚と、専用のプラスチックケース、スリーブが付属します。

http://www.ideaplant.jp/news/20120523-products.html

 なお、古いバージョンのアイデアトランプをお持ちの方には、リニューアル版のアイデアトランプをもれなく1セットずつプレゼントいたします。(対象の方に順次発送いたします。お届けまで今しばらくお待ち下さい。)

荷物のこと(世界へ出る時に)

アイデアプラントを創業して以降、仕事として海外へ行くのは初めてで、荷造りを出発前にはじめて(国内の旅のつもりでついつい、前日まで何もしないでいまして)、はたと、今気が付きました。

5年前にシリコンバレーに行ったとき、荷物、そういえば結構うるさかったような。当時は、荷物はPCも持たず、財布、デジカメ、ポメラ、メモカード、あとは、着替え3日分。という極めて小さい荷物で何の考慮もなしに入りましたが、今回はビジネス道具がいろいろあるので少ししっかり調べました。

今回は、大韓航空で、仁川(韓国)へ行くのですが、「大韓航空 機内持ち込み サイズ」でググって
を読ませてもらってなるほど、と。

それから大韓航空の公式サイト
を読みました。


私のバックパック(黒い大きなリュック。これ一個で国内を半月近く旅しているあのバックパックです)を測ってみると、
55センチ×35センチ×15センチ。

機内持ち込みは、大韓航空の場合、55×40×20ということで、おお、これのバックパック、そういう設計思想もあるのかもと、納得。

ちなみに、ハンドバッグは、更に持って入れる例外のようで、僕が普段バックパックのほかにいつも持ち歩いている文具鞄(小さい黒い鞄)はサイズ的には大丈夫のようです。

ノートPCと充電器と、着替え3日分と、わずかな生活用品(爪切りとか、ひげそりとか、肌のクリームとか)をいれて、行動できるいいサイズなのですが、基本的には飛行機に乗ることもできる、と。

で、問題は、爪切り。

私は巻づめなので、荷物最小化しても、巻づめ専用ニッパーをいつも旅の間持っています。いちど、巻づめが横浜のホテルでひどく痛くなってしまい、ホテルで普通の爪切りを借りたのですが状況が実に悪くなってしまい、これは、必須だと。それから持っています。しかし、機内持ち込みはできないもののようです。

そうすると、預け荷物(受託手荷物)になる。

そうすると小さな手荷物をあづけるののも心もとないのでスーツケース(白)を使うかどうか考えました。震災前はよくこれを使っていたのですが、震災後は、自力でどこでも踏破行動できることを考えてキャスターのつくものはやめていました。

先のWEBサイトを見ると、158p(三辺の和)が上限とあります。おおう。。。そんなのはかったことないなぁと。

そこで、測ってみると、63センチ×42センチ×33センチ。ハンドルなどの突起を最大限入れて大きめで測りました(突起部を抜くと、60×40×30)。

全部足すと、63+42+33=138センチ。

なるほど、新幹線でよく見るような、日本人サイズの国内旅行用のスーツケースなんですが、これは大丈夫のようです。

と、そこまで来て、はたと思ったのがこんなに大きなカバンがいいのだろうかと?

今回は、80人分のワークショップカードセットを持っていくので荷物が多いので、滞在日数分の洋服と、爪切り、が受託荷物にすればいいのですがそんなには、大きくなくていいのでは、と。現地で洗濯するし、国内に戻ってからも、仙台には戻らずに国内の旅を継続するので、大きなものは要らないな、と。


ここは選択ですかね。

私は結局、バックパックには、PCと電子機器類、失うと現地で替えがきかないワークショップカード80人分、を入れることにして、爪切りや着替えをスーツケースに入れることにしました。かなりがらんがらんですが帰りには現地で収集した資料がたくさん入るでしょうし、80人分のワークショップ道具は現地で現地で廃棄もしくは、先方の教授の研究室に保管してもらい、サンプルとしておいてもらうかもしれないですが、いずれにしてもそれは空になるので、かなり軽いスーツケースで帰ることにします。あとは成田に着いたらこれをクロネコの120サイズで、仙台に輸送してしまえばいいかと。(それで私はそのまま国内の旅を続けます。)

一瞬「帰りはほとんど空なんだから、ほとんど体積ゼロにできる入れ物=風呂敷、を考えたのですが、「受託荷物、風呂敷」でググると、なかなかハードな事例が、、、。預け入れ荷物に風呂敷を使うのはどうも、トラブルの種のようでやめておきました。
 

2012年05月22日

이력서(履歴書)

韓国でお招きいただいている先生から「CV(履歴書)を送ってほしい」と連絡をいただきました。日本で使っているものを、すこし修正し、韓国語に翻訳してみました。(翻訳サービスのmyGengoを使ってわずか数時間。これは便利。)

履歴書(韓国バージョン)
이력서_石井力重

韓国でどういう出会いがあるかわかりませんが、国超えて、面白い開発ができるような人と出会えたらいいなぁと思います。国際電話をかけるより、メールやFacebook、あるいは、Skypeでコンタクトを取り合う時代になりました。その意味では連絡先には、オフィスの電話も書いてはありますが、そういうソーシャルIDを意識して書いています。
 
 追記:

私の名前( 石井力重 )は、ハングルで書くと、こう書くそうです。

 이시이 리키에
 I SHI I  RI KI E
 いしい りきえ
 
(私の名前は、イ行が多いので、ハングルで、文字の中右側に縦棒が頻繁に表れていますね。友人にコメントをいただいておおー、なるほどと思いました) 

2012年05月18日

外国語のフォントを入れる(ハングル)

海外でのワークショップ時に、アイデアワーク用のカードを作って持っていく、ということをしていますが、

1.【概念】 ワークを設計し
2.【具体】 平易な日本語でコンテンツを作り
3.【翻訳】 翻訳サービスで現地の言葉に翻訳してもらい

さて、いざ、それをカードツールにしようとして「フォントが・・・」という段になりました。翻訳してくださるので、その現地の言葉で書いてくれているわけですが、表示されるフォントがどうも「とにかくWindowsとしては表示できています」的な感じ。なのでこれは、発想コンテンツの道具としては、無視したくない感性的な要素。ちょっと手間をかけることにしました。具体的にはハングルなのですが、表示できるフォントだと、「日本語フォントで言う教科書フォント」みたいな、ちょっと若いクリエイターには「あー、なんで田舎の博物館の入場案内みたいなフォントでうつかなー」感満点です。時々、デザイン性のよいツールの日本語に訳されたコンテンツが「残念フォント」で書かれているのを見て、「そのひと手間を惜しんだのは、大きいぜよ、製作者さん・・・」と思ったのもあり。というわけで、

4.【表現】 カードデザインのテイストにあううなフォントを探して入れます。

「韓国語 フォント」で探すと結構出てきました。
その中でも以下の所のサイトがよかったです。

FONT(C)LUB
http://www.fontclub.co.kr/Community/FreeFonts.asp?subtype=01

その中の 「텐바이텐 폰트」 テンバイテンフォント をDLしました。ダウンロードファイルをフォント一覧に反映させるにはWin7なら簡単でファイルをクリックして「インストール」ボタンを押すだけでした。フォント一覧の中では” 10X10 ”と表記されます。

(ハングルハッキョさんのWebサイト http://hangulhakkyo.blog104.fc2.com/?mode=m&no=79 から、上記のフォントサイトを知ることができました。ありがとうございます)
 

追記:

この後、プリンターから作った韓国語のブレスト・ゲームカードを出力したら、フォントが表示されないエラーが。True Typeの問題だ、ということで、対策を誇示たら、8割はうまく出力できるものの、ところどころ、おかしい(□に×表示)印字に。

いろいろ思考錯誤した結果、別の候補としてDLしておいた 「 KT&G SangSangBodyL 」を使ってみたら、全部すっきりと印字できました。日本語の「メイリオとHG丸ゴシックMの中間」みたいなフォントのテイストで、なかなかいいフォントです。


(補足:自分の中の気づきメモ:ハングルは、私には読むこともできないぐらいなじみのない文字なので、その国での流行のフォントに近いのかどうかは分かりませんが、アルファベットで言えばTahoma、日本語で言えば、HG丸ゴシックM、みたいなテイストであるのは、なんとなく、文字のデザインを見ていてわかりました。人間の感性は、そういう文字から感じる”テイスト”みたいなものってありますね。なお商品化する場合は、現地でしばらくユーザ層が目にするような教材や高品質なデザイン、ブランドショップのロゴや店内で使われている文字などを、見て回るといいだろうなぁと思いました。フォントとカラーを見に行ってきますって、外国への旅をするのも、なかなか、楽しそうです。そう、”色”も、多少、ありますからね、国柄とか文化性が。初期のアメリカのパワポの基本配色って、げんなりするほどひどかったですよね?そういうものを作らない、ために、と。)




カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(68)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(86)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(167)
アイデアプラント 5th(2018-2020)(20)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(379)
アイデア・スイッチ(39)
アイデアの技法(224)
メソッド&ハウツー(191)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(125)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(15)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(4)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(14)
311special(6)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)
過去ログ
2018年11月(1)
2018年10月(9)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年07月(8)
2018年06月(12)
2018年05月(11)
2018年04月(7)
2018年03月(8)
2018年02月(6)
2018年01月(2)
2017年12月(6)
2017年11月(12)
2017年10月(3)
2017年09月(3)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(5)
2017年05月(8)
2017年04月(5)
2017年03月(8)
2017年02月(6)
2017年01月(6)
2016年12月(10)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(5)
2016年07月(6)
2016年06月(9)
2016年05月(11)
2016年04月(10)
2016年03月(12)
2016年02月(15)
2016年01月(32)
2015年12月(41)
2015年11月(28)
2015年10月(11)
2015年09月(5)
2015年08月(10)
2015年07月(6)
2015年06月(6)
2015年05月(7)
2015年04月(19)
2015年03月(4)
2015年02月(7)
2015年01月(6)
2014年12月(6)
2014年11月(9)
2014年10月(12)
2014年09月(11)
2014年08月(11)
2014年07月(14)
2014年06月(2)
2014年05月(8)
2014年04月(6)
2014年03月(10)
2014年02月(2)
2014年01月(5)
2013年12月(7)
2013年11月(6)
2013年10月(8)
2013年09月(10)
2013年08月(11)
2013年07月(17)
2013年06月(7)
2013年05月(11)
2013年04月(11)
2013年03月(6)
2013年02月(13)
2013年01月(11)
2012年12月(34)
2012年11月(13)
2012年10月(8)
2012年09月(12)
2012年08月(13)
2012年07月(40)
2012年06月(27)
2012年05月(23)
2012年04月(15)
2012年03月(17)
2012年02月(23)
2012年01月(10)
2011年12月(20)
2011年11月(32)
2011年10月(18)
2011年09月(22)
2011年08月(24)
2011年07月(32)
2011年06月(20)
2011年05月(7)
2011年04月(34)
2011年03月(74)
2011年02月(36)
2011年01月(36)
2010年12月(50)
2010年11月(47)
2010年10月(57)
2010年09月(36)
2010年08月(42)

Powered by さくらのブログ