2012年07月30日

日経ビジネスオンラインに、記事が公開されました。

 
石井力重のアイデア集団の作り方
 
第1フェイズ「アイデア創出」前編

日経ビジネスオンライン_石井力重.jpg

今回は、アイデアを拡げる手法です。いつも口頭で述べていたりワークショップで行ったりしている内容を、できるだけ文字に落としてみました。


追記:

3月末に、シリーズの一本目をあげていて、今回は二本目です。(遅筆で編集部の方にはご迷惑をおかけしております。すみません。。。)

2012年07月28日

昔のメモ(知的疲弊)を、今の自分(基礎体力)が見た感想

昔、といっても、そんなに遠くない昔、とにかく、仕事が立て続けで旅の日々でワークショップとその製作を繰り返しつつ、さまざまな復興支援のことや、原稿書きや作品作りをしていた時に自分が書いたままにしていたメモを読み返してみました。

  • 疲れてくると、会話の力がよわくなる。
  • 疲れてくると、判断力が弱くなる。結果、よくない事態への対処が甘くなる。
  • 疲れてくると、タクシーとかフライトとかお金で解決しようとして高い方法を選ぶが、それが思い通りにいかないと最悪になる。思い通りにいっても、贅沢を楽しんだりできていない。
  • 疲れてくると、心に余裕がなくなる。電車や込み合う場所で会う人がみんな奪い合う敵に思えてくる。

今見ると相当な違和感があります。頑張って、つかれていたんだなぁと思います。
どうしても仕事が集中する時というのはありますが、疲れていると、疲れて少し暗い所にいるんだってことも、わからないのかもしれないなぁと、他人事のように思います。

ただ、首都圏の満員電車は、人間性を効率的に阻害する、ひどい環境なのであそこでこすれあううちに、デリケートな心の表面はかさぶたを繰り返し、感受性の低い、堅い皮をつくってしまうのは、健全な日々の今でもわかります。

その後にメモが2行続いています。

  • そういう時は、早くいったんシャワーを浴びに戻れ。
  • 疲れと心のギスギスを洗い流せ。

都内に宿をとって滞在していると、仕事の合間にホテルに戻れます。汗だくだったり、冷えて疲労がたまっている背中だったりに、熱湯を浴びてさっぱりすると不思議と、身体のリフレッシュが、精神的なリフレッシュにもなっていることを感じました。

本当はそのあと、転がって仮眠が取れると一番いいんでしょうけれど、そうはなかなか行きませんね。

いろいろ書きましたが、疲れてくると、会話の力が弱くなる、というのは、旅の日々で疲れがたまってくると如実に感じます。頭脳が明晰さを書いて、言いたいことが出てこなくなり、これは脳溢血かなんかじゃないのだろうか、とふと疑念がわくぐらいに、出てこなくなっていきます。

頭は疲れすぎると、疲れを感じる力すらも弱くなってしまう。加速していくものだ。そう、意識しておくと、日々の仕事二枚する日々の中でも、なすべきことがわかる気がします。普段はそういうことをデリケートに目を拡げて見つける機会もないので、すこし恥ずかしいですが当時のメモを公開してみました。

ちなみに、酒はすごく好きですが、疲れている時に費用を忘れるために飲むようなことはありません。一瞬は元気になりますがそれは、単に先送りしただけ。翌日により疲れがたまります。そういう時には、軽い運動をして、野菜の多い温かいご飯をしっかり食べ、風呂に入って、長い時間眠ること。それが一番だと思います。
 
( 追記:休暇を取り、疲れていない状態にするというのは、疲れることをうまく回避するための、マイ・ライフハック発見の効果があるのかもしれない、と最近、思います。 )
 
posted by 石井力重 at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、価値観、仙台オススメ

感性的な仕入れの日々で自然と気が付いたこと。それから、生産性をしる人間ゲーム(案)

水、木、金、と、日常の働き方(PC必携ワークスタイル)から離れていろんなことを感じていました。メモを集めてみます。


●デジタル喧騒を離れるか、健康的な生活をすると寝不足に敏感になる。

●睡眠を削ってその時間であれこれする生活になればなるほど睡眠が足りていないことに鈍感になる。ぼーっと眠たい時には、頭というのは思考が明晰ではない状態にあることを感じ取れはしないらしい。

●疲れすぎると早めに回復に向かう行動を取れなくなる、というのは、不合理に思うけれど、面白い。人間ゲームを作ったなら、疲労過度、睡眠不足になると、休息とー回復の場所に退くための軽作業にたくさんのエネルギーチップを必要とすることになる。可視化できたら退き際を見誤らないだろうなあ。

●あくまで仮説、思いつきレベルですが、バカンスを取り仕事から長期間離れる国民性の国が一人当たりの生産性が高いのは、(日本国民のそれに比肩するあるいは超えているのは)、生産的ではない働き方にセンシティブになれるから、ではないだろうか。

●それにしても、なぜだろう。皆が働いているときに、休暇を取ることの後ろめたさというのは。日本の空気というがあるとしたら、少しそれを感じたのかもしれない。誰からも非難はされないはずなのに、勝手にそう思うものがあるのはなんでだろう。 

●汗をかいて運動して日焼けして過ごす、肉体を使って体力でいろんな物事を対処する、ずっと座って固まった姿勢を取らない。こういう日々を過ごすと、夏場に噴き出す汗が不快ではなくなるし頭がボーっとすることもなくなる。机に座って汗かかないように生産的な環境にして、と突き詰めたはずが、かえって環境からうける有害要員に大きく弱らせられてしまう。皮肉なもので。

こんなことを思っていました。

睡眠不足に鈍感になる、頭の明晰さのくもりに鈍感になる、という状態は進むほどにより鈍感さを増してしまうようだと、はじめに感じたようでした。そして、国や企業の生産性についても類似するものを感じています。乱暴な演繹ですが、生産性が低くなる、という状態は進むほどにより鈍感さを増してしまうのかもしれません。


それから、「疲れすぎると早めに回復に向かう行動を取れなくなる、というのは、不合理に思うけれど、面白い。人間ゲームを作ったなら、疲労過度、睡眠不足になると、休息とー回復の場所に退くための軽作業にたくさんのエネルギーチップを必要とすることになる。可視化できたら退き際を見誤らないだろうなあ。」という部分は、人間ゲーム、というコンセプトで見たときに、どこまで行くと「長い時間粘って頑張る」が、生産総量を下げ始めるのかを、ゲームシステムの中で明らかにできるのかもしれません。

長時間へとへとになるきるまで仕事をすると、次のターンで残体力がなく、通常の8時間ですらピークパフォーマンスを発揮でない、となると、残業を恒常的にはしないプレイヤーと大幅にする人とで最終的にもっているコインの量が違う、そんなことが起こると面白そうです。

脳が持つ「締め切り効果」を勘案すると、”今日は残業するぞ”と決めた場合には、ピークの高さが低いか終電二時間前に出現するという設定にある程度のランダムさをまぶしてやると、面白いことが見えそうです。社会科学的に知られている生産性についてのさまざまな断片をゲームシステムに入れていくと興味深いゲーム上の動きが出現するでしょう。

思いっきり荒い予想ですが、最終的には、週に0〜3時間ぐらいの残業総量の人が最もコインを集める、となったりしそうな気がします。残業ゼロで帰るプレイヤーは「フィンランド」さん、終わるまで頑張るプレイヤーは「ジャパン」さん、昼食の後にシエスタをとり夜にはまた仕事をする「〇〇」さん、風が吹いたら遅刻して雨の日はお休みする「カメハメハ」さん、などなど。

一つの企業をステージに、コインの獲得枚数を競うと実は、日本モデルは結構強いが一番にはならないとか、ぜんぜんダメだったとか、わかるんでしょうね。
 

開発用の小屋にゆく

yakurai01.JPG
時には、デジタルの喧騒をはなれて、感性を引き出し開発をすることも大事だと考えています。

yakurai02.JPG
レンタルコテージ。全部込みで一泊16,000円。自由に使えてなかなか。温泉も入れます。

yakurai03.JPG
人工の水場ですが、オタマジャクシもいました。

yakurai04.JPG
目前に原っぱしかない、というのが、価値。ここまで整備されていなくてもいいけれど。

yakurai05.JPG
侮れないビールと料理を出す店も、徒歩十分。

yakurai06.JPG
GPSの起点がある。

manyou Park.JPG
車で一時間行くと、こういうグラススキー的な斜面の無料パークも。

Wifiが入らないことも、1つの価値であろうと、今回思いました。人は弱い生き物ですから。

このコテージは、宮城県の北部にあるのですが、週末をさければ、夏場でも結構、簡単に予約ができて、設備もすいていて快適でした。

感性的なものごとに静かに目を凝らすことで、もっと良い仕事ができそうです。デジタル道具がなく、何もすることないと、夜というのはこんなに長いものか、と、新鮮な思いでいました。いろんな道具の構想も湧いてきました。

それにしても、虫よけは必須。
 

バランスボールをアウトドア用におろす

ball.jpg
サイズのわからない写真ですが、大きなボール(かつて、カヤック仙台支社に無理やり持ち込んだあのボール)を、外用におろしました。

私の書斎にはすでに一つあったので、もう一つの出番を探していたのですが、アウトドア用に思い切っておろしました。

小さい子供と球遊びをするのにも、この大きさだとそれなりに楽しく遊べます。

唯一の難点は、持ち運びの際に空気を抜く行為が面倒なことです。正確には、ピンが抜きにくいのです。

頻繁に抜く前提のものではないですからね。
 
posted by 石井力重 at 02:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、価値観、仙台オススメ

Zoo Card

戯れに作ってみました。

動物園で見られる生き物カード。

F.jpg

K.jpg

P.jpg

S.jpg

Sa.jpg

Si.jpg

T.jpg

U.jpg

H.jpg

試作品にも及ばないお遊びですが。


2012年07月27日

動物のフォルムを学びに、八木山動物園に。

動物や自然物にデザインの要素を学ぼうとおもって、この数日、山奥のコテージにいったり、辺鄙な土地を開拓してできた森などへ、アウトドア体験しに行く行動を続けています。

今日は動物のフォルムを学びにいきました。

続きを読む

2012年07月24日

お知らせ、今週の水、木、金は、知識と感性の仕入れです。

今週の水、木、金(25-27日)は、返事が遅くなります、もしくは、週明けになります。お急ぎの方は、明日火曜日にご一報くだされば、なにか対処をしておきますので、ご連絡ください。石井力重

【資料】アイデアワークショップ for 農業

7月24日。仙台JAさんからの依頼で、地域農業担い手研究会さんで、90分のアイデアワークショップを行います。

スライド
JA_担い手研究会殿_ideaworkshop


今回のワークショップは、「Idea to Plan」に特徴があります。

idea_to_plan.jpg
アイデアフルにいっぱい出せた。
でも、事業構想にするとなるとハードルが高いんだよなー、という時に、とっつきやすい方法を提供します。

本当に、そんな簡単にかけるの?

大丈夫です。
簡単か?といえば、創造的努力はやっぱり必要ですが、ざっくりしたレベルならば割と短時間で書けます。それをブラッシュアップすることは、ちょっとずつできます。アイデアをプランに拡げていくときに必要な要素を受け止めるフォームがあります。それを一緒に使っていきましょう。
 

追記)

アイデアプラントの仕事は提供する先が実に多岐にわたります。毎回、私も楽しんで提供しています。

そして、お客さんごとに、求められるものが全く違います。Idea to Planは要らないから、新規性のあるアイデアを創出することにフォーカスしてほしい!というケースもあります。(割とその方が多いです)。どっちのケースもそれぞれに興味深いです。明日も精いっぱい提供してきます!
 

VE協会の協会誌に、横田さんとの対談(後編)が載りました

少し前に、いただいていたのですが、紹介します。

日本VE協会の協会誌、バリューコンピテンシー34号に、ファンクショナルアプローチの横田さんとの対談(後編)が載りました。

taidan01.jpg
こんな感じに楽しく話してあっという間の対談でした。

taidan02.jpg
これがその協会誌です。VE協会の会員に届くものなので、開発系の会社さんなら誰か知ら入っていて、オフィスにある可能性があります。

taidan03.jpg
対談の中身は、横田さんの部分がすごく面白い!内容になっています。石井の部分は、いつもの私の考えなので僕には面白いわけではないのですが、話の筋がすっきりととおっているようにうまく編集していただいて、編集者さんの力量に感服します。

それかから、対談だけでなく、アイデア発想法の私の記事もこの号には乗っています。4回連載しようということでこれが第2回なのであと2回(秋号、冬号)あります。

ve_idea_2.jpg
それがこちらです。

アイデアスイッチの5章の内容を対象の範囲にして、新たに書き下ろしたアイデア発想の話で、テイストとしては昔コクヨさんのポケディアで連載した「門人太郎(かど・にんたろう)」のアイデア発想ストーリーの世界観を共有して書いています。毎回相談者が、目の前で、アイデアに関する困りごとを吐露するシーンから始まり、首相の提案、解説、実際にやってみるとこうなる、そしてストーリの結末へ、という構成になっています。

これまた、編集者さんの技量が高くて、読みやすくなっていますが、私が脱稿した段階ではザ・拙文、みたいな状態で、編集のプロというのはすごいなぁといつも彼と仕事をするたびに思うのでした。
 

Finland展の4時間

今年は、日本の美術館でFinland展があります。私にとって訪問してみたい国ナンバーワンのフィンランド。そのフィンランド展があったのをいろんなところから聞いて知っていて、先日青森美術館に行って終わってしまったフィンランド展の余韻みたいなものだけを感じて、どうして無理してでも来なかったんだ、と悔やんでいたのですが、今は宇都宮でやっていると友人に聞いて、先日行ってきました。(2012年7月14日、宇都宮美術館)

私がそこで見て感じたこと、書き留めてみたかったこと、はメモカードに書いていました。

開館と当時に入って、4時間ぐらい、考え事をしたりしメモを取ったり。写真は当然とれないのですが、実物を見るのにはとても良いことのように思いました。ビットの中残せるより、実物を目で見て、どうしても残したいものは自分の力で模写する、メモを取る。

メモを載せてみます。


Finland展_ページ_01.jpg
続きを読む
posted by 石井力重 at 01:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Finland

2012年07月23日

TRIZ symposium 2012 発表スライドができました。(動画付き)

今年のTRIZシンポジウム は、石井からは、日本と韓国で行ったアイデア創出ワークショップのことを報告します。しかも、前半部を石井がプレゼンし、もう後半部は韓国の教授がプレゼンします。



第8回 TRIZシンポジウム2012 (@早稲田大学)

発表日時:9月7日 17:10〜17:40(16:40〜18:10の枠、第2番目)

発表時間:30分(含む、質疑応答8分)
O-11 J28 石井力重(アイデアプラント)

TRIZ のカード  (智慧カード)  を用いたアイデア創出ワークショップ 



石井力重  (アイデアプラント)  、 朴在鎬  (嶺南大学校:、韓国)  

石井力重(アイデアプラント)と朴在鎬教授(嶺南大学校)は、TRIZ Card(智慧カード)
を用いたアイデア創出ワークショップを、韓国・日本で行った。参加者は韓国 100 名(大学・
大学院、シンクタンク)、日本 100 名(自動車、電機、精密機械、電力関連の企業)。学生・
院生は非技術系(心理学系)、ビジネスパーソンは技術系(技術開発、知財推進)、非技術系
(事業企画、コンサルティング)を仕事にしている人たちであった。多くの参加者は TRIZ
を知らない人たちであった。彼らに対し、 “新しいゴミ箱のアイデア“や”交通渋滞の緩
和のアイデア“などといった発想のテーマを提示し、TRIZ のエッセンスをカードにしたも
の(智慧カード)を用いてアイデアを出してもらった。時間は 60〜90 分。多くの参加者は、
短時間で大量のアイデアを創出し、中には非常に創造的なアイデアも見られた。参加者から
は「楽しかった」「面白いアイデアがたくさんでた」という声が寄せられた。


ご興味のある方は、ぜひ、シンポジウムのセッションや夜の懇親会でディスカッションしましょう。ちなみに、シンポジウムは「日本語トラック(メイン会場)」と「英語トラック(サブ会場)」がありますが、私たちは英語トラックのほうで今年は出ます。

今年は3日間フルに会場にいますので、いろいろディスカッションしましょう。夜の討論会も楽しみです。


余談)

この数日間は、発表スライドの締め切りが今夜まで、(しかも、提出するべきファイルが合計で7つある)、という状況で、週末もなしにとにかくスライド制作を進めていました。TRIZシンポジウムの発表が近づくと、大学院生時代を思い出します。定期的に、こうしてフォーマルな形に発表を行うというのも思考の鍛錬にいいかもしれない、と書き終わった日の夜は思うのでした。


ちなみに、自分で動画を見ていて、いろいろ、ミスに気が付きました。

韓国の合計数 88⇒87
スペルが間違っている Psycology ⇒Psychology
参加者のプロファイルについてところどころ表記に単数形がある⇒みんな複数。

これらを直すことも可能ですが、すでに一度差し替えをしています。これ以上、差し替えることは事務局の方に負担をおかけしてしまいますし、この間違いの恥ずかしさを刻印としてそのまま、あえて残しておこうとおこいます。
 
posted by 石井力重 at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | TRIZ



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(61)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(84)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(161)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(356)
アイデア・スイッチ(38)
アイデアの技法(218)
メソッド&ハウツー(189)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(119)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(13)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(4)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(13)
311special(5)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)