2013年01月31日

【ご案内】東京大学にてアイデアワークショップを行います(2月21日)

 
東京大学 open i.school で、2月21日、アイデアワークショップを行います。


これは、i.schoolのopen講座的なイベントで、一週間毎日、違う内容で行われるワークショップです。

私の前日は、博報堂イノベーションラボさん
私の翌日は、なんと、IDEO!(IDEO Tokyoさんです)

プログラムをざっと見ると、どれも参加してみたい構成です。

その更に前日はビジネスエスノグラフィー研修で講師をしてくださった田村大さんです、この時点では私は未だ岐阜にいるはずなので参加のしようがないのですが、田村さんの講義がたぶん、もっともi.school的には中核的で興味深いと思われます。

そうそうたるメンバーの中に混じって、アイデアプラントでいいのだろうか。と、実の細る思いですが、自分側の視点はそこまでにして、胸を借りるつもりで全力で、ワーク設計とファシリテーションを行いたいと思います。

創造的なアイデアを創出する4つのフェーズをフルで体験する5時間の予定です。時間帯は午後を想定しています。詳細は未定です。

新しい可能性を作り出す人を作る。そういう動きが最近の日本では多くなってきたと思います。イノベーションのしっかりした技法は、i.schoolやイノベーションラボの皆さんの知識とスキルにゆだね、石井のパートでは「いざ、アイデアを出すぞ、となった時にその発想という活動においていかに創造的なパフォーマンスを発揮するか」という部分に絞って、内容を展開します。

アイデアが好きな方も、苦手だけれども興味がある、というかたも、ぜひご検討ください。一緒に、ブレストをしましょう。

(※ 定員が割と少ないイベントです。申し込み多数の場合は、申し込み内用にもとづき選考になる、とのことです。)
 

2013年01月30日

VE協会の協会誌、連載完了。横河電機さんでのアイデアワークショップの事例を掲載しました。

日本VE協会さんの協会誌、バリューコンピテンシーで一年にわたり連載させていただいた発想法の連載が掲載されました。予定通り、最終話まで書くことができました。

VE協会誌36_ideaplant_01.jpg

早稲田大学の澤口先生がTRIZとVEで連載を開始されました。興味深い内容です。

VE協会誌36_ideaplant_02.jpg

本連載は、実は、拙著、アイデアスイッチ、の章立てに実は対応した4回構成になっていました。

VE協会誌36_ideaplant_03.jpg

最終話は、特別版。いつもは架空の企業さんでの発想事例を展開しましたが、今回は、ご了解を得て、横河電機株式会社さんでのワークショップでの発想事例を含めて、発想技法を紹介させてもらいました。掲載を快諾してくださった同社の皆様には心から御礼申し上げます。ありがとうございました。

一年間、貴重な紙面にスペースを下さり、ありがとうございました。読んでくださった各企業のVEリーダの皆様、ありがとうございました。

(なお、次号からの一年間、別の連載として、イマジネーションやブレストについて、ご紹介していく連載として、また筆を執らせていただくかもしれません。)

2013年01月29日

【ラジオ】北海道のラジオ番組で「アイデアトランプ」が紹介されました。

もう、3週間も前ですが、1月8日に、北海道の朝のラジオ番組で、「アイデアトランプ」が紹介されました。

メディア名:HBC 北海道放送 ラジオ 「朝刊さくらい」
放送日時:2013年1月8日 朝
取り上げられた製品名:アイデアトランプ

北海道放送_ラジオ_1月8日_アイデアトランプ.jpg

製品について、電話で取材をいただいたので、放送されることは分かっていたのですが、「ああー、北海道じゃ、聞けないなぁ」と思っていたのですが、ラジオ局さんから、「音源をお送りしましょうか」とおっしゃってくださったので、お手数恐縮ですがお願いしますーー、ということで、CDをいただきました。

内容としては、女性と、渋い素敵な声の男性(さくらい氏、と思われます)が、二人でトークしていく形式で、女性がアイデアトランプ、をさくらい氏に紹介、実際にテーマを決めて発想をしてみるー、というものでした。楽しいテイストで紹介してくださって、ありがとうございました。



アイデアトランプ



小学一年生の終わりぐらいの国語力に合わせて言葉をデザインしていますので、とても平易な「発想のヒント」が書かれた52枚のカードです。ですが、発想ツールとしての品質と内容は、本格的な発想ツールであるアイデアプラントの各製品と同じぐらいに、しっかり、作っています。一人でブレストする人なら、カードをめくって一人ブレストにも使えます。お子さんと、家庭の困りごとをテーマに、アイデア出しを競って遊ぶのも、自然と発想力トレーニングになりお奨めです。
 

2013年01月28日

【スライド配布】アイデアワークショップ2013年1月28日(横浜某社、8時間)

2013年1月28日。

横浜の某社研究所にて行った8時間アイデアワークショップのスライドを掲載します。

※ 当日にお見せした別のスライドも差し込み補った【補完バージョン】です。



ご参加いただいた方は、社内や仲間内での勉強会での利用であれば、ご自由にお使いください。


追記:


続きを読む

2013年01月25日

【スライド配布】アイデアワークショップ 2013年1月25日

2013年1月25日、仙台にて、某協議会において、3時間のアイデアワークショップを行います。

スライドを掲載します。

アイデアワークショップ 2013年1月25日 仙台 ( ↑ スライドの中盤から始ります。)

ワークシートは ワークショップ【シート】集 にあります。


ご参加になられた方で、この資料が紙だけでなく、データでも欲しい、という方は、ダウンロードしてお使いください。社内や内部の勉強会であればご自由にお使いください。

(※ なお、当日の資料にある情報とこのスライドでは、ごくわずかに違います。情報がこちらの方が少ないです。具体的には、この協議会殿の業界に由来する固有のテーマにあたる部分を消し込んであります。ここは、自社で行う時には、自社用にテーマを再設定して、トライなさってみてください。)

2013年01月22日

【共同開発】集中力を高く保ち、学習という体験をほんの少し良いものにする道具、を作るべく、トライを続けています。

アップルプラント(※)で年末年始に制作を進めてきた、共同開発の「教具」が出来上がりました。

アップルプラント、という活動の経緯の説明はさておき、まず、その作品を紹介します。

集中しおり

shuchu_siori_001.jpg

半透明の「しおり」です。普通のしおりは読んでいる時は使いませんが、これは読んでいる時こそ、使います。

shuchu_siori_002.jpg

本にしおりを当てて、読んでいる行を「ハイライト」します。

目線を進め次の行に意識を集中する。そんな簡単なことが、集中力を欠いている時にできないことってありませんか?さっきからおんなじ所をよんでいるなー、という時が。そういう時、指でなぞりながら読む、とか、線引きを当てながら読む、という習慣を持っている人がいます。これはいわば、認知資源の枯渇を補うための、肉体的な動きによる補助、だと、私は思うのですが、それを、より良い体験にしよう、というコンセプトの元、試作を重ねて、作りました。

shuchu_siori_003.jpg

家庭教師のアップル。その創業者の畠山さんと、半年にわたるブレストを繰り返し、いろんなアイデアを出しあいました。

集中しおり、にも、いくつかのデザイン候補が残りました。最終的に絞られたのがこの2つです。パキッっとしたハイライトの右側のタイプと、すうっとしたハイライトの左側のタイプ。

人により感じ方が違うので、両方を、作りました。

shuchu_siori_004.jpg

ちなみに、しおりですので、写真左側のように、普段は本のしおりとして、機能しますので、邪魔になりません。

切り抜いて使ってもらうタイプのシートとして作ったのですが、余ったフィルム部分には、アップルさんのキャラクターをつかって、使い方の一言説明があしらってあります。開発とデザインの協力はマグネットデザインさん。(彼らのすごいなあと思う所は、もらったキャラクターデータが正面しかないのに対し、後ろを向いた絵も入れて、全体デザインをしてくれたところです。)


動画で、雰囲気を


グラデーションタイプを、本に当てて読んでみたところ。




ストライプタイプの場合。



もう一つ。新聞に当ててみた場合。



いずれも大人の読む紙面にあてがっていますが、小学生の読む教科書のフォントサイズと行間、では、また感じ方が違います。


道具としての有用性や、多くのユーザが使ってみてのフィードバックを得つつ、更にこれや、そのほかのものを発展させていこうと思います。



アップルプラントのという活動

家庭教師のアップル、と、アイデアプラント、で、アップルプラントです。

別に、リンゴジャム工場とかを始めたわけではなく。この2社が組むことで、子どもや大人の学習をよりよい体験にする道具を作り出そう、という活動です。

続きを読む

2013年01月12日

【ご案内】【スライド公開】アイデアワークショップ(1月19日)@仙台

2013年1月19日、仙台にて、アイデアワークショップを行います。

フルスライドを掲載します。



ご参加いただく方は、社内やうちわの勉強会であればご自由にお使いください。


【ご案内】

このワークショップの参加者は最大40名の見込みです。

公的なイベントとして実施しますので、参加費は無料です。

技術者向けの発想法、カジュアルなブレストの方法、それから創造的な話し合いができる社外の友人を見つける機会です。

ご興味あればぜひご参加ください。

イベント全体についての情報と申し込み方法は、宮城県庁のサイトからご覧いただけます。
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kohou/130111-4.html
 

2013年01月11日

【スライド配布】技術から市場を発想する(シーズ→ニーズ変換の簡易ワーク)

シーズ(要素技術)からニーズ(用途・製品アイデア)を発想するための簡易的なワークのスライドを掲載します。

 


今年最初のワークショップでは、地域の公的なイベントで、エンジニア向けのアイデア創出ワークショップを行います。今日はそのためのワークを設計していました。

今回は、要素技術として優れたものがあるので、それを、どれだけ面白く活用したアイデアが創出できるか、が勝負になります。そういう時に向く良い発想方法として、ここに掲載した発想法を実践することにしました。

この発想技法の根底にあるものは何なのか。

かつて私が独立行政法人のフェローとして、科学技術コーディネータ的なことをしていた時に、トレーニングを受けた様々なモノの中の一つに「シーズニーズ変換」という手法がありますがそのエッセンスをベースにしています。その技法は、アカデミアとビジネスパーソンの言葉が通じない会議の状態から、お互いが共通して議論できる「媒介」となるある概念を発想の中継地とした構造のもった優れた手法です。

それをフルスペックで実施しようとすると結構な複雑さですので、その作業ステップをどんどん削ぎ落し、最後に残る骨組みだけを発想の基本ステップとして、整えたものがこのスライドのワーク内容(発想方法)です。

この発想の本質的な構造を何度かやってみると、技術→商業、シーズ→ニーズ、へと発想していくのに、ワンステップをかますととても発想の幅が広くなることを体感できるでしょう。事業開発をする動きも必要なタイプの技術者には良い思考法だと思います。

一、二度やってみると、自分ひとりでも再現できるようになるでしょう。社内で自社の保有技術を活かした開発プロジェクトをはじめる時の最初のディスカッションをこのワークから始めるのも着想に広がりが出ていいでしょう。

(より本格的な技法にトライしてみたいという時には、「シーズニーズ変換」で検索してみてください。少し堅い表現が多いかもしれませんが、ち密に進めるための指針が得られます。)

続きを読む



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(68)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(86)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(167)
アイデアプラント 5th(2018-2020)(17)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(373)
アイデア・スイッチ(39)
アイデアの技法(224)
メソッド&ハウツー(191)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(124)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(15)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(4)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(14)
311special(6)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)
過去ログ
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年07月(8)
2018年06月(12)
2018年05月(11)
2018年04月(7)
2018年03月(8)
2018年02月(6)
2018年01月(2)
2017年12月(6)
2017年11月(12)
2017年10月(3)
2017年09月(3)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(5)
2017年05月(8)
2017年04月(5)
2017年03月(8)
2017年02月(6)
2017年01月(6)
2016年12月(10)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(5)
2016年07月(6)
2016年06月(9)
2016年05月(11)
2016年04月(10)
2016年03月(12)
2016年02月(15)
2016年01月(32)
2015年12月(41)
2015年11月(28)
2015年10月(11)
2015年09月(5)
2015年08月(10)
2015年07月(6)
2015年06月(6)
2015年05月(7)
2015年04月(19)
2015年03月(4)
2015年02月(7)
2015年01月(6)
2014年12月(6)
2014年11月(9)
2014年10月(12)
2014年09月(11)
2014年08月(11)
2014年07月(14)
2014年06月(2)
2014年05月(8)
2014年04月(6)
2014年03月(10)
2014年02月(2)
2014年01月(5)
2013年12月(7)
2013年11月(6)
2013年10月(8)
2013年09月(10)
2013年08月(11)
2013年07月(17)
2013年06月(7)
2013年05月(11)
2013年04月(11)
2013年03月(6)
2013年02月(13)
2013年01月(11)
2012年12月(34)
2012年11月(13)
2012年10月(8)
2012年09月(12)
2012年08月(13)
2012年07月(40)
2012年06月(27)
2012年05月(23)
2012年04月(15)
2012年03月(17)
2012年02月(23)
2012年01月(10)
2011年12月(20)
2011年11月(32)
2011年10月(18)
2011年09月(22)
2011年08月(24)
2011年07月(32)
2011年06月(20)
2011年05月(7)
2011年04月(34)
2011年03月(74)
2011年02月(36)
2011年01月(36)
2010年12月(50)
2010年11月(47)
2010年10月(57)
2010年09月(36)
2010年08月(42)
2010年07月(39)
2010年06月(64)

Powered by さくらのブログ