2013年02月26日

【資料】講演&ワークショップ@新潟(2013/2/26)


本日2月26日の講演&ワークショップの資料を掲載します。
同社に関する情報部分は全て記号化処理を施しています。
 

2013年02月25日

【アイデアスケッチ集】&【テーマ集】東京大学 open i.school「アイデアプラント式 創造的なアイデアをざくざく生み出すワークショップ」

2013年2月21日。

東京大学 open i.school にて、アイデア創出ワークショップを行いました。

その中でブレインストーミングで生まれたアイデア集を掲載します。

発想のお題

「つまらない、眠くなるプレゼンを楽しくするには?」

というものでした。


このブレストのテーマは、それに先立って行ったテーマ設定ワークの中で作られたもののから選らびだしたものです。

その意味では皆さんは、誰ひとり、このテーマについて事前に考えてきていない状態から、60分のブレストを行ってこれらのアイデアを60分ぐらいで創出しています。




さて、そのブレストに先立って、発想テーマを作り出すワークをしました。そこで出されたテーマ候補集を掲載します。


これらのテーマ集は冒頭の10〜20分ぐらいのワークで作り出しました。



補足(石井コメント)

このアイデアスケッチ集、いつもに増して面白いアイデアが集まっています。

「面白くないプレゼン(或いは、講義)を面白くする工夫アイデア」がいっぱい詰まっています。

見る人によって、いろんな具現化の形を見られそうなものが多いと思います。今、アップロード作業の時に見ていて、星が少ないものにも、大きな可能性を感じました。

新しい機能的な会議室を発想するヒント、新しい文具を考案するヒント、それから講師業の人や、セミナーイベントを企画主催する人。そういう人にも、すぐできて楽しくなるアイデアがたくさんあるように思います。

いくつか、コメントします。

◎ 個人的には、皆から募った参加費を、最も良い質問をした人が総取りできる方式が、なかなか、盛り上がりそうでいつかやってみたいと思いました。お金だと問題があるかもしれませんので、皆で、クッキーとかおせんべいを持ち寄ってそれを一つの箱に入れて、おやつ総取り方式、とか、にしてもいいでしょう。子供たちが超真剣に授業を聞く姿が主浮かびます。

◎ それから、参加者さんの手元のノートを投影する、というアイデアもなかなか秀逸です。これにより講師は、どの程度、理解がついてきているか、を把握することができ、他の学生は、学生の側の理解した内容をみることで「あ、そういうことか。こいつのノートの方が分かりやすいなー」という補助情報にもなり得そうです。毎回ノートテイカーがランダムに回ってくることのドキドキ感もいろいろと設計してみたいところです。

◎ 質問やコメントや「待った!」を常時フィードバックさせる、というアイデアも現代のIT環境であれば、平易に出来そうでいいすね。3つ以上のイイネが付いたコメントだけをスライドの右端に載せる、ということで、何でもかんでも上がってしまうことを回避する、というアイデアが書かれていますが、これが特にいいなあと思いました。群衆知フィルターが効いて、授業時間を費やしても補足説明をするべきこと、がわかります。

◎ 「皆がつまらないと感じているとプレゼンが終わってしまう」というアイデアもなかなか面白いですね。高位に立っているはずの教授がドキドキしそうなシステムで、導入時のうまいデザインが必要ではありますが、意外とこれからの教育システムではありではないかと思います。つまらないなと思われているとゲージが下がるとか、壇上のスポットライトが減らされていく、などがあると、プレゼンイベントでは非常に盛り上がっちゃったりしそうです。(猛者しか登壇しなくなるので思いっきり士気が上がりそうです。敷居も高くなってしまいそうですが。それはそれでいいかと)


テーマ集は、ブレストを練習的にやりたい、という時の、テーマ集として活用してください。中には、思わずアイデアを考えてみたくなるような、「アイデア創出の推進力」を備えたテーマが結構あります。仲間内で、居酒屋でブレストしたりすると、結構面白いアイデアが生み出されそうな、そんないいテーマが多くあります。

2013年02月21日

更新版【スライド配布】東京大学 open i.school「アイデアプラント式 創造的なアイデアをざくざく生み出すワークショップ」

2013年2月21日。

東京大学 本郷キャンパスにて、アイデアワークショップを行います。スライドを掲載します。


一部、Preziを用います。その部分を以下に掲載します。






open i.school は、東大で開かれているi.school(アイスクール)の公開イベントです。7日間毎日ワークショップが行われるというもの。私は4日目です。

東大生以外の方、他の学校の学生・社会人にまで門戸を開いての公募イベントでいろんな人が集まる面白いアイデアワークの場になるでしょう。

ご参加いただいた方は、学内や社内や仲間内の勉強会であれば、このスライドはご自由にご利用ください。
 

2013年02月18日

【スライド配布】アイデアソン(@大垣、2/18)

2013年2月18日。

岐阜の大垣、モバイルコアにて、アイデアソン(≒アイデアワークショップ)を行います。

スライドを掲載します。(Full=全部 と Core=主要部のみ)


Full版



Core版


補足)

今年の大垣でのアイデアソンは、私にとって2回目です。

前回の参加者さんたちの、何人かの方から、「こうした手法やそこから得た要素を、仕事で使ってもいいですか?」と連絡をいただきました。私の答えはいつも同じです。「お役にたつならば、ご自由に活用してください」と。

今回は打ち合わせ際に、(イベントでわざわざ岐阜からきてくださっていた)岐阜県庁の方々とお話しし、「このアイデアソンが、自分で将来再現したい、という人にとって、再現しやすいように、学び直したいという人にも利活用性が高いようにコンテンツを整えておきます」と約束しました。

なので、2種類のスライドをアップしています。(滅多にしない、ことなのですが)

  • ワークショップを自分で再現したいから資料は全部が欲しいという方には、「フル版」
  • 「あの時やった手法って、どうやるんだっけ」というちょっとした復習には「コア版」


以上です。

なお、このワークショップでは、スライドは印刷・配布しません。わずか1枚だけ、ツールシートをお配りするだけです。

(その理由は、紙ものをばさばさ見ている時間がないワークだからです。もちろん、あっても問題ないのですが、大半の方にとって参照しない資料を出力するのはモバイルコアの経費がもったいないですから。)

手元でスライドを見たい、などのニーズがあれば、スライドをスマフォやノートPCなどに入れて会場においでください。(ただし、とても動くワークなので、ノートPCだと、移動の時に煩わしいかもしれません。スマフォかタブレットがおすすめです。もちろん、個々人で紙に出力してきてくださっても問題ありません。)





追記:

将来、いつか、このスライドでアイデアソンをやってみよう、という時にここをのぞいた方のためのコメント。

1)あなたのやろうとしているアイデアソンのテーマが、このワークに合わない、と思った時は、【4】【5】【6】【7】を主軸にして、冒頭の部分を「カットする」か「別の発想手法」を組み入れてください。

(石井=アイデアプラント、の提供するワークショップは、発想テーマに向けて最適なようにワークプロセスを設計しています。今回のテーマは「ご当地アプリを発想する」というものでした。このテーマはある程度汎用性がありますが、アプリのアイデアでも大分違う方向性のテーマだと、冒頭の【1】は、ぎくしゃくするでしょう。)

2)冒頭の1~3をカットして代わりに入れるべき発想手法が何か欲しいが、いいものを知らない、という時には、拙著『アイデアスイッチ』の発想技法を参考にして展開してください。(←宣伝か!と突っ込まれそうですが。)発想手法を思い切り単純化して3ステップで発想するように、技法の手順を設計してあります。それぞれの技法がモジュールになっているので組み合わせて使ったり、一つだけで使えるようになっています。

或いは、石井のブログのカテゴリー アイデア創出の技術&創造工学ワークショップ をご覧ください。いろんな組織でいろんなテーマでワークショップをしたものが公開されています。古い時代のものは、スライドシェアを使っていないので、PDF直リンクなので見難いかも知れませんが、ご容赦ください。
 

2013年02月16日

【スライド配布&アイデア集】アイデア創発1,2(2/16,17 @千駄ヶ谷)

2013年2月16日〜17日に、千駄ヶ谷にて行ったアイデアワークショップの資料【投影スライドのフルページ版】と、【皆が生み出したブレストのテーマ集】、【皆が生み出したアイデアスケッチ集】を掲載します。




DAY1

SEEDx_アイデアワークショップ_DAY1 (投影版)


※なお、スライド枚数がとても多いので、印刷をしてみたい方用に、印刷に向くように間引いて、4スライド1シート化したバージョンを下に付けてあります。

 ↓

印刷配布版(DAY1)



追記: (2013年2月16日、夜)

本日のワークショップで創出された「ブレストに便利、発想のお題集」と、その中の一つの発想テーマから生み出された「アイデアスケッチ集」を掲載します。











DAY2


及び、DAY2は、印刷配布テキスト(創造思考のガイド)もあります。



追記: (2013年2月17日、夜)

本日のワークショップで創出された「たいせつ×文具」のアイデア集(「ブレインライティングシート集」)を掲載します。

開くには、パスワードの入力が必要です。(ワークショップ中に申しあげました。)




備考) 準備物リスト(DAY1,DAY2)も、掲載します。



:お知らせ:

今後の展開では、スライドに、クリエイティブコモンズのあるレベルでの設定をして世に出します。利活用しやすいようにしたいと思います。
その記載の入れ方については、アイデアプラントの通常の表記ポリシー(≒なるべく、発想の邪魔になるものを、スライドに入れないという方針)との統合の調整中ですので、今の段階ではマークを入れてありませんが、タイミングからそれを統一的に表示してきます。

2013年02月11日

【掲載】AERA 「仕事術」コーナーに私の書斎が。

AERA_ishiirikie.JPG

AERA 2月18日号 (2013年2月9日 発売)

昨年末に、仙台の書斎まで、記者さんとカメラマンがきて、取材してくださった時のものです。

興味深いテーマなので、取材依頼をいただいたときに、即受けます、とお答えしました。

「片づけない」ことで仕事をはかどらせようとする人たちに光を当てて、整理整頓するだけ、という方向性以外にも大事なヒントがあるんじゃないだろうか、というもの。私も含めて4人の「片づけない仕事スタイル」の人が出ています。

・・・

余談:この書斎机、一枚板の大きな机なのですが、友人で木工作家の工藤さん(ケー・デザイン)に作っていただいたものです。震災の時に、ついた大きな傷も含めて、僕がとても気に入って愛用している机です。
 

2013年02月09日

【スライド配布】アイデア創出の技術2(農商工連携プロデューサー育成塾)

昨年の下旬から展開されている、農商工連携プロディーサー育成塾。

東北大学の教授陣が講師で登壇していますが、石井もアイデア創出の担当として、2回ほど登壇させてもらっています。2月9日はその二回目。

スライドを掲載します。


ご参加される方(された方)は、内部での利用出ればご自由にお使いください。

地域の産品や設備、あるいは販売チャネル、といった「地域の資源」をつかって、新しい商品やサービスを生み出していく「農商工連携プロデューサー」が、そのアイデア創出の段階で使えるメソッドを、厳選して2つ、実践します。

(1)1人でアイデアを沢山生み出さないといけない、という時に役立つ方法、と、(2)グループやイベント的に集まってくれた地域の様々な方々を交えてのアイデア出しに役立つ方法、です。
 

2013年02月08日

【スライド配布】PPCO(アイデアの強化プロセス)

いかにしてアイデアを磨くか?

アイデアの強化プロセス「PPCO」

その2013年版を掲載します。


補足:

ブレストでは大量発案。
その後の収束では魅力度の高いアイデアを抽出。
そうすると得られているアイデアは、魅力度が高い(しかし、実現性は考慮されていない)アイデア。

この魅力度の高いアイデアを、いかにして、実現性の要素も挙げていくか。

そこについて、創造工学の範疇には非常に良い手法があります。PPCO、というプロセスです。

最近の各所でのワークショップでは、概要をお話しするものの、実施には至らない(他にもお伝えしたいことがいっぱいあって時間切れ)ケースが多かったので、大幅にブラッシュアップしたワークスライドを再掲します。(昔のものよりもかなり変えています。本質は同じですが、イメージを補佐する挿絵や、コツなどを補っています)

アイデアワークショップに過去にご参加いただいた方であれば、内部的な利用であればご自由にお使いください。
 
posted by 石井力重 at 02:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイデアの技法

2013年02月07日

【ご案内】横浜にて、トークイベントに出ます(3月9日)

珍しく、アイデアワークショップではないタイプのイベントのご案内を掲載します。

日時 : 3月9日 14:00〜17:00
場所 : 横浜・関内、さくらWORKS( 横浜市中区相生町3-61 )
名称 : 大規模リノベーション記念「デザインの時代」
     第2回「石井力重と一緒にアイデア創出のプロセスデザインを考える」

(名称が、えらくこそばゆいですが、主役は参加者の皆さんです。)

このイベント、場を作る、という趣旨のコミュニティーが土壌としてあって、その文化的なものをより紡ぎだすための展開がなされいまして、私は第二回のイベントにゲストとしてお招きいただいたものです。前回(第1回)は、ゲストが津田大介さんでした。Ustをとぎれとぎれでしたが拝見しましたが、面白い場でした。

津田さんほど私は口がたたないので、皆さんがたくさん喋って、創造的な話し合いが展開されるように、流れを設計しています。

前半は、トークっぽい流れですが、特に、後半は、三人ブレスト&10歩Walk、というスタイルで、創造的な会話が気楽にできるような、ミニワークを行います。見ず知らずの場に来たとしても変えるころには最低でも、8人ぐらいの人と、仲良くしゃべれる間柄になって帰ってもらえる、そんな構成になっています。

なお、トークの部分では、場の主旨にあわせて、創造的な風土を作る要因や、想像力を促進する要因、というあたりの話をします。個人で、あるいは、チームや組織やコワーキングスペースのような場で、どうやると、創造的な想像性をひきだすことができるか、そういう場を作るための具体的な努力のためのヒントとなる情報をお話しします。

後半はそういう情報も材料にして、わいわい、お話をしていただけるようになっています。

創造的な資質を潜在的に持っている人同士が狭い所に集まると共鳴し合って、自然と創造性は発露していきます。今回もそういう場にきっとなるでしょう。

将来、あなたが企画的なことを考えることが一緒にできる友人(となる人)と出会える場になる、かもしれません。

ご興味あればぜひ、ご来場ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イベントの詳細

 「 さくらWORKS  」 3月9日のイベント

さくらWORKS<関内>大規模リノベーション記念「デザインの時代」第2回「石井力重と一緒に アイデア創出のプロセスデザインを考える」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2013年02月06日

【スライド更新版+テーマ集】大学校・二日間研修

昨日の掲載スライド、二日目部分を大幅改造しました。アップします。




追記:

ワークショップ中にワークを通じて生成された「発想のテーマ集」を掲載します。ブレストの際のテーマとしてご活用ください。

2013年02月05日

【スライド配布】業務革新のためのアイデア発想引き出し術(中小企業大学校・仙台校、2日間)

2013年2月5日、6日。中小企業大学校・仙台校。

2日間研修(アイデア発想の講義とワークショップ)のスライドを掲載します。


参加された方は、社内や仲間内の勉強会等であればご自由にご活用ください。

  • 研修二日間分が入っています。400枚以上のスライドですが、紙芝居スタイル(わずかな違いで、スライドを立てているスタイル)なので、実際はこの1/2〜1/4ぐらいの量に感じると思います。
  • ワークシート類は、このブログの左側のリンク「 ワークショップ【シート】集 」から、探してみてください。アイデアスケッチとか、そのほか諸々はこの辺にPDFでおいています。
  • メインの参考資料としては、『アイデア・スイッチ』(2009年、石井力重)、それから、更に2冊お奨めを、と言われる場合には、『アイデアブック スウェーデン式』と『考具』(こうぐ、と読みます)を推奨します。
  • 日経ビジネスオンラインでのアイデア発想法の連載はこちらです。
  • 研修中に用いたワークショップ用のツール(カードゲーム型教材や、テーブルゲーム型教材)は、アイデアプラントの作品です。
  • 研修中にご質問いただき後日回答、とした場合には、この下に、後ほど、追記で掲載します。
 

2013年02月04日

【ご案内】東京大学でのアイデアワークショップ(2月21日)

東大 i.school のopenイベントにて、アイデアワークショップを行います――、と先日お知らせしました。その募集ページが出ました。ご興味ある方はご検討ください。

 内容、及び、申し込み


オープンi.school2013 Day-4: アイデアプラント式 創造的なアイデアをざくざく生み出すワークショップ

1人で、あるいは、グループで、企画的な仕事をしていく中で「どうも、アイデアワークが上手くいっていない。いまいち、やりきれていない感じなんだよな…」と感じることもあるでしょう。

あるいは、創造的で、普段、沢山アイデアが出てくる人にも「なぜか今日はあまりアイデアが湧いてこないな…」ということがあります。

優れたアイデアを創出するためには4つのフェーズがあります。

(1)大量に発想する、というのもその一つで、主要なフェーズなのですが、(2)創造的にアイデアを絞り込んでいくフェーズ、(3)創造的なアイデアを強化していくフェーズがあります。そして、普段あまり意識されないフェーズですが、(0)発想に向くテーマへとテーマを調整してやる、というフェーズがあります。

5時間のワークショップで、各フェーズを実際に体験しながら、把握ができるワークショップを企画しました。

当日、皆が取り組む「発想テーマ」も、テーマ設定ワークを行い、参加者の皆さんが挙げたもののうち最も参加者に支持されたものを採用しますので、どんな社会課題や生活課題に取り組むことになるのかも、楽しみにしておいでください。

ブレストが好きな方も、アイデア出すのは苦手なんだけれど参加してみたい、という方でも、無理なく楽しめるように設計してありますので、ご興味あればぜひおいでください。

日程>2013年2月21日(木) 13:00〜18:00
会場>東京大学 本郷キャンパス工学部2号館2階「展示室」
定員:20名 / どなたにもご参加いただけます。応募者が定員を超えた場合、参加者属性のバランスも考慮して選抜を行います
言語>日本語
見学希望>他大学学生、社会人を含む見学ご希望をお受けする場合もあります。ご希望の方はこちらの「見学希望」の項目をお読みの上、ご案内に沿ってお申し込みをお願いいたします。(ご希望に副えない場合もありますので、予めご了承ください。)

その他のお問い合わせ>ワークショップに関するお問い合わせは >>> 続きを読む


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【石井コメント】

東大 i.school といえば、Stanford University.のd.school (デザイン思考の実践プログラム)に興味のある方や、IDEO、ビジネスエスノグラフィー、に興味のある方にはよく知られている最近面白い展開を見せている東大のプログラムです。私の専門は、創造工学、特に、アイデア創出のプロセス、なのですが、優れた製品を世に誕生させるには、アイデア発想だけではなく、観察すること、仮説を立てること、新しい観点を持つこと、フレームワークを作る事、プロトタイピング、改善、などなど、さまざまなフェーズがあります。もちろん、アイデア創出も重要だと私は思いますが、それ以外にもいろんな重要な部分があります。そういう中で、アイデア創出のワークショップだけに特化した日を私の担当する日は実施します。まさにブレスト祭り。ブレストの技法のフルセットをやってしまおうというものです。デザイン思考やいろんな手法を身に着けている方であれば、発想する、というフェーズをさらに力強いものにすることで、創造的努力はより実りやすくなるだろうと思います。そんな意図もあってこのワークショップを企画しました。

なお、このプログラムは一週間、オムニバス形式で開催されますので、どれか一つを出ても大丈夫なものですし、興味のあるものをいくつの出てみるのもいいでしょう。定員が少ないので、(私の日も少ないので)、全部の日を参加するのは、難しいのかもしれませんが、一応、ダメもとでトライしてみるのもいいかもしれません。

特に、おおこれは面白そう、というのを一つだけ挙げるならば、IDEO Tokyo のプログラムです。私の翌日がIDEO Tokyoさん、光栄です!

ちょっと無理言って、見学だけでもさせてくださいー、と言ってみようと思います。(ちなみに、2008年の年末、IDEOの本社に、カヤックさんたちと見学に行かせていただき、IDEOの中のブレインストーミングの方法を、ずいぶん長い時間、取材させていただいたことがあります。デザイン系の事が好きな人なら、彼らのカルチャーや生み出す作品、ソリューションのにくさに、痺れますよね。Bank of Americaのサービスをデザインした例なんかは、人間科学の実に素敵な例だと思います。)

でも、一つだけあげるなら、IDEOさんでしたが、他のプログラムのとても興味深いです。私の知人友人各位が参加されるなら、私の担当の日以外の6つのどれでもお勧めです。私のやることは、いずれどこかで一緒にやれるでしょうから。

また、もし、私の担当の日においでいただけるなら、それもきっと興味深い体験ができるでしょう。私のワークそのものよりも、この open i.school に集う人同士との頻繁なブレスト的な接触を持つことは、あなたの創造性を刺激し、また、相手の創造性も刺激するでしょう。その中で、もしかしたら未来の友人となる人と出会えるかもしれません。毎回そうですが、創造的な人が狭い空間に高密度にいれば、その情熱は共鳴し合い、才能は発露しやすくなります。今回もその最たる状態が出現するでしょう。

、、、すっかり長くなりましたが、ご興味あれば、各プログラム、ぜひ参加エントリーしてみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(61)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(84)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(161)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(356)
アイデア・スイッチ(38)
アイデアの技法(218)
メソッド&ハウツー(189)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(119)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(13)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(4)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(13)
311special(5)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)