2013年02月07日

【ご案内】横浜にて、トークイベントに出ます(3月9日)

珍しく、アイデアワークショップではないタイプのイベントのご案内を掲載します。

日時 : 3月9日 14:00〜17:00
場所 : 横浜・関内、さくらWORKS( 横浜市中区相生町3-61 )
名称 : 大規模リノベーション記念「デザインの時代」
     第2回「石井力重と一緒にアイデア創出のプロセスデザインを考える」

(名称が、えらくこそばゆいですが、主役は参加者の皆さんです。)

このイベント、場を作る、という趣旨のコミュニティーが土壌としてあって、その文化的なものをより紡ぎだすための展開がなされいまして、私は第二回のイベントにゲストとしてお招きいただいたものです。前回(第1回)は、ゲストが津田大介さんでした。Ustをとぎれとぎれでしたが拝見しましたが、面白い場でした。

津田さんほど私は口がたたないので、皆さんがたくさん喋って、創造的な話し合いが展開されるように、流れを設計しています。

前半は、トークっぽい流れですが、特に、後半は、三人ブレスト&10歩Walk、というスタイルで、創造的な会話が気楽にできるような、ミニワークを行います。見ず知らずの場に来たとしても変えるころには最低でも、8人ぐらいの人と、仲良くしゃべれる間柄になって帰ってもらえる、そんな構成になっています。

なお、トークの部分では、場の主旨にあわせて、創造的な風土を作る要因や、想像力を促進する要因、というあたりの話をします。個人で、あるいは、チームや組織やコワーキングスペースのような場で、どうやると、創造的な想像性をひきだすことができるか、そういう場を作るための具体的な努力のためのヒントとなる情報をお話しします。

後半はそういう情報も材料にして、わいわい、お話をしていただけるようになっています。

創造的な資質を潜在的に持っている人同士が狭い所に集まると共鳴し合って、自然と創造性は発露していきます。今回もそういう場にきっとなるでしょう。

将来、あなたが企画的なことを考えることが一緒にできる友人(となる人)と出会える場になる、かもしれません。

ご興味あればぜひ、ご来場ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イベントの詳細

 「 さくらWORKS  」 3月9日のイベント

さくらWORKS<関内>大規模リノベーション記念「デザインの時代」第2回「石井力重と一緒に アイデア創出のプロセスデザインを考える」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2013年02月06日

【スライド更新版+テーマ集】大学校・二日間研修

昨日の掲載スライド、二日目部分を大幅改造しました。アップします。




追記:

ワークショップ中にワークを通じて生成された「発想のテーマ集」を掲載します。ブレストの際のテーマとしてご活用ください。

2013年02月05日

【スライド配布】業務革新のためのアイデア発想引き出し術(中小企業大学校・仙台校、2日間)

2013年2月5日、6日。中小企業大学校・仙台校。

2日間研修(アイデア発想の講義とワークショップ)のスライドを掲載します。


参加された方は、社内や仲間内の勉強会等であればご自由にご活用ください。

  • 研修二日間分が入っています。400枚以上のスライドですが、紙芝居スタイル(わずかな違いで、スライドを立てているスタイル)なので、実際はこの1/2〜1/4ぐらいの量に感じると思います。
  • ワークシート類は、このブログの左側のリンク「 ワークショップ【シート】集 」から、探してみてください。アイデアスケッチとか、そのほか諸々はこの辺にPDFでおいています。
  • メインの参考資料としては、『アイデア・スイッチ』(2009年、石井力重)、それから、更に2冊お奨めを、と言われる場合には、『アイデアブック スウェーデン式』と『考具』(こうぐ、と読みます)を推奨します。
  • 日経ビジネスオンラインでのアイデア発想法の連載はこちらです。
  • 研修中に用いたワークショップ用のツール(カードゲーム型教材や、テーブルゲーム型教材)は、アイデアプラントの作品です。
  • 研修中にご質問いただき後日回答、とした場合には、この下に、後ほど、追記で掲載します。
 

2013年02月04日

【ご案内】東京大学でのアイデアワークショップ(2月21日)

東大 i.school のopenイベントにて、アイデアワークショップを行います――、と先日お知らせしました。その募集ページが出ました。ご興味ある方はご検討ください。

 内容、及び、申し込み


オープンi.school2013 Day-4: アイデアプラント式 創造的なアイデアをざくざく生み出すワークショップ

1人で、あるいは、グループで、企画的な仕事をしていく中で「どうも、アイデアワークが上手くいっていない。いまいち、やりきれていない感じなんだよな…」と感じることもあるでしょう。

あるいは、創造的で、普段、沢山アイデアが出てくる人にも「なぜか今日はあまりアイデアが湧いてこないな…」ということがあります。

優れたアイデアを創出するためには4つのフェーズがあります。

(1)大量に発想する、というのもその一つで、主要なフェーズなのですが、(2)創造的にアイデアを絞り込んでいくフェーズ、(3)創造的なアイデアを強化していくフェーズがあります。そして、普段あまり意識されないフェーズですが、(0)発想に向くテーマへとテーマを調整してやる、というフェーズがあります。

5時間のワークショップで、各フェーズを実際に体験しながら、把握ができるワークショップを企画しました。

当日、皆が取り組む「発想テーマ」も、テーマ設定ワークを行い、参加者の皆さんが挙げたもののうち最も参加者に支持されたものを採用しますので、どんな社会課題や生活課題に取り組むことになるのかも、楽しみにしておいでください。

ブレストが好きな方も、アイデア出すのは苦手なんだけれど参加してみたい、という方でも、無理なく楽しめるように設計してありますので、ご興味あればぜひおいでください。

日程>2013年2月21日(木) 13:00〜18:00
会場>東京大学 本郷キャンパス工学部2号館2階「展示室」
定員:20名 / どなたにもご参加いただけます。応募者が定員を超えた場合、参加者属性のバランスも考慮して選抜を行います
言語>日本語
見学希望>他大学学生、社会人を含む見学ご希望をお受けする場合もあります。ご希望の方はこちらの「見学希望」の項目をお読みの上、ご案内に沿ってお申し込みをお願いいたします。(ご希望に副えない場合もありますので、予めご了承ください。)

その他のお問い合わせ>ワークショップに関するお問い合わせは >>> 続きを読む


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【石井コメント】

東大 i.school といえば、Stanford University.のd.school (デザイン思考の実践プログラム)に興味のある方や、IDEO、ビジネスエスノグラフィー、に興味のある方にはよく知られている最近面白い展開を見せている東大のプログラムです。私の専門は、創造工学、特に、アイデア創出のプロセス、なのですが、優れた製品を世に誕生させるには、アイデア発想だけではなく、観察すること、仮説を立てること、新しい観点を持つこと、フレームワークを作る事、プロトタイピング、改善、などなど、さまざまなフェーズがあります。もちろん、アイデア創出も重要だと私は思いますが、それ以外にもいろんな重要な部分があります。そういう中で、アイデア創出のワークショップだけに特化した日を私の担当する日は実施します。まさにブレスト祭り。ブレストの技法のフルセットをやってしまおうというものです。デザイン思考やいろんな手法を身に着けている方であれば、発想する、というフェーズをさらに力強いものにすることで、創造的努力はより実りやすくなるだろうと思います。そんな意図もあってこのワークショップを企画しました。

なお、このプログラムは一週間、オムニバス形式で開催されますので、どれか一つを出ても大丈夫なものですし、興味のあるものをいくつの出てみるのもいいでしょう。定員が少ないので、(私の日も少ないので)、全部の日を参加するのは、難しいのかもしれませんが、一応、ダメもとでトライしてみるのもいいかもしれません。

特に、おおこれは面白そう、というのを一つだけ挙げるならば、IDEO Tokyo のプログラムです。私の翌日がIDEO Tokyoさん、光栄です!

ちょっと無理言って、見学だけでもさせてくださいー、と言ってみようと思います。(ちなみに、2008年の年末、IDEOの本社に、カヤックさんたちと見学に行かせていただき、IDEOの中のブレインストーミングの方法を、ずいぶん長い時間、取材させていただいたことがあります。デザイン系の事が好きな人なら、彼らのカルチャーや生み出す作品、ソリューションのにくさに、痺れますよね。Bank of Americaのサービスをデザインした例なんかは、人間科学の実に素敵な例だと思います。)

でも、一つだけあげるなら、IDEOさんでしたが、他のプログラムのとても興味深いです。私の知人友人各位が参加されるなら、私の担当の日以外の6つのどれでもお勧めです。私のやることは、いずれどこかで一緒にやれるでしょうから。

また、もし、私の担当の日においでいただけるなら、それもきっと興味深い体験ができるでしょう。私のワークそのものよりも、この open i.school に集う人同士との頻繁なブレスト的な接触を持つことは、あなたの創造性を刺激し、また、相手の創造性も刺激するでしょう。その中で、もしかしたら未来の友人となる人と出会えるかもしれません。毎回そうですが、創造的な人が狭い空間に高密度にいれば、その情熱は共鳴し合い、才能は発露しやすくなります。今回もその最たる状態が出現するでしょう。

、、、すっかり長くなりましたが、ご興味あれば、各プログラム、ぜひ参加エントリーしてみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013年02月01日

「大きな流れの傍らに、じっと目を凝らせ」

 

昔、経営戦略のある講義で習って、それ以来、折に触れて何度も思い出す言葉があります。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  『ベンチャーは

   メガトレンドの傍流(ぼうりゅう)を行け』


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

社会のトレンドを見るに、大きな流れがある。大きなトレンドとしてそこに市場が大量にあったり、多くの人がそれを行う、そんなものがいつの時代にもある。メガトレンド。

 

そういうもののわきには、その流れと逆行するような流れも必ずある。大きな流れのわきには、分岐した水流があるが、それはメガトレンドとはまた違った向き、時には、逆の向きに流れていることがある。そういう微かな見えにくい傍流にじっと目を凝らせ。必ずそこには流れる水がある。小さいが新しい市場がある。

 

自分の存在がベンチャー、あるいは、大手企業には到底かなわない小さい存在、なのであれば、その傍流を行くべし。

 

大きな流れには、大きな魚がいる。真っ向勝負したら勝てない。小さく新しい出来つつある傍流は市場が狭いゆえに、大きな魚は入ってこれない。更に萌芽的な市場の出現するすこし前の段階であれば、まだ、住んでいる魚がいない。そういうところを狙うべし。

 

ただし、やたら小さい川を見つけてはいればいいのではない。メガトレンドの傍流であることに気を配る。

 

メガトレンドの傍流の中、そこには、常に大きな流れの水流から押し出される新鮮な水が潤沢に流れている。いずれそこで大きくなったなら、本来のメガトレンドに入ることも出来る。

 

しかし、単にメガトレンドとは違う、遠く離れた小さな川を見つけて入ってはならぬ。それでは大きく育っても川のサイズがわが身の上限を決めてしまう。そして、狩れることのない新鮮で豊富な流れを持っている傍流とは違い、細い川単独で存在している場合は何かの拍子に地形が変わると枯れてしまう。

 

・・・

 

自分の事業、アイデアプラント、を運営していくなかで、我が身を振り返る時に、いつもこれを思います。

 

・アイデア創出支援の道具にとってのメガトレンドとは、2013年の今、どういうものだろう。

・出現しつつあるその傍流としての萌芽的市場はなんだろう。

 

と。

 



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(67)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(86)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(167)
アイデアプラント 5th(2018-2020)(16)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(373)
アイデア・スイッチ(39)
アイデアの技法(224)
メソッド&ハウツー(191)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(124)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(14)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(4)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(13)
311special(6)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)
過去ログ
2018年07月(8)
2018年06月(12)
2018年05月(11)
2018年04月(7)
2018年03月(8)
2018年02月(6)
2018年01月(2)
2017年12月(6)
2017年11月(12)
2017年10月(3)
2017年09月(3)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(5)
2017年05月(8)
2017年04月(5)
2017年03月(8)
2017年02月(6)
2017年01月(6)
2016年12月(10)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(5)
2016年07月(6)
2016年06月(9)
2016年05月(11)
2016年04月(10)
2016年03月(12)
2016年02月(15)
2016年01月(32)
2015年12月(41)
2015年11月(28)
2015年10月(11)
2015年09月(5)
2015年08月(10)
2015年07月(6)
2015年06月(6)
2015年05月(7)
2015年04月(19)
2015年03月(4)
2015年02月(7)
2015年01月(6)
2014年12月(6)
2014年11月(9)
2014年10月(12)
2014年09月(11)
2014年08月(11)
2014年07月(14)
2014年06月(2)
2014年05月(8)
2014年04月(6)
2014年03月(10)
2014年02月(2)
2014年01月(5)
2013年12月(7)
2013年11月(6)
2013年10月(8)
2013年09月(10)
2013年08月(11)
2013年07月(17)
2013年06月(7)
2013年05月(11)
2013年04月(11)
2013年03月(6)
2013年02月(13)
2013年01月(11)
2012年12月(34)
2012年11月(13)
2012年10月(8)
2012年09月(12)
2012年08月(13)
2012年07月(40)
2012年06月(27)
2012年05月(23)
2012年04月(15)
2012年03月(17)
2012年02月(23)
2012年01月(10)
2011年12月(20)
2011年11月(32)
2011年10月(18)
2011年09月(22)
2011年08月(24)
2011年07月(32)
2011年06月(20)
2011年05月(7)
2011年04月(34)
2011年03月(74)
2011年02月(36)
2011年01月(36)
2010年12月(50)
2010年11月(47)
2010年10月(57)
2010年09月(36)
2010年08月(42)
2010年07月(39)
2010年06月(64)
2010年05月(74)
2010年04月(78)

Powered by さくらのブログ