2013年08月30日

【ご案内】アイデア創発ファシリテーター養成講座



PDFファイル版


ご案内:

アイデアワークショップを実施する機会がさまざまな組織で生まれつつあります。アイデアプラントはその萌芽的な時期から、主催される企業さん、行政、公的な団体等とディスカッションをしつつ、さまざまなワークショップを行ってきました。

直近の一年をの実施事例をカウントしたところ、年間で50回ほど、各地でアイデアワークショップを実施しています。そうした中で、どの組織でも実施する「必要最小限」の部分と、案件ごとの特殊性に対応して実施する個別性の部分、という構造も見えてきました。

また、私たちの設計したプロセスを良いものとして評価していただき、複数の組織で使っていただけるようになり始めました。特に、アイデアソン(ハッカソンの前の、アイデアを作り出すワークショップ)では、相性が良いということで、最近、よく引用・活用していただいています。

そうした段階に入り、きちんと、アイデアワークショップの骨格となる部分の学習と、各自の独自性を活かしたアイデアワークショップをゼロから設計できる力と、を、皆で学ぶ場を作りたいと考えていました。そこで、この度、iCONという組織の器を借りて養成講座の実施するに至りました。

その講座が来月からスタートします。

詳しい所は、スライドシェア、もしくは、PDFをご覧ください。

平日の夜、横浜での開催なので、業務を終えてすぐに飛び出すぐらいのタイミングが必要かもしれませんが、その努力に応えるべく、全力で、提供したいと思い、準備を進めています。

アイデアワークショップを自分でやってみたい方(或いは、組織内で、そういうことをせよ、という指示を受け、アイデア出しのワークの学習が必要になっている方)は、ぜひ、ご検討ください。
 
 


Information

講座の日程、場所、申し込み方法、等は特設サイトをご覧ください。
posted by 石井力重 at 22:33 | 社会活動/全般

2013年08月27日

2テーマ同時進行のアイデアワークショップ

先日、ある機会をもらって、一つの会場内で2つのテーマを同時に走らせるアイデアワークショップ、しかも、フェーズの変わり目で、違うテーマに乗り変えることを許容するスタイルのものを、実施してみました。

進行上、ワンテーマの場合に比べて、幾分のタイムロスが出るものの、実施が可能でした。タイムロスは標準の所要時間(三時間)に対し、約10%でした。

また、フェーズの切り替わるタイミングでテーマを乗り換えて良いとしたことで、多くの人がテーマの乗り換えを選択して、いつも以上に活況を呈したワークになりました。(過去に同じ組織内で、同規模の人数で、テーマAで実施したケースと、テーマBで実施したケースがあります。毎回、メンバーは新規参加者のみで構成しています。)

具体的なプロセスは以下の通りです。



2テーマ同時進行のアイデアワークショップ



1)テーマ紹介

2)テーマ選択

  • 2テーマから選択してもらった結果、テーマAに対し20名、テーマBに対し10名、となった。
  • ただし、テーマBの人数には、事務局メンバーが二名を含む。
  • スピードストーミングの実施に必要な人数にするため。
  • (彼らには、フェーズ6まで参加協力いただき、フェーズ7”チーム形成”の直前にOutしてもらった。)

3)五分交代のペアブレスト(スピードストーミング)

  • テーマAの二重円、少し離れたところに、テーマBの二重円を形成し、それぞれのテーマにて、次々相手を変えながらアイデア出し。

4)アイデアを書く(アイデアスケッチ)

5)良案抽出(ハイライト法)

  • テーブルにスケッチをおいて、各自がすべてのスケッチを見て回り、魅力的な案に星をつける。
  • テーマAと、テーマBの両方のアイデアスケッチを全員が見て回る方式とした。テーマの切り替えの認知負担を下げるために、テーマAのエリアと、テーマBのエリア、を物理的に分け、「このエリアのスケッチはテーマAだ」ということが容易に認識出来るようにした。
  • (これは、通常に比べ、必要な机の数が50%ほど必要であった。ワークの始まる前は、28人が14台の机に座っていたが、新たに7台の机を会場後方に追加設置し、テーマBのスケッチ置き場とした。)
  • ここは、スケッチを置くための時間として数分のロスタイムがあった。また、会場内の移動面積が増えたことで、数分長く、通常よりも☆つけ作業に時間がかかっていた。

6)アイデアレビュー(上位N案の紹介)

  • ここは、通常であれば、参加者総数/4 個ぐらいのスケッチを紹介する。今回の人数では、通常なら7個、あるいは、すこし幅を見ても10個程度までである。
  • しかし、今回はこのあとのアイデア発展ワークではテーマを超えてアイデアを選べる、としたため、極端な偏りをもった選択に耐えうるように、テーマAの上位7案と、テーマBの上位7案を紹介する必要があった。
  • もちろん、案分して、テーマAを4,5案、テーマBを3,4案とすることも、選択肢の一つとしてはありえた。が、そう実施した場合、人数比の維持に配慮して、そのあとの発展ブレストに向かってチームビルディングする場合に、テーマの乗り換えをしにくいムードが生まれるだろう。
  • また、テーマによって分けず、純粋に星の多い順に上位7案を取り上げて済ます方法も選択肢の一つとしてあった。この場合は、テーマの乗り換えに対する抵抗がなかっただろう。しかし、テーマの違いから、出されるアイデアの☆の獲得具合に有利不利があり、不利側のテーマは、良いアイデアがたくさんあったのに、上位案レビューには、ほとんどのらないことになる。
  • そうした考慮から、上記の様にした。これは、アイデアレビューにかかる時間を純粋に二倍にした。10分弱ぐらい、通常よりも長くかかった。
  • (人数が100名などの場合は、通常でもアイデアスケッチのレビューが25案となり時間がかかるが、ダブルテーマだとレビューを50個必要とし、これは、破綻してしまう。人は一度に40ー50までしか、新しいコンセプトを別物として認識できないゆえ、認知飽和が起こる。この場合は苦肉の策として、上で考慮したやり方に、若干のバッファを持たせて、選択の自由度に余裕を持たせつつ、実施するのが良さそうである。)

7)チーム形成

  • 好きなアイデアに集まり、4名前後で構成するチームを作る。この時、テーマを超えてアイデアを選択してもOKとした。
  • 具体的には、まず、レビューしたアイデアは壁に貼った。アイデアスケッチの書き手がそのチームにはいることは必須ではない、とした。
  • 次に、レビューに届かなかったスケッチは、壁に貼られた上位案に託す形で、類似する案、加えてみたい案など、好きなところに貼ってもらった。(貼る先がないもの、あるいは、持ち帰りたいアイデアは、貼らないで良い、とした。)
  • 結果的には、アイデア出しの際にテーマAだった人、Bだった人は、その縛りを受けず、かなり均一にミックスされたチームを形成した。
  • テーマ数が多いため、最小人数3に達していないところを解消し、チームの人数を調整した。
  • このフェーズは、アイデアスケッチ数がチーム数の二倍あったが、さほど混乱もタイムロスもなく進んだ。アイデアスケッチを張り出す際に、行きたいところの目星がつくから、に、思えた。

8)発展ブレスト&ミニプレゼン用のまとめ

9)ミニプレゼン

  • 途中でアイデアスケッチを両テーマに対し評価して、レビューも両テーマに対して行ったので、ミニプレゼンを聞く上で、最後の発展ブレストにおいてどちらのテーマを選んだチームも、特にしゃべりにくさはなかった模様。

10)ポストイット・フィードバック ⇒ 割愛

  • このフェーズは、タイムロス(18分)を吸収するために、まるごと割愛。

以上、トータル三時間ジャストにて実施。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




〜ファシリテーターの感想〜

今回の実施例は、同じ組織内での三回目の実施で、参加者の対処速度の感触の把握、事務局の方のワーク全容の把握、などが、進んでいたために、三回中、人数最多回の今回、参加者の動機を大切にしたいという判断から、2テーマ同時並行進行スタイルに踏み切りました。(過去二回までは、2テーマの中から、希望者の多い方をその場で選択していました。)

進行上、ロスタイムが10%に抑えられたのは、事務局メンバーの臨機応変なサポートがあったからで、ロスタイムがあったと言っても、最小限のロスタイムが今回の姿だと思われました。

(ロスタイム、という表現は適切ではないかもしれません。複テーマに伴う必要な処理時間増、というべきものです。ただ、文中に何度もそれが出てきてもわかりにくいので、このように表現しました。)

参加者が途中で、他方のテーマから出てくるアイデアに興味を示し、発展ブレストやプレゼンでは、そちら側に入って活躍するのを見て、無理なく複テーマ同時進行は可能だという感触を得ました。

(ただし、人数60名で5テーマぐらいが同時に走り、途中乗り換えあり、とした場合は、上記のロスタイムは飛躍的に最小量を伸ばしてしまい、また、プレゼン時の聞き手の切り替えも追いつきにくくなるでしょう。)

スピードストーミングが成立するには、テーマ当たり10名はいるので、そのことから考えると、20ー60名で、2テーマが同時に走る、ぐらいが、可能な線かもしれません。3テーマまでいくと、ちょっとギリギリかな、といった感触でした。

この方式は、従来のワンテーマ型よりも、アイデアに多様な発想が入り、幅が広がるように感じました。(その分、とことん、深く掘って行く行動はやや阻害されるかもしれません、見えない影響として。)

また、機会があれば、トライしてみたいと思います。

2013年08月25日

朝日新聞のサイトに、高校生ハッカソン(岐阜)の様子が、掲載されました。

先日の大垣での3日にわたる高校生ハッカソン、アイデアソン、その様子が、朝日新聞デジタルに掲載されています。

スマホアプリ開発学ぶ 岐阜の高校生19人、合宿
http://www.asahi.com/edu/articles/NGY201308240024.html

詳細は会員ページになっているのですが、公開されているページの所で、

23日には、商品開発のアイデア出しの支援をしている石井力重(りきえ)さん(40)から、専用のカードを使ったブレーンストーミングの仕方などを学んだ。

とかいて下さっていました。ありがとうございます。

高校生たちの熱い夏の様子が、会員ページでは展開されているかと思います。IDをお持ちの方は、ご興味あればぜひご覧ください。


余談:

紙面を見ながら、”40歳なんだなぁ”、と、違うところで、感慨深く思っていました。
posted by 石井力重 at 09:37 | プレスリリース&メディア掲載

2013年08月23日

高校生アイデアソン in ソフトピアを実施しました(大垣、8/23)

8月22日〜24日かけて、「高校生アプリ開発サマーキャンプ in ソフトピアジャパン」が、大垣で開催されています。

23日午後は、アイデアソン(アプリのアイデアを作り出すワークショップ)です。私が担当しました。

今回は、大人向けと違い、高校生向けの講義という要素も入れた2部構成です。
  • Part1:ブレインストーミングの秘訣(ブレストのカードを使ったワークも体験)
  • Part2:アイデアソン(アイデアを作り、ハッカソンに向けたチーム形成も)


スライドを公開します。



22日の午前中に、引率の先生方とディスカッションし、それも踏まえて作りましたので、高校生向けにできていますが、本質は大人のやるものと同じです。参加されている学生さんたちが非常にやる気があって優秀だという背景もあり、内容的には、平均的な高校生向けというよりは、幾分、創造力の領域に一歩踏み込んだテイストにしてあります。

〜実施の様子〜

koukousei_ideathon_oogaki.jpg

フェイスブックに、写真や動画がありますのでそれをリンクします。

スタート
ブレストの準備運動
創造力のミニ講義
アイデアのタネを掘り起こす
ペアブレスト
ハイライト法
チームビルディング
発展ブレスト
プレゼンのためのクイックプロトタイプ作り
取材対応
なお、この様子は、新聞社さんが2社、取材に入っていましたので、もっと深い視点から、紙面に掲載されるかもしれません。いつかの紙面にこの様子が掲載されたらご報告します。(お気づきの方は是非ご一報ください)

〜石井の思い〜
koukousei_ideathon_oogaki_all_.jpg

私は、学生さん向けの講義をさせていただく時に、いつも、思います。

◎国の未来は、若者が作る。
◎聡明な若者たちを作るのは、教育だ。
◎教育において大事なことは「初めに本物を与える」こと。

初めてCreativityの教育に触れる若者たちに対し、石井の提供するアイデアワークショップや講義が本物と言えるかは分かりませんが、少しでも本物に近いものを提供したい、そのために出来る限りの努力をしよう、と思っています。

創造的な人材を沢山輩出してゆき日々を過ごし、たどり着く未来は、世界中から尊敬されるような企業や人材が、日本から毎年出てくるような世界であることを、強く、願い。

2013年8月23日。
大垣にて。

(ここ大垣に滞在している間に、私は40歳になりました。ソピア・キャビンに滞在し、夜一人で、大垣の駅まで歩き、本を買い、ソフトピアに終バスで戻り、クローバーコーヒーで食事をとりながら、しばし、40歳の長期展望を想い、仕事の姿勢を正し直していました。高校生アイデアソンも含め、良い記念になりました。)

2013年08月22日

創流の十年(30代の終わりに考えていたこと、40代の10年に向けて考えていること)

2013年8月22日。旅先、岐阜県のとある施設で合宿しながら、40歳になりました。不惑、です。 
毎年、誕生日である8月22日は、一年を振り返り、一年後の自分に向けた問いを発しています。今年は40代に入るということで、十年を振り返り、次の十年後の自分に向けた問いを考えていました。誕生日のブログだけは、社会に開示しつつも、未来の自分に向けて綴ります。


まず、一年単位のもの。

昨年の自分の問い「学び続けていますか?」に対しては、はっきり自信を持ってYES、と言えます。

むしろやや学び過ぎたというぐらい、久々に深く没頭して学習するようなことをしていました。特に、5月6月は、仙台の書斎にこもって製品開発と同時並行して、新しい知見をずいぶん学習しました。その分野の第一人者とされる人に直接会い、指導を受けるに至るような展開をしていました。

これは、アイデアワークという仕事をするうえで、仕事の幅をずいぶん広げてくれました。

一年後の自分への問い、は、十年後の自分への問い、と兼ね、最後の方に記します。


今度は、十年単位のもの。

以下に長く綴りました。

長期的な展望に立ち、未来の自分に常に立ち返ってほしい、40歳の初心、を、できるだけ文字で、とにかく、編集なしで、この時の思考の香りまで含めて、表現してみました。

ここからしばらく、一人語りになります、文体も「だ・である」調と「ですます」調に揺れます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.アイデアプラントは、クリエイティブ・リーダを助ける道具を作る組織

単純に表現すれば、ブレインストーミングの道具を作る組織である。

しかも、その使い手は、万人のだれでも、ではなく、クリエイティブ・リーダーとして、組織や集団を引っ張っていく人々である。

1-1 ”クリエイティブ・リーダー”

現在の役職名が、ということではなく、動き方や、生き方や姿勢のあり方が、クリエイティブ・リーダを規定する。かつ、創造的リーダーというのは、組織内でも大抵は非公式なものであり、そういうものは人事制度で冠することができるものとはやや違う。いつも、自然と皆が彼をそう位置づける。

本業がありつつも、創新に挑んでいる方々。自らが汗をかいて、未踏領域の闇を切り開いていく人の後ろには、人が集まる。何かが作り出されるとき、そこに人の密集が生じるけれど、それは、職場ヒエラルキーのパワーにではなく、熱に集まる。

もちろん、そうした人々の中には、CTO( chief technology officer )への道を駆け上がっていく事もあるし、生涯、現場において、有名無名のプレイヤーを続けることもある。また、組織の中にいるケースばかりではない。地域からいろんなものを生み出し行く地域プロデューサーのような役回りの人もいる。もっと小規模のケースもある。勉強会や新しい活動を企画し、運営していくような人もいる。

そういう役回りを自然とする人が、我々の言う、「クリエイティブ・リーダー」である。

平たく言えば、何か新しいことに情熱をもって取り組む人は、殆ど範疇に入る。

1-2 ”ブレインストーミングの道具”

ブレインストーミングの補助道具、は、ブレスターや、アイデアトランプ、といった「製品」を中心にしている。しかし、専門誌やメディアに連載する発想技法についての原稿も、補助道具の一つである。また、アイデアワークショップのプロセスを設計し提供していくことも、その一つである。

プロジェクトなどにおいて、ブレインストーミングのメンバーとして乞われてアイデア生成役として入ることもあるが、それ自体を中心的価値とせず、そうした「ブレストで自由にアイデアを出し始める原体験」を提供することを中心的価値とする。その共通体験がプロジェクトメンバーに生じることで、その後のクリエイティブな展開を引き出す。我々の提供するものは、常に「ブレインストーミングの道具」である、という原点に立ち返って価値や提供物を規定していきたい。


2.道具の作り手も、未踏の闇に進む覚悟を

創造学や認知心理学など、科学的な事実に準拠し続けていこう、という基本姿勢は常に持っておくが、一方で、未踏領域の闇を切り開いていく挑戦者たちの、

 「創造的な活動に対して、厳密な論理の段階に至らないような段階の「経験則やコツ」のようなものがあるならば、それを道具にして、目の前に迫る、明日のチャレンジに送り込んでほしい」

という声には、常に向き合っていきたい。

ビジネスの現場では次々と新しいアイデアを出さなくてはいけない。

10年後使える20年後も正しい、と言える「深考」タイプのものも常に意識しつつ、今すぐ効果のある「即効」タイプのものも、作り、世に送り出そう。

我々が、

 「科学的に100%正しいとは言えないから、この道具は創らない、世に出さない」

と考えて、手を拱(こまね)いているのは、挑戦するリーダたちに対する不義理をしていることでもある。

間違った道具を渡して迷走にしてほしくないならば、道具開発の腕を研鑽せよ。

そして、その時点のベストの力で生み出せるものは、迷うことなく、世の中に出せ。

それが、これまで、多くの人に与えてもらったもの(知識、教育、経験、開発協力)に、報いることであろう。


3.社会に広く返していく恩がある

エンジ(工学のMOT)とマネジ(経済の経営)の2つの博士課程(ともに単位を取りきって転籍・退学)で人々から受けた高い教育、フェロー時代に頂いた公的人材へのトレーニングや体験、その他もろもろ、自分には多くの恩をいただいた時代がある。

それを何十倍にして社会に返さなければ、いけない。

それが現代のNoblesse Oblige、である。(私見)

現代の日本には、生まれついての高貴な身分(ノブリス)というものは、そぐわない概念だが、努力によって、ある道のプロというレベルにたどり着いたならば、その道を行くプロとしてそこにたどり着くまでにもらった様々な糧に、それをくれた人々に、多くの恩義がある。

決して誰も、たった一人で、何かのプロにはなったりしない。孤独に取り組んだとしても、食事も衣服も、画材や道具や、いろんなものを使う。医療制度も使うし、道路も使う。そういったものがたくさんあって、その時にたどり着いている。ましてや、専門知識は先人たちの知恵の蓄積であり、高度な教育を享受することは直接的、間接的に、人々から、いろんなものをもらっている。

そういう中で、たどり着いたプロには、社会に広く返していくべき恩がある。

私利私欲でものを考えず、損得なしに「あなたしかできない仕事」と言われたら引き受けたい。


4.長く行くには、志しと高収益のバランスがいる

もちろん、人間の一日の時間は有限で、限りがある。また、仕事をするには、さまざまな必要経費もかかる。交通費、部材、道具、外注、もろもろ。

なので、世界中のすべてを幸せにしようという不遜な考えをもったり、継続性がないやり方でいつか破たんするような展開をしてはいけない。

未来の顧客へ誠実であれ。

未来において、時々、あなたのサービスが本当に必要だという人が現れる。その時に、その前につぶれてしまえば、顧客にはサービスができない。長く継続できるように、価値提供の仕方にも、デザインがいる。それを土台として持った上での、私利私欲におぼれるなかれ、という姿勢がいる。

信じた道を長くいくには、ハイ・プロフィットと志し、のバランスがいる。

価値創造の分だけ、或いは、「ありがとうと沢山言われた分だけ」、貨幣が回ってくる。沢山、価値を作り、健全な収益構造を作ることが、志しという器に、中身を沢山入れていくことになる。

沢山儲けて、いっぱい世の中の為に使う。

特に仙台においては、震災後の世界が日常生活と同居している。復興というのは一瞬のファッションではない。震災では遺児孤児も沢山生まれて、地域や社会が多層的に彼らを育む必要がある。沢山の税金、たくさんの私的な資金、そういうものがこれからもずっとずっと、必要で、一企業の中でのバランスだけで、トントンでよいかといえば、違う。天秤の志し側に乗るものは大きい。そのつり合いに向けて、プロフィットを生み出す流れもまた、大きいものがいる。

代表としては、それを作り出し、伸ばし続けることもまた、大きな社会使命の一つと考えよ。


5.有限の時間の中で、多様な形で、社会的価値を提供せよ

志しや、生涯直接会うことのできない潜在的なお客さんへの愛を、具現化するためにも、有限の時間の中で最大限に価値を提供できるように、生み出すものの形やスタイルにも工夫すること。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


6.一年後と十年後の自分への3つの問い

今年の誕生日(8月22日)のブログは、40代の10年の自分への問いかけ、という、長い視座が必要で、かなり長い時間をかけて考えました。

40歳を終える時の自分(2014年8月21日)と、
40代を終える時の自分(2023年8月21日)への3つの問い

  1. 「顧客への圧倒的な愛が、製品のフォルムに宿るような仕事をしていますか?」

  2. 「人々への愛を持って、道を極めていく努力を続けていますか?」

  3. 「有限の時間の中で、多様な形の形で、社会的価値を提供する工夫をしていますか?」

6-1. 一つ目の問いについて


この30代の10年を振り返り、最も、自分が情熱をもらった出会い、それは、私の中の”尊敬される企業”のモデル、中村ブレイスさんの訪問でした。。それ以降ずっと、仕事とはこうありたいと思った強い意思があります。それは、「顧客への圧倒的な愛があり、それが製品のフォルムに宿るような仕事」をしたい。と。

中村ブレイスで中村さんにお会いできた時のメモは、いまも、私が迷った時に、よりどころにしてきた大事なものばかりです。40代を終える時の自分が、よりどころにするものがあるとしたら、また違ったもの、あるいは、原典を忘れて自分の言葉として生み出しなおしているかもしれません。でも、その原点はここにある。といつでも戻ってこれるように、この節目にこの言葉を立てておきます。


6-2. 二つ目の問いについて


30代は、商社を卒業し、大学院博士課程に進み、独立行政法人のフェローに登用され、大学発ベンチャーに駐在し、二つ目の博士課程に進み、それらはすべて、アイデアプラントの事業の中核をなす経験として積み上がりました。そして、30代の後半5年間は、アイデアプラントの創業者として、いろんなビジネスパートナーとともに歩んできた日々でした。

30代後半の5年を振り返ると、ちょうど真ん中あたりで、巨大地震(東日本大震災)を、2011年3月11日に仙台で体験し、人々と乗り越えて、生きぬいていく日々を過ごしました。そこで私の役割に予想外の立場が生まれました。ファンドロイド・イースト・ジャパンの初代理事長です。震災後の東北のクリエータやエンジニアに、スマートフォンの開発の仕事を作り出そうとして、まだ強烈な余震の中で、面白法人KAYACさんの連携的な支援もいただき、ファンドロイドが立ち上がりました。2023年の自分から見たときには、「かつてファンドロイドとして立ち上がったそのコミュニティーは、現在の〇〇となっているものだ。懐かしいなぁ」というものかもしれません。

この30代の終わる最後の2年強を、震災からの復興として過ごす中で、自分たちが躍動感を持って、いろんなものを生み出したり変革したりしていくなかで、不遜な気持ちが生まれていなかったか、他人にはわからないけれど、自分の中で、手を抜いた仕事(=完全燃焼とは言えない仕事)をしていたのではないか、と。一日に何役もこなそうとすると、目の前の仕事に全力でぶつかって、その後、倒れるようにしてホテルに戻って眠る、ような仕事の仕方はできない、ということも震災直後の一年はありました。が、そのうちに、そういう仕事スタイルを是とし、道を究めるよりも、過去の資産(身に着けたこと)の中で仕事をしてしまおうとする、怠惰な気持ちが頭をもたげたのが、30代の終わりの自分の中の出来事でした。

今日が人生の最後でも悔いがない日を毎日送りたい。その言葉に偽りがある日を何度か、してしまったのも事実です。

40歳になる前後のワークショップが、人々の目に「いつも以上に、やっている石井」と映ったようですが、創業のころの自分は、毎回そうでした。終わったら、へとへとになるような、そんな仕事の仕方をしていました。

40代の10年間、自分がそういう仕事を、ずっとして、最長不倒距離を、30代の私よりも、更新してくれていたら、と思い、この節目にそれを書きました。


6-3. 三つ目の問いについて


40代の自分に、もっとも問いたい問いは、これです。40代の10年、仕事はますます忙しくなっているでしょう。(そうでなければ、いろいろと、まずいですが、多分、自分が自分である限り、そこは、大丈夫かと。)その中で、今以上に突き当たるものがあるはずです。それは、時間が有限であること。アイデアワークショップのような、直接的に提供できる価値提供の仕方は、30代の終わりごろ、年間50回強のワークショップをする状態で、上限が、うっすら見えています。

有限の時間の中で、出来るだけたくさんの価値を提供する。そのための工夫をする。そういう10年を過ごして50歳にたどり着いてほしいと強く願っています。そういう姿勢を続けない限りは、自分の道を更に極めていくことができないでしょう。多分、性格的に、現状維持だけで拡張性のない数年間を過ごすのはつまらなく感じるはずです。

年間で受けられるワークショップの数を上限いっぱいまで広げたとしても、せいぜい、90回。前後の移動を含めたら180日(=一年の半分)以上、ホテル住まいになりますが、さすがにその辺が、新しい価値を作り出すために時間を取りつつの仕事となれば、限界でしょう。新しい物事を作り出すためには、まとまった勉強をするための時間が必要で、その他にも、ワークショップというのは、設計や打ち合わせの時間もかなり掛かりますので。

だとすると、多様な形で、価値を提供する工夫、とは、何か。それは、ブレスターのように、自分が直接提供できない体験をユーザの懐で展開してくれるアイテム(製品)を作ること。これにより、いまよりももっともっと多くの人に何かを提供しているようになっていたいです。

また、アイデアワークショップにしても、それを、再現しやすいようなアプリや動画やキットの形にして、やりたい人が気軽に出来るようにしたり、或いは、人材育成講座のような形で、アイデアワークショップのできるファシリテータを育成する、という方向性もあるでしょう。

メディアや書籍において、アイデア発想ワークの実践に役立つ記事を沢山書く、というのも、一つの方向としてありかと思います。

時間は有限。その中で、おのずと直接的行動には、いずれ物理的限界が来きますが、それに全て費やして、継続できない状態にする、新しい知見の蓄積がおろそかになる、という状態にしてはいけない、といつも思います。年間に登壇できる回数が52回まで、と仮に自己規定するならば、それを超える分の依頼や要望に対して、効果的な打ち手をさまざまに展開していく、そういう、創造性の発揮をした10年だったと、振り返れると最高だなぁと、40歳になる自分は思います。

6-3.について、言葉を重ねます。

この3つ目については、すこし拡張して、社会における閉塞、自分の中での限界、という、「塞ぐもの」を壊さんとする10年でありたい、そのためには、多くの人が歩ける道を作り、次々と人が入っていけるような、流れを作るべきだ、と考えてもいました。「破塞創流」(ハサイソウリュウ:閉塞を突破し、流れを作り出す:造語です)。

そういう、創流、という立場に、立っていくのが40代の覚悟の一つかもしれない。そう思います。タイトルの”創流”、は、ここからとりました。


6-4. 四つ目の問いについて(3つの問いに対応しませんが)


”幸せな家庭を描き、自らその実践のために動いていますか?”

これは、私が30歳になった時に立てた4つの指針の一つです。30代の10年を振り返ると、そのための姿勢はあった。でも、家族との時間をゆっくりたくさん取れたかと言えば、年間で100日以上ホテルに泊まり、旅仕事。ひとたび仙台を離れれば、一か月以上戻れず、娘たちの授業参観や発表会に行けないことも多かったです。

40代を展望した時に、40代の終わりごろ、2021年(48歳になるごろ)、長女は大学受験の年で、翌年の49歳になった時には既に家を出ている可能性もあります。ざっくり言えば、家族全員が一緒に暮らせる時間は、残り3000日ぐらい。

50代になってから、余裕ができて、自宅に長くいられるようになってもその時にはすでに娘たちのいない家、かもしれません。その頃の自分にたどり着くまで、充分に、子どもを育てる・家族の時間、というものを楽しみたいし、妻や子どもたちにとって、幸せな家で過ごしたと思えるような日々を作れるよう、努力をしたいと思っています。と言いつつも、やはり旅仕事、出張がち、にはなるでしょうけれど。

それでも、姿勢や心意気としては、そう思いつづけている父でありたい、そう思うのです。

(いつか、大人になった娘たちがこのブログを読んだ時に「パパは全然そんなに家庭をかえりみてくれなかったヨー」と言われるのかもしれないけれど、それでも、姿勢としてはそう思っているんだよ。)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


7.最後に。もう少し長い、展望の届く先にある引退までの10,000日

自分の生涯を考えたときに、43歳ぐらいが1つの着地点で、これぐらいまでは全力疾走をしていくつもりでいます。

気が付けばそこまであと1,000日ぐらいのオーダーになりつつあります。

事業からリタイアする時期を想うと、父の体力から推定するに、70歳、あと30年。日数で言えば、365日×3×10≒10,000日ぐらいです。

あと、10,000日たつと、いまのような、事業の現場、現役の中で、自分が直接社会に価値提供できる時期が終わる。

それ以降は、どんなに望めど、いまと同じように、オンタイムで、リアルな価値生成と提供はできない時期になります。

20代の自分には永遠に思えた未来。
30代の自分には少し、人間は老いて終わりがあることを気配で知りました。
40になった今、まだ長い先を思えど、現役引退の日までの想像をするに至る段階に至りました。

そんな流れの中で今思うのは、70で引退する日、「私は、どんな世界の中で、どんな方向を向いて、ゴールテープを切るのだろう。」ということです。

2043年8月22日の70の石井翁は、父の姿とよく似た姿をしているだろうと思います。

多分、元気で、あれこれ企画して、損してもいろいろと、いろんな役回りを買って出ているのだろうと思います。

個人のレベルはそんなところだろうとして、さておき、30年後の未来において世界はどうあるのだろうとも、思います。

20年たつと子どもたちは、いまない職業に半分ぐらいの確率で就くと予測されていますが、その頃のアイデアプラント、というのは、極めてコモディティー化した事業なのか、或いは、創造やアイデアというのは、遠い未来においても、なおも、未踏の闇が深く、人間の試行錯誤であり、その活動を助ける仕事というのが、高い価値の仕事として存続するのか、その点もとても興味があります。

また、世界情勢はこれから、天下泰平を謳歌した日本に厳しい状況を作り出すだろうことも、予想されます。

また、日本は私のいきている間にも、阪神淡路大震災と、東日本大震災を20年スパンで経験し、次の20年、さらに次の20年、大きな自然災害に日本は見舞われていく可能性が高いだろうと思います。このブログを仮に70歳の自分が見たときに、”あれから一発の大きな地震も来なかった”と言える確率は、極めて低いはずです。国難と言えるようなダメージも受けつつ、さらには、人口が長期的に減少していく日本、その影響で、生産力の絶対値もさがり、経済的にシュリンクしていき、アジアの東の端にある島国の一つ、というプレゼンスの継続的な低下を甘んじて受け入れていく中で、それでも、この国はどういう文化や経済の積み上げ方をしているのか、という点も、とても興味があります。

2013年、40歳になった時の私は、30年後を想い、そんなことを考えていました。


(追記:今年の8月22日のブログは、当日が大忙しだったこともあり、9月1日の21時過ぎにようやく書き上げました。)

posted by 石井力重 at 06:00 | 8月22日

2013年08月20日

TRIZで地域の課題解決、という、アイデアワークショップを実施しました(津、8/20)

8月20日、津(三重)にて、アイデアワークショップをしました。

tsu.jpg

ワークショップのスライドを公開します。


イベントのメインタイトルは「TRIZで」になっていますが、いろんな発想技法、発想コンテンツをモジュールとして差し込んでいます。

■テーマ設定の技法
■ブレストのカードで、イマジネーションの準備運動
■上位課題を見出いて、ゆびとま式のチーム形成
■二段階ブレスト(”What⇒How”ブレスト)
■智慧カード(TRIZの黄色いカード)で課題解決のアイデアを発想
■学びのシェア・ワーク

モジュールは切り離して使ったり、全体のプロセスに別のメソッドを差し込むこともできます。

イベント詳細は、こちら

発想法『TRIZ』で地域の課題解決!

県庁やNPOという、公益や共益に資する仕事にされている方々の勉強会のなかで、特別企画として枠をいただいたものです。
今回、貴重な機会をくださり、ありがとうございました。
また、50名にたっする参加者さんを、わずか10日で募っていただいた米山さんらには、本当に感謝しております。

これが、30代最後の仕事(ワークショップ)でした。
30歳で、会社を退職し、大学院で研究し、独立行政法人でフェローをし、創業しアイデアプラントなりの勝ちの届け方をする、10年間を過ごしてきましたが、その集大成たる最後の仕事として、良い記念になるような場でした。ありがとうございます。
私なりに、今回も、全力で、心を込めて、ワークショップ、提供してきました。


〜実際の雰囲気〜

アストマインドラボ、という、三重の行政マンとNPOスタッフの方々の学びのコミュニティーにてお話をさせていただきました。

今回は、(8月10日に、友人の米山さんに”松阪に行きますよー”、という打診をして、急遽ワークショップを、ということになり、8月20日の開催までに51名の参加者を募る、というサプライズすぎる展開になりました。ほぼ全員、盲込まれた方は、いらしていたんじゃないかと思います。

tsu_ideaworkshop_01_kadai-chushutu-work.jpg
地域の課題抽出ワーク中。120枚に及ぶ課題候補を生成し、皆で☆を付けてまわり、上位を抽出しています。上位20ぐらいを紹介しましたが、どれも興味深いものでした。

tsu_ideaworkshop_02_Brainstorming-Card_and_HAKAI_buresuto.jpg
上位課題を核にして、チーム形成し、チーム内でアイスブレイクを。
4色のカード「Brainstorming Card」を用いて、「破壊ブレスト(課題をより悪い方向に導く妨害者側に立って、破壊的なアイデアを出すもの。ひっくり返すと、改善アイデアにつながる新しい観点になる)」をしました。

tsu_ideaworkshop_03_TRIZ-Card(ChieCard)_HOW_buresuto.jpg
その後、二段階ブレスト(”What⇒How”)の話をし、Howブレストは、いよいよ、お待ちかねのTRIZ(智慧カード)を用いて、課題解決のアイデアを出していきました。TRIZの発明原理は、技術的なブレークスルーパターン集なので、地域課題に適用するにはやや概念の柔軟さが要るはずなのですが、それでも、皆さん、大量に解決策を発想していきました。

tsu_ideaworkshop_04_Shiromochi(Yurukyara)_and_TSU-Yoi-n-Jaa.jpg
終わった後も、場所を変えて、創造的な組織活動とか、アイデアを生み出す、活かすことについて、意見交換も。

ご当地のマスコットキャラクター「シロモチくん」、それから、「津に来て戦隊”ツヨインジャー”」(津+良い、を広く知ってもらうヒーロー)についてのお話も伺いました。

詳しく書けませんが、いろんなやわらかい物事の生みの親は、さすがに良い笑顔です。


〜皆さんの感想〜

FBの皆さんの写真・感想を、気がつけたものをリストアップしてみました。

知る
共有する
解決する
終わる
友と
食べる


本格的な感想コメントも

ありがたいお言葉ばかりで、発想ツール作家、ワークショップの設計者・ファシリテータとしての冥利に尽きます。ありがとうございました。

皆さんからいただいた気概やお言葉を糧にして、私ももっと精進したいと思います。

そして。

次の10年、40代の終わりの自分が、振り返った時に、この日の仕事よりも、もっともっと良い仕事をして、広く社会に価値を提供できているように、地道に道を行こうと思います。

2013年08月16日

防災と気象データのアイデアソンを実施しました(8月16日、@宮城県庁)

8月16日。

宮城県庁において、皆でワイワイ、ブレスト(アイデア出し)をしました。

テーマは、「防災と、気象データ、地図・混雑データ」から考案できるアプリです。

ideathon_20130816.jpg

30秒動画
 
 
 
  • 今回の様子


今回は、実験的な試みとして、3拠点が、同じアイデアソンを実施することになり、石井が作ったプロセスで進行してもらいました。

東京は、パートナーである矢吹さんが担当されているので、お互いによく知っているプロセスです。もう一拠点は、お会いしたことがない方が担当されました。どのくらいのパフォーマンスになるのかはとても興味深い所でした。


 〜 その様子 〜
主催者さんのブログもあります。


今後、アイデアワークショップを設計する上での大きな学びにもなりました。

今回のワークショップは、三拠点同時実施で、各エリアの足並みをそろえる意味で、事前にスライドの公開ができませんでしたが、私の流儀では、参加者さんが望むならばPDFでデータを入手して、自社内で再活用できるようにしたいので、ここに資料を、パスワード付きPDFで掲載しておきます。

ECA_ideathon_2013_sendai

パスワードは、現地で紹介します。
忘れたときには、石井まで、FBか、メールでお尋ねください。
 
 

  • アイデアソンにご参加いただいた皆様へ



長い時間、ご参加いただきありがとうございました。

名刺交換できたかたも、久々にお会いできた方も、初めてお会いした方もありがとうございました。

良いアイデアがたくさん出ていました。ぜひ、アイデア応募枠に対して、今回のアイデアを応募してみてください。

ハッカソンへ進む方も、仙台から優勝作が出るぐらいの勢いで頑張ってください。参加者のFBコミュニティーもありますので、活用してください。

石井は、職業柄、年間に、100回ぐらい、アイデアワークショップをしています。実施場所も、日本中のほとんどの地域をまわりますので、ご縁があれば、またどこかで一緒にアイデアワークショップをしましょう。


続きを読む



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(57)
ideaplant 作品(25)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(83)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(141)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(339)
アイデア・スイッチ(38)
アイデアの技法(216)
メソッド&ハウツー(189)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(119)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(11)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(3)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(12)
311special(5)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(10)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)