2013年10月28日

【スライド】二段階ブレスト(批判禁止がなじまない組織でもやれるブレスト)

「うちの組織風土じゃ、ブレストって、難しいよ。すぐに批判が出ちゃってさ、、、」

そんな声を、企業内研修や、大学校での経営者層クラスで、良く聞きます。

そういう場面で多様なブレスト技法の講義をするのですが、ブレストっぽい雰囲気が作りにくい組織において、受けがいいのが「二段階ブレスト」です。

先に10分間、What(理想案)だけをブレストし、
次に、その中で最も魅力的なものを選び、
今後は、10分間、How(実現方法)だけをブレストする、

というものです。

「What⇒How」ブレスト、といってもいいでしょう。

スライドを掲載します。

(初めの二枚は、無視して結構です。発想体験ワーク時の、仮想テーマですので。)


文章での詳しい説明は、

拙著『アイデア・スイッチ』

のブレストの章をご覧ください。
posted by 石井力重 at 12:22 | アイデアの技法

2013年10月25日

無駄が無駄じゃないと知る人は、さっさと飛び込んでいく

 
効率的なやり方が思い浮かぶまでは、手を出さない。というのは、非常に非効率な道です。創造的なことをする局面においては。

「無駄が無駄じゃないと知る人は、さっさと泥んこ支度をして、飛び込んでいく。五里霧中の中に。」

新しいことに挑戦する人たちは、論理的に語って見せるよりも、未踏の闇の奥で、見つけたもの(作品)で語ろうとします。

もちろん、効率を必要とするところも、たくさんあります。なので、効率、という考え方へのデリケートさを持つべきでしょう。効率的にあろうとするには。

組織において、無考慮な効率志向が創造活動の生産性を低めている構図、というのは、よく物語のモチーフになります。それだけ人間たちの織り成す社会で頻繁に生じる「パターン」なんでしょう。

一人の人間の中でも、そういう「挑め」と「やめとけ」の拮抗があり、あまりに「効率欲求」に自由にさせておくと、そのうちすべての振り出し方に「詰み」を感じる「スランプ」という心理構造に陥ります。

 

「創造的な仕事がしたいなら、創造的努力をせよ。」

そこに、尽きます。
 
posted by 石井力重 at 07:20 | アイデア・スイッチ

2013年10月24日

独創的なアイデアは、手前にある見つけやすいアイデアの奥のほうに。

  
独創的なアイデアは、手前にある見つけやすいアイデア(当たり前のアイデア)の奥のほうにあります。そのため、まずは「手前にある見つけやすいアイデアを出し尽くす」必要があります。

 『アイデア・スイッチ』 P147


「箱とボールのモデル」で話している冒頭の話です。

創造的アイデアが得られないことに悩んでいる時、大抵の場合は、圧倒的に数が足りていません。

1つか2つ発想してみて、”全然良いアイデアが出ない”と嘆くのは、愚鈍なこと。

創造的なアイデアがいる時には、出し尽くし、苦しいけれどそこから更に出す

その中に、独創的なアイデア(既存の要素の単純な組み合わせレベルを超えたもの)が浮かびます。



関連話題 

「アイデアメーション」
「アイデアの通せんぼ」
「アイデアの質は後半に上がる」
posted by 石井力重 at 06:20 | アイデア・スイッチ

2013年10月20日

【スライド】大学校_3DAYs_アイデア発想法

中小企業大学校・仙台校にて、三日間のアイデア発想法のワークショップ&講義をします。


三日間分、とあって、ボリュームも大きいです。500枚以上あります。

大学校は、私の自宅から直線距離にしてみるとそんなに遠くないのですが、山を大きく回り込んでしか行けないので、三日間、研修所の寮に泊まり込みで行います。
 

追加掲載:

皆さんからの「困り事」への一問一答リスト

速報版

改定版(10月28日) 

2013年10月18日

【スライド】東北芸術工科大学 アイデアワークショップ(10/18)

芸工大の3年生向けに実施したアイデアワークショップ講義のスライドです。

卒論テーマ(’案)を、ワークショップで醸成して、発展させてみよう、というとても実験的な内容のワークショップでした。面白いアイデアがいっぱい出ていましたが、書くわけにはいかないので一つも紹介できませんが、この学年の卒業制作の発表が楽しみです。


追記:


写真を何枚か(ぼかして)掲載します。

■5分交代のペアブレスト
yamagata02.png

■発展ブレスト(今日のある案に集まって)
yamataga03.jpg

■東北芸術工科大学
yamagata01.jpg
(カツオのカルパッチョ400円、絶品でした。学食、レベルが高い!)

■プロダクトデザインの先生方からいただいたコマのオモチャ



 

2013年10月16日

TRIZ IdeaWorkshop 2013 (発明原理、矛盾マトリックス、智慧カード)

生産技術の方向けに作ったスライド(から、少し間引いたもの)を、紹介します。




フルバージョン(パスワード付)
TRIZ_iws_2013.pdf

2013年10月11日

【スライド】発想トリガー(遊び、実践、理論)

発想トリガー_90min_workshop.png

発想トリガーを学ぶワークショップに役立つように、スライドを作ってみました。

1)まず、効果を知ってもらうために気軽に遊んでもらって、
2)次に汎用性の高い手法で実践し、
3)最後に各種のトリガーの紹介、という構成です。

 

アイデアトランプをお持ちの方で、社内で発想法の講義かワークをしなくちゃ、、、という方がいらしたら、ぜひ使ってみてください。
 

posted by 石井力重 at 23:07 | アイデアの技法

2013年10月10日

【受講者さん向け】アイデア発想法研修(基礎、二日間)@東京

2013年10月8日、9日、都内某社にて行った二日間研修の配布資料をここにおいておきます。

アイデア発想法研修(基礎、2日間) 420ページ、20MB

PPTX
http://firestorage.jp/download/bf6ced2e6987b497f2433105d707ab7bc28bddae

PDF
http://firestorage.jp/download/a6c17367d02268fa74128735632d32c2c4c7594e

共に、
◎ ダウンロード可能期間、10月18日まで
◎ ダウンロードパスワードは、研修部門からのメールにて

講義内容である発想技法群は、ブログで過去に公開しているものが9割をしめていますが、質疑応答の内容や、アイデア発想に関する困り事Q&A、及び、発想テーマには、同社の固有情報が(ごくわずか)ありますので、今回は、鍵付きの配布にしました。


連休中でダウンロードできなかった、という方は、石井までメールをお送りください。(配布資料に私のアドレスがあります)





その他、過去の公開事例のスライドをご覧になりたい時は

top_blue.png

をクリックしてください。

過去のワークショップ報告(とスライド)が表示されます。



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(68)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(86)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(167)
アイデアプラント 5th(2018-2020)(17)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(373)
アイデア・スイッチ(39)
アイデアの技法(224)
メソッド&ハウツー(191)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(124)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(15)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(4)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(14)
311special(6)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)
過去ログ
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年07月(8)
2018年06月(12)
2018年05月(11)
2018年04月(7)
2018年03月(8)
2018年02月(6)
2018年01月(2)
2017年12月(6)
2017年11月(12)
2017年10月(3)
2017年09月(3)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(5)
2017年05月(8)
2017年04月(5)
2017年03月(8)
2017年02月(6)
2017年01月(6)
2016年12月(10)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(5)
2016年07月(6)
2016年06月(9)
2016年05月(11)
2016年04月(10)
2016年03月(12)
2016年02月(15)
2016年01月(32)
2015年12月(41)
2015年11月(28)
2015年10月(11)
2015年09月(5)
2015年08月(10)
2015年07月(6)
2015年06月(6)
2015年05月(7)
2015年04月(19)
2015年03月(4)
2015年02月(7)
2015年01月(6)
2014年12月(6)
2014年11月(9)
2014年10月(12)
2014年09月(11)
2014年08月(11)
2014年07月(14)
2014年06月(2)
2014年05月(8)
2014年04月(6)
2014年03月(10)
2014年02月(2)
2014年01月(5)
2013年12月(7)
2013年11月(6)
2013年10月(8)
2013年09月(10)
2013年08月(11)
2013年07月(17)
2013年06月(7)
2013年05月(11)
2013年04月(11)
2013年03月(6)
2013年02月(13)
2013年01月(11)
2012年12月(34)
2012年11月(13)
2012年10月(8)
2012年09月(12)
2012年08月(13)
2012年07月(40)
2012年06月(27)
2012年05月(23)
2012年04月(15)
2012年03月(17)
2012年02月(23)
2012年01月(10)
2011年12月(20)
2011年11月(32)
2011年10月(18)
2011年09月(22)
2011年08月(24)
2011年07月(32)
2011年06月(20)
2011年05月(7)
2011年04月(34)
2011年03月(74)
2011年02月(36)
2011年01月(36)
2010年12月(50)
2010年11月(47)
2010年10月(57)
2010年09月(36)
2010年08月(42)
2010年07月(39)
2010年06月(64)

Powered by さくらのブログ