2014年01月31日

【スライド】雲南市アイデア創出研修(三日間)









2014年01月17日

【ご案内】2月イベント(1〜2日横浜、8日渋谷、11日仙台)

太平洋側のお正月と言うのは、空気が澄んで、風が寒く、天晴れな日差しの中、新しい年を前向きに見つめるよい時期ですね。
早いものでその一月も、もう、下旬に差し掛かります。

私も、26年度の案件や、25年度末(3月)の案件が、バタバタと浮かび上がってきて、作品作り&執筆の時期をそろそろ閉じなければいけなくなっています。

さて、ご案内が3件あります。




(1)横浜

NPO法人iCONの提供する『アイデア創発ファシリテータ要請講座』の第二期が、2月1日2日に横浜で開催されます。

アイデア創発ファシリテーター養成講座

これは他の私たちがやるイベントとはかなり毛色が違って、本気で社内や地域のアイデア創出活動に資する力をつけたい、という方が集って学びあう場です。第一期生はどなたも立派に卒業されていき、すでに十分に実施の経験をつんでいる方も出てきました。石井としては、やってきたことをまとめて人が同じように実施できるようにしたものを伝承する場なので、自分でPRするのは面はゆいですが、参加者同士の刺激や相互の学びあいも大きな価値を持っている場ですので、ぜひ、一歩踏み込んで力強くやってみたい、と言う方は、ご参加ください。



(2)渋谷 → 大雪で中止になりました

日本創造学会の創造性研究会が、2月8日に渋谷で開催されます。


第29回クリエイティブ・サロン
http://www2013.japancreativity.jp/kenkyu-presentation.html

ワークショップのスライドは、事前公開しています ↓
http://ishiirikie.jpn.org/article/82941734.html

こちらは、以前に上記のブログで紹介しましたのであっさりと、ですが再度ご案内を。この場は創造学会の学会員のためのサロンだったのですが、今回は、お願いして外部の方も参加が出来る「オープンイベント」の形にしました。当学会に新しい人材がつながるきっかけになればいいなぁという思いからです。知識創造の領域では高名な先生方が参加されますが、今回は、若くていろんな活動をしている各地の人(非学会員)もエントリーされています。大人数でわいわいとブレストをするいつものやり方ですので、気軽にいろんな人とアイデアを出し合う時間を楽しんでもらえるかと思います。ご興味あればぜひ、ご参加ください。(定員になっていたら、済みすません。。)



(3)仙台

仙台のどこかのキャンパスでで毎年「秋」に開かれている「オータムセミナー」が、今回はなんと、2月11日に、仙台で開催されます。早春(2月)に時期をずらしての実施ではありますが、「オータム」セミナーの名称はそのままです。

オータムセミナー 4時間目(14:00〜)
『アイデア出しが好きで、それが職業になった』

この街の大人たちが講師、地域の高校生・大学生・若手社会人が生徒、という面白い巨大なセミナーイベントです。すべて無料ですのでご興味があればぜひ。

アイデアを考え出すのが好きで、得意。でも、そんなことでは飯は食えないよなぁと考える、これから社会に出る君に。僕もそんなタイプでした。大学で研究をした後、いろんな経験をして、今は、アイデア創出を支援することや、アイデア出しの道具を開発することが事業になっています。この講座では、道具を実体験し、最後に少し、秘話も。(10代向けの向けメッセージなので、上から目線っぽい表現で恐縮ですが・・・)


(3’)仙台

それから、今年は、講座枠をこえて、スペシャルに、もう一つ、やります。生徒さんも、講師の方も、手の空いているスタッフでも、地域のどなたでも参加OKです。

オータムセミナー 6時間目(16:00〜)
『エクストラワークショップ』


このエクストラワークショップは、各講座の終了した後に、大きな会場で、受講者も多様な講師も、手の空いたスタッフも、参加したい人はどなたでも参加できる、オープン・ワークショップです。

帰りがけにいろんな人と気軽に話し合い、紙に書いてみて、自分の考えたことを、振り返ることが出来る、そんな場です。

今年だけ(かもしれない)特別イベントですので、ご興味のある方はぜひ、ご参加ください。文化祭の後の、キャンプファイヤー、みたいなものっぽい感じに近いかも知れません。

申し込みは、たぶん、不要かな、と思います。気軽に会場(場所は当日の資料をご覧ください)においでください。)ペンはご持参ください





このブログをご覧いただいている奇特な読者の方に、いずれどこかでお会いできるのを楽しみにしています。
 
posted by 石井力重 at 15:30 | アイデアプラント 3rd(2012-2014)

2014年01月09日

試作の一コマ

sisaku2014.jpg

言語の壁を越えやすいように、ピクトグラムっぽいブレスト用のカード(もしくは、手で玩ぶことができるような発想の道具)を、この1月は作っています。

大量に没案をつくります。駄案の大量出しつくし。その先に見えるものがある。そういう創造力の特性に愚直に付き合って、今しばらく深海魚みたいな日々をすごしています。

作るときは、創造的孤独、とでもいうべきものが、やはり、必要なんです。
posted by 石井力重 at 21:07 | アイデアプラントの試作の目線

2014年01月07日

アイデアに便乗するとは:

 

ブレストの際に「人のアイデアに便乗してアイデアを出す」ということが、よく分からない、という声を良く聞きます。

できるだけ、言語化して、シンプルなステップで表現してみました。

(ちなみに、講義やワークショップで、私はこの思考活動をさして、『アイデアの衣を引き剥がして、新しい衣を着せるんです』と一言で説明しています。もう少し、きちんと言うと、上のスライドのような思考ステップとして説明できます。いつも、講義などでは、言いたいことがたくさんあり、この辺を圧縮してしゃべっています。)
posted by 石井力重 at 14:39 | アイデアの技法

2014年01月03日

所信表明(2014年、正月の夜に)


【注:音声が出ます!】

念頭の所信表明を、200秒。

元日の夜に。

(夜なので、いつも以上にヒゲも生えていますが、自分の考えの真ん中をしゃべってみました。リテイクも原稿も無しですので、おんなじことを何度か喋っていますが、ご笑覧ください。)


皆様、今年も、どうかぜひ、お力を貸してください。

精一杯、社会的価値を生み出せるように頑張ります。

石井力重
2014年、正月の夜に。



※ 年賀状に関してのお詫び ※

大変勝手ながら、震災以降、全ての年賀状・暑中見舞い、贈答の類は廃止しました。
その分、必要としている社会的な活動に、回すことにしました。
一万円分の年賀状は買えば郵送代で終わりますが、そのお金は別の形で人々に貢献する使い方もできます。

私なりの勝手な考え方ですが、何卒、ご容赦ください。

posted by 石井力重 at 12:37 | アイデアプラント 3rd(2012-2014)



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(68)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(86)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(167)
アイデアプラント 5th(2018-2020)(17)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(373)
アイデア・スイッチ(39)
アイデアの技法(224)
メソッド&ハウツー(191)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(124)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(15)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(4)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(14)
311special(6)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)
過去ログ
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年07月(8)
2018年06月(12)
2018年05月(11)
2018年04月(7)
2018年03月(8)
2018年02月(6)
2018年01月(2)
2017年12月(6)
2017年11月(12)
2017年10月(3)
2017年09月(3)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(5)
2017年05月(8)
2017年04月(5)
2017年03月(8)
2017年02月(6)
2017年01月(6)
2016年12月(10)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(5)
2016年07月(6)
2016年06月(9)
2016年05月(11)
2016年04月(10)
2016年03月(12)
2016年02月(15)
2016年01月(32)
2015年12月(41)
2015年11月(28)
2015年10月(11)
2015年09月(5)
2015年08月(10)
2015年07月(6)
2015年06月(6)
2015年05月(7)
2015年04月(19)
2015年03月(4)
2015年02月(7)
2015年01月(6)
2014年12月(6)
2014年11月(9)
2014年10月(12)
2014年09月(11)
2014年08月(11)
2014年07月(14)
2014年06月(2)
2014年05月(8)
2014年04月(6)
2014年03月(10)
2014年02月(2)
2014年01月(5)
2013年12月(7)
2013年11月(6)
2013年10月(8)
2013年09月(10)
2013年08月(11)
2013年07月(17)
2013年06月(7)
2013年05月(11)
2013年04月(11)
2013年03月(6)
2013年02月(13)
2013年01月(11)
2012年12月(34)
2012年11月(13)
2012年10月(8)
2012年09月(12)
2012年08月(13)
2012年07月(40)
2012年06月(27)
2012年05月(23)
2012年04月(15)
2012年03月(17)
2012年02月(23)
2012年01月(10)
2011年12月(20)
2011年11月(32)
2011年10月(18)
2011年09月(22)
2011年08月(24)
2011年07月(32)
2011年06月(20)
2011年05月(7)
2011年04月(34)
2011年03月(74)
2011年02月(36)
2011年01月(36)
2010年12月(50)
2010年11月(47)
2010年10月(57)
2010年09月(36)
2010年08月(42)
2010年07月(39)
2010年06月(64)

Powered by さくらのブログ