2014年07月31日

【掲載】アルコール・ブレスト会議(AB会議)、始めました。

日経ビジネス瀬川氏が編集長を務める、新しいメディアが誕生しました。


今回、日経BP社(日経BPビジョナリー経営研究所)とアサヒビールは
「企業と消費者のコミュニケーションのかたち」をテーマに、
新しいメディアを立ち上げます。

読者にビジネス情報を提供してきた日経BP社と、
ビールを始め数々のお酒や飲料・食文化を創造してきたアサヒビールが一緒になり、
「人生を豊かにするクリエイティブ力=遊び力」が高まる話題を届けていきます。


引用 : http://business.nikkeibp.co.jp/campanella/about/



ご縁があって、その中の企画で、アルコールを取りつつブレストしたらどうなるか、を本気で実践してみる活動がスタートしました。

AB会議、はじめました.jpg

記事詳細はこちら

記事の最後に「次回から始まる“アルコール・ブレスト会議(AB会議)”実践編は、アルコールを愛するアサヒビールの若手社員にご協力をいただいて開催! 期待も高まる。どんなアイデアが飛び出すのか、乞うご期待!」とあります。

実際の様子は次回記事に譲りますが、余話として、この企画を通じて感覚的に思ったことがあります。

気持ちいいほど、お酒が好き、という人たちっているなぁ。そういう人と呑むと寿命が伸びる気がする。」(7月30日の夜の自分のFacebookメモより)

私も相当お酒を飲むのが好きなほうですが、うまいお酒を飲んでブレスト、っていうのは、こころの新陳代謝みたいなものが進むような気がします。

このAB会議という企画、皆さんの取り組みやご感想もぜひお寄せください。そうした中から新しいブレストの方法への知見がまた生まれていくことでしょう。


posted by 石井力重 at 07:43 | プレスリリース&メディア掲載

2014年07月28日

【講演のご案内】慶応大学、11月29日

慶応大学の連続講座にお招きいただきました。
かなりですが、11月29日に行います。

慶應義塾大学日吉キャンパス公開講座

「言葉と創造の翼」

2014年10月4日〜12月6日
先着順 300名

(講座全体通しての)授業料が8000円とのことですが、他の先生方の内容を拝見するに、どれも面白そうな内容です。

私の次の日程では、脳科学の茂木先生が登壇されます。

〜プログラム一覧〜

Creative_Imagination_ishiirikie.jpg


リストを拝見して、個人的には、「第二言語で創作する」(10月)、「子どもはなぜ詩人なのか」(11月)、「脳科学から見た創造性のメカニズム」(12月)、あたりは、興味をとてもそそられました。

ご興味あればぜひ、ご検討ください。


連絡先・申込み等は:

慶應義塾大学WEBサイト

posted by 石井力重 at 15:39 | アイデアプラント 3rd(2012-2014)

2014年07月27日

団地アイデアソン(横浜国立大学のプロジェクト)の報告書がアップされています。

文部科学省のWEBサイトに、大学等シーズニーズ創出強化支援事業の実施状況報告書 (横浜国立大学のもの) が掲載さています。


そのPDFのP17から、2月にさくらワークスで行ったアイデアソンの様子が報告されています。


danchi_ideathon_repo1.jpg

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

また、その記述の少し前に、模型等の利用に対しての言及がありました。

模型を他の手法(アイデアソンなどのこと)と組み合わせる際の方法論を検討する必要がある、と。

これについては、興味深い提起なので、今後別の場に向けていきるかもしれませんので、私も考えてみようと思いました。模型が(しかも、あれほどに立派で緻密な模型が)あるとしたら、アイデアワークショップとしてどんなカスタマイズが出来ただろうか、と。

CCDカメラのようなものと人形や箱庭アイテムようなものを使うか、、きわめてラフなモックアップを粘土、ダンボール、ガムテープなどで作って、アイデアレビュー時に発想したことをその場でやってみる、というのもよいかもしれません。

(うーむ。。。これは、これで、他の事例でもアリな気がします。いまだと、IoT、ウエラブルスマートデバイスがよくアイデアの題材になりますが、それを、箱庭の中で動かしてビデオモックアップを取る、という方法もありでしょう。動画でなくても、特徴的なシーンを撮影し、絵コンテ的にみせる、などもいいかもしれません。)



posted by 石井力重 at 10:46 | アイデアプラント 3rd(2012-2014)

2014年07月26日

【掲載】イノベーションに不可欠な「失敗の許される場」(あしたラボ、さくらハッカソン)

先日の富士通フォーラムでのさくらハッカソンへの言及内容が、あしたラボの記事になりました。



ishii_ashitalab.jpg


言及したコメント、本当にその通りでして、このイベントは、知財的な縛りを解放してあげることで、みんなの創造能力の制限も解放していたと思います。


posted by 石井力重 at 13:16 | プレスリリース&メディア掲載

2014年07月23日

【スライド】県岐商、商品開発の授業(概要&DAY2)

7月23日、県岐商の授業、DAY2をしてきました。

DAY2時点での構想(表現と構成に改定)と、DAY2の授業スライドを掲載します。


2014年07月22日

県立岐阜商業高校でのSPH授業、こんな感じに進んでいます。


県岐商(けんぎしょう:県立岐阜商業高校は、地元では、こう呼ばれています)でのSuper Proffesionai High-schoolの授業として、商品開発の授業をしています。

その様子が、同校のWEBサイトに掲載されました。


これは、12月中旬まで、二週間から1.5ヶ月のインターバルをとりながら、6,7回ほど行う授業です。最後は商品を創造し、販売し、収益化していきます。高校生が授業で行うこととしては、相当な難易度があるわけですが、それも踏まえて、難しさの壁を突き抜けて、力強い成長を学生さんたちと遂げていこうとしています。

創造の道中というのは、暗くて道が見えないもの。この授業も、参画する人たちには、暗中模索のように感じるでしょう。石井としては、すこし暗がりに目が利きますので、皆が進んでいる過程が計画通りなのが見えています。

こういうプロジェクトは、引っ張りすぎてもギアの歯がかけてしまうし、全然トルクをかけなさすぎても勢いが無く倒れてしまいます。

ちょうど良いギアチェンジをして、シフト6段までシフトアップしていきます。今は、2ndギアをいれて、一番引っ張るフェーズにいます。創造的に頭を働かせてもらう、一番大事なフェーズを進んでいます。
posted by 石井力重 at 15:29 | アイデアプラント 3rd(2012-2014)

2014年07月19日

【スライド】未来仙台市(仙台ミラソン)ウォーミングアップ・ブレスト

2014年7月19日、仙台市役所にて、アイデアワークショップを行います。

スライドを掲載します。

このイベントは仙台ミラソン、というもので、視座の大きなものです。昨年までの未来仙台市、の後継にあたるもので、そのイベント期間のキックオフ的なブレインストーミング・セッションです。
未来の仙台市を考える、という取り組みが過去にも行われてきましたが今回は、施策提案だけでなく、ITと掛け算することで、ハッカソン的な展開も含みつつ、より有効な機能を含むような構想を出来るように、イベントの座組みが発展したものです。

開催まで、迫っていますが、この土曜日、暑気払いに、いっちょブレストしてみるか、という方も、政治なんて全然興味ないけれど、未来の仙台市を構想するブレストってすこし面白そう、と言う方も、ぜひ、ご興味あればご参加ください。

イベント詳細

市役所のページ
ワカツクのページ

余談:

なお、石井の知り合いの方で「このテーマだと、イベントの参加者になるのはハードルが高い、、、けれど、アイデア出しはちょっと見学してみたいんだよね】と言う方は、石井まで、ご連絡ください。アイデアプラントのお手伝い係、という名目で、オブザーバ参加してもらえるように調整してみます。

最後に:
政治家、だけが、街を作るのではない、と私は思います。100万人の仙台市民ひとりひとりが、日々の社会を作り、街を作り、ひいては、未来のこの街へとつながる道を、毎日作るんだとおもいます。我々の子ども、孫、子孫が、もっと楽しい未来にたどりつけるように市民一人ひとりがいろんな思いと取り組みをしていく多様な社会ってすばらしい、と思うのです。このイベントはそうしたものの中でも視点の大きなものだと思います。政宗は400年の計、と言うことで、400年前に現代にまで至る都市構想があったと言われています。そこまでの長さ、とは行かないまでも、人間の寿命のスパンである100年、この100年先の未来ぐらいまで、仙台の姿を想起してみる、というのも、なかなかいいですよね。人口の未来を統計的にみると、2100年ごろ、日本の人口は江戸時代ぐらいまで規模が小さくなっていて、そこからは、安定的に人口が推移する、としたら、今の、何をするにも大混雑の都会生活、というのは、もっといい状況になっていたりしそうです。ベビーカーを電車に持って入ったら問題になる社会、なんて、はるか昔の話となった2100年に、子孫達はどういう社会を生きているんでしょうね。でも、実はそれを左右するのは、この時代にすむ私達です。100万人の一瞬一瞬の意思が大きなうねりとなって社会意思として街を作っています。未来につながる時間という道の上に立って、ちょっと、遠くまで、一緒に目を凝らしてみませんか。

2014年07月17日

リスク含みのアイデアの光る中核を生かす

  1. 壊れやすい概念空間の新しい発見物を、目を凝らして見つける。
  2. それを、とにかくそっと引き上げることに専念する。未成熟でも言う。
  3. 胆力を持って、リスクセンサーを無視する。
  4. あいまいなアイデアを受け止める。
  5. 具象レベルを透過して、魅力の源泉となるものを感じとる。
  6. 問題がある具象部分は剥ぎ取り、新しい肉をつける。
  7. 展開アイデアは、リスクを減らし魅力を際立たせたものになる。

補足1:

「1.壊れやすい概念空間の新しい発見物」とは、斬新さの高いアイデア。通常生成できる確率の高いなじみのある概念操作ではない組み合わせ。生成確率の低い偶発的なものは、その構成要素群のつながりが弱い。一度、つながりを手放したら、もう一度思い出そうとしても、なかなか思い出せない。


補足2:

「2.とにかくそっと引き上げることに専念する」ことを邪魔するのは、周囲の声よりも、むしろ自分の声。しっかり整えてから引き上げよう、と考えて、弄り回してしまう。壊れて概念空間の海に沈む。


補足3:

「3.リスクセンサー」、というのはなにか、というと、長いので以下に箇条書きにしました。

リスク感受の知性は、新しいアイデアを殺したがる。

  • 新しいアイデアほど、不確実要因を多く内包する。
  • 不確実要因は、懸念材料(リスク、実行困難さ)を増やす。
  • 人の知性は、懸念材料に気づきやすい。大人になるほどそう。
  • この知性を野放しにしていると、新案即否が生じる。
  • 新しいアイデアは消され、妥当な案、実績のある案のみになる。
  • やればできるリスクの無いアイデア群が出来上がるが、既存の焼き直し的アイデアのみ。

補足4:

「6.問題がある具象部分は剥ぎ取り、新しい肉をつける」という部分について、少し長い言葉で説明します。

概念加工の作業台の上では、中核以外は引き剥がして新しく出来る。

  • アイデアは流動性が高い。提示した後でも、揺らめいていて、あいまいで、いろんな化け方をする。
  • 具象レベルは、どうとでも変えられる。
  • 具体的には:
    • 提示されたアイデアには、魅力の源泉となる中核がある。
    • 人によって魅力の感じ方はちがう。
    • よって、切り出せる中核が変わる。
    • 心で感じた中核に新しい衣を着せて、提示すると、当初案を展開したアイデアになる。
    • 人が複数人いれば、1案が複数の展開アイデアになる。
    • 懸念点は、この概念操作でいかようにでも無害化できる。
    • 展開アイデアに、同じ概念操作をすると、また違う魅力中核を見出せたりする。
    • 一度では無害化ができなくても、緩和は出来る。
    • 中核化と具現を繰りかえすと、だんだん懸念部分から縁の切れたアイデアに。


長く書きましたが、コンパクトにまとめますと、創る人は、

(1)創造的胆力をまず持つ

(2)リスク含みのアイデアの光る中核を見出す

(3)具象レベルはPivotして、展開アイデアを作る


という精神的努力が重要です。

『アイデアプラント・ノート』


posted by 石井力重 at 15:10 | アイデアプラント・ノート

2014年07月11日

【スライド】県岐商、商品開発の授業(概要&DAY1)

岐阜の高校(岐阜県立商業高校)で、半年にわたる特別授業を行います。

SPH(スーパープロフェッショナルハイスクール)の授業の一環として行うものです。

SPHとは:
文科省が「社会の第一線で活躍できる専門的職業人を育成するため、先進的な卓越した取組を行う専門高校を指定して研究開発」するもので、全国から10校を選定し、3~5年の期間で実施されます。

余談ですが、このスーパー***ハイスクール、という文科省のプログラムはいくつかあり、私の母校の千葉市立千葉高校は、サイエンスの領域を指定されていたようです。そうしたプログラムの無かった私の在校当時(理数科にいた)と今とでは、授業のレベルが違うことをしていてうらやましいと思っていました。

***の部分が、サイエンスではなくプロフェッショナルにあたるのが、SPHなのですが、今回、プログラム提供者として高校に授業にいくことになるとは、、、という感慨のようなものもあります。2014年6月の「校長だより」に、ご紹介いただいています。40代になるというのは、社会的立場が加わっていくことなのだ、と最近良く思います。


さて、商品開発の授業、それもアイデア創出を強力に進めていける企画人材を育てるためのプログラムを、作りました。概要は以下の通りです。


事業化のところも、高校OB会が会社を作って展開する、という本格的な環境をもらえているので、プログラム前半は、全力でアイデア創出〜企画化に力を注げます。プログラム後半に入ると、徐々に事業開発にフェーズが変わっていきます。


次に、DAY1(6時間)の授業のスライドを掲載します。



大人向けに行っているアイデア創出ワークショップと、共通する部分は共通させ、将来社会に出てもそのスキルがそのまま生かせるように。一方で、より自由な可能性を拾え、高校生のもっている要素を生かした思考展開も加味してあります。

第2回、第3回、と、基本的には、アイデア発想技法や企画化手法を入れ替えながら、この「商機発見〜アイデア創出〜企画コンセプト練成」を繰り返し訓練しつつ、良案をたくさん作り出していきます。

後半に入る秋口、出てくるプランや商品にもよりますが、そこからは、今度はベンチャーの初期の事業創造の努力に近いプログラムを組んで強力に実行していきます。

執筆余話:

不惑(40歳)の一年が過ぎようとしています。迷いがないかといえば、40代になり、一層舞い込んでくる課題は難しく、魅力的なものになり、日々、迷いながら進んでいます。ルーティンの仕事のほうが少ないぐらいです。

しかし、思います。「迷ったら進め」と。

進めばとりえる戦略が増える。突き抜けていくと道が出来る。

「志しあるところに道は開ける」。私はそう信じています。

旅仕事をしながら、試作品を作り、ワークショップ講義を開発し、クライアント案件に対応して、日々をすごしています。ちなみに、今このブログは京都で書いています。

創造的な人や組織が次々と生まれてくる社会を作りたい−−。 アイデアプラントの理念にむけて、今日も、全力で。

2014年07月09日

創造学会のニューズレターに、先日のワークショップの様子が紹介されました。

創造学会のニューズレター2014年7月号に、先日のクリエイティブサロンでのワークショップの様子が掲載されていました。
 
創造学会ニューズレター2014年7月号_.jpg(クリックで大きくなります)
 
(紙面:創造学会ニューズレター2014年7月号)
 
創造学会は、日本の中のクリエイティビティに関する学会としては、最も古い学会の一つです。創造性について、大学や企業で研究されている先生方がたくさんおられます。いわば、石井にとっては大先輩がたくさんいる場です。「最近は、アイデアソン、という名称で、巷では、こういうことをしています」という報告をかねてのワークショップでした。

それに対して、ニューズレターでは、過分なお言葉を頂戴しておりまして、恐縮しております。

報告の機会を与えてくださった学会会員の皆様、クリエイティブサロンの事務局の皆様、ありがとうございました。
 
posted by 石井力重 at 00:28 | プレスリリース&メディア掲載

2014年07月08日

【発想ツール】アイデア3操作(即興アイデア発想用)

 
 
アイデア3操作_即興版SCAMPER.jpg

 
 
発想ツール作家、と自らを規定している割には、アイデアワークショップばっかりをして全国行脚をしてしまっているのですが、やっぱり自分の本職をしているときが一番、深く、思考できます。

今日は、ツールのアイデアが沸いて、作品を1つ作ることに一日を費やしていました。

作品、といっても、商品になるものを作るばかりが、「発想ツール」ではありません。「(発想系の)思考ツール」もまた、作品の一つです。どちらかといえば、そういう活動が10あって、そのうち1ぐらいが、商品化の香りを持って立ち上ってくるわけで、うちの商品開発は実は商品開発ありきでは無いんです。

と、前置きが長くなりましたが、公開するの恥ずかしいですが、次の高校での授業で使う為につくったツール「アイデア3操作」、公開します。(簡単に言うと、即興版SCAMPER、です)



posted by 石井力重 at 00:57 | アイデアの技法

2014年07月07日

【スライド】未来仙台市2014(仙台ミラソン)のブレインストーミング・セッション

地元仙台で、アイデア創出のちょっと変わったワークショップをします。






未来仙台市、という、未来の仙台の政策を立案するイベントです。過去にも開催されていて、コミュニティーが近いのでそれとなく知っていました。今年は、政策というテーマにもう一つの要素として、ITをいれていく、ということに。そこで、名称も、「仙台ミラソン」として展開されるそうです。

(ソンってなに?何とかソンって、最近良く聞くけれどなに?という声にお答えしますと、一定期間続くプロセスを持ったイベントにつく接尾語、のようなものです。もともとは、Hck-a-thon、といってプログラミングを二日とかでだーっと作り上げていくイベントをさしました。語源的には、マラソン、のソン。)

今回のイベントの面白いところは、公共政策のことを研究している院生さんや、仙台のITエンジニアさんたちが、たくさん混ざり合うきっかけになる、という点です。短期的にも長期的にも、将来もっと住みたい街にするためのアイデア、たくさん生まれそうです。


最後に石井の私見です。

広域の人口減少が進む中で、各都市は中心地に集積がなされるだろう未来において、北日本には、いくつかの集積地ができるのだろうとおもいます。東京に吸引されていく力が強いものの、広い東北全部がそうなる、というわけでもないでしょう。また、北海道と東北北部は新幹線でつながったりする点でも、北方への吸収もありえるのかもしれません。

仙台が現在の東北の中心地、と位置づけられている状況は、果たして未来においても同じだろうか。

東北が新潟経済圏、ということになるかもしれないし、北海道との連合経済圏となりえる北部東北に中心地をもつ可能性もあるかもしれません。福島が強力な魅力を持つ特区都市として、未来技術都市圏を形成するかもしれません。そう考えると、仙台は未来も東北中心地でしょうか。

その問いには、答えていかねばならないでしょう。

あらゆる未来につながる時間に生きる我々。未来は、我々の如何だろう、とも、思います。



と言うことでまとめます。

政宗の400年の計には及ばないとしても、はるか未来の仙台を見通していくための時間、一緒にすごしませんか?

未来政策×IT、というのは結構面白いでしょう。その中でも、実際に作ろうとすると、大分、案を現実的に引き戻さなくてはならないでしょうけれど、ミニチュアモックアップを作ったうえで「将来はこれを100倍の性能にして、仙台市の夜の雲にプロジェクションマッピングして、災害時の拠点間情報の交換を行うシステムにします」とか、そういう風な展開もありかと、個人的には思います。

イベント詳細
あるいは




後日追記:

アスイクの大橋さんとお会いできました。アスイク、志の、良い活動ですね。
大橋さんのブログにて当時のことが少し ⇒ http://asuiku.org/?p=2267



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(61)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(84)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(161)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(356)
アイデア・スイッチ(38)
アイデアの技法(218)
メソッド&ハウツー(189)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(119)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(13)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(4)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(13)
311special(5)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)