2014年10月09日

My activities have been introduced in the WEB site of Fujitsu




IDEAPLANT_Rikie_ishii.jpg
posted by 石井力重 at 06:10 | アイデアプラント 3rd(2012-2014)

2014年10月08日

アイデア発想法『ワードダンス法』〜変わった選択はしばしば可能性のある新しい道へと導く〜

アイデア発想をするときには、良いテーマを設定することが大事です。良いテーマが作れると発想推進力は自然と引き出され、ブレストのうまい下手によらず、アイデアがたくさん浮かんできますので。

そのうまいやり方は、創造技法の中にいろいろあります。そのひとつを紹介します。

ワードダンス法.jpg

その詳しい説明は、スライドで。

 ↓


これは、最初の一回、慣れるまでは、無関係連想のように、不思議な作業に思うかもしれませんが、やってみて、自分が気が付いていなかった良いテーマ(解くべき課題)を発見できるでしょう。

補足:

テーマ設定の5つのコツ、と言う話を、ときどきワークショップや講義で紹介しますが、それとコレとはどういう位置づけにあるか、というと、ざっくり言えば、同じ効能を持ったものですので、どちらかをやればOKです。

では、このワードダンスはどういうときにオススメなのか、というと、5つのコツのほうが論理的、理系的な思考テイストなのに対して、こちらのワードダンスは、直感的、文系っぽい感性の生々しさをそのまま扱っていけるような、そんな違いがあります。

ただ、突き詰めれば、本質はすごく似ています。

なので、両方が必要か、といえば、片方だけでも充分でしょう。こちらの手法のほうが相性がよい、という方はこちらを使ってみてください。

posted by 石井力重 at 09:06 | アイデアの技法

2014年10月06日

【掲載】AB会議。想像の翼で高く飛び、されど着地は難しい編

アルコール・ブレスト会議、パート3の後編が掲載されました。


アサヒビールの精鋭メンバーと、定時後の会社のコミュニケーションをもっと引き出すアイデアをブレストしています。後編になりいよいよ加速していきます。

ABK_03part2_01.jpg

この時点でアルコールもかなり入っています。皆さん、お酒が強く、かつ、佇まいも崩れず自然に飲むので、そんなに飲んでいないように見えますが、結構飲んでいます。僕がたぶんこの集団の平均ぐらいの良貨と思いますが、この時点でジョッキ4~5杯ぐらいだったかと思います。

壁に模造紙を貼って、アイデアを貼りつつ紹介してもらっています。

ABK_03part2_02.jpg
居酒屋でただ飲んでワハハっとなっていくのとがうのは、アイデアを紙に落として、そして場に視覚的に蓄積するところです。張り出しに行動は繰りかえすうちに、その前に皆が立って、わいわい、言い始める行動を促しがちです。AB会議でも、そう、なりました。

ABK_03part2_03.jpg
アルコールブレスト会議が、しらふの会議違うなぁと、特に印象に残っているのは、アイデアの先鋭化、です。普段の会議だと、ひとつのアイデアが伸び始めてもそんなにそれをみんなでワイワイ乗り合って突き抜けていく、という会議展開はあまりありません。

(ドラマやビジネス漫画で描かれる企画会議シーンでは、どんどんブレストでひとつのアイデアが伸びて、鋭く突き抜けていく、というシーンはありますよね。それを大手企業の普段のブレストでできるかというと、現代の日本人の集団では少なくとも難しいところ。ベンチャーだったころのモノづくり企業HやSだったりしたら、違うのでしょうが、そういう企業さんの現代の現場に入ることもありますが、やっぱり難しいのが実情です。)

それに対して、アルコールの入ったこのAB会議では、ひとつの原石が見出されたときにそれをどんどん光らせていくことができます。アイデアと言うのは生まれたての時にはとても未成熟な存在です。それの良い面に光を当ててどこまで引き出していけるかが、創造的プロジェクトの初期段階に必要ですが、そういう部分には、とてもいい突破力をもっている会議方法だと、個人的には感じました。

良い面ばかりを書いては、活用しにくいと思いますので、気をつけていた点や、この後の記事に語られる「出来ないこと」についても言及しておきます。

ABK_03part2_04.jpg

ブレストもこのあたりになって、彼らの本当に企画の主戦場に入ってきました。かなり真剣みのあるトーンになります。このとき、まずみんなが、結構の出いるけれど、かなり真剣に話し合えるぐらいの酒量レベルにキープしていることが特筆すべきこととしてあげられます。

良い気分になってがんがん飲む---というのも、もちろん、酒好きには楽しい、いい時間なのですが、AB会議としての機能を発揮するには、そういう「ほろ酔い+α」水準に保って飲む、という技量は、必要だと思います。

難しいのは、人によって、その量が違う点です。ビール半分でそうなる人もいれば、かなり杯を空けても大丈夫な人もいます。

ちなみに、石井はメンバーには見えないところで、時々、アルコールチェッカーで呼気のアルコール濃度を測って、その数値を目安として使って、急激に上がらないようにしながら、結構、飲みたいだけ飲んでいました。これは、お酒好きには結構大事なコツかもしれません。酔わない程度に飲む、というのは、酒好きには結構難しいものです。私は計ることで、結構、安心して、ごくごく飲めて、かえってリラックスできていた気がします。

このアルコールチェッカーでのセルフチェックは、AB会議の進行役(ファシリテータ)をする人は、もしかしたら、オススメしてもいいかもしれません。タニタのスティック型のチェッカーを使っていましたが使い方はとても簡単です。

ABK_03part2_05.jpg
この後は、ハイライト法を行いました。魅力度の高いものにめいめいに星をつけてもらい、その集中したものを最後にレビューしていきます。この作業は直感的であり、酔っていても問題なく出来ます。

さて、いよいよ、ここからは、注意して読んでもらいたいところです。

酔っていると、出来ないこと、もあります。当然ながら。 ここを良く認識しておいて「AB会議が得意なこと。苦手なこと」を知ってもらいたいとおもいます。

ABK_03part2_06.jpg

仲さんのコメントを引用します。

仲:ちょっと酔っぱらってますけど、実行したいアイデアが出てきたのでみんなの力で実践までもっていきたいです。お酒を飲むとこんなに楽しくいろいろとアイデアが出るんやなと思いました。でも最後にまとめることがすごく難しくなっていた。次回はしらふでまとめます!

そう、そうなんです。

お酒が入ると「想像の翼」はエネルギーを得て、ぐんぐんと舞い上がるわけで、それに依拠した部分はどんどん進むわけです。

一方で、普通、会議室でやっているブレストだったら「発散だけで終わり」というのはあまりありません。「次に収束させていく」こともやるでしょう。そこで、AB会議の場でも、ついそこをやらねば、と思ってしまいがちですが、それは、別の場(翌日とかしらふになった段階)でやればいいんです。

しらふの時には、「発散思考」と「収束思考」は意図して切り替えることができます。それこそ、ブレスト中でもすきあらば出現させてしまおうというぐらい、収束的な思考モード(批判力)は常に出番をうかがっています。

しかし、です。

飲んでいるときには、このでしゃばりな批判力は、お酒の力で幾分緩和しているわけで、想像の翼にのびのびとしてもらえます。お酒は突然消えてくれたりはしません。いざ、批判力が必要だとして、意識の力でそれを引き出そうとしても、うまく作動しません。

この辺が、チャプタータイトルにもなっている「アルコールブレストの限界」です。

思考活動において、お酒は、なんでもうまくいかせる魔法の杖ではありません。、創造的な活動のある部分を思い切り円滑にしますし(正確には、その可能性がありますし)、打ち解けにはかなり力強い道具なのですが、巧緻性を上げたり判断を伴う知的作業には向きません。

さて、そうした部分は、AB会議(酒場の発想、しらふで揉んでいく編)に任せてしまうのが良いでしょう。

記事のように、アイデアを出し、張り出し、魅力度で星をつけて、全体をザーッとレビューしたら、さあ!ここからはコレをしまって、宴会に突入〜、という感じに楽しく飲んでしまうのが良い、と個人的には思います。

この記事の中で、50分、こうしたAB会議をしていますが、その後は、2時間枠の残り時間で、ワイワイ飲み会をしていますが、一仕事やりきってからのお酒は格別にうまかったです。

ABK_03part2_07.jpg

これが最後のスナップショットですが、企画の始まった時点より、かなりグループの凝集性が高まっています。比較的、対人関係においてあうとスタンスの石井ですが、こういう展開だと、結構、リラックスして、距離感が近くなっていたように思います。(酒好きなだけだろ!という突っ込みもありそうですが、まあ、それを差し引いても、残るものはありそうです。)
posted by 石井力重 at 21:29 | アイデアプラント 3rd(2012-2014)

校長だよりに、前回の岐阜商の授業の様子が、言及されています。

県岐商(いわゆる、岐阜商)は、日本の商業高校の中でも簿記の受験合格など、実力ナンバー1の商業高校です。光栄なことに、同校の文科省のスーパー・ハイスクールの授業を受け持っています。商品開発の授業です。

先日は、中盤まで進んだこの授業では「アイデアショーケース」と題して企業さんに向けたプレゼンテーションDAYを実施しました。

idea_showcase_GIFU.jpg



その時のことが、校長だよりの中で言及されています。


kochodayori_.jpg


この服部校長殿のお言葉の「生徒のプレゼンテーションの後に企業側から鋭い質問が出されました。生徒は丁寧に答えていました。初めての経験で、プレゼンターはかなり緊張したと思います。どんな質問がくるかわからない状況を乗り越えることは実社会でも存在します。つまり、扱っている商品をどれだけよく知っているかということです。」と言う点は、まさに、その通りで、頑張って練り上げてきた生徒さんにも、学業との兼ね合いで限定的な時間の中で当日を迎えた生徒さんも、おのおのスタンスでこのお言葉は、切実に響いたかと思います。

このプログラムは「授業(≒育み)」であると同時に「事業(≒勝負)」でもあります。どちらかだけに重心をおけば、SPHのプログラムの絶妙さから乖離してしまいます。

この点は、毎回の設計と授業進行において、とても繊細に感じてかじりきりをしています。

〇 楽しく学びになった、だけではいけない

(何も、社会から金銭的対価を得られない構想ワークでは、お遊戯になってしまう。投下資本に対して、1000円でも、プラスで事業が回らなければいけない。)

〇 膨大な人的資源投入をして収益化する、というスタイルでもいけない

(高校生の作業をコスト計上しなければ、薄利多売の難しくない作業をする事業ならばすぐに収益化は出来ます。内職の造花作成をする企業をすれば、すぐに黒字事業になるでしょう。でも、それやそれに類する事業モデルの立ち上げでは駄目なんです。ここで学ぶものは、付加価値を作り出し、小さいビジネスでも充分に収益を出せる着想力や事業展開力です。なので、やたらめったら頑張ってこい、というスタイルは大前提としてとりえないわけです。

短い労働時間でも、創造的な産物を生み出し、それを事業として回すと、収益性を生む、そんな高付加価値な商品創出を狙わせていかなければいけないと。


この授業、3年ありまして今年が一年目です。短期的には今年はあと2回、あります。長期的には、2.5年あります。

とはいえ、ゆっくりはしているつもりはありません。一年目から一定の芽が出るように、残り期間、全力で商品開発・展開に向けた授業を実施してゆきます。
posted by 石井力重 at 14:55 | アイデアプラント 3rd(2012-2014)



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(67)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(86)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(167)
アイデアプラント 5th(2018-2020)(16)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(373)
アイデア・スイッチ(39)
アイデアの技法(224)
メソッド&ハウツー(191)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(124)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(14)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(4)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(13)
311special(6)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)
過去ログ
2018年07月(8)
2018年06月(12)
2018年05月(11)
2018年04月(7)
2018年03月(8)
2018年02月(6)
2018年01月(2)
2017年12月(6)
2017年11月(12)
2017年10月(3)
2017年09月(3)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(5)
2017年05月(8)
2017年04月(5)
2017年03月(8)
2017年02月(6)
2017年01月(6)
2016年12月(10)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(5)
2016年07月(6)
2016年06月(9)
2016年05月(11)
2016年04月(10)
2016年03月(12)
2016年02月(15)
2016年01月(32)
2015年12月(41)
2015年11月(28)
2015年10月(11)
2015年09月(5)
2015年08月(10)
2015年07月(6)
2015年06月(6)
2015年05月(7)
2015年04月(19)
2015年03月(4)
2015年02月(7)
2015年01月(6)
2014年12月(6)
2014年11月(9)
2014年10月(12)
2014年09月(11)
2014年08月(11)
2014年07月(14)
2014年06月(2)
2014年05月(8)
2014年04月(6)
2014年03月(10)
2014年02月(2)
2014年01月(5)
2013年12月(7)
2013年11月(6)
2013年10月(8)
2013年09月(10)
2013年08月(11)
2013年07月(17)
2013年06月(7)
2013年05月(11)
2013年04月(11)
2013年03月(6)
2013年02月(13)
2013年01月(11)
2012年12月(34)
2012年11月(13)
2012年10月(8)
2012年09月(12)
2012年08月(13)
2012年07月(40)
2012年06月(27)
2012年05月(23)
2012年04月(15)
2012年03月(17)
2012年02月(23)
2012年01月(10)
2011年12月(20)
2011年11月(32)
2011年10月(18)
2011年09月(22)
2011年08月(24)
2011年07月(32)
2011年06月(20)
2011年05月(7)
2011年04月(34)
2011年03月(74)
2011年02月(36)
2011年01月(36)
2010年12月(50)
2010年11月(47)
2010年10月(57)
2010年09月(36)
2010年08月(42)
2010年07月(39)
2010年06月(64)
2010年05月(74)
2010年04月(78)

Powered by さくらのブログ