2015年11月23日

【スライド】アイデアワークショップ(国際医学生連盟日本 第13回日本総会、@幕張)


この連休に幕張で開催されている、全国の医学の学生さんたちの組織の総会で、石井が担当するアイデアワークショップのスライドを掲載します。

余談:

今年のテーマが「BE the CHANGE」であると伺って、Mahatma Gandhiのことばが想起されました。
現代の世の中でも、1人の人間により世界レベルが変化が生み出されたことがあります。
また、世界には、たくさんの無名の人たちの努力によるたくさんの偉大な変化も、発展も、あります。

世界はたぶん後者で回っている、僕はそう思うのです。

見たい世界を描き、そこに自分たちで辿り着く。

そういう気概(困難に挫けない強い意志)を、偉人だけのものとせず、われわれ社会を埋めつくす大多数の大人がもって進んでいくなら、未来はきっと、もっと明るいものになるでしょう。

旅しながら作り続ける

アイデアプラントの新商品開発を、旅仕事の滞在宿でもずっと続けています。

今も、先日テストプレイや商品開発ディスカッションした製品のデザイン原案を作っていました。
石井の原案レベルのデザインではありますが、それでも、ちまちま、ちまちま、と根気のいる作業もあります。
ツールとしての使いやすさ、ワークとしての楽しさゲーム性、も練り続けて、新しい形が見えつつあります。

今日も作る作業に深くもぐり、気が付けば日付が変わっています。

滞在先の土地の面白いものに触れ、それが新しい発想の刺激に。
作りながら旅をする、というのは、そういう良さが実はあります。

旅仕事のミッションである各地・各社のワークショップを作り、ファシリテーションをし、移動調整日には、宿では開発を続ける、そんな日々を送っています。

trip_and_design.jpg
posted by 石井力重 at 01:35 | アイデアプラントの試作の目線

2015年11月22日

アイデア型産業の出現場所の特徴

今日は船橋のホテルで仕事をしています。

ホテルのフロントには、フナッシーのアイテムがたくさん。さすがフナッシーの本拠地。



さて本題。


”サイエンスと産業の距離が近い事業を〔サイエンス型産業〕と呼びます。


その構造を援用するならば〔アイデア型産業〕とでも言うべきものもあるのでしょう。

つまり、アイデアと産業の距離が近いタイプの事業です。”


かつて、ITmediaのブログを執筆をしていたことがありますが、そんな話題を記事に何度か書いていました。


文章は今読み返すと誤字も多く雑な作文でした。

ですが、現在の私にとってのヒントも書いてありました。


「アイデアと産業の距離が近いものには、何があるだろうか。」



この記事の中で「「アイデア」と「事業」との距離を短くしてくれる要因」を列挙しています。


5年の時を超えて今なお示唆として、社会を見るときのヒントにしたいものが果たしてあるだろうか、と精査してみますと、6つほどありました。



idea-based_industry__.jpg



【無形の部分】


  • 感性的な消費、効率的体験、感動要素などにウエイトがある。
    (物体は「無形部分のミニマルな入れ物」)

【物質(有形の部分)】


  • 質感・テイストと呼ばれる特徴を持つ
     (しかしそれは必ずしも無形的価値を担持している物体部分ではない。いわば、コンテンツの質感、というようなもの。)

  • 作品とよばれたり、アートに近い要素を持つ

  • マニュアルを見ずに利用できる。
    (単純なナニカである)

【人】


  • 社会の変化・新技術の台頭によって潜在的に増加するある種の人々

  • 狭く濃くファン的
    (楽しみかたを自ら作る。欠点を特徴と捉える)


※当時の内容に対して、新しい分類をつけ、表現部分も修正しています。

※具体を、長々と書こうとして、やめました。具象は時の風化に耐えられません。

上記の6つは、新しい製品やビジネスを構想するとき、アイデア型産業の特徴が意識の片隅にあると思い描くものを実現しやすくする派生案も考案しやすくなります。


網羅からは程遠いものではありますが、考えるヒントにするためにリバイスしてみました。

posted by 石井力重 at 19:00 | 研究(創造工学)/検討メモ&資料

2015年11月21日

【スライド】ワイワイCafe(11月21日、東京)アイデアのワークショップ

いま、渋谷からバス停2駅のあたりにある青葉台のビルの二階、IMJさんのCafeスペースで、ファシリテーションをしています。
(今は、ビデオプレゼンの制作タイムでしばしファシリの休憩タイム。)

本日のスライド(現地更新版)を掲載しておきます。


ユーザエクスペリエンスデザイン、人間中心デザイン、のコミュニティーでのワークショップは、普段の企業内でのものとはまた雰囲気がちがって、興味深かったです。静かで豊富な発想の資質。そんな印象をこの場から受けました。

今日は皆さん、どうもありがとうございました。


追記:

現地で面白いワークショップ道具に出会いました。
これは、丸シール型のメンディングテープ、というものです。
なかなかこれは、いいですね。
今までの強粘着ポストイットラベルよりも、良くつく気がします。
posted by 石井力重 at 18:06 | アイデアプラント 4th(2015-2017)

2015年11月20日

旅立ち直前の開発会議

今日は、4時間にわたりアイデアプラント製品の開発会議をしていました。

今、作ろうとして、企画や試作に取り組んでいるものが数テーマ、あります。
製品ごとに、石井&異なる開発パートナー、とディスカッションをしています。

本日は、最初期から、アイデアプラントの製品の心臓部の開発を一緒にしてきた方との打合せです。
アイデア創出ツールを生み出すためのブレストです。

コーヒー、音楽、良い椅子、居心地のよい設計の空間、、窓から冬のグレーの空、机の上にデザインスケッチとプロトタイプ、ブレストと仮決め。

クエイティブ・ワークは、〔数字で表現できる領域のもの〕と〔数字では表現できないもの〕の両方に進展があります。

前者は、”クリエイティブワークの生産性”と表現できるものになるでしょう。

後者は何というべきものでしょう。
私には、それに正確な名前を付けるだけの知識がまだありません。

ただ、昔から直観的にわかります。
よい作品を作るときには、このNameless(無名の、名状しがたい)Timeが、とても大事です。


明日から、冬の旅仕事です。
関東、近畿、東海をめぐります。
posted by 石井力重 at 23:08 | アイデアプラント 4th(2015-2017)

2015年11月18日

佐々木大三さんが、デジコミュ秋田で『アイデアスイッチ』の発想技法を活用してくれました

秋田県の産業技術センターに佐々木大三さん、という友人がいます。
もともとは、某社のエンジニアをされていまして、私が同社に講演で伺った際にお会いしたのがご縁の始まりでした。現在は、地元、秋田を舞台に技術系の行政マンとして活躍されています。

彼が「石井さんのアイデアスイッチから、発想コンテンツを使って、アイデア発想ワークをしたいのですが」と律儀に連絡をくださいました。

そして、数日たって、昨日、うまくいきました(盛り上がりました)、という、うれしい報告をもらいました。

佐々木さんのスライドが、スライドシェアで閲覧できます。

こういう資料を拝見すると、とても励みになりますし、私にとっても勉強になります。
どうも、ありがとうございます。

本に書いたことが読者さんの社内や勉強会などで活用してもらえるば、書き手としてはうれしい限りです。

(もちろん、書籍という著作物には、出版社さんの管理的な側面もあるでしょうから、全頁転載し商業出版物に載せる、といったケースがあれば、話は別でしょうけれど、大抵、ワークショップでメソッドを使うぐらいのことならば、どうぞご自由に、というスタンスをいつも取っています。)


ここから、長い蛇足です。

私が作るスライドは展開がいつも石井テイストなもので、同じような学習感になりますが、他の方が技法を使ってくださりそれを教えてもらえると、取り組みに新しい風を取り込むきっかけになります。

たとえば、大三さんのスライドの17〜20。

17で、ボールとペットボトルの楽器を発想してもらう、ということを提示しています。
自分もこれを見ながら考えます。
そしてめくっていくと、20では「自分の常識が他人にとっては突飛なもの」というところに着地しています。

これはなかなかそそりのある、よいお題と着地点だとおもいます。

お題にたいして、これを別の帰着点にもっていくアレンジもできそうです。
そこから、新しいコンテンツ案が広がります。

(大三さんに、このお題やくだりを使わせてください、と僕の方からもお願いをして許諾をもらいましたので、タイミングを見て活用させてもらいます。それもまた、広く社会にフィードバックしていきます。)


この話に類する、他の事例もあります。

スピードストーミングは、アイデアのファシリ講座でトレーニングを受けた方が各地でアレンジをきかせて、より効果の高いプロセスを実践しています。その結果、他の人々にとっての有益な新しい情報を生み出してくれています。

講座修了者の大川さんは、スピードストーミングにおいて、ラウンドごとにずれる数を徐々に大きくする運用スタイルにアレンジすることで、スピードストーミングの内包する弱点を改善しました。

これは、スピードストーミングのオリジンである米国の事例文献にはありません。日本で多くの人が実践していく中でできた新しいノウハウです。

よくオープンソースですね、と言われるのですが、私はこう思います。

知識というのは、普及し実践により育っていくもの。

囲い込むより、使い込む。

多くの人が活用し、フィードバックしあう、そして使い手のコミュニティーがさらに新しい知識を共有する。


なぜ、世にいろんな知的活動のコミュニティーが生まれるのかといえば、そういう人と活動が高密度に集まると、互いに梯子になり、新しい知識が芽生えていくからなのだろう、と思います。

posted by 石井力重 at 23:59 | アイデアプラント 4th(2015-2017)

2015年11月17日

Thinkpadの電源の差し口の変換ケーブル(丸⇒長方形)

私の仕事スタイルとしては珍しく、電話が入るのを待っているような時間があったので、それを利用して道具の話を書きます。

私は何機種かにわたってのThinkpadユーザです。今は、X250とX220を使っています。

X250は、電源のさし口が新型の〔長方形〕です。
X220は、旧型(丸)です。

電源ケーブルを複数の拠点に用意しているのですが、拠点ごとに2種類の電源ケーブルを用意しておくのは無駄だと思っていました。

ふと思い立って、Amazonで変換コネクターを探してみたら、ありました。

商品名を見るとX1 Carbon用うんぬん、とあるので、X250でも多分同じだろうと判断。

問題は、この商品写真の左型(丸のほう)の形状が合うのかどうか。
WEB上をしらべてみると、「旧型とはまた違うタイプの丸タイプのコネクタも世の中にはあるらしい」という情報もありました。

私には、詳しくは分からなかったので、商品写真をじっと睨んでみて、えいっと現物を買ってみました。

外国からの配送でしたが、予想以上に早く届きました。
(ちなみに販売者のボクシーズさんは、到着まで日数がかかることの事前アナウンスをしてくれるなど、サポート体制が充実した印象で安心して到着を待っていました。)

think2_.jpg

現物を刺してみたところ、刺し具合はぴったり。

think_.jpg

左手から伸びているのが、旧型です。手前の短いのが、アダプタです。

〔旧型の電源ケーブル〕+〔電源アダプタケーブル〕で、〔新型の電源ケーブル〕と同等となるのか、恐る恐る通電してみました。

結果は、Thinkpadはこれを通常の電源として認識しました。

一日使ってみた結果、新型ケーブルと変わりなく使えています。


このケーブルのおかげで、X220を置いてある拠点に旧型ケーブルとこのアダプタを置いておけば、持ち歩くX250の充電も出来るようになりました。

余談:

技術的によくわからないのにいろいろやってみたくなる、そういう魔力がThinkPadにはあります。初めてのHDD換装で、適当に買ったSSDを直感で換装してみて、詰めが甘くて大幅にデータを喪失したこともあります。


posted by 石井力重 at 16:52 | 道具考/ALL

ステージ2にとどまり続けよう

世の中を見ていると、熟達の軌道を登り続けられる人と、水平飛行のつもりで徐々に落ちていく人がいます。
維持のつもりが、知らず知らずのうちに、安直な仕事スタイルに流れる。力というものは、磨くか錆びるかのどちらかだ、と心得なければなりません。

そんな話を書きます。

私は、自分の登壇(講演・講義・ファシリ)仕事に3つのステージがあると思っています。

  • ステージ1
どこでも同じことを同じスタイルで話します。
この方法では、伝える言葉はだんだん手練れて行きます。話者が費やす準備時間は少なくて済むのですが、一人一人の栄養の吸収(学習)効率が悪く、参加者の時間損失はそこそこあります。

  • ステージ2
個別に合わせた一品料理を作ります。
それには参加者のプロファイルや職場環境の情報が必要になります。取れないこともあるのですが、出来るかぎり、一次情報を取りに行くように努めています。
参加者の方の時間投資効率は高まります。作り手(石井)の時間は相当にかかります。事務局さんにも手間がかかります。

  • ステージ3
大量に案件に対応していくと、世の中の個別案件の集合の中にパターンが見えてきます。同じような願いや挑戦をもとにした依頼であれば、推し量り内容を提案できることもあります。それがぴたりと当たっていればステージ3です。
事務局さんも話者も準備時間が短く、聞き手の皆さんも得るものが大きい、というケースです。
ただし、注意が必要です。慢心は見極めを鈍くさせ、行き過ぎればステージ1に突入します。
(たぶん、3つのステージは円形につながっています。)


ワークショップを作り中.jpg

年に50回ぐらい登壇(講演、講義、ワークショップ)をしていくとレベル3で行けるような感触の依頼も増えます。
しかし、自分がそれをできる段階にいるのか、はたまた慢心かは、本人は気づきにくいということも知っています。

そう自戒し、手間をかけることを厭わずに、ステージ2にとどまり続けようとしています。
(事務局さんにお手間をおかけてしまうことは心苦しいところです。石井の身勝手といわばいえます。)


道の初めに立った日のような心で、目に見えにくいものも真正面からとらえてゆく。

そういう仕事を、今日も、明日も、明後日も。

posted by 石井力重 at 15:40 | アイデアプラント 4th(2015-2017)



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(76)
ideaplant 作品(28)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(87)
知であそぼう(5)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 6th(2021-2023)(4)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(167)
アイデアプラント 5th(2018-2020)(93)
オンライン・ワークショップ&研修(41)
執筆作業と拙著(2)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(406)
アイデア・スイッチ(39)
アイデアの技法(227)
メソッド&ハウツー(194)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(134)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(17)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(444)
仙台(5)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(12)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(43)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(17)
311special(7)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)
『すごいブレスト』2020年(7)
過去ログ
2021年11月(7)
2021年10月(2)
2021年09月(1)
2021年08月(2)
2021年07月(5)
2021年06月(1)
2021年05月(3)
2021年04月(3)
2021年03月(6)
2021年02月(7)
2021年01月(13)
2020年12月(10)
2020年11月(9)
2020年10月(3)
2020年09月(9)
2020年08月(8)
2020年07月(4)
2020年06月(20)
2020年05月(9)
2020年04月(10)
2020年03月(9)
2020年02月(4)
2020年01月(6)
2019年12月(2)
2019年11月(2)
2019年10月(1)
2019年09月(1)
2019年08月(5)
2019年07月(1)
2019年06月(5)
2019年05月(3)
2019年04月(10)
2019年03月(6)
2019年02月(2)
2019年01月(8)
2018年12月(4)
2018年11月(3)
2018年10月(9)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年07月(8)
2018年06月(12)
2018年05月(11)
2018年04月(7)
2018年03月(8)
2018年02月(6)
2018年01月(2)
2017年12月(6)
2017年11月(12)
2017年10月(3)
2017年09月(3)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(5)
2017年05月(8)
2017年04月(5)
2017年03月(8)
2017年02月(6)
2017年01月(6)
2016年12月(10)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(5)
2016年07月(6)
2016年06月(9)
2016年05月(11)
2016年04月(10)
2016年03月(12)
2016年02月(15)
2016年01月(32)
2015年12月(41)
2015年11月(28)
2015年10月(11)
2015年09月(5)
2015年08月(10)
2015年07月(6)
2015年06月(6)
2015年05月(7)
2015年04月(19)
2015年03月(4)
2015年02月(7)
2015年01月(6)
2014年12月(6)
2014年11月(9)
2014年10月(12)
2014年09月(11)
2014年08月(11)
2014年07月(14)
2014年06月(2)
2014年05月(8)
2014年04月(6)
2014年03月(10)
2014年02月(2)
2014年01月(5)
2013年12月(7)
2013年11月(6)
2013年10月(8)
2013年09月(10)
2013年08月(11)

Powered by さくらのブログ