2015年11月07日

【スライド】Engadgetさんのイベントでのアイデアソン部分(11月7日、秋葉原)

11月7日、秋葉原で行われるハッカソンで、石井が担当するアイデア出し部分のスライドを掲載します。


今回は前後の流れがかなり特色があります。
なので、それに対してフルチューンしたワークプロセスになっています。

楽しく、いろんなアイデアが出て、チームの中に創造的な呼応が生まれていき、ハッカソンの二週間へ幸先の良いスタートが切れる。--そんなアイデアソンになるよう、今回も心を込めて全力でファシリテーションをします。

追記:

抜粋版のHandoutも掲載しておきます。雰囲気は何となくこれだけでも。



posted by 石井力重 at 00:16 | アイデアプラント 4th(2015-2017)

2015年11月06日

次の夏の集中講義の日程を思案しています。

闇の中を新幹線が時速200キロ超の速度で移動しています。金曜日の夜、指定席・満席のアナウンスが流れます。経費がかさみますが、坐骨の痛い私は基本的にグリーン車に乗っています。とても静かに夜の中を滑っていく空間。仕事場としては最適です。

私は仕事において行動を決めていく際に迷ったら、「提供価値の最大化」を指針にし、最適解を模索しています。
そんな意思決定までの思考展開を、今日は書いてみます。

新幹線が走り始めてからずっと、非常勤講師を拝命している早稲田大学の書類とにらめっこをしていました。

来年の夏季集中講義の日程を記して送り返すように、という趣旨の書類です。
思案しているのは、授業の時間割です。

朝1のコマは9:00からなのですが、朝1コマの講義の時は学生さんが疲れ気味です。キャンパスが結構遠いですから。しかし朝1のコマを使わずに講義日程を組むと、必要な15コマが4日間の滞在では提供できません。5日間の滞在が必要になってしまいます。

しかし、年間で学校系の仕事を引き受けるのは10日間まで、と決めていますが、現状は、早稲田大学の非常勤と県岐阜商のスーパー・ハイスクールで、4+8=12日間、先生をしています。今ですらオーバーしています。

その指針に照らして考えてみるならば、ここは、やはり、4日間、とするべきでしょう。

では、そうと決めたら今度は、朝1のコマをやるという前提で、何か授業上の工夫をしてみようと思います。
実験的に新しいやり方を考え、試してみるのは、好きですから。

年間で枠を設けているのには理由があります。学校の先生業をたくさん引き受けることは、短期的にならばできてしまうのですが、長期的には、適切な収益性の面で問題が出て、事業継続性を危うくします。

危くなる前に指標を作り、それを航路図とする。それが経営です。事業という手法を通じて、多くの人に価値提供をすることを長く続けること。それを思い出して、ここは、心を決めました。


関係する余談です。

公的な機関などから、ボランティアベースの案件の依頼が来た時に、事業安定性に影響しない範囲でやるという判断指標(=年間枠)をすでに超えている場合は、お断りしています。最近は、心苦しいことに、一年前に枠が埋まってしまうので当年の依頼はほぼお断りする形になってしまっています。

ただ、回答するまでには、毎回、こうした熟慮と意思決定を行っています。

人を愛し、社会を愛し、出来る限り多くの価値を世の中に提供する。
未来を今よりもっともっと明るいものにしたい。

そう強く思えばこそ、経営者としての面も要ります。

“志した道を長く行こうとするならば、時には冷たい人と思わることも甘受せよ。”
創業した時から、そう覚悟をしています。

posted by 石井力重 at 19:13 | アイデアプラント 4th(2015-2017)

2015年11月05日

紙資源vs認知資源、犠牲にすべきは。

今日は気持ちのいい晩秋の陽射しでした。足元の落ち葉かさこそ秋晴れの道。

どこにいようと毎日、仕事は昼も夜も追いかけてくるわけですが、今夜はマーカー片手に、17ページの対談原稿をチェックする作業をしています。

私は、この一年ぐらいで、チェック原稿を画面で見るのをやめ可能な限り紙に印刷してチェックするスタイルに変えました。

プリントアウトは、大事な資源が短時間で無駄になるので、とにかく避ける方針でした。いまでも、紙でもらわずに、データでもらえる方が、旅の道中の荷物にならず、紛失リスクも低いので、歓迎ではあります。

が、しかし、長いワード文章につづられた原稿や、細かい文字のびっしり入ったエクセルとなると話は別です。一度紙に打ち出し、精読します。

どうも紙で読む方が、誤字や変な文章構造に気が付く「違和感センサー」がよく働くようです。また、行間を読む、という静かな心理状態も稼働させやすいようです。
その結果、原稿チェックのクオリティが高くなります。

紙面を見ているときは、画面を見ている時よりも、認知資源(※1)がだいぶ節約できるようである。・・・と自分自身の経験から気が付きました。

もしかしたら、そういう切り口のまじめな研究はすでにあるかもしれません。ここに記したことは、この時点では、N=1(私石井)の事例によるものであり、一般化できるかどうかは何とも言えない、というのが正しいスタンスです。


紙のほうが、文章という記号列を概念へ投影する力が強いのはなぜか、は、よくわかりません。(思い浮かぶ仮説はいくつかありますが。)

自分自身にだけ適応できるテクニックを持つことは、人生を豊かにすることだ。--と、私は思いますので、ちょっとブログにしたためてみました。

ちなみに、援用的なことをもう一つ。

自分がしたデザインを紙に出力して、3メートルぐらい離れた場所から見てみると、デザインの印象がよくわかります。

これもやっぱり、紙、なんですよね。PC画面上で縮小してみる、ということも似た感じのことではありますが、どこか違うみたいで、印象センサーがよく働くのは「紙に出力、3メートル向うに立ってみる」方式なんです。


※1: 認知資源、という言葉は、認知心理学などで使う言葉です。我々の認知処理の量には上限があり、いろんな機能を稼働させていれば当然目の前のタスクに振り分けられる認知処理能力は少なくなります。認知処理の有限量であることを色濃くとらえ、認知資源という表現がなされています。

posted by 石井力重 at 23:48 | アイデアプラント 4th(2015-2017)

2015年11月02日

アイデアソンのファシリテータ講座、第9期の募集(12月19日&20日 @千代田区)

昨日までの暖かい秋の日々とは打って変わって、寒い雨です。小さくたためるダウンジャケットがこれからの旅仕事では、重宝します。

さて本題です。アイデアソンのファシリテータを育てる講座を、12月の下旬に、東京・千代田区で開催します。


 〜 記 〜

日時:2015年12月19日(土) 10:00〜19:00
             20日(日)10:00〜16:30

場所:ちよだプラットフォームスクエア
    東京都千代田区神田錦町3-21



内容は、5分交代のペアブレスト(Speedstorming)を中心軸に据えて場の創造力を引き出しアイデア創出を行うワークショップの進行の仕方、オリジナル化やアレンジのきかせ方です。

基礎の型はあります。ただ私は、本質的にクリエイティブ・メソッドというのは使い手にそって原木に接ぎ木をし新しい姿になっていくべきものだ、と思っています。

そういう「学んだ人が、オリジナルのやり方へと発展させていく」ことを前提思想としてもって、型を提供します。

ご興味あれば、ご検討ください。(募集人数は13名、先着順です。)


余談:

この講座、Creative Methodsのエキスパートが集まって作ったNPO法人iCONの活動の一つとして3か月ごとに行っています。開催ごとに季節も巡り、春・夏・秋・冬、の今回は、冬回。

妄想の話ですが、いつも開催は東京のところ、冬は、沖縄で、夏は北海道で実施出来たらいいなぁと、思っております。

創造性の促進要因には環境ファクターもあります。NPO法人なので、贅沢な研修環境は排し、従来は窓もない殺風景な貸し会議室で実施していますが、LCCや閑散期のホテル会議室などを使えば、従来の経費と同じ経費で、遠方実施できるならば、そういう回も試してみる価値があるでしょう。

また、この講座を第10回目までは、内容を変えずに実施したいと思いますが、それ以降は、別の形も考えてみたいともいます。

たとえば、スタンダードな今のコースの一つ上のエキスパート向けのもの。多様なアイデア発想技法と、ブレインストーミング・セッションのいろんなパターンのデザイン方法などを実施する、など。

さらに、エキスパート編×沖縄開催、のような合わせ技ができるなら、海辺で、野外のありもので、アイデア発想やダーティー・プロトタイピングを実践する「アイデアキャンプ」みたいなのも、石井の中の空想としては、絵があります。経費をかけずに、新しい可能性に光を当てていく。そんな実験と実践の場として。


posted by 石井力重 at 16:10 | アイデアプラント 4th(2015-2017)



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(67)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(86)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(167)
アイデアプラント 5th(2018-2020)(16)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(373)
アイデア・スイッチ(39)
アイデアの技法(224)
メソッド&ハウツー(191)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(124)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(14)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(4)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(13)
311special(6)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)
過去ログ
2018年07月(8)
2018年06月(12)
2018年05月(11)
2018年04月(7)
2018年03月(8)
2018年02月(6)
2018年01月(2)
2017年12月(6)
2017年11月(12)
2017年10月(3)
2017年09月(3)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(5)
2017年05月(8)
2017年04月(5)
2017年03月(8)
2017年02月(6)
2017年01月(6)
2016年12月(10)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(5)
2016年07月(6)
2016年06月(9)
2016年05月(11)
2016年04月(10)
2016年03月(12)
2016年02月(15)
2016年01月(32)
2015年12月(41)
2015年11月(28)
2015年10月(11)
2015年09月(5)
2015年08月(10)
2015年07月(6)
2015年06月(6)
2015年05月(7)
2015年04月(19)
2015年03月(4)
2015年02月(7)
2015年01月(6)
2014年12月(6)
2014年11月(9)
2014年10月(12)
2014年09月(11)
2014年08月(11)
2014年07月(14)
2014年06月(2)
2014年05月(8)
2014年04月(6)
2014年03月(10)
2014年02月(2)
2014年01月(5)
2013年12月(7)
2013年11月(6)
2013年10月(8)
2013年09月(10)
2013年08月(11)
2013年07月(17)
2013年06月(7)
2013年05月(11)
2013年04月(11)
2013年03月(6)
2013年02月(13)
2013年01月(11)
2012年12月(34)
2012年11月(13)
2012年10月(8)
2012年09月(12)
2012年08月(13)
2012年07月(40)
2012年06月(27)
2012年05月(23)
2012年04月(15)
2012年03月(17)
2012年02月(23)
2012年01月(10)
2011年12月(20)
2011年11月(32)
2011年10月(18)
2011年09月(22)
2011年08月(24)
2011年07月(32)
2011年06月(20)
2011年05月(7)
2011年04月(34)
2011年03月(74)
2011年02月(36)
2011年01月(36)
2010年12月(50)
2010年11月(47)
2010年10月(57)
2010年09月(36)
2010年08月(42)
2010年07月(39)
2010年06月(64)
2010年05月(74)
2010年04月(78)

Powered by さくらのブログ