2015年12月15日

今日は、どんな「生まれて初めて遭遇した出来事」があるだろう

大阪から城崎方面に向かう特急でしばらく北上した、兵庫県のとある場所に今日から滞在しています。今年最後の旅仕事ものっけから、面白いことが起こりました。

旅の始まりの「宮城〜兵庫」の移動に対して、今朝は飛行機を予約していました。
プラスのチャージを払ってしかも1C席。

フライトの90分前に自宅を車で出ました。
いつもは30〜35分で仙台空港に着きます。
が、今日は、空港への一本道で道路工事が行われていて、なんと60分。

ピーチのチェックインはオンラインではできず、チェックインのマシンが閉まるのはフライト30分前。

カウンターのある2Fに到着したのは、30分前をわずかに3分過ぎたところですが、すでにアウト。
私のほかにも、大量の人が同じ目にあったようで、カウンターをあけてくれと(ピーチに関係ない空港スタッフに)食い下がっている集団もいたりして、数分、そこで私も逡巡。

ただ、ダメだった時の移動は、プランBとして空港への道路で考えていたので、すぐに切り替えました。
仙台駅へ、その足で。
勝手知ったる新幹線移動であれば、目的地までの行動は一瞬で立案。

さて、自分を観察していて、次のようなことを思いました。

「ああ、人生で初めて、飛行機に乗り損ねたなぁ。」
 ↓
(ヘルシンキや台北からの帰りで、カウンターが長蛇の列になっていてもぎりぎりの所で乗れて、これまで一度も国際便を逃さないで入れたことは、当たり前じゃなく単に運がよかったのだ。あと30分余裕をみなくてはいけない。だいたいアクシデントがいつもおこるのだから。)

「ああ、ダブル(飛行機代+新幹線代)のコストだなぁ。」
 ↓
(フライトは変更ができるオプション付きを買おう。割高ではあるけれどもそれでよい。こういう事態に対応できるし、変則的に旅程が変わる私の仕事スタイルにあっている。今回、このフライトを抑えた後に出てきた東京の用事に対応できなかった。)

「ああ、飛行場往復の時間コストも無駄に消えた。」
 ↓
(下手な時間節約の考えで大きな時間が無駄になる。新幹線に比べて2時間の短縮になるはずが、結局、新幹線+余計な2時間が発生した。あるいは、自宅のそばにできた地下鉄+JRでいくと、短縮幅は1.5時間に下がるが、こういう事態は回避できただろう。)

と、痛手から何かしらを学んでいました。

(本音の部分では「苦手な飛行機に乗らないですんだな・・・」というのもあります。かつて苦手だった飛行機を克服しつつあるのですが、圧倒的に新幹線のほうが性に合うみたいで、比較でいえば、やっぱり飛行機はちょっと苦手です。)

そんな、こんながあって、結局今日も列車の中から富士山を眺めつつ旅仕事がスタートしました。


ただ、それはそれでおいておくとして、今日、久々に「人生初の出来事に遭遇したなぁ!」と心から思ったのでした。

そして、「そんなことって、42歳の今、年に何回あるのだろう」とも思いました。

もちろん、「人生で初めて、姫路駅に降り立った」とか「サグラダファミリアをようやく見られた」といった、頭で考えて出てくる「はじめて」は、それなりにあるのですけれど、心がドキドキして、さらに「ああ、」なんて感嘆詞付きのセリフが、自然とわいてくることって、なかなかないよなぁと。

子どもを育てていて、彼女らがいろんなものに、日々「初めて見た!」「初めて食べた!」という反応を返してくるのは、親としてはうれしいような、1人の人間としてうらやましいような、それで、かつて子供だった僕は彼女らをもっと喜ばせてあげたいような、そんな気分になります。

でも、大人だって、これぐらいのドタバタをすれば、そんな言葉に力の宿るような瞬間があるんです。

そして、そういうことって、新しいことをして失敗するなかには、結構あるような気もします。
以前と同じやり方で手堅くいくと、出会えない何かが。


今日は、無駄をしましたが、すこし良いことを知りました。

無駄をしないように人生を来てしまうことが、人生をもっとも無駄にしているのかもしれません。(とっても私見です。)
posted by 石井力重 at 17:46 | 日記、価値観、仙台オススメ

2015年12月14日

文献の山の中の生活もあと12時間。今年最後の旅仕事へ。(+余談を2つほど)

文献を積み上げて、新しいタイプのワーク開発に没頭していました。
いま、休憩で、これを書いています。

coffee_books_and_thinkpad.jpg
非常勤講師先の大学からの書類、モックアップ作成用素材、PC、書籍(少し、かたしました)。
壁には、外国のフェリーの荷札とか、デザインサンプルやら。

取り組んでいたことは、なんとか結像し始めました。

この期間、大量の新製品アイデアも沸いて出ていて、ベッドサイドにおいていた大判ポストイットに書き記した開発ネタもずいぶん増えました。

ですが休憩時間を、時間を決めてとらないでいると、机の前にひとたび座ったら14時間ぐらいがたっていることなども、よくありました。

願わくばここからあと二週間ぐらいは、仙台で開発フェーズに入りたいところですが、明日から、近畿・関東・東海をめぐる旅仕事が始まります。

明日のフライトに遅刻はできないので、今日は過剰に没頭しないように休憩時間を決めて、その時間は別のこと(いまは、ブログを綴ること)をして過ごしています。


時間まで、余談をもう少し書きます。


余談その1

体験から気づいた、情報摂取姿勢の変化(SNSのBefore,after)

FacebookとTwitterへの直接書き込みと閲覧を極限まで減らす、ということを今年の第4・四半期からはじめてみました。
そうすると、表明してみたいアイデアが(Creative ideaも、ただの考え、という意味のアイデアも)どんどんたまります。

たまっていくものは、創造の内圧をあげることにつながるみたいです。
ある種の人には、閃きのアウトプット欲求、とでも言うものがありますから。

その対概念でいえば、インプット欲求も、そういう人にはあります。
SNSのストリームを流れてくる情報は格好の流入源であり、大量に読み込むことを数年してきました。
ただ出典のない浮草みたいな情報は保留的な位置づけにせざるおえず、記憶の保留の意識が働き、頭が疲れるみたいでした。

この四半期は、それらを遠ざけました。
するとインプット欲求がやっぱり根底にありまして、読書量が多くなりました。
辞書でつぶさに言葉の意味を知り直す、という行為もかなり増えました。

(とはいえ、SNSは、これはこれでいいものですので、スポット的には運用して行こうと思います。)


余談その2

献本いただいた本の紹介


旅仕事をしていると、不思議と、いや旅しているので必然的に、行く先々で人に出会います。
2015年3月に、札幌から沖縄までを1か月かけて旅仕事でめぐることをしました。
その時に、那覇で夕飯を取った時に、隣にいた方と話してみたら、世界一周を終えて沖縄で仕事をされているという方でした。
面白い体験をたくさんおもちでした。
これから世界一周に出ようとしている旅志向の人には面白いでしょうね、と話していました。
そのブログを本にされたということで、一冊頂きました。
じっくり読み切ってレビューとともに紹介しようとおもいましたが、明日発売なのでタイミングが大事だろうということでここで紹介しておきます。

私のブログを読んでくださっている奇特な方は、だいたい大手企業のイノベーションをめぐるあれこれに取り組んでいる方で、この本の読み手とは違うだろう、とは思いますが、余談として載せておきます。

今となっては私はバックパッカーを卒業していますが、大学時代は、旅行研究会、というサークルで、イタリア20日間(移動と宿泊と食べると見る、全部で20万円)のひたすらお金を抑えて世界を見に行く、ということをしました。

列車ごと船にのってわたるある島への航路では客室に放置していたリュックのカギを壊されて開けられてしまったり、夜に歩いたら危険という通りを友人と遺言を伝えあいながら身構えて歩いたこともあります。

今はだいぶ環境が変わったかもしれませんが、若者がバックパッカーで世界を旅している中で目に映る風景を、この本の中に垣間見ることができます。

外国で冒険・挑戦する女性たちに共通した、ユーモアと気丈さと楽天観。

この著者のケイシーさんにしても、ずっと前に脳波デバイス関連のシリコンバレーのベンチャーで出会った日本人女性も、フィンランドにいる友人にも、そういう人たちが紡ぎだす文章というのは面白いです。


おっと、時間です。
休憩時間がおわり、旅の前の最後の没頭タイムへ。
posted by 石井力重 at 17:23 | アイデアプラント 4th(2015-2017)

2015年12月13日

問題と課題について(ver.石井)_”困った事柄””解くべき事柄”

問題と課題の違いは何か?と問われました。
1か月にわたる長考の末、至った結論は

  • 問題とは「困った事柄」
  • 課題とは「解くべき事柄」

でした。

石井の前置き)

問題と課題は共に「お題」という概念を含みますので、お題的な事柄を指す場合は、どちらも使えます。
1つの議論において両方の言葉を使いわける場合には、差異を把握し、ある概念をどちらで表現するかを判定できる物差しが必要です。

WEB上で検索してみると、世の中には「問題・課題の使い方」の定義がたくさんあります。
良いものもたくさんあります。際立った言葉で表現されているものほど、独自のテイストを感じました。

借りて使うことも可能でしたが、自分でも再認識して、納得の上で、定義をしたいと思い、ゼロベースで取り組みました。
なお、私が至った結論もまた、「新しい、誰かさんの我流の定義」の一つに過ぎないとおもいます。
願わくば、他の人から「実践で使いやすい」と評される側に入っていてほしい、と願いつつ、公表してみます。


さて最初は、大辞泉。

困った_解くべき_ページ_1.jpg

共通部分も多いですが、差異として際立たせてみると、見えてくるものがあります。

次は、WISDOM英和辞典。(正確にはWindowsアプリのWISDOMです。英和・和英の両方が融合したものです。)

困った_解くべき_ページ_2.jpg

英語で見ると言葉の違いがよくわかるケースがあります。
見てみると、先に出てくる4つは同じです。
(※見やすいように順番は入れ替えています。今回は、差異を明確にしたいがゆえにこうしています。しかし、辞書の順は字義を知るうえで大事なところでもあります。援用される場合はぜひ一度、ご自身の辞書を引いてみてください。)

ラーナーズ・コーパスの部分も興味深かったので、併せて引用。

これら日・英の言葉をベン図(Venn diagram)にしてみます。

困った_解くべき_ページ_3.jpg
題(:=回答を求めて出す質問)という共通部分はあります。

つぎに、異なる部分を入れてみますと、

困った_解くべき_ページ_4.jpg

こんな風になります。

一言で言うと、「問題=困った事柄」、「課題=解くべき事柄」になると考えました。
posted by 石井力重 at 13:21 | アイデアプラント 4th(2015-2017)

2015年12月11日

問題→解決の間

積み上げた文献と辞書の山の谷間にあるノートPCから、これを書いています。
この数日は、毎日8時間ぐらい、本、辞書、ペン、紙、コーヒー、だけの静寂の部屋で過ごしています。

ある文献で、シンプルながらに的を射ていて、心に残るものがありました。

「問題」
〔洞察〕
『解決策』

世の中には、この〔洞察〕の部分がない問題解決アクションがひしめいています。
いわば、即物的な解決法です。

例えば、こういうスタイルのものです。

「熱が出た」→『冷水をぶっかけよう』

「歪んだ」→『でっぱりを切り落とそう』

洞察、というステップをとるなら、

「熱が出た」→〔ウイルスかもしれない〕→(検査をしてそうだとなれば)→『薬を投与しよう』

「歪んだ」→〔土台の強度不足かもしれない〕→(検査をしてそうだとなれば)→『土台補強をしよう』(一度解体するか、ジャッキアップで行うかのいずれにしても)

と、なるでしょう。


<<大辞泉より引用>>
洞察:
物事を観察して、その本質や、奥底にあるものを見抜くこと。見通すこと。


別の文献で、ぐうの音も出ない、良い言葉がありました。

「われわれが課した制約によって解決不可能になる問題が確かに存在する」

これは、実にあることです。

心の中に巣くう心理的惰性が勢力をふるうことをゆるしている時、自己都合による制約条件を課して、問題解決にあたっています。真の制約条件ではなく。

それで、「解けないな・・・」と悩み、それ以上一歩も先に進まない。そういうことが、本当によくあります。



ミニ・コラム「心理的惰性について」

人には心理的惰性があります。
TRIZなどによく出てくる創造的心理をめぐる表現の一つです。

本格的な創造的取り組みは、大抵、問題をじっくり吟味するフェーズがあります。
目の前の”それ”の解決の前に、根底にあるものを見定める、という作業です。
心理上、「それは面倒なことをすることになるので、嫌だ」という反応が起きます。
「ちゃっちゃと、目の前の問題だけを解消したい」という気持ちがおこってきます。

木箱の中に、分解したら取り出せる大きなおもちゃがあり、それを強引に狭い穴から引っ張り出そうと、ガチャガチャやっているみたいなものです。出てこないので力任せに引っ張る式アプローチ。特に、眠い時、疲れている時、面倒な時、人はこういう荒っぽいことをします。

(石井風に説明しました。正式な表現はTRIZの教科書的文献を。 『TRIZ 実践と効用(1) 創造的技術革新』)



さて、・・・



と書きかけてやめました。

今、読み込んでいる文献群は、異種の領域(ビジネス、テクノロジー)のものです。
ここに書いたものは、まだ概念の整合性を見ていない段階の「断片的な知識」と感想メモです。

使い込み、本質を得て、技法に昇華させられた暁には、この先の話をもう少し書きます。

posted by 石井力重 at 16:39 | アイデアプラント 4th(2015-2017)

2015年12月10日

仕事中にふと、描いたもの

仕事のための文献を没頭して読み込んでいると「アイデア創出期」のようなものが、やってきます。

そうすると、思い浮かぶものが邪魔して読みにくいので、二度ぐらい頭をよぎったら書き出して追い出して、文献の読み進めに戻ります。

だいたいは、後で読めもしないミミズみたいな文字ですが、たまにはこういう感じにアイデアスケッチ風のものも書きます。

ideamemo_sharin-tsue.jpg
アイデアメモ。「車輪杖」

  • ベビーカーのような軽量高強度の材質。
  • ダブルホイールの車輪が前後に。
  • 松葉杖のように脇と手のひらでホールド。
  • 自転車のように全体重を、とはせずに、体重の3割〜5割を預けるもの。

  • 体重を支えることに使う筋力を軽減して、前に進むことに従来よりも多くの筋力を使える、というコンセプト。

  • 乗っかれてしまうと、道交法上の「乗り物」になりそう。
  • なので、あえて、乗れない。
  • 器用な人だと、月面を歩くように、ひとけりで2メートルぐらいは進むかもしれない。

そんなアイデアメモを書きました。

こういうものが日々沸いてきては意識の奥に沈み込み、それがまたどこかのワークショップの際にあがってきて、何らかのコメントの材料になっていきます。

posted by 石井力重 at 17:38 | アイデアプラント 4th(2015-2017)

au未来研究所さんのページにも、ハッカソンの様子とアウトプットが。

一日の仕事を終えて、書斎を発つ前に、モバイルWifiでネット環境に入りました。
(書庫書斎には静寂と、ということで、常設Wifiは入れないのです。)

先の記事に加えて、追加で報告を。

au未来研究所 WEBサイトにも、イベントの様子が公開されました。

レポート

プロトタイプ

エンガジェットさんのレポートとはまた違ったテイストで場と産物を知ることができます。
(ページを下がっていくと、写真が浮かび上がる効果も素敵。)

多様なことが展開する現場を切り取り、報じる「表現」の事例としても、ぜひご覧になってみてください。
posted by 石井力重 at 17:28 | アイデアプラント 4th(2015-2017)

【Engadget日本版】ハッカソンの様子と作品が公開されました(Idea to Prototype の実例)

銀色の空を見上げて、遅れていた冬がすっかり来たなぁと思いつつ、机に向かっています。

ある冬、北極圏に1週間ほど滞在したことがありますが、夜に閉ざされた世界を体験してからは、冬の日差しがとてもありがたいものだと感じるようになりました。

それはさておき、本題です。


先月行われたau未来研究所のハッカソン。

このプロジェクトを一言で称するならば、本格的な”Idea to Working Prototype”のイベント。
アウトプット(=稼働するプロダクトの創出)に重きを置いているのがこのハッカソンの特徴です。

その様子が、エンガジェットさんのサイトで公開されました。



いい文章と構成です。
読んで楽しいレポートであり、かつ、抑えの効いたテイストの読ませる長文記事です。
三度読み返し、感服していました。



余談:

このイベントの主催者さんとやりとりして、そこでも感心したことがあります。

2週間のために、外から見えない膨大な精力的努力を運営側はしています。

  • 参加者募集と選考もかなり心砕いておこなわれています。
  • DAY1とDAY2の間の二週間、エンジニアサイドからのサポートや事務局の見守りや合の手などもかなりなされています。
  • そしてそのあとも具現化に向け綿密な運営サイドの活動がなされています。

ここまで詰めるのか、そしてそこまで時間をかけて準備しているのか、というのが、素直な感想でした。
どういう結果に辿り着くのであれ、それが、その時点で出せる最高のパフォーマンスだろうなぁと、思いました。

hach-a-thon.jpg
写真はDAY1のもの。
右の男性は、エンガジェットのTさん。
動いて、スマホ打って、話して、目は何かを確認して。怒涛の仕事量。
posted by 石井力重 at 14:56 | アイデアプラント 4th(2015-2017)



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(60)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(84)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(154)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(353)
アイデア・スイッチ(38)
アイデアの技法(217)
メソッド&ハウツー(189)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(119)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(13)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(3)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(12)
311special(5)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)