2016年01月08日

アイスブレイクで出る馬鹿げたアイデアは問題にアプローチする際に想像的な要素となりえる

ブレストをする前に、短時間でばかげた意見をたくさん出すようなワークをすることがあります。アイスブレイク、と呼んでファシリテータが独自に考案したものだったりします。


それを解釈するうえで、よいくだりが、文献の中にあります。引用します。


「ばかげた」要因に打ち勝つこと


ほとんどのウォームアップ練習は正直なところ「ばかげて」いる。それらは、目的に適った方向に向かうようにデザインされているので、主題は一般的なものであって、威嚇するようなものは含まれていない。(当然のことながら)提唱されているアイデアの多くは、常識に反しているか、実用的ではないように思えるだろう。

ところが、集団が現実に「重要な」問題にアプローチする際には、それらは想像的な心的アイデアセットと成り得る。

それゆえ、「ばかげた」要因について実施することを思いとどまる必要はない。もしあなたが抵抗を感じるなら、ウォームアップ練習の原理を説明し、4分間だけ必要と告げなさい。あなたに必要なのはそれだけである。



そんなことがつづられています。


余談:

なお、アイデア発想法の中には、ヒエログリフを用いるかなり直感的でクリエイティブジャンプの量が大きい手法があります。

「それはアイスブレイクとして使うことも可能ですか?」と鋭い質問をもらうことがありました。
私は ” はい。十分にそれに入るだけの知的柔軟性があれば、それをアイスブレイクにするのもいいでしょう。”と答えました。

でかすぎるメソッドを、アイスブレイクに使うと、その学習自体が重くて、なかなか場が開けない、という懸念点はあります。

相手によって使えるメソッドが変わる。それを踏まえたうえで、選定したならば、それはアイスブレイクとしてつかうのは良いことでしょう。

posted by 石井力重 at 11:25 | アイデアの技法

笑いと探索、共同作業

クリエイティブ・セッションの前にウォームアップ活動をする。
そうすることで、心をしなやかにし、セッションをジャンプスタートさせることができます。

そういう場面で気にすべきことを、CPSという創造技法のひとつの体系の中の教科書的本から、興味深い部分を引用します。

ウォームアップ活動が集団を支援する


● ツールとテクニックを練習しなさい

● 発散的思考の根底ルールを学び、復習しなさい

協同作業することで、気持ちよくなりなさい。

笑いと探索を奨励するような雰囲気を作りなさい。

出典:『創造的リーダーシップ』

後半2つ、特に最後は興味深い指摘だと私は思います。

笑いと探索を奨励する。
そういう雰囲気を作るのだ(ファシリテータが。)

協同作業をする。
それを通じて、気持ちよい状態になることをする。

そういう配慮を自然としている人もいます。

アイデアソンのファシリテータ養成講座を、僭越ながら開いてきて100人以上の人がするファシリテーションの様子を拝見してきました。
プロセスに習熟することに最初は挑むわけで、ムード作りに対してはその次の段階でもいいとおもいますので、それでいい、と思っていますが、素の状態で、人々に、笑い、探索、共同作業、的なムードを醸成するのがうまい人もいて、そういう人は、初見のプロセスであってもファシリテーションの練習時に、いきなり高いパフォーマンスを発揮しています。

そのあとの申請※でも、その様子がうかがえます。
(※これまた僭越ながら、実施報告的な申請書を出してもらい、iCONとして認定をする、ということを行っています。)

アイデアソンの部分を設計するとき、アイスブレイクは毎回工夫していろんなものを投入すると思います、あるいは、アイデアソンでなくとも、なんらかのクリエイティブ・ワークショップとかでは、場のあたためをするでしょう。

その時によりどころとなる一つの指針として、これら「笑いと探索」「共同作業」という要素が役に立つでしょう。

自分のためのメモとして残しておきます。

posted by 石井力重 at 11:08 | アイデアの技法

2016年01月07日

「創造性をフレッシュに保つ方法」(CPS系の教科書的な文献より)

創造的問題解決(CPS)系の技法の教科書的な書籍にあたり調べものをしているときに、ふと目に留まりメモしたものを紹介します。



創造性をフレッシュに保つ方法

(出典:『創造的問題解決』P91〜)



1.アイデアを生成する積極的な方法を使う(〜ブレスト4ルール)
2.アイデアを生成する受身的な方法を使う(〜環境)
3.新しいアイデアを見るときはまずその長所を探す
4.決まりきった作業をいろいろ変えてみる
5.違ったものを読んだり聴いたりする
6.人のつながり
7.行動することを止める(〜瞑想)
8.失敗に対する姿勢を変える(〜学習の機会)

※箇条書きの後ろのかっこは、石井にて加筆したものです。
※ヘッドラインの言葉だけでは、本意が推測できないものにのみつけました。

P91から数ページにわたり、この本にその詳細が載っています。
それらのどれも示唆に満ちています。

創造技法の適用はなにもワークショップの中だけ、組織の中だけ、のことではありませんで、個々人の思考上、うまくいくための情報も多く含んでいます。

posted by 石井力重 at 18:28 | アイデアプラント 4th(2015-2017)

アイデア創出活動のステップ

アイデア創出に関する活動は多岐にわたります。
創造技法、アイデア発想法の文献も多くあり、活動は様々に表現されています。
それらを、大量に集め、切り刻み、纏め直して、ステップに組み直していくとどうなるか、というものを、博士課程で創造工学の研究をしていた時代に作りました。

企業さんでそれを紹介した時のものがあります。切り出して単体で成り立つようにしたものを、上記のスライドシェアにあげておきます。

アイデア創出活動の全貌.jpg

個別に思いつく活動をチームで上げてみれば、こんなあたりが思い浮かぶでしょう。

アイデアワークの地図(白地図).jpg
文献をあたり、流れをつけて、主要なものは六角マス、副的なものは丸マス(さらに小さい副的なものは小さい丸マス)で並べると、このようなステップになりました。
複ルートであり、状況によっては省かれていくものもあったりします。
なので、毎回このステップをフルパッケージでやる必要はないのですが、すべきことの辺縁全てを把握したうえで、必要なことをチョイスしていきたいという時に役立つでしょう。
また、スランプなどで、うまくいかない時に、自分たちが普段やっているワークプロセスでは、省いている部分がそろそろ必要になったのだ、ということを自ら気づくための手がかりにもなるでしょう。

具体的なステップを記したものを掲載しますと、こうなります。

アイデア創出活動のステップ(アイデアワークの地図).jpg

アイデアワークの地図。

私はこれを、そう呼んでいます。

優れたアイデアを生み出し、良い製品・作品を誕生させていくには、この俯瞰図だけでは、話は終わりませんで、各フェーズのハウツー(テクニック、メソッド、心理様式をうまいこと引き出して本来の能力を目いっぱい使うための技術)があります。

そういうものは、ブログの記事( アイデアの技術 カテゴリ )に、たくさんあります。(この時点で210記事)
ご興味があればご覧ください。



余談:

自前のものばかりを推奨するわけでもありませんで、世にあるアイデア発想法の記事、文献、先人の口伝なども、いいものがたくさんあります。

大量の文献を見て思うのは「アイデア発想法に間違いなし」といったところです。
あるのは「オーソドックスで万人にやりやすいもの」と「アバンギャルドな個性があって、似た境遇の人には鋭利な剣となるもの」という二種類。

どれにも尊重すべき何かがあります。

2016年01月06日

立ち止まりの中で新しいことを考えるのは早々に限界が来る

昔のメモが出てきてそんなことが書いてありました。

立ち止まりの中で新しいことを考えるのは早々に限界が来る_.jpg

生み出していく仕事においては、立ち止まって楽しようとすることは、必ずしも楽できる道ではありません。

行くほどに道半ば。
道を行き続けるからこそ、先に見えはじめる可能性が常にある。・・・のかもしれませんね。
posted by 石井力重 at 16:19 | 日記、価値観、仙台オススメ

2016年01月05日

「回復の行動を早く始めたほうがいい状況」に突入し始めると、合理的な判断をしにくくなる

今年のお正月は暖かくて、過ごしやすい三が日でした。
今日は、まだお正月の静寂の空気の残る中、かねてからため込んでいた作業を一気にやっていました。

さて、夜になってくると、書斎が寒くて、お腹も減ってきます。
多分、頭のパフォーマンスも落ちてきているはずです。
しかし、こういう「回復の行動を早く始めたほうがいい状況」に突入し始めると、合理的な判断をしにくくなることに気が付きます。自己観察をしていて。

早く動いた方がいいのに、ずるずると「今していることを続けてたい」的な気持ちが湧きあがってきます。

ということで、こういう時、まずは自分に休息が必要だ、と判断して、それに向かって、小さいことを1つだけ始めてしまいます。
あとは、動き始めさえすれば、意識が変わります。

私の場合は、休憩の際に、ブログを書くのですが、一人でいても誰かが読むかもしれない文章を書くことで、対話状況の脳の活動状態に切り替えるようで、リフレッシュできます。

〜余談です〜

こう書いてみて、気が付きました。

他の人といて、ずっとコミュニケーション環境にいる時、ときどきアイデアメモを書いて数十秒を過ごすことがあります。
これは思考状態をいちどニュートラルに戻すことを自然としているのだと思います。

あるいは、私は打ち合わせの終盤に、1分時間をもらって、考えをまとめて、発散的な各要素に流れをつけて話す、ということをすることがあります。
それも、同じ構造のことなのかもしれません。

posted by 石井力重 at 19:31 | 日記、価値観、仙台オススメ

2016年01月03日

動き出すのが嫌な時は、さらっと少しだけやる(休み明けの心の動かし方)

やりたくないという気持ちとやらなくちゃという気持ちがある場合、「よし!」と気合を入れると、心の中の「強い方」が強化される、という心理の構造があります。

「生理的に覚醒することにより優勢反応が強化される」

長く休めた休み明け、”仕事始め、いやだな”、と思ったならば、そういう時は、「頑張って気持ちをあげよう」とか思わずに、水のようにさらりと考えます。

とにかく鞄に財布とPCだけを入れてみる。駅まで行ってみる。
それぐらいで、まずは初めてみる。「少しだけの着手」がよいでしょう。

もちろん、リフレッシュして、「早く仕事をしてぇ!月曜日よ、早く来い!」という気持ちの人ならば、「俺はやるぞ、俺はやるぞ!」とシベリアンハスキーのように全力前進していいでしょう。

ちなみに:

大好きなことを仕事にして、天職に近い仕事をしているという感覚が、私にはありますが、たまに完全休暇を一日取ると「大量の情報を思い出すのが、面倒だな」と感じます。

膨大な知識を駆使して行う仕事でもあるので、それらをメモリに読みだしてくるのは面倒なようです。

そういう時には、「まずは、PCを立ち上げてみる」「立ち上げたら、ファイルを1つ開いてみる」「開いたらちょっと文字でも打ってみる」。

そんなことをして、正負の逆転状態の時にあまり力をかけないようにしています。

これを私は「とりあえず着手。あとは、その時考える」テクニックとよんでいます。

もちろん、正負のうち「やりたい」が大きくなったら、そこからは計画的にあれこれ考えて、動きます。

冷えたエンジンの暖機運転みたいなもの。心という複雑なメカニズムの機能特性に照らして言えば、人間にもそういうのが要りますよね。
posted by 石井力重 at 15:48 | アイデアプラント 4th(2015-2017)

2016年01月02日

2016年、抱負

あけましておめでとうございます。2016年の抱負を、動画で報告します。

多くの方とともに、たくさんものを生み出す一年になると思います。

本年もよろしくお願いします。


メイン3つ(6分間)、サブ3つ(更に3分間)です。
再生すると、声が流れます。

※直したつもりですが、髪があちこち、はねていますね。
※お正月に一人でいるので、ひげを生やしつつあります。
posted by 石井力重 at 19:37 | アイデアプラント 4th(2015-2017)



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(79)
ideaplant 作品(29)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(87)
知であそぼう(5)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 6th(2021-2023)(22)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(167)
アイデアプラント 5th(2018-2020)(93)
オンライン・ワークショップ&研修(43)
執筆作業と拙著(2)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(412)
アイデア・スイッチ(39)
アイデアの技法(229)
メソッド&ハウツー(194)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(134)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(18)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(447)
仙台(5)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(12)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(43)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(18)
311special(7)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)
『すごいブレスト』2020年(10)
長崎(1)
ことば(1)
過去ログ
2023年01月(7)
2022年12月(5)
2022年11月(4)
2022年10月(2)
2022年09月(2)
2022年08月(5)
2022年07月(2)
2022年06月(2)
2022年05月(1)
2022年04月(2)
2022年03月(2)
2022年02月(3)
2022年01月(3)
2021年12月(2)
2021年11月(7)
2021年10月(2)
2021年09月(1)
2021年08月(2)
2021年07月(5)
2021年06月(1)
2021年05月(3)
2021年04月(3)
2021年03月(6)
2021年02月(7)
2021年01月(13)
2020年12月(10)
2020年11月(9)
2020年10月(3)
2020年09月(9)
2020年08月(8)
2020年07月(4)
2020年06月(20)
2020年05月(9)
2020年04月(10)
2020年03月(9)
2020年02月(4)
2020年01月(6)
2019年12月(2)
2019年11月(2)
2019年10月(1)
2019年09月(1)
2019年08月(5)
2019年07月(1)
2019年06月(5)
2019年05月(3)
2019年04月(10)
2019年03月(6)
2019年02月(2)
2019年01月(8)
2018年12月(4)
2018年11月(3)
2018年10月(9)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年07月(8)
2018年06月(12)
2018年05月(11)
2018年04月(7)
2018年03月(8)
2018年02月(6)
2018年01月(2)
2017年12月(6)
2017年11月(12)
2017年10月(3)
2017年09月(3)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(5)
2017年05月(8)
2017年04月(5)
2017年03月(8)
2017年02月(6)
2017年01月(6)
2016年12月(10)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(5)
2016年07月(6)
2016年06月(9)
2016年05月(11)
2016年04月(10)
2016年03月(12)
2016年02月(15)
2016年01月(32)
2015年12月(41)
2015年11月(28)
2015年10月(11)
2015年09月(5)
2015年08月(10)
2015年07月(6)
2015年06月(6)
2015年05月(7)
2015年04月(19)
2015年03月(4)
2015年02月(7)
2015年01月(6)
2014年12月(6)
2014年11月(9)
2014年10月(12)

Powered by さくらのブログ