2006年07月24日

展示パネル作り。

7月24日。本日は、大型パネルの原稿作りをしていました。今週末に産学連携イベントがありそこで掲示するためのものです。A1パネルという大きさがどれくらいのものか、その大きさにどれくらいの枠割りで、どの程度の文字だったら読みやすいのか、作りながら確認してゆきます。この方法はかなり効率的でした。

A1ポスター

PCの上でA1のスライドを作っても見た目にはいつものA4スライドと変わらないので、初めにホワイトボードにA4の紙をならべて模擬的にA1を作ります。
A4→A3(A4*2)→A2(A4*4)→A1(A4*8)

今回気がついたのですが、ホワイトボードはA1の横長サイズが丁度2枚入る大きさです。なのであいているほうのスペースに、マジックでざっと原稿案を書きます。パネルを眺める人がぱっと見てわかるような大きな文字、構図。

それから、プロジェクターでスライドを擬似A1用紙に投影します。プロジェクターの照射エリアのサイズがA1用紙に一致するように調整します。

そして、マジックで書いた原稿の文字・構図を横目で見ながらスライドに反映していきます。PCで書いた文字は細かく作りこめるのですが、パネルにしたときには、ぱっとわかりやすい情報量にしないといけない、ということも直感的に理解できます。

作り手になってよくわかったのは『自分がもっともPRしたいことというのは、情報量が多くなる。その結果細かい文字でギッシリと文章を書いてしまう』ということです。

こうならないよう、自分に言い聞かせたいのは『一番伝えたい部分がもっとも(1)大きな文字、(2)少ない文字数、(3)印象付ける図形を背景にしているようにせよ』ということです。一番伝えたい部分をもっとも発信情報量を少なくする。そうすることで伝えたいことの本質が多くの人に伝わります。情報量を減らすのは発信者としては苦しいものですが、伝わらなければもともこもありません。

このときに、スライド投影しながら作ると人は驚くほど客観的になれます。「あ、このままじゃ読んでもらえないな」とすぐに気がつきます。

なお、今回はA3用紙*4枚を基本構造にしたスライドにしました。これであれば特殊な印刷(一枚数千円)をかけて専門業者に頼む必要がありません。A3ごとに出力して、スチール製のA1のポスターパネルに4枚を並べてセットすればOKです。業者に外注しなくてすむので、PC環境、作業時間コスト、修正への柔軟な対応ができるようになります。

続き



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(72)
ideaplant 作品(27)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(87)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(167)
アイデアプラント 5th(2018-2020)(48)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(393)
アイデア・スイッチ(39)
アイデアの技法(226)
メソッド&ハウツー(192)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(127)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(15)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(436)
仙台(4)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(12)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(15)
311special(6)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)
過去ログ
2020年01月(7)
2019年12月(2)
2019年11月(2)
2019年10月(1)
2019年09月(1)
2019年08月(5)
2019年07月(1)
2019年06月(5)
2019年05月(3)
2019年04月(10)
2019年03月(6)
2019年02月(2)
2019年01月(8)
2018年12月(4)
2018年11月(3)
2018年10月(9)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年07月(8)
2018年06月(12)
2018年05月(11)
2018年04月(7)
2018年03月(8)
2018年02月(6)
2018年01月(2)
2017年12月(6)
2017年11月(12)
2017年10月(3)
2017年09月(3)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(5)
2017年05月(8)
2017年04月(5)
2017年03月(8)
2017年02月(6)
2017年01月(6)
2016年12月(10)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(5)
2016年07月(6)
2016年06月(9)
2016年05月(11)
2016年04月(10)
2016年03月(12)
2016年02月(15)
2016年01月(32)
2015年12月(41)
2015年11月(28)
2015年10月(11)
2015年09月(5)
2015年08月(10)
2015年07月(6)
2015年06月(6)
2015年05月(7)
2015年04月(19)
2015年03月(4)
2015年02月(7)
2015年01月(6)
2014年12月(6)
2014年11月(9)
2014年10月(12)
2014年09月(11)
2014年08月(11)
2014年07月(14)
2014年06月(2)
2014年05月(8)
2014年04月(6)
2014年03月(10)
2014年02月(2)
2014年01月(5)
2013年12月(7)
2013年11月(6)
2013年10月(8)
2013年09月(10)
2013年08月(11)
2013年07月(17)
2013年06月(7)
2013年05月(11)
2013年04月(11)
2013年03月(6)
2013年02月(13)
2013年01月(11)
2012年12月(34)
2012年11月(13)
2012年10月(8)
2012年09月(12)
2012年08月(13)
2012年07月(40)
2012年06月(27)
2012年05月(23)
2012年04月(15)
2012年03月(17)
2012年02月(23)
2012年01月(10)
2011年12月(20)
2011年11月(32)
2011年10月(18)

Powered by さくらのブログ