2015年07月09日

ゴールが見えてきました。加藤昌治さんとの往復書簡。僕が今回投げたボールはデカイです。

『考具』の著者、加藤昌治さんとの、往復書簡、いよいよ、ゴール目前まで来ました。

第11回

今回は、直接体験、間接体験の発想に与える影響差について、加藤さん論と、石井論を、展開しています。

さて、ゴールが見えてきた今、次にパスするボールはデカイです。

こういう公開やりとりの中でしか、聞けない、もっとも僕が知りたいことを聞いています。

「この20年で発想法の本はずいぶん変わりました。シンプルになり、即効性のものになりました。洗練、といえば、大いに洗練された20年だったと思います。思考技法の表層化、といえば、もしかしたら、後年そう評価される20年だったのかもしれません。

この先20年で、社会から求められていくアイデア発想法の本は(あるいは、広くカテゴリーを切りなおして、創造技法の本は)、どのようなものになるんでしょうか。

この手の質問は、返しの第一声は「そりゃー、それが分かれば苦労しないよ」なんですが、その次に、洞察がつづられていきます。加藤さんの二言目を、ぜひ、教えてください。」

と。

さてさて、現代のビジネス界のアイデア発想法の著者として、もっとも本の売れている大御所、かとうさん。

かとうさんが、アイデア発想法の本の未来をどう、洞察的に見据えているのか、その答えは、どの読者さんよりも、石井自身が楽しみに待っております。

そして、返事の返ってくるときまでの間、『 じゃ、石井さんは?石井さんは、同じ質問に対峙した時、なんて答えるの? 』という質問は常に考えておかなくちゃ、とも思って、考えてみています。

この先、20年。世界が、もっともっと、ロボットとITとで、世界が様変わりしているでしょう。

知性の領域もある程度、ロボットによる効率化が図られて、人々はより、創造性の未踏の闇の奥のほうへ、その活動エリアを進めていくはずです。

そういう社会では、いったい、創造技法は、アイデア発想法の本は、どういう形になる? 折に触れて、考えてみています。




カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(60)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(84)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(154)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(354)
アイデア・スイッチ(38)
アイデアの技法(217)
メソッド&ハウツー(189)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(119)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(13)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(3)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(13)
311special(5)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)