2010年01月23日

ブレスト、ブレインライティング、フリップボード・ブレスト、そして『アイデアカード会議』

アイデア会議にも、様々あります。

スタンダードな「ブレインストーミング(BS)」。

好対照な「ブレインライティング(BW)」。

中間的な「フリップボードを用いたブレインストーミング(FBS)」。

これらは、アイデア会議の時間(仮に30分して)の使い方でみてみると、違いが良くわかります。

「ブレインストーミング」 
= 30分間、シンキングと発言とヒアリングは混在

「ブレインライティング」 
= 30分間、ほとんどシンキング

「フリップボードを用いたブレインストーミング」 
= 3分はシンキング。
  その後、4〜6分は発言とヒアリング。
  これの繰り返し。


「フリップボード・ブレインストーミング」は、「ゼブラ」のようなスタイルです。

「シンキング」を黒、「発言とヒアリング」を白、としたら、
タイムラインは、「黒・白・黒・白・黒…」です。

ちなみに、「ブレインストーミング」は、『グレー』(白黒が微細にいりまじって)。

「ブレインライティング」は『殆どの時間、黒』(シート交換時に、ほんの少しリーディングがあります。ヒアリングに近いので、白)。

これらを絵にしてみました。

brainstorming_3type_timeline_hikaku.jpg

発言は好まないけれど、優れたアイデアを持っている人材が多い組織(日本の知的な部門にはこの傾向が強い)では、
BSよりもFBSが、適しています。
さらにFBSよりもBWが適しています。


ですが、一方でBWには問題もあります。

一定の時間を予め確保する、という点です。

ライトにさっと、アイデアを出し合うことが求められている場では、BWは適しません。5分だけやってみる、というわけにきませんので。

FBSは幾分、”あり”ですが、やっぱり3回ぐらいはサイクルを回したいところ。

ブレストの3タイプを比較整理してみると、こうなります。


さて、ブレストの4つ目のタイプ、というのは大げさですが、4つ目を紹介します。

いろんな企画会議や開発部門でのアイデアワークにおいて見られているやり方を、整理・単純化してまとめてみました。名前がなかったので『アイデアカード会議』法とネーミングしてみました。

ここに紹介する方法は、「いまさら、そんなの、やっているよ」という企業さんも多くあります。ですのでネーミングは、固有性の高いものはつけず、”なんとなくみんながよんでいる名前”をととのええて”アイデアカード会議”とつけました。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 『アイデアカード会議』法

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

0)名刺サイズのメモカードを100枚用意します。
  (コレクトの情報カードがオススメ。
   筆者はC-212を使っています。ロディアっぽいんです。

1)ブレストと同じように、発想のテーマを課題持ち込み者が
  説明します。

2)3分間、各自のアイデアを、メモカードに書きます。
  できるだけ、ショートフレーズ。絵や単語だけもOK。
  1アイデア=1枚。
  大体、1枚〜5枚の範囲で各人が書けます。

3)司会者が合図して、書いたアイデアカードを左隣の人に
  回します。
  それをみて、発想の刺激を得て、
  また3分間、アイデアカードを書きます。

4)これを繰り返します。
  理想は、6回ぐらい繰り返し、
  「アイデアが出尽くして、もうでない、の一歩先」まで、
  いけるといいです。創造性のおいしいゾーンですので。
  ただ、時間がなければ、3回ぐらいでもOKです。

この後は、CPSにおける「ハイライト法」をします。具体的には

5)アイデアカードをテーブルの周囲部分にならべて、
  皆で、立ち、ぺんを持って、カードに☆を書きこみます。
  「おもしろい」あるいは「広がる可能性がある」と感じるカードに。
  星は、何枚に、つけてもOK。他の人の☆を気にせずにつけます。

時間がなければ、この時点でアイデアリストとして
星のついているものを、課題持ち込み者は、持ち帰ってもOKです。

ですが、できれば、次の『振り返り(ショートブレスト)』を。

6)振り返りとショートブレストを数回します。

  まず、星の多い順にならべます。
  星の多いトップ3〜5ぐらいを、
  提案者がさらに補足説明します。

  それを聞いて、他のメンバーにも考えがありますので
  ショートブレストをします。こういう発展もあり得る、
  こうだったらおもしろいなとおもった、などなど。

あまり、普段、アイデア創出会議が盛り上がらない場でも
上位のアイデア
(特に、メンバー人数の75%以上が☆をつけたもの:スターアイデア)は
ほおっておいても、振り返りをするだけで、
結構ブレスト的な会話が始まります。


以上が、『アイデアカード会議』法です。

アイデアプラントが作った、と言うわけではありませんで、
多くの企業さん、産業団体さんのアイデアワークの中で
みられる優秀なスタイルを、標準化・単純化すると
こうなります、というものです。

世の中からいただいた知見なので、多くの人にシェアしたいとおもって、まとめてみました。



なお、標準的な話すタイプのブレストは、
3〜6人ぐらいが適量ですが
『アイデアカード会議』の場合は、かなり多くても出来ます。
10人ぐらいでも行けます。振り返りのショートブレストを、
ホットにしたいときには、6人ぐらいのほうが、よいですが。


なお、上記のタイムラインの絵でいえば、アイデアカード会議法は、BWのモデルに近いですね。ただ、BWが3分6回なり、5分6回で構成されるのにたいし、アイデアカード会議は、時間に応じて、3分3回ぐらいで、終わることもできる利点があります。また、ワークプロセスの説明が簡単というだけ、というのも実践上、大きな利点です。「カードに書いて、3分ごとに回す。」それだけですみますので。☆をつけるハイライトは、別途話せばいいのですから。

コレクトの情報カードは100枚1パックで、200円ぐらいですが、ビジネスマン6人の会議経費を考えると、その消耗品費で、アイデアの産出量が大幅にアップするので、これを使う方が、経費節約になるとおもいます。



追記:ちょっと、高度なハウツーも、付記しておきます。

この「アイデアカード会議」法には、「やむを得ず欠席するメンバー」が参加できる、という面白さもあります。

ブレストのテーマについて、事前に、出せるだけだして、カードに書いておいてもらいます。

そして、最初にカードを回すとタイミングで、司会者が、そのカードを投入します。たとえば、参加者5人いて、欠席者のアイデアカードが10枚あれば、2枚ずつ、まわすカードにわけていれます。

あるいは、大量にかいてくれていれば、回す度に徐々に投入してもいいでしょう。

そこにいない人が、ブレストの起爆剤になったりしているのをみると、組織的な創造能力というものの面白さを垣間見ることも出来ます。
posted by 石井力重 at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイデアの技法



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(79)
ideaplant 作品(29)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(87)
知であそぼう(5)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 6th(2021-2023)(31)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(167)
アイデアプラント 5th(2018-2020)(93)
オンライン・ワークショップ&研修(43)
執筆作業と拙著(2)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(419)
アイデア・スイッチ(39)
アイデアの技法(230)
メソッド&ハウツー(194)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(136)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(19)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(448)
仙台(5)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(12)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(43)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(19)
311special(8)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)
『すごいブレスト』2020年(10)
長崎(1)
ことば(1)
アイデアプラント 7th(2024‐2026)(4)
過去ログ
2024年02月(3)
2024年01月(2)
2023年12月(2)
2023年11月(1)
2023年10月(1)
2023年09月(4)
2023年08月(4)
2023年07月(1)
2023年06月(4)
2023年05月(2)
2023年04月(1)
2023年03月(1)
2023年02月(1)
2023年01月(7)
2022年12月(5)
2022年11月(4)
2022年10月(2)
2022年09月(2)
2022年08月(5)
2022年07月(2)
2022年06月(2)
2022年05月(1)
2022年04月(2)
2022年03月(2)
2022年02月(3)
2022年01月(3)
2021年12月(2)
2021年11月(7)
2021年10月(2)
2021年09月(1)
2021年08月(2)
2021年07月(5)
2021年06月(1)
2021年05月(3)
2021年04月(3)
2021年03月(6)
2021年02月(7)
2021年01月(13)
2020年12月(10)
2020年11月(9)
2020年10月(3)
2020年09月(9)
2020年08月(8)
2020年07月(4)
2020年06月(20)
2020年05月(9)
2020年04月(10)
2020年03月(9)
2020年02月(4)
2020年01月(6)
2019年12月(2)
2019年11月(2)
2019年10月(1)
2019年09月(1)
2019年08月(5)
2019年07月(1)
2019年06月(5)
2019年05月(3)
2019年04月(10)
2019年03月(6)
2019年02月(2)
2019年01月(8)
2018年12月(4)
2018年11月(3)
2018年10月(9)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年07月(8)
2018年06月(12)
2018年05月(11)
2018年04月(7)
2018年03月(8)
2018年02月(6)
2018年01月(2)
2017年12月(6)
2017年11月(12)
2017年10月(3)
2017年09月(3)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(5)
2017年05月(8)
2017年04月(5)
2017年03月(8)
2017年02月(6)
2017年01月(6)
2016年12月(10)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(5)
2016年07月(6)
2016年06月(9)
2016年05月(11)
2016年04月(10)
2016年03月(12)
2016年02月(15)
2016年01月(32)
2015年12月(41)
2015年11月(28)

Powered by さくらのブログ