2010年06月30日

ゲーム要素パターン=中程度の動詞

よくToDoリストを創るときに、一塊の作業を、もっとわけた短作業に分けて書くべし、というアドバイスがあります。塊のままでは手がつけにくい。仕事をWBS(ワークブレイクダウンストラクチャー)の一番下の階層までわけるのだ、と。

ゲーム要素パターンのカードを分析してみて、発見したのは、これの場合にはむしろ逆で、動詞、行動のパターン集なれども、一つ一つの動詞は「中程度」なものに構成しています。

「叩く」とか「ジャンプする」というWBSの最も下に当たる階層(3段目)のものは無く、WSBの1段目か、2段目に属するような、大きなくくりの行動が書いてあります。

カードが何をするものであるのかで、変わるでしょうけれど、大きなゲームのアイデアを作り出すときにはこれぐらいの粒度のほうが、具体的な部分を想像するときの余地があっていいようです。(とはいえ、まったく広すぎないもの大事で、この編の粒度がよくまとまっているとおもいます)。

興味深いです。

このあと、これの更に理解を深めるために、パターンセットを作り出すときの作業を追体験してみようと思います。

1)優れたゲーム作品を複数リストアップする。
2)それらの優秀な特徴を書き出す。
3)まとめて整理して、パターン集と比較する。

多分、日本のゲームに見られるものはよく分析対象になっているでしょうから、ほとんど、網羅されていると思います。ただし概念カテゴリーの切り方は、私が行うものと違うはずです。その違いに、ゲーム発想の道具としてのノウハウがあるはずです。何がそこに見出せるかわかりませんが、そこに光を当ててみようと思います。


こういうユーザが一番、道具を使いこなすことを、私達の製品ユーザを観察して、経験的にしっています。書いていない作り手の意図を緻密に割り出すようなユーザになることも、道具の優れた使い手の一つの特徴だとおもうのです。そこまでになれるのかはわかりませんが、良い知識を使いこなし、そこから更に知識を生み出せるように、頑張ってみようと思います。



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(60)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(84)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(154)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(353)
アイデア・スイッチ(38)
アイデアの技法(217)
メソッド&ハウツー(189)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(119)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(13)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(3)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(12)
311special(5)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)