2011年06月15日

東大にて。ゲームと学習とナニカと。

さて、ようやく、バックデートでブログを書きましたが、震災後、ごく最近のものも、続けて書きます。

学びながら、遊ぶ。

遊ぶ、の時間の中で、学ぶ。

シリアスゲーム、という概念があります。社会人大学院時代にこれも興味深いなあと、思っていた領域です。その影響もあって、アイデアプラントの作品は、ゲームカード風の発想ツールの形をとっているのかもしれません。アイデアプラントは面白いならばやってみる方針だから、自然と作る作品も、おもちゃテイストの混じったものになる、のかもしれませんが。

さて、本題です。

週末に東大にいってきました。池尻さんたちが主催している勉強会に参加するためです。今回のテーマは、先にブログで紹介したカレイドソリューションズの高橋さんによる、企業研修用のゲームです。これが実践できるとなればそれは結構な貴重さなので、いろんな予定を調整しまくって、参加してきました。

オープンニング。向かって左が高橋さん。右が池尻さん。池尻さんもツイッターで知った方で、東大の博士後期課程の方で、歴史コンテンツをゲームにした学習ツールを作っておられ、その切り口がとても面白くって、注目していた方でした。

ideaplant2011DSC09309.jpg

こういう場所に集まる方々なので、参加者もまた、興味深い仕事、楽しい人が多かったです。ニッチな感じの学びの場に行くと、自分と共鳴周波数が近しい人が来る、その刺激というのもまた、かなりいいもので。

最初に、早稲田の福山さんから講義がありました。興味深い。そしてコンパクトにまとめる手際よさ。

そして、ゲームの体験。コンテンツは、パラダイス。

道具のコンテンツに配慮してちょっとぼかしてのせますと。

ideaplant2011DSC09312.jpg

初めは、各自が戦略立案する時間です。基本ルールを高橋さんが説明。それを聞いて、ゲームがどういうもので、どういう展開になるだろうかを、頭の中で高速で想像していって、未知数もありながらも自分の基本戦略を、決めます。一度、荒っぽく立てた戦略を、細かくチェックして微修正をかけたところで、ゲームがスタート。

内容を書くことは差し控えたいとおもいます。一言でいうと、非常によくできて、そして、面白いゲームでした。交渉が許されていて、新しい選択肢を創造することができるゲーム構成でした。

余談(昔、MMJでみんなで体験した吉村さんのつくったVenturerにもそういう、選択肢創造の余地を持たせたゲームがありました。 http://1uma.jugem.cc/?eid=226 今思えば、仙台は平和だったなぁ、あの頃。そして、あのころからT君の強運はすごかった。さて、そういう感傷は、さておき)

この選択肢の創造、というのは、ゲームの基本設計がかなりしっかりしていないと、なんでもありの、つまらないゲームになることがあります。今回の「パラダイス」は、というと、実によくできていて、その辺の交渉が、見えないながらも、流れがガイドされています、その基本的な行動原理と順番決定ルールなどによって。それによって、面白い交渉も成り立つ余地が大きくなっています。

カードゲームについての造詣が深いかと言えば、趣味にしている人に比べると、私はそれほどでもないと思いますが、自分自身が、ブレスターやIDEAVoteなどのアイデアに関するカードゲーム、ボードゲームを設計するチームにいるため、ある程度、ゲームがどう流れるかを、道具をみて、うっすら想起できる部分はあります。あくまでうっすらですが。

ゲームをしつつも、このゲームがメンバーにもたらす作用や、人間関係の変化を観察しながら、楽しんでいたのですが、最後の方は、もう夢中で、他社の観察や自己観察をするどころではなくて、必死に勝とうとして、楽しんでいました。(笑)

前にあるところで体験した「貿易ゲーム」を体験して、深く深く印象に残ったことがあります。「交渉が成り立つ時の条件」を自分なりに発見し、それが、印象に残り続けているものです。「交渉が成り立つ時というのは、2つしかない。一つは、相手が足りなくて困っている時。交渉して改善しないと困窮してしまう状態に要る人は、交渉に乗ってくる可能性を持つ。もう一つは、相手が余剰があって使い切れない時。交渉した相手がそれを用いて有利になったとしても、自分が持っている勝ち点が大きいために脅威とはならず、また、得点にはならない余剰資源がある場合、人は取引に乗ってくることがある。まとめると、”人は困っているか、余っている時しか、交渉が成り立たない”というもの。これが、その時以来、交渉の時の知恵として自分の中に息づいています。

さて、なんでそんなことを言い出したかというと、今回、それがありありと自分の中で活動をし始めたから、なんです。困っている相手とは交渉が成り立つ。トップとの差が計算された差額内であれば、ある戦略がとれるけれどそれは、困っている2名以上の協力がいり、かつ、自分の勝てる勝率は1/3。でも、その戦略をとれば多分、3度に一度は勝てるだろう、と、昔の学びをもとに計算していました。

なんというか、こういう、人の中に残る学び、というのは、それが時には不快な経験であった場合もあるかもしれません。私も、交渉が成り立つ時、という記憶がこんなにも強く残っていたのは、それなりの理由があります。

具体的な戦略を書くことは差し控えますが、そういう、いろんな総合力を盛り込む余地のある、とても面白いゲーム構造でした。そういうことは考えずとも、直観的に勝負していけばそれなりの点も狙えますし、その意味でもよくできています。

最終ラウンド、私は、ラウンドの始まった時点で、5人中4位。トップの点数の1/4に近い点数でした。自分の構想した戦略通りに、交渉し、それがなりたち、最後の確率1/3の勝負で幸運にも私ので目が一番で、勝てました。その結果、地道な優勝者が平均してとりえる点数の更に50%ぐらい上の点数で優勝することができました!(かなり、うれしい!)←我ながら、大人げない。。。

そんな感じで気が付くと、1時間以上のゲーム時間があっという間でした。

それから、高橋さんの講義、そして、グループ内での振り返り。このゲームとはなんだったのか。

ideaplant2011DSC09317.jpg

その辺の回答へ至るスライドも、ぼかしておきます。ゲームで学ぶ研修らしく、なんども、騙されて、みんな真剣。いいですね、そういうの(笑)。

ideaplant2011DSC09319.jpg

又もピンボケですみません。フィードバック中の高橋さん。楽しい講義。振り返りも、正解をしって安堵、ではなく、この講義もまた考えさせられます。

そして、福山さんから、フィードバックと講義。

変容学習。

ideaplant2011DSC09327.jpg

ダブルループ学習。

ideaplant2011DSC09329.jpg

どれも、なるほど、なるほど、と興味深いお話でした。人材教育の雄である酒井さんのブログ、メルマガを読んでいても出てくる言葉ですが、こういう実体験の後に学習することで、その知識吸収力は格段。

この後は、東大の近くの焼き鳥屋さんへ。おいしい焼き鳥屋さんでした。いろんな人とのディスカッションも、更に興味深かったです。

次回は、ちきゅUNO、という世界の事を学べるUNOだそうで、これまた興味深そうです。

みなさん、今回は有難うございました。



池尻さんのブログ
http://www.i-timemachine.net/about.html

多分、池尻さんのツイッターをチェックされると、この辺界隈の面白い情報が、沢山。


福山さんのブログ
http://fumituki.jimdo.com/2011/06/14/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%97-game-learning-job-%E9%96%8B%E5%82%AC%E5%A0%B1%E5%91%8A

この方が、私のグループのファシリテータもしてくれました。



高橋さん(カレイドソリューションズさん)のブログ
http://www.kaleidosolutions.com/2011/06/gamelearningjob_1.html

スライドも見れます




カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(79)
ideaplant 作品(29)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(87)
知であそぼう(5)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 6th(2021-2023)(33)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(167)
アイデアプラント 5th(2018-2020)(93)
オンライン・ワークショップ&研修(43)
執筆作業と拙著(2)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(420)
アイデア・スイッチ(39)
アイデアの技法(230)
メソッド&ハウツー(196)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(136)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(19)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(448)
仙台(5)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(12)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(43)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(19)
311special(8)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)
『すごいブレスト』2020年(10)
長崎(1)
ことば(1)
アイデアプラント 7th(2024‐2026)(8)
過去ログ
2024年06月(2)
2024年05月(2)
2024年04月(3)
2024年03月(3)
2024年02月(2)
2024年01月(2)
2023年12月(2)
2023年11月(1)
2023年10月(1)
2023年09月(4)
2023年08月(4)
2023年07月(1)
2023年06月(4)
2023年05月(2)
2023年04月(1)
2023年03月(1)
2023年02月(1)
2023年01月(7)
2022年12月(5)
2022年11月(4)
2022年10月(2)
2022年09月(2)
2022年08月(5)
2022年07月(2)
2022年06月(2)
2022年05月(1)
2022年04月(2)
2022年03月(2)
2022年02月(3)
2022年01月(3)
2021年12月(2)
2021年11月(7)
2021年10月(2)
2021年09月(1)
2021年08月(2)
2021年07月(5)
2021年06月(1)
2021年05月(3)
2021年04月(3)
2021年03月(6)
2021年02月(7)
2021年01月(13)
2020年12月(10)
2020年11月(9)
2020年10月(3)
2020年09月(9)
2020年08月(8)
2020年07月(4)
2020年06月(20)
2020年05月(9)
2020年04月(10)
2020年03月(9)
2020年02月(4)
2020年01月(6)
2019年12月(2)
2019年11月(2)
2019年10月(1)
2019年09月(1)
2019年08月(5)
2019年07月(1)
2019年06月(5)
2019年05月(3)
2019年04月(10)
2019年03月(6)
2019年02月(2)
2019年01月(8)
2018年12月(4)
2018年11月(3)
2018年10月(9)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年07月(8)
2018年06月(12)
2018年05月(11)
2018年04月(7)
2018年03月(8)
2018年02月(6)
2018年01月(2)
2017年12月(6)
2017年11月(12)
2017年10月(3)
2017年09月(3)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(5)
2017年05月(8)
2017年04月(5)
2017年03月(8)
2017年02月(6)
2017年01月(6)
2016年12月(10)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(5)
2016年07月(6)
2016年06月(9)
2016年05月(11)
2016年04月(10)
2016年03月(12)

Powered by さくらのブログ