2012年03月13日

珍しく補助の講師を。ダイヤモンド社にて。

3月13日、ダイヤモンド社でかとうまさはるさんのワークショップのお手伝いをしてきました。

『アイデア・バイブル』


ダイヤモンドから出た本です。
かとうさんがこの本でナビゲータをされています。原著者は、あのマイケル・マハルコ氏。あの、といっても日本人にはあまりなじみがないかもしれませんが、現代の発想技法の大家であり、この本の原著の初版(今回は第二版を翻訳したもの)は、アイデアのおもちゃ箱、という名前で出ています。

この本が出た、ということで、たぶん出版社としては珍しいことだとおもうのですが、かとうさんが一般公募で本の読者に向けて中の技法を利用して2時間ワークショップをふるまう、ということをされました。

で、かとうさんが「石井くん、いっしょにやろう」と声をかけてくださって、そりゃもう、二つ返事でお答えしました。私は『考具』に大きな感銘を受け、以来、私は勝手に心の中で師事しているかとうさんに、そう誘ってもらえたならば、もう望外の喜びなわけです。

かとうさんの補佐としてでも、同じ場に立てる日が来るとはなぁと、2004年の私には信じられなかっただろうことを体験できてうれしいのはもう掛け値なし。ただ、補佐とはいえできる限りのことはしようーということで、当日までにいただいた宿題「発想技法を実際に使って、石井のアイデアを40枚(2技法20枚ずつ)を用意しておく」というのを移動の新幹線の中でずっとしていました。

普段、あまりスケッチを真剣に書くことはないのですが、基礎訓練でありお師匠さんへの課題提出の学生のきもちで、40枚ほど一発書き(間違っても直さない)を自分に課してだあぁっと書きました。

「SCAMPER」ワークからのアイデア
ishii idea 1 scamper.pdf

「死者の書」ワークからのアイデア(ヒエログラフから発想するもの)
ishii idea 2 shishanosho.pdf

石井の補佐講師としての役割は、このアイデア発想例を紹介する3分×2回、という楽なものでした。あとは、お師匠さんのしゃべり、進め方を一番近い席で見て学ぶことができました。これは本当にありがたい貴重な経験でした。

ワークショップの中身については、私があまり言及するのもはばかられますが、とても面白いものでした。同じ技法を本からひっぱってきて使うにしても、講師の力量でその技法の輝きが変わる。そうずしん、と感じていました。
 



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(72)
ideaplant 作品(27)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(87)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(167)
アイデアプラント 5th(2018-2020)(48)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(393)
アイデア・スイッチ(39)
アイデアの技法(226)
メソッド&ハウツー(192)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(127)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(15)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(436)
仙台(4)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(12)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(15)
311special(6)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)
過去ログ
2020年01月(7)
2019年12月(2)
2019年11月(2)
2019年10月(1)
2019年09月(1)
2019年08月(5)
2019年07月(1)
2019年06月(5)
2019年05月(3)
2019年04月(10)
2019年03月(6)
2019年02月(2)
2019年01月(8)
2018年12月(4)
2018年11月(3)
2018年10月(9)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年07月(8)
2018年06月(12)
2018年05月(11)
2018年04月(7)
2018年03月(8)
2018年02月(6)
2018年01月(2)
2017年12月(6)
2017年11月(12)
2017年10月(3)
2017年09月(3)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(5)
2017年05月(8)
2017年04月(5)
2017年03月(8)
2017年02月(6)
2017年01月(6)
2016年12月(10)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(5)
2016年07月(6)
2016年06月(9)
2016年05月(11)
2016年04月(10)
2016年03月(12)
2016年02月(15)
2016年01月(32)
2015年12月(41)
2015年11月(28)
2015年10月(11)
2015年09月(5)
2015年08月(10)
2015年07月(6)
2015年06月(6)
2015年05月(7)
2015年04月(19)
2015年03月(4)
2015年02月(7)
2015年01月(6)
2014年12月(6)
2014年11月(9)
2014年10月(12)
2014年09月(11)
2014年08月(11)
2014年07月(14)
2014年06月(2)
2014年05月(8)
2014年04月(6)
2014年03月(10)
2014年02月(2)
2014年01月(5)
2013年12月(7)
2013年11月(6)
2013年10月(8)
2013年09月(10)
2013年08月(11)
2013年07月(17)
2013年06月(7)
2013年05月(11)
2013年04月(11)
2013年03月(6)
2013年02月(13)
2013年01月(11)
2012年12月(34)
2012年11月(13)
2012年10月(8)
2012年09月(12)
2012年08月(13)
2012年07月(40)
2012年06月(27)
2012年05月(23)
2012年04月(15)
2012年03月(17)
2012年02月(23)
2012年01月(10)
2011年12月(20)
2011年11月(32)
2011年10月(18)

Powered by さくらのブログ