2012年03月24日

【スライド】プレゼン・トーナメント(学校用)

大人数でのアイデアワークショップの後、アイデアのプレゼンを入れたい場合に便利なように「プレゼン・トーナメント」ワークを作りました。

スライド
プレゼン・トーナメント.pdf


このスライドの出来上がった背景)

学校などで大量の人数で発想をするとそのあと、アイデアを発表したい(してもらいたい)が全員(もしくは小グループのすべて)が登壇して行ってしまうと、時間尺が間延びしすぎ、質的にもちょっときつかったりして、場が保てない、という経験がありませんか。

これは社会人による企業内ワークショップだと少し状況はいいのですが、学校現場だといつも出てくる課題です。学生時代というのは、プレゼンに慣れてない人とうまい人で差が大きいですから。

かといって、「講師が選んでよさそうなチームだけにプレゼンしてもらう」というのも問題があります。自分たちの考えたアイデアを他のグループに向かって魅力的にプレゼンしたい、という潜在的欲求が、創造系のワークの場合、結構強く生じますから。人は自分たちの考えたアイデアに高い価値性を感じる傾向がある。そういう生き物ですので。

ではどうするか。

結論としては、上記のようにすると、全グループのプレゼンを割と小さい場であまり緊張せずにでき、かつ、そこを勝ち上がったプラン(大抵は、質が高いか、なにか光がある)を最終ステージで全員の前で発表することになり、聞き手としても、最後まで面白く聞くことができます。

規模が大きいと、トーナメントの構造を更に段数を増やす必要があります。スライドは60名の場を前提としています。以前280名というケースで行ったことがありますが、その場合も、基本的な姿勢は同じです。グループを集め大グループ内でプレゼンしあい、勝ち残ったところが上に進む方式です。

ワークの設計に際して、コツとなるところ:最終ステージを除いて、グループが集合してプレゼンしあうときにその数が3〜5ぐらいにするようにします。それを超えると認知上、うまく評価をできなくなる要素が出てきますし、それを下回る、つまり、2、にしてしまうと、勝敗のつけ方において難しさが出てしまいます。

以上です。世の中は、アイデアワークショップを行う事例が増えてきました。創造的な人をどんどん排出する社会にもっと近づけるよう、そういう今の動きをブーストできる知見(ノウハウやスライド)、道具(ブレスターやアイデアトランプなど)を社会に提供していこうと思います。
  




カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(72)
ideaplant 作品(27)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(87)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(167)
アイデアプラント 5th(2018-2020)(43)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(386)
アイデア・スイッチ(39)
アイデアの技法(226)
メソッド&ハウツー(192)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(126)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(15)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(435)
仙台(4)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(12)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(15)
311special(6)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)
過去ログ
2019年08月(4)
2019年07月(1)
2019年06月(5)
2019年05月(3)
2019年04月(10)
2019年03月(6)
2019年02月(2)
2019年01月(8)
2018年12月(4)
2018年11月(3)
2018年10月(9)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年07月(8)
2018年06月(12)
2018年05月(11)
2018年04月(7)
2018年03月(8)
2018年02月(6)
2018年01月(2)
2017年12月(6)
2017年11月(12)
2017年10月(3)
2017年09月(3)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(5)
2017年05月(8)
2017年04月(5)
2017年03月(8)
2017年02月(6)
2017年01月(6)
2016年12月(10)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(5)
2016年07月(6)
2016年06月(9)
2016年05月(11)
2016年04月(10)
2016年03月(12)
2016年02月(15)
2016年01月(32)
2015年12月(41)
2015年11月(28)
2015年10月(11)
2015年09月(5)
2015年08月(10)
2015年07月(6)
2015年06月(6)
2015年05月(7)
2015年04月(19)
2015年03月(4)
2015年02月(7)
2015年01月(6)
2014年12月(6)
2014年11月(9)
2014年10月(12)
2014年09月(11)
2014年08月(11)
2014年07月(14)
2014年06月(2)
2014年05月(8)
2014年04月(6)
2014年03月(10)
2014年02月(2)
2014年01月(5)
2013年12月(7)
2013年11月(6)
2013年10月(8)
2013年09月(10)
2013年08月(11)
2013年07月(17)
2013年06月(7)
2013年05月(11)
2013年04月(11)
2013年03月(6)
2013年02月(13)
2013年01月(11)
2012年12月(34)
2012年11月(13)
2012年10月(8)
2012年09月(12)
2012年08月(13)
2012年07月(40)
2012年06月(27)
2012年05月(23)
2012年04月(15)
2012年03月(17)
2012年02月(23)
2012年01月(10)
2011年12月(20)
2011年11月(32)
2011年10月(18)
2011年09月(22)
2011年08月(24)
2011年07月(32)
2011年06月(20)
2011年05月(7)

Powered by さくらのブログ