2013年04月10日

京都精華大 漫画学部 アイデア創出の技術(追記)

京都に滞在しています。

昨日の、漫画学部での”アイデア創出の技術”講義( http://www.slideshare.net/ishiirikie/ss-17715722 … )は、5年ぐらい前からずっと改良して行ってきたものです。

この講義、いろいろスキルっぽく描いていますが、本質は「創造的イマジネーション」を、いかに意図的に誘発するか。そこにつきます。

頭が本来持っている創造的な力の明示的な利用方法を毎回模索する授業です。


言い忘れたこと(来年へのメモ)

■「99%仮説」(と、石井が勝手に名づけた仮説)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 アイデアは既存の要素の新しい組み合わせである。
 ただし、99%までは。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(例外が1%存在する。逆に言えば世の中のほとんどのものは、
新しいと言っても、既存の要素の新しい組み合わせ、である。
発想したものが何かに似てしまうことがきなったときは、
99%仮説を思い出してほしい。
全く何にも類似しないものだけを
作ろうとして、筆をとめたままにするよりも、
似た作品の事は気にせず、自分の着想をそのまま描きだしてほしい。
概論では似ているが、ディテールまでくると全く違う作品である)


■本質は、アブダクション
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 紙の上に、3つの「点」があったとき、この次に来る「4つ目の点」はどこ?
 と、問われたら、人はふっとそれを想起できる、そんな力。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・アブダクティブな推論(言葉が重なっていますが)
・仮説を想起する能力
そういうものが、この授業設計の根底にあるコアであり、
それらを毎年、具体的なメソッドの形にして、食べてもらっています。

何度も使って食べ飽きたら、表層的なメソッド部分は引き剥がして
より本質的な「想起する力。その使い方」に目を凝らし、
自分独自の発想方法を作り出してください。
 



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(67)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(86)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(167)
アイデアプラント 5th(2018-2020)(16)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(373)
アイデア・スイッチ(39)
アイデアの技法(224)
メソッド&ハウツー(191)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(123)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(14)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(4)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(13)
311special(6)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)
過去ログ
2018年07月(7)
2018年06月(12)
2018年05月(11)
2018年04月(7)
2018年03月(8)
2018年02月(6)
2018年01月(2)
2017年12月(6)
2017年11月(12)
2017年10月(3)
2017年09月(3)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(5)
2017年05月(8)
2017年04月(5)
2017年03月(8)
2017年02月(6)
2017年01月(6)
2016年12月(10)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(5)
2016年07月(6)
2016年06月(9)
2016年05月(11)
2016年04月(10)
2016年03月(12)
2016年02月(15)
2016年01月(32)
2015年12月(41)
2015年11月(28)
2015年10月(11)
2015年09月(5)
2015年08月(10)
2015年07月(6)
2015年06月(6)
2015年05月(7)
2015年04月(19)
2015年03月(4)
2015年02月(7)
2015年01月(6)
2014年12月(6)
2014年11月(9)
2014年10月(12)
2014年09月(11)
2014年08月(11)
2014年07月(14)
2014年06月(2)
2014年05月(8)
2014年04月(6)
2014年03月(10)
2014年02月(2)
2014年01月(5)
2013年12月(7)
2013年11月(6)
2013年10月(8)
2013年09月(10)
2013年08月(11)
2013年07月(17)
2013年06月(7)
2013年05月(11)
2013年04月(11)
2013年03月(6)
2013年02月(13)
2013年01月(11)
2012年12月(34)
2012年11月(13)
2012年10月(8)
2012年09月(12)
2012年08月(13)
2012年07月(40)
2012年06月(27)
2012年05月(23)
2012年04月(15)
2012年03月(17)
2012年02月(23)
2012年01月(10)
2011年12月(20)
2011年11月(32)
2011年10月(18)
2011年09月(22)
2011年08月(24)
2011年07月(32)
2011年06月(20)
2011年05月(7)
2011年04月(34)
2011年03月(74)
2011年02月(36)
2011年01月(36)
2010年12月(50)
2010年11月(47)
2010年10月(57)
2010年09月(36)
2010年08月(42)
2010年07月(39)
2010年06月(64)
2010年05月(74)
2010年04月(78)

Powered by さくらのブログ