2010年10月29日

【イマジネーションの準備運動】30サークルズ

30サークルズのやり方

本来、紙とペンのアナログでやる方法です。
  1. A4の紙に、直径3〜4センチ程度の円を30個描きます。
  2. その円に、線を書き加えて出来るだけいろんな絵を描きます。似たものだけをだーっと出すのではなく、出来るだけ多様なモチーフを描こうと努力します。
  3. 時間は5分間

ワークショップで大勢で行う場合は、何個かけましたか、とたずねるのですが、時折30個を見事なまでにバラバラのモチーフで描ききる人がいます。(大抵、その後のアイデアワークでも非常に高いパフォーマンスを発揮されます)

また、普段「正解のあること」しかアウトプットしないように要請される環境にいる方は、こういうワークでは戸惑いつつも、5分間ですこし要領を取り戻されるようです。まさに「イマジネーションの準備運動」になる模様。数は7〜8個ぐらいだったりしてあまり多くはないですが、当人にとっての効果が大事です。

なお、紙に出力するためのデータが欲しい、という方のためにPDFファイルも用意しました。
http://ishiirikie.sakura.ne.jp/sblo_files/ishiirikie/image/30circles.pdf

〜追記、この技法との出会いについて〜

もともとは、友人である瀬尾さん(カヤックの技術者のエースの一人です。ブレストの会議室や、みどりさんを作った人で、IdeaPodの開発も瀬尾さんの力によるところ)に教えてもらいました。

”石井さん、30サークルズって言うのがありますよ”と。

その時に教えていただいたブログがとても参考になります。

30circles:想像することの流暢さと柔軟さを計測する実験
http://blog.kmhr-lab.com/2008/04/30circles.html
(上平崇仁さんの書かれているブログ、08年4月26日の記事)

上平さんの記述によると、Robert H. McKim 氏の”Experiences in Visual Thinking”(1972年)にその原典がある模様。その周囲のリンクをたどると興味深い話題が。気になって Robert H. McKim 氏を調べてみると、スタンフォードの機械工学の教授をされた方のようです。1980年の著書には”Thinking Visually: A Strategy Manual for Problem Solving”という本もあります。中身詳細は不明ですが、TRIZ的な視点からも興味が非常にそそられました。
posted by 石井力重 at 22:59 | アイデアの技法



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(60)
ideaplant 作品(25)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(84)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(152)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(349)
アイデア・スイッチ(38)
アイデアの技法(217)
メソッド&ハウツー(189)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(119)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(11)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(3)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(12)
311special(5)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)