2014年03月31日

【CV】英語版プロフィール・シート

アイデアプラントの新年度に向けて、プロフィールサイトに、英語のプロフィールシートをおきました。
正確には、Curriculum Vitae (CV)です。

これまでは、外国向けのプロフィールシートは、韓国語バージョンだけでした。昔、韓国でのワークショップがあったためです。
これからは、英語圏でたくさんミニ・ワークショップをしてゆこうとおもいます。その準備として、作成、掲載したものです。

CV_RikieIshii.png




今年度の終わりに。


今、心にあるのは、日本語言語ユーザー以外へも提供できる有形無形のもの(価値や体験やアイテムや本)を作ろう、ということ、です。

一方で国内にむけては、Creative thinkingやBrainstormingの場が、楽しく、価値創造できるような道具を、もっと開発して行きたいという思いです。

日本は少し特殊です。特殊な文化と言語の島に、大きな市場があるので、多くの企業は日本市場に向けて商売が十分に成り立ってきました。しかし、2050年や2100年を俯瞰したときに、確定されている未来、つまり人口の大幅減へ着実に向かうこと、があげられます。

私たちが天寿を全うするころ、この国は今とは大幅に違う形(違う社会システム、違う文化)が出現しているでしょう。テクノロジーの進化、主要なエネルギー生産方式、などが、大幅に進化するかしないかにかかわらず、未来の私たちの生活は激変していくでしょう。

今後確実に起こる萌芽的なトレンドに対して、こちらから積極的に打ち手を打っていく。そういう考えで、最近は、英語対応を(非常に、幼稚なレベルであることを、自覚し、甘受していますが、)進めています。

そうした取り組みによって、いつもの事業に、新しい色が混ざっていくでしょう。時には、不協和音もあるかもしませんし、重層的な展開も少しずつ出てくるかもしれません。

乱気流のような時を生きるとき、私はいつも思います。

「追い風にあおられず。向かい風に歩を止めず。」

そういう、地道な進み方をしていきたいと。

ですので、目線としては遠くを見つつも、歩みは着実に。やたら大きなジャンプや変革に浮き足立つことは無く、進んでいきます。

震災を経て私たちが知ったのは、「人は微力であるが無力ではない。」ということ。

微力ながら、常にベストの力で成長の軌道を行きたい。そう、思っています。
 
2014年3月31日
石井力重



posted by 石井力重 at 23:45 | アイデアプラント 3rd(2012-2014)



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(60)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(84)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(154)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(354)
アイデア・スイッチ(38)
アイデアの技法(217)
メソッド&ハウツー(189)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(119)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(13)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(3)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(13)
311special(5)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)