2012年12月07日

地震の備え。過去の日記から有益なものを。

本日12月7日、夕方に、大きな地震がありました。

震災311以降の記録(このブログ)を読み返しました。
過去の日記から有益なものをいくつか、並べておきます。


来る前に

捨てるもの、備蓄しておくもの

防災、減災のアイデアを考える時の切り口

防災アイテム、5つの切り口




0〜48時間

48時間を生き延びるために選んだもの




3日目〜2週間

ペットボトル+フタに穴=シャワー

袖の部分から、帽子を作る方法

風呂水のアイデア

アルミ水筒で暖を取る+「お湯の水割り」メモリ

ラベルで封を。節水の工夫

デジカメ+ラベル=指示書つきデジカメ

災害時の電話にアナログメモという工夫




2週間以降〜 避難先の滞在生活を楽しくする

スポンジで即席のおもちゃを作る

子供と遊びの道具を作る

「動物かくれんぼ」遊びの工夫





「杞憂でも、備えはしっかり。(杞憂で終われば笑い話にすればよい)」

311の時、そのちょっと前の、3月9日に大きな地震と更に少し前、大規模な魚の打ち上げのニュースがあって、人々は大きな地震は去ったと警戒を解いて安堵しました。

それだけに311が来たときに、「しまった!」という言いようのない気持ちがあったのも思い出しました。

今日のそれが2日後の大きな地震の予兆でなければいいなと思いますが、備えだけはしっかりしておきたいと思います。

水、電池、懐中電灯、笛、現金、ガソリン、携帯(満充電)、この時期だと「防寒」もかなりの切実な問題ではあります。


メモ)

 311当日第一報 http://ishiirikie.jpn.org/article/43794634.html

 311のことを後に書いたもの http://ishiirikie.jpn.org/article/43939232.html


posted by 石井力重 at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仙台

2012年06月19日

時々、ふと、見たくなる動画があります。


私の専門領域の話とは全く違った、余談のお話し。

私の友人に、楽器作家の島野さんがいます。彼の折り畳みギターは、学研の、大人の科学、にも、取り上げられたことがありますが、本人はいたって欲のない、Bluesと日々の自分らしい生き方を愛する職人的な人です。震災後、住んでいたところは倒壊し、勤めていた、松島のオルゴール博物館(彼は、ドキュメントの全くない200年物のパイプオルガンを楽器と対話しながら、直していったといいます)も閉鎖。本人はそれでも、人生はBluesだと、言わんばかりの、「まあ、なんとか、なりますよ」と。いろんなところがかっこよすぎる人なんですが、その彼がずっと前に、ビデオを見せてくれました。”折り畳みの鍵盤楽器を作ったよ”と。その動画、時々、見たくなる夜があります。この動画は3分過ぎから、実際の演奏が始まりますが、その演奏もまたいいんです。彼は、この引いている女性の方(プロのミュージシャンだと思いますが、私が知識がなくて存じ上げないのですが)に、おさめるために作ったそうで、動画を頭から見ているときに、「え、ピアニカ?!これでまともな音が出るの?」と思ったものの、演奏が始まると、何とも言えない気持ちになります。途中でバイクが走る音が入っていたりして、本当にその辺で引いたんだなぁというあたりもまた。ピアニカ2つに対して、足で踏んで送風して、というのは理屈では分かりますが、それを牽く人が引いたらここまで、音が出せるか、、、と痺れました。

島野さんをめぐる日々、というのは、普通に見たら、結構経済的に、悩みが多そうな気がしたりするのですが、そんな下世話なところは馬耳東風。彼は、でっかい体に、自分で改造して作ったという三輪バイク(ちゃんと、陸運局で認可を通したそうです。僕も昔のせてもらいました)に、つなぎ。ぽっけには、ブルースハープが入って、もう何だろうこの漫画の主人公みたいな感じは、と、思うのです。

時々、あわてている心で、なにか堂々めぐりしているときに、この演奏を聴きたくなります。今日もこの動画を見る夜でした。
 
posted by 石井力重 at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仙台

2011年04月09日

非常時の移動手段としてのバス(仙台―東京)ドリーム政宗号

大きな余震があり、新幹線の復旧の見通しには、見直しが入りそうです。また、三陸沖地震としてそろそろ発生が予想されていたものがまだ起こっていない状態だという見方もあり、今後も、東京―仙台の間の新幹線は、計画通りに乗れないこともありそうです。

比較的早い段階から復旧していた「東京―仙台」間の移動手段である「高速バス」について、情報をメモしておきます。

新宿駅南口と、仙台駅東口へ直通。途中で止まるところ少し。
所要時間は5時間〜6時間。
座席は3列シート、か、4列シート。
昼間の移動、夜中の移動の便あり。
予約は早い段階から必要。
予約はネットから、可能

 JRバス東北
 http://www.jrbustohoku.co.jp/express/detail/?PID=4&RID=23
  ↓
 (空席確認・予約)
 発車オ〜ライネット
 http://www.j-bus.co.jp/web/asp/hnRosenInfo.asp?gpcd=020005&rocd=0006&mode=1

切符はコンビニでの受け取りが可能。

 例:セブンイレブン
 http://www.j-bus.co.jp/web/jtbhta/imgSEJ/SEJyozumi.html
 (発車オ〜ライで、の予約番号を控えて、コンビニ端末で出力し、レジで払う)

以上。 


― ― ― (私の実感) ― ― ―

今までに、深夜便と昼間便に乗ったことが1度ずつあります。

深夜便は深夜12時ごろにでて早朝5時ごろに降ろされます。走り出すとほどなく消灯。慣れない人は眠れないかも。電話などがどんどんかかってくるとしても、出るのは周囲に配慮してはばかれる。雪で到着が1時間ぐらい遅れることもあり。

昼間便は朝に乗って、付くと日が傾いている頃なので、移動だけでその日の大半が費やされる。道中はPCでの仕事や本を読むつもりで乗っても、車酔いのある人は苦しい。石井は新幹線と同じつもりでPCを開いた所、車酔いしそうだったので、道中は、手持ちぶさたに。耳から学べる道具やラジオがある方がいいかも。携帯でのメール程度なら酔いませんでした。

posted by 石井力重 at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仙台



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(60)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(84)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(153)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(350)
アイデア・スイッチ(38)
アイデアの技法(217)
メソッド&ハウツー(189)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(119)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(11)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(3)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(12)
311special(5)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)