2006年03月02日

大学発ベンチャー、6つのスタイル

2004年の4月から、社会人ドクターとして東北大学のMOTコースに在籍し、大学発ベンチャーの創出に関する研究を行ってきました。その研究活動を整理する意味で、ここに一部掲載したいと思います。

大学発ベンチャーというのは、「大学等の研究成果・技術シーズ」を元に「事業化」し社会に大きな価値を創造してゆく存在です。社会発展・経済成長の担い手として重要な役割を持っています。一方で、ベンチャー企業としての性格をもたない起業スタイルも「大学発ベンチャー」に含まれます。

この大学発ベンチャーについて、経済産業省や日本経済新聞社などが、調査を行って資料を整備しています。そのうちのいくつかは一般の研究者でも利用することができ、そうしたものを利用させてもらって研究をしています。この二年間、そうした企業群に関する統計的な分析や企業WEBサイトから情報・訪問調査を通じて大学発ベンチャー企業を観察してきました。

観察された事例を分類・整理すると、以下のような6つのスタイルに分けることができます。

「大学発の起業」
個人事業主やSOHO的な事業形態、あるいはNPOなど。大学の人材・ノウハウに絡んだ小規模事業の創業という特徴があります。経営資源をあまり必要としないコンサルティング事業や小規模受託分析事業などが多く見られます。

「大学発の事業化支援事業」
技術移転機関やインキュベータなど。技術事業化などを支援する公的支援機関的な性格と、大学付属サービスのような形態をもつことが多いです。

「中小企業の社外ベンチャー」
大学のシーズを用いて、既存企業が第二創業的な事業を子会社として進めるケース。既存の母体があり経営資源が獲得しやすい傾向があります。技術シーズに求められる要件が、高い専門性や特許などの権利化された知的財産が十分にある(見込まれる)という傾向が強いようです。

「大企業の産学連携用研究所」
大学がもつ技術を用いて製品開発を行い自社の競争力をつける目的で大企業が産学連携の一スキームとして大学と自社の間に事業体を作るものです。国立大学が法人化したとはいえ民間企業のようなレベルまではなかなかむずかしいものです。そうした中である意味、大学と企業の間の研究開発連携の緩衝材(あるいは、経営資源のプール)的役割を担います。

「ベンチャー企業の産学連携」
独立ベンチャーが創業後に、事業展開を通じて自社製品に求められる付加価値を認識し、その実現を図る目的で大学等と産学連携を行うケース。(経済産業省の定義では「創業後5年以内に産学連携」をした企業を大学発ベンチャーに含めています。)技術シーズに求められる要件は、新しい産業を拓きえる潜在可能性の大きい技術であること、あるいは、科学とビジネスの距離の短いサイエンス型産業であることなどの特徴があります。顧客が大学等であるケースもあります。この場合は、ベンチャー企業にとっての大学の位置づけは顧客参加型(共創的)製品開発としての側面も持ちます。

「研究成果の事業化(コアの大学発ベンチャー)」
主に大学(教授・研究者・院生・学生)が主導権をもって研究室の研究成果を事業化していくケースです。当初は大学人が創業社長をつとめていたのですが、最近ではビジネス経験のある産業人を社長にして、大学人はCTOになるケースが主流になりつつあります。(中には社長業と教授職の兼務ができるパワフルな大学人もいますのでこの限りではありませんが。)


こうした分類は”これが絶対”というものはありませんが、ベンチャーの成長の軌道に大きな影響をもたらす特徴の一つが、この「6つのスタイル」になるだろう、と見ています。


大学発ベンチャー 6つの分類.gif
(図:事業内容のベンチャー性と収益化までの期間で6スタイルをポジショニング)
posted by 石井力重 at 06:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 研究(MOT)/検討メモ&資料

2006年03月01日

SNSの成功要因に関する私見。

日刊工業新聞社のてくてくjp( http://techtech.jp/jdl/weblog/portal )がスタートしました。ブログとSNSを組み合わせた技術者のための情報交流サイトとのことです。「知識」「技術」「人」の循環を基本コンセプトにしています。

事務局からIDを頂いていたので早速ログインしてみました。他のサービスとの違い、スタート時点からすごくサイトの「活用方法」がデザインされていること、理工系の方が違和感なく使えるような言葉遣いと知的な雰囲気のデザインであること、などの印象を受けました。

日刊工業新聞社の読者層が利用するサイトになればおもしろい技術と知識のトピックスが展開されるかもしません。社内情報を無制限には公開できないとは思いますが、一方でやはり、近年の「共創」を通じた製品開発・サービス開発の取り組みは、今後の社会では一層重要性を増していくと思われます。そうした中で、オープンイノベーションのプラットフォームとしてこの『てくてくjp』のようなサービスは何かを生み出していくのかもしれません。

もちろん、新しいものが生まれる一方で、古いものが閉鎖もされています。つながれば何でもできる、というわけではないという事実があります。たとえば、起業支援機関の提供したSNSは、その役目を終えてサービスを終了しています。

「SNSの吸引力は、人そのものが持つコンテンツとしての魅力」とかつて友人が教えてくれましたが、SNSのトップランナーがすでに二周年をむかえ巨大なものになっている現在、新しく登場して活発に使われるようになってゆくSNSにはどんなものがその吸引力となってゆくのか、興味あるところです。私なりに強いてあげるとすれば、

”社会の大きな変化によって、誕生し急成長するような”属性の人々を一定数以上、同じ空間に集めること。

が、成功要因の一つになるかもしない、と思います。
posted by 石井力重 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 研究(MOT)/検討メモ&資料

2006年02月26日

非常に感銘を受けた一文。

ベンチャーを対象にした研究をしている中で、起業家のマインドに、はっとすることがあります。以下の文献は、昨年の夏に、研究対象として読んだものなのですが、人生感・事業感に、感銘をうけました。当時、食堂で遅い昼飯を食べながらその文章に、しばし時間を忘れて感じ入っていたのを覚えています。

『ベンチャー企業の成果は、事業の成長性や収益性、株式公開の有無などだけで評価されるものではない。社会の中でさまざまな人から、その企業あるいは事業がないと困ると、その存在が望まれ歓迎されるような事業を創造したときに、その起業家の業績は高く評価される。中村ブレイスはそのような社会的に高い評価を受けている企業である。』
角田隆太郎『ベンチャー企業経営論』の第2章「起業家とベンチャー企業」54ページ。

(以上、当時のブログ内容を元に、改訂し掲載しました。)
(以下は、今回新たに書き加えたものです。)


この文献によると「中村ブレイス」社は、義手義足の企業で、島根県の石見銀山にあります。単になくなった身体の一部を機能的に補うという視点だけではなく、人工乳房などのメディカルアート、といった分野を展開しています。文献によると、世界中からこの島根の石見銀山まで、お客さんが来て、依頼されるそうです。決して、短期間で大規模な事業収益をあげる事業ではありませんが、ある分野では世界中から尊敬される企業です。

今思うと「ハイテクスタートアップスばかりがベンチャーではない。」と、このあたりの事例に触れるようになってから、ベンチャービジネスに対する私の中の価値観の幅が広がり始めたのだと思います。ライフワークとして、今後もベンチャービジネスを研究してゆきたいと思います。
posted by 石井力重 at 06:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 研究(MOT)/検討メモ&資料



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(78)
ideaplant 作品(29)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(87)
知であそぼう(5)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 6th(2021-2023)(12)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(167)
アイデアプラント 5th(2018-2020)(93)
オンライン・ワークショップ&研修(42)
執筆作業と拙著(2)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(409)
アイデア・スイッチ(39)
アイデアの技法(228)
メソッド&ハウツー(194)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(134)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(18)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(446)
仙台(5)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(12)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(43)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(18)
311special(7)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)
『すごいブレスト』2020年(10)
長崎(1)
ことば(1)
過去ログ
2022年09月(3)
2022年08月(5)
2022年07月(2)
2022年06月(2)
2022年05月(1)
2022年04月(2)
2022年03月(2)
2022年02月(3)
2022年01月(3)
2021年12月(2)
2021年11月(7)
2021年10月(2)
2021年09月(1)
2021年08月(2)
2021年07月(5)
2021年06月(1)
2021年05月(3)
2021年04月(3)
2021年03月(6)
2021年02月(7)
2021年01月(13)
2020年12月(10)
2020年11月(9)
2020年10月(3)
2020年09月(9)
2020年08月(8)
2020年07月(4)
2020年06月(20)
2020年05月(9)
2020年04月(10)
2020年03月(9)
2020年02月(4)
2020年01月(6)
2019年12月(2)
2019年11月(2)
2019年10月(1)
2019年09月(1)
2019年08月(5)
2019年07月(1)
2019年06月(5)
2019年05月(3)
2019年04月(10)
2019年03月(6)
2019年02月(2)
2019年01月(8)
2018年12月(4)
2018年11月(3)
2018年10月(9)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年07月(8)
2018年06月(12)
2018年05月(11)
2018年04月(7)
2018年03月(8)
2018年02月(6)
2018年01月(2)
2017年12月(6)
2017年11月(12)
2017年10月(3)
2017年09月(3)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(5)
2017年05月(8)
2017年04月(5)
2017年03月(8)
2017年02月(6)
2017年01月(6)
2016年12月(10)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(5)
2016年07月(6)
2016年06月(9)
2016年05月(11)
2016年04月(10)
2016年03月(12)
2016年02月(15)
2016年01月(32)
2015年12月(41)
2015年11月(28)
2015年10月(11)
2015年09月(5)
2015年08月(10)
2015年07月(6)
2015年06月(6)
2015年05月(7)
2015年04月(19)
2015年03月(4)
2015年02月(7)
2015年01月(6)
2014年12月(6)
2014年11月(9)
2014年10月(12)
2014年09月(11)
2014年08月(11)
2014年07月(14)
2014年06月(2)

Powered by さくらのブログ