2020年01月15日

共著『実例で学ぶ創造技法』が出版されます。


石井も執筆に参加した本が出ます。学会が出版する創造技法の本です。

書籍紹介から抜粋します。

本書は、創造的な問題解決に使える「創造技法」を、実践で具体的に使えるように書かれた本です。紹介する17技法は、創造技法の基本的技法です。
 本書では各技法紹介の前半で、技法の基本と進め方を解説し、後半で、現場での活用に役立つ、具体例や実践例を紹介しています。特に、企業や教育界などの現場で、創造技法が具体的に活用された例を、多数掲載しています。
 執筆者は、日本の創造性研究をリードする日本創造学会の研究者を中心とする創造技法の専門家たちです。

  • 実例で学ぶ創造技法
  • 日本創造学会 (監修)
  • 日科技連出版社
  • 2020/1/23

内容は以下の通り

第1部 発想を日々の習慣にさせる法
 第1章 アイデアマラソン発想法 ―毎日発想し、書き留める自己啓発式蓄積型の発想法―
 第2章 セレンディピティ活用法 ―偶然から発見する力をつける―
 第3章 アイデアスケッチ ―頭の中のアイデアを3分で紙に書き出す―(石井担当章)
 第4章 MIセオリー ―ハーバードの多重知能理論を応用した思考法―

第2部 ひらめきを誕生させる発想法
 第5章 ブレインストーミング ―アイデアを湧き出させる基本ルールのマスターが必須―
 第6章 ブレインライティング ―日本人向けの黙っていてOKなグループ発想法―
 第7章 マインドマップ ―1枚のシートに連想を次々と書き出す―
 第8章 NM法 ―類比をヒントに独創品を発想する―
 第9章 行動観察 ―場における1人の行動から新たな価値を生み出す発想法―

第3部 アイデアを企画にまとめる技法
 第10章 KJ法 ―W型問題解決学が基本の発想法―
 第11章 TRIZ/USIT法 ―問題の根本原因と理想像から解決策を導く―
 第12章 FALO ―新興商品を開発する革新的な商品企画法―
 第13章 デザイン思考 ―発想から企画までースタンフォード大学で誕生した技法―

第4部 企画を実現させる技法
 第14章 企画書作成法 ―アイデアを企画に仕上げる―
 第15章 フラット3 ―90分でライバルに勝てるプレゼン技法―
 第16章 ビジネスモデル・キャンバス ―1枚のマップで事業構想を共有できるツール―
 第17章 目的工学ワークショップ ―目的思考を活用した新規プロジェクト産出法―

創造技法の教科書になると思われます。
ぜひ一度手に取ってみてください。

アイデアスイッチ中身.png
(石井執筆箇所より一部抜粋)
posted by 石井力重 at 23:02 | アイデアプラント 5th(2018-2020)

2020年01月07日

学会の評議員を拝命しました。任期3年。

創造性の研究を行う学会である「日本創造学会」。私がメインで活動している学会です。15年間ぐらい正会員として研究発表を行ってきました。

その学会で、この度、評議員、を拝命しました。
任期は三年です。(2020/1/1〜2022/12/31)

20200107.jpg
(※印影をぼかすために、大幅に劣化処理しています)

評議員は正会員の選挙で選出されます。全正会員が対象です。
実は3年前の選挙では、選出いただいたのに恐縮ながら辞退したことがあります。

当時は、仙台のNPOの理事や、東京のNPOの理事を引き受けていて、社会貢献に取れる時間枠を上限まで使ってしまっていました。それを超えて行えば、事業が傾きます。知人友人にいい顔をして未来の顧客に不誠実になる。それは絶対にしてはならない、と思っています。なので、自分が定めた時間枠を超えないようにしています。
現在はその両方を退任し、社会貢献枠は、2つの非常勤講師に使っています。

昨年の秋に、再び、選出いただいた知らせを聞き、かなり悩みました。

社会貢献枠は徐々に増やしてきたこともあって、学会の評議員をするための時間がいくらかは取れそうです。でも、常に東京で行われるであろう評議員会に何度も参加するのは、時間も費用も難しいものがあります。
悩んだ挙句に、思い至ったことがあります。
学会に入ったばかりの頃は、誰も知人がいませんでした。毎年研究発表をし、先生方とディスカッションを重ね、ゲスト講義に呼んでくださったり、サロンでのワークショップの機会をいただいたりしました。学会というのは入会※も退会も自由なわけで新しい顔ぶれは定番のメンバーになることもあればいなくなることもあります。(※入会には一定のルールがあります。割と簡単ですが。)
そういう中で、学会運営の一端を担う評議員に選出されました。つまり、一定数の方が「運営を任せてもいい人」としてあげて下さったわけで、それは”簡単にいなくなる人ではない人だ、とコミュニティから認めてもらったこと”でもある。
そう思い至りました。
自分が、その信認をもらうに値するかどうかはいまだに自信がありませんが、二度も選出いただいたのであれば、今回はお引き受けしよう、と思いました。

活動日数的には私は限定的かもしれませんが、参画できる限りは参画し、より良い研究発表の場と、先端知識の社会への還元の活動に、貢献したいと思います。

補足:

日本創造学会は、日本学術会議の登録研究団体です。1984年登録の歴史の古い学会です。登録の少し前、1979年、初代理事長は「川喜田二郎」先生です。先生の名前を初めて聞いたという方でも、アイデアをカードに書いてグルーピングしていく手法「KJ法」の名称は聞いたことがあるかもしれません。そのKJ法の創始者です。

◎ 日本創造学会のWEBサイト
学会開催の情報ページ(毎年、春〜梅雨ごろに、秋の学会の案内が掲載されます)
学会のニューズレターの閲覧ができるページ(ページ下の方のTOPIC)

日本の創造性・創造技法の大先生がたが属しています。ですが、創造性を扱う学問領域のためか、研究発表、そのディスカッション、懇親会はいつもフランクです。創造性の研究ってどんなことをしているんだろう、という方はぜひ一度参加してみてください。

((余談))

なお、創造技法を学ぶつもりで学会参加する新しい参加者には、充分に応えきれていないかもしれません。技法の習得のニーズが多ければこたえていくような、セッションもやってほしい、と私の知人たちにはよく言われます。

また、過去の研究発表や論文に、簡単にアクセスできる方法はないのだろうかと聞かれるたびに、うまく答えられていません。

良い伝統を守りながら、運営の労力は省力化しつつも、より社会に貢献できる学会になっていくよう、石井なりに鋭意努力してみようと思います。30年を超える学会です。この先30年たつと、2050年です。21世紀後半の人々が「この学会があって本当に良かった」と言うような学術団体であるには、どういう発展の軌道を描いていくのが良いのか。そんなことも意識しながら、この任期三年に臨みます。

微力ながら尽力しますので皆様どうぞ、よろしくお願いします。

石井力重
2020年1月7日
posted by 石井力重 at 10:40 | アイデアプラント 5th(2018-2020)

2020年01月01日

新年の抱負(2020年元旦)

年賀状を2011年の震災以降はすべて廃止し、ブログとSNSでのご挨拶にさせていただいています。
(年賀状費用を、その分復興や社会発展のための費用に回そうと決めたためです。)

※本内容は、音声で聞くこともできます。
 (Amazon Pollyにて作成した合成音声です。)
  ↓
 
IMG_E0002.JPG


あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は、アイデアプラントとしてできることを全力で行いました。

そうできたのは、ご用命くださって様々な機会を下さった皆様のおかげです。
また、マグネットデザインをはじめとするパートナー企業の皆様のおかげです。

志しにかなう仕事をさせてくださって、本当にありがとうございました。

今年は一層、精進し、道をまい進したいと思います。
皆さま、どうぞお力添えくださいますよう、お願い申し上げます。


さて、昨年の活動をまず、報告します。

【2019年の活動報告】

==多様な産業領域で創造支援・アイデアワークショップ==
(守秘もあり、業種の頭文字のみ書きます。ほぼ、一部上場企業です)

◎精/光/薬/化/情/鉄/電/重/車/道/医/測/銀

==公的機関・教育機関で講演・ワークショップ==

◎東京(スタートアップハブ)
◎仙台(宮城県産業技術総合センター)
◎大阪(産創館)
◎八尾(環山楼塾)
◎早稲田大学(夏季集中講義:デザイン論)
◎奈良女子大学(冬季集中講義:創造学)
◎立命館(吉田真理先生のゲスト講義)
◎東北工業大学(アイデア基礎、年5回)
◎京都精華大医学(漫画学部)

==メディア掲載==

◎日経新聞(Bizワザ)
◎BackCasting Lab
◎会議Hack

==他==

◎顧客内の発想ツールを開発するプロジェクトを、複数案件、実施しました。
誰もが知る大企業です。高度な発想プロセスを元々持っていて、それをさらに効果的に実践するための「ある種のお手伝い」として参画しました。要求水準が高い依頼に、当初は本当に引き受けられるだろうかと、相当に覚悟を決めて参画を決定し、全力で支援しました。

◎大企業の中の事業プラン審査員を務めました。
これまた、大企業です。たくさんのプランが上がってきてそのプレゼンを聞き質問をして、アイデアとプランの質を明らかにする、という仕事でした。私はアイデアの潜在可能性をとも引き出す役でした。一緒に座っているVCの方は逆に切れる刀でばっさばさに切る。そんな多様性の高い審査会をした夏でした。

◎大企業の製品ブレストに、ブレストメンバーとして招聘されました。
各種の専門家とともに、思いっきり創造的にアイデアを描き出していく、楽しい、そして、かなり高度なコンセプト創出の活動をさせてもらいました。

◎「アイデアプラントの海外渡航」を再開しました。
2019年は、スペイン(サンセバスチャン、ビルバオ)、ドイツ(フランクフルト、ミュンヘン)へ。
分子料理法による特殊な地域発展の事例と、3Dプリンターの先端的な事例を実際に見てきました。
震災(2011)以来、海外にも目を向けて継続してきたのですが、2018年は腰痛で中断していました。2019年は杖をついての海外渡航では制限もありましたが、工夫すると可能であることもわかりました。

◎一年間のホテル宿泊人数は、171泊になりました。
半日滞在の日も含めると、191日の旅仕事です。多くの都市に滞在し仕事をした一年でした。

◎日本創造学会で、研究発表をしました。
「批判行為を入れたブレスト」という、ブレストの根底を変えるスキームでの、効果性実験をし、ある種の批判はブレストに取り入れることで、アイデアがよくなる可能性があることを示しました。学会発表以降は「ブレインストーミングType2」という名称で各社各地で紹介しています。

◎腰の回復
最大の痛みを100とするなら現在は5ぐらいまで回復しました。この先も杖は突いていきますが、比較的普通の行動ができるようになりました。(皆さんご心配をおかけしました。)


次に2020年の展望と抱負を書きます。

【2020年の展望】

◎今年は、共創の仕事が増えそうです。
大手企業の創造プロジェクトに参画し、創造活動にコミットする依頼が増えそうです。それに高く対応できるように、常に能力研鑽して進んでいきます。

◎ミドル60%に向けた「アイデア発想ツール」を上市します。
アイデアプラント製品の多くは、創造力に長けたチームに使われています。ですが、企業の多くの人材であるミドル60%にも、さっと使える、そういうツールを春までに出したいと思います。石井が非売品としてワークショップで使っていたものが、使用で洗練の時期を経て、いよいよ市場へ、という運びです。

(なお、ハイレベル向けのツールも開発中です。TRIZとVEから作った発想パターン「if60」を発想ツールとして完成させるための膨大なデザイン作業も日々行っていきます。)


◎九州の滞在が増えそうです。
昨年は大阪京都奈良兵庫の滞在日数が非常に多かったのですが、今年は、どうも、九州に何度も行くような気がします。オリンピックの夏であまり関東滞在しない一年になると予想されます。その分、色んな町の色んな企業さんに出向いて、創造的努力の方法をお伝えしていきたいともいます。(もちろん、全国各地、お声がけいただければ、どちらへも伺います。ちゃんとした講座もしますが、開催一週間前の講座立案などのスピーディーなものもできるかぎり対応しています。)

◎学術的な活動も層を厚くして行きそうです。
日本創造学会の先生方による共著の本が、出版されます。石井も1つの章を担当しました。
また、同学会の評議員(任期3年)を拝命します。創造性の研究の学会である創造学会の発展に向けて研究者個人として以外にも貢献していき、社会に知を還元したいと思います。
また、研究も深めます。新しいブレインストーミング方法の開発も続け、人が持つ創造的知性をいかに集団活動の中で活用できるようにするか、という観点から、今後も実験と結果報告を行っていきます。


以上です。

皆さんの創造的な努力が、製品サービスとして広く社会に価値提供をしていく。企業収益になる。そのために石井ができることがあれば全力を尽くします。

今年もどうぞよろしくお願いします。

2020年元旦・石井力重

posted by 石井力重 at 22:02 | アイデアプラント 5th(2018-2020)

2019年12月27日

【思い立って、急遽】仙台で「アイデアの授業」をします(12月30日)

#本イベントは、定員に達しました#

急に思い立ち、参加者が満足した金額で参加できる「アイデアの授業」をやってみます。しかも、今年中に、です。

12月30日は、月曜日です。
仕事納めが終わっており、大掃除のさなかかもしれませんが、それは土日(28・29)ですんじゃって、「ああ、師走の30日って、大みそかと違って、見たいテレビもないし、なにしよっかな」という時に思い出してください。

午後からなので、遅めの朝ご飯を10:30ごろにとったなら、そこから、ぶらっと五橋まで来ると、コーヒーかなんか飲んで、ちょうどいい13:30スタートに間に合います。

「でも、お高いんでしょ?」

いいえ。
石井の通常の費用は、現在、1Day60万円(+消費税+交通費)ですが、それは企業向けのこと。

今回は、石井の志しの一つである仙台地域の発展への貢献です。
ですので、基本的にお好きな値段で参加できます(満足した分を、無記名アンケート用紙に包んで、おひねりBoxに入れてください。満足度0なら0円で結構です。師走でお財布が寒いのよ、という方も気楽においでください。

なお、クオリティは、この一年間の各地行脚の経験をもとに、全力で最高の講義をしたいと思っています。仙台価格でも2万円のセミナーとかが時々ありますが、そこのクオリティも負けないものを提供するぞ、という姿勢で臨みます。

ということで、最近ご無沙汰の皆さん、よかったら、おいでください。お会いできるのを楽しみにしています。

((なお、定員上限はあります。当日満席になると入れなくなりますので、席を確実に確保したい、という方は石井までご一報ください。))


==タイトル==

発想が豊かになる「アイデアの授業」

==対象者==

アイデアを考えるのが好きな人、
アイデアが出なくて困っている人、
日々の暮らしをより良いものにしたい人、
アイデア創出のスキルを知ってみたい人
(高校生以上であれば、理解できる内容です。)

==内容==

◎創造的な考え方を自然と促す4つのガイドを、カードにしたもので遊びつつ学びます。〔ブレインストーミング・カード〕

◎会議でも、一人での考え事でも、短時間で次々アイデアを生み出せる汎用的なアイデア発想法があります。それをツールにしたものを実践し、発想のスキルを身に着けます。今、悩んでいることに自分で解決策が思い付けるかもしれません。〔改良版SCAMPER〕

◎話が苦手なメンバーが多くても、和気あいあいと発想してもらえるブレストの仕方を体験し実践できるようにします。職場や趣味のサークルなどでのアイデア会議が捗るようになります。〔PPGブレスト〕

◎その他

(石井の行っている創造性研究から、最新の学会発表【批判を取り入れたブレスト】という内容について、手法と効果についても紹介します。従来のブレストにやりにくさを感じている方にとってもヒントとなりそうです。)

※ブレスト=創造的にアイデアを出し合う行為のことです

(また、まだ誰もしたことのない、実験的なブレスト方法を、皆さんとともに、してみましょう。もしかしたら、ここから、新しいブレスト方法が生まれるかもしれません。)

==費用==

◎参加費はおいくらでも結構です。講座の後、満足した分だけ、無記名アンケート用紙に包んで、おひねりボックスにお入れください。
◎ただしおひとり様あたり、上限は5000円です。それ以上はお入れにならないでください。
◎なので、参加費は0円でも結構です。

(いただく費用の多くは会場代と、ファイブブリッジの運営資金として大切に使わせていただきます。)

==申し込み・定員==

事前申し込み無しで参加できますが、
定員(20名)を超える場合は、入れないことがあります。
席を確保したい、という場合は、石井までご連絡ください。

==講師==

石井力重(アイデアプラント代表、早稲田大学・奈良女子大学・非常勤講師)

==日時・会場==

2019年12月30日 13:30〜16:30

ファイブブリッジ(宮城県仙台市青葉区北目町4−7)
一階「綴カフェ」

==主催==

ファイブブリッジ&石井力重
(理事長の畠山さんは、この日はお仕事で欠席です)

※当日は、プロのカメラマン「フォトグラファー福田沙織氏」による撮影が入ります。気にしないという方はどうぞそのまま。映りたくない、という方は、来場時点で教えていただいて、写り込まないような席にご案内したいと思います。
posted by 石井力重 at 09:32 | アイデアプラント 5th(2018-2020)

2019年09月03日

早稲田大学での夏季集中講義に来ています

waseda_idea_2019.jpg

非常勤講師として担当している「デザイン論」の夏季集中講義。
実際の中身は、ブレスト&発想法のワークショップ中心講義です。
今年の履修人数は、270名。
所沢キャンパスとしては、最大級の受講人数です。

自分が受けたかった講義を、今自分がするのだ。
そういう姿勢で、教壇に立っています。

この4日間は、ほぼ大学にかかりきりで、対企業さんへのレスポンスが非常に低下しますがご容赦ください。
9月3日〜6日で、合計90分×15回の授業を行います。
posted by 石井力重 at 22:02 | アイデアプラント 5th(2018-2020)

2019年08月10日

大企業の新事業の審査員、新製品の構想ブレスト参加、社内用発想ツールの共同開発

この夏は、千客万来の大忙しでした。物理的には出ずっぱりで、お盆前の21泊、15泊(お盆明けは49泊)、の旅仕事をしています。

15泊で5都市を巡った時には、審査員、ブレストメンバー、共同開発、など、普段のファシリと講義とは違った仕事を依頼されてやってきました。

年間で数十社のイノベーション本部や商品開発の場を訪ね歩き、アイデア創出のファシリをする中で、色んな花粉をつけて、ほかの場に落としてゆく感じがしますが、お盆期間に入る前のこの15泊の時はそういう仕事が集中したように思います。

守秘は守りつつ、公知情報や事前学習で学んだんことが、多領域を横断する中で、価値になるんだなぁ、と、各社の中でコメントをしつつ、思っていました。

石井にしかできないことは全力で取り組もう、といつも思っています。
こういうイノベーションのミツバチみたいなことも、ほかの職種ではできないことかもない、と思って、全力で取り組みます。

それが、各社さんの創造的発展の役に立てれば幸甚です。

(今日から、お盆が始まりました。新しい知識のインプット(読書や学習用のコンテンツを作る)、新製品の開発、内省、をして、過ごしていきます)
posted by 石井力重 at 16:06 | アイデアプラント 5th(2018-2020)

2019年06月23日

日経新聞の記者さんの取材を受けました。MOST COFFEEにて。

The Most Coffee.jpg

フットワークの軽い記者さんが仙台にいらっしゃいました。
しかも、石井の都合に合わせてくださって、土曜日に。

アイデアとメモについての記事を書かれるそうです。
7月2日か3日の日経新聞に、その話が小さく載るかもしれません。

写真は、この日の取材の場所で使った、最近お気に入りのMOST COFFEE。

机の高さが高いので、モノを書くような取材の時にはとてもいいんです。
デカフェのコーヒーもオーダーできて、しかもそれがなかなか、美味しいんです。
posted by 石井力重 at 16:26 | アイデアプラント 5th(2018-2020)

2019年06月19日

講座とワークショップのご案内(2019夏)(京都、奈良、大阪)

この夏、関西でいくつかのワークショップを行います。


(1)京都
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■6月30日(&8月4日)
■京都
■主催:NPO法人まもるをまもる
■方向性:医療、新製品
■内容:命をまもる人のための知財創出ワークショップ Vol.1

石井コメント:代表の大浦さんは、ベテランのプロダクトデザイナーです。京都ビジネスデザインスクールで講義をした際に出会い、それ以来のお付き合いでした。
大浦さんたちは、医療従事者(命を守る人達)が、充分に良い環境で働けていない現状を何とかしたいと考えて、彼らをまもるような、アイウエアや改良道具を考案しようという活動を始めました。
そうしてその活動に経産省の助成金がついて、本格的に活動を始めたところで、石井にアイデア創出のワークショップをファシリテーションしてほしい、ということで、引き受けました。
内容的には、かなりハードかもしれません。医療現場、それも手術室の血のガーゼやごちゃごちゃのケーブルなどといったショッキングな写真をもとに想像し洞察し、改良品を考案していきますので。
一般の方の参加の枠もあります。しかし、このワークショップは医療を良くしたいという本気度の高い人が来ますので、当てはまる方だけが参加される方がいいかもしれません。


(2)奈良(の南、飛鳥)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7月19日〜20日(合宿)
■飛鳥(奈良県)
■主催:合同会社実験経営学研究所
    (協賛:関西大学)
    (サポート:ビジネスデザインスクール2019)
■方向性:SDGs、新事業
■内容:【2日間集中講座】SDGs × 新事業アイデア創出プロセス

石井のコメント:大企業、中小企業で新事業担当者であるものの、次のテーマを考えあぐねている、という方に、合宿でがっちりと新事業アイデアを出してもらいます。
特に世界的な社会課題であるSDGs(エス・ディー・ジー・ズ)を、自分の事業のサイズに引き寄せて、ニーズをそこに見出して、発想していきます。事業の手法を通じて社会をより良くする。そういう、ビジネスも、貢献も。会社を公器とみて、持続可能なビジネス、持続可能な社会の一助のなる事業を、発想します。
企業内のSDGs担当者のかたも、普及にこまっている、などのご興味があればぜひご参画ください。


(3)大阪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
これはかなり期間が長く、かつ、石井の担当回以外は、開催地が八尾です。
本気で、ビジネスのイノベーションに取り組む企業さん向けです。
(石井担当回は、10月12日〜13日(合宿です))


以上、関西開催のご案内でした。
ご興味があればぜひおいでください。

※どれも、ほぼ公的機関や非営利組織に近い主催者さんです。
 ですが、参加費はかかりますのでご確認ください。


追記:関東は?

9月上旬に、早稲田大学(所沢)の4日間授業はあります。
お手伝い係という体裁のオブザーバーは可能です。

posted by 石井力重 at 06:54 | アイデアプラント 5th(2018-2020)



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(72)
ideaplant 作品(27)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(87)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(167)
アイデアプラント 5th(2018-2020)(48)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(392)
アイデア・スイッチ(39)
アイデアの技法(226)
メソッド&ハウツー(192)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(127)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(15)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(436)
仙台(4)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(12)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(15)
311special(6)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)
過去ログ
2020年01月(6)
2019年12月(2)
2019年11月(2)
2019年10月(1)
2019年09月(1)
2019年08月(5)
2019年07月(1)
2019年06月(5)
2019年05月(3)
2019年04月(10)
2019年03月(6)
2019年02月(2)
2019年01月(8)
2018年12月(4)
2018年11月(3)
2018年10月(9)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年07月(8)
2018年06月(12)
2018年05月(11)
2018年04月(7)
2018年03月(8)
2018年02月(6)
2018年01月(2)
2017年12月(6)
2017年11月(12)
2017年10月(3)
2017年09月(3)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(5)
2017年05月(8)
2017年04月(5)
2017年03月(8)
2017年02月(6)
2017年01月(6)
2016年12月(10)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(5)
2016年07月(6)
2016年06月(9)
2016年05月(11)
2016年04月(10)
2016年03月(12)
2016年02月(15)
2016年01月(32)
2015年12月(41)
2015年11月(28)
2015年10月(11)
2015年09月(5)
2015年08月(10)
2015年07月(6)
2015年06月(6)
2015年05月(7)
2015年04月(19)
2015年03月(4)
2015年02月(7)
2015年01月(6)
2014年12月(6)
2014年11月(9)
2014年10月(12)
2014年09月(11)
2014年08月(11)
2014年07月(14)
2014年06月(2)
2014年05月(8)
2014年04月(6)
2014年03月(10)
2014年02月(2)
2014年01月(5)
2013年12月(7)
2013年11月(6)
2013年10月(8)
2013年09月(10)
2013年08月(11)
2013年07月(17)
2013年06月(7)
2013年05月(11)
2013年04月(11)
2013年03月(6)
2013年02月(13)
2013年01月(11)
2012年12月(34)
2012年11月(13)
2012年10月(8)
2012年09月(12)
2012年08月(13)
2012年07月(40)
2012年06月(27)
2012年05月(23)
2012年04月(15)
2012年03月(17)
2012年02月(23)
2012年01月(10)
2011年12月(20)
2011年11月(32)
2011年10月(18)

Powered by さくらのブログ