2021年01月26日

【メディア掲載】イチオシの本【flier】

ビジネス書の要約サービス「flier」の、イチオシの本、のコーナーに『すごいブレスト』が掲載されました。

(このページの一番下です)
posted by 石井力重 at 20:14 | 『すごいブレスト』2020年

2021年01月22日

【メディア掲載】アイデアを磨く【bizSPA!フレッシュ】

bizSPA!(『週刊SPA!』ニュースメディア)に、新刊『すごいブレスト』をベースにした記事が掲載されました。

もう企画がボツにならない。24時間でアイデアを磨く方法
続きを読む
posted by 石井力重 at 11:24 | 『すごいブレスト』2020年

2021年01月14日

[質より量、アイデア出しに効果的な「ブレスト」のルールと進め方]ライフハッカー[日本版] (書評をいただきました)

ライフハッカーさんで、『すごいブレスト』の書評をいただきました。

ありがとうございます。

そして・・・とっても、読みやすいです。
石井の筆の力では、知見の文章表現に限界があると常々思っていたのですが、このように表現すれば、もっと、届きやすくなるよ、という最高のお手本を見せていただいたように、思えます。

皆さん、ぜひお読みになってみてください。

ブレストの基礎部分が、一読すればわかる、ページになっています。
posted by 石井力重 at 09:16 | 『すごいブレスト』2020年

2020年12月30日

学会のニューズレターで『すごいブレスト』が紹介されました



日本創造学会_著作紹介_ブレスト.jpg


創造性の学会である日本創造学会の12月のニューズレターで、拙著が紹介されました。

謝辞(おわりに)でも述べましたが、学会の大先生や諸先輩がたからいただいた知見や研究結果や機会に助けていただき、今があります。その恩を広く社会に返したいと思い、全力でブレストの手ほどきの本を、書いてみました。
この場を借りて、御礼申し上げます。ありがとうございました。
posted by 石井力重 at 11:22 | 『すごいブレスト』2020年

2020年12月21日

プロの書き手から、書評をいただきました。

シゴタノ!の倉下さんに『すごいブレスト』への書評をいただきました。
献本もできていないのに、恐縮です。。。


以下、引用します。


『実践ベースで書かれていることが見えてきます。つまり、ごく単純に「この通りにやればうまくいきます」と語るのではなく、「指針としてこういうやり方がありますが、場合によってはこれをこう変えても大丈夫です」と説かれているのです。

なにせ、集まる人やその目的によって、ブレストの進み方は多種多様に変わっていくでしょう。たった一つの厳密なやり方だけでうまくいくわけはありません。状況に合わせてルールや指針や進め方は変えていっていいのですし、変えていくべきなのです。厳密なルールにこだわることほど非生産的なものはありません。

たとえば、レシピで「○○社のうすくち醤油7.00mlを入れてください」と指示されていたら、普通の人は料理が嫌になってしまうでしょう(小数点に注目してください)。実際的に重要なのは、醤油のmlではなく、「ある味付け」をすることであり、そのための手段としての醤油です。もし同じような味付けを別の調味料で代替できるならば、それを使ってもよいでしょう。それが実践的な料理の考え方です。

ブレストも同じでしょう。細かい部分はアレンジしてもいいのです。大切なのは、その場で「創造的な話し合い」が持たれているかどうか。そのために道具やルールを「使っていく」(従うのではなく)感覚が大切です。本書ではその点がきっちり視野に収められています。その意味で、実践的な内容なのです」



もう、倉下さんの解説の文章が良すぎて「倉下さんが、ブレストの本を書いた方が、良い本が書けたのでは・・・」とつぶやきそうになりまして。
本物の職業作家さんはやはり、筆の力が、すごい・・・。

そこについてこれ以上語ると、石井の新刊読者さんが不安になりそうなのでやめて、ちょっと違う話をば。


倉下さんとは、一度関西滞在の折にお会いしたことがあります。

その時、はじめてその某県にうかがったのですが、その後急速に別件でその県との縁が深まり、今では毎年通うところになりました。

僕の中での、その県の第一印象は倉下さん。

これからも、その県に行くたびに、顔を思い浮かべるんだと思います。

知的生産の技術にご興味のある方は、倉下さんのぜひブログや書籍をご覧になってみてください。
根強いファンが多い著者さんで、界隈で有名な方です。

(文のうまい人をほめる文を書く。これほど、難しいことはないな、と思う石井でした。)
posted by 石井力重 at 15:14 | 『すごいブレスト』2020年

2020年12月14日

電子書籍版の『すごいブレスト』

新刊『すごいブレスト』に、電子書籍版も出ました。



なお、紙の本


よりも、330円(20%)低い価格に設定されています。

どちらがおすすめか?と聞かれたら、5つの点で電子書籍がおすすめです。

1.書棚を圧迫しない
2.安い
3.リモートで活動するチームメンバーに、本を画面共有でKindleを見せられる
4.動画リンクへ、クリック一つで飛んでいける
5.歩きながらスマホの読み上げ機能で読める

自分で買ってKindleをSiriに読み上げてもらいました。結構うまく読んでくれました。
漢字の音読み訓読みの読み間違え、いくつかの英単語の読み上げエラーがあり、体感的には95%ぐらいの正確さで読み上げている感じでした。
図表を見なくてもわかる、読むだけでほとんど完結する章もあります。
図表のいる部分も、一度全体を耳で聞いて把握しておけば、後でPCで開いてみれば早く読めます。

なお、図表は大きな文字で作成したので、画面の小さいスマホでも結構見やすいです。

では、紙は全くお勧めしないのか、といえば、そうではありません。
紙の本もおすすめです。良い点が3つあります。

1.情報の塊を意識した改行位置、ページ構成で、読みやすい
(稿を重ね練りに練って、文字を置いているので、抜群に読みやすいです)

2.さっと探しやすい
(紙の本の大きな利点です。真ん中らへん、という物理的な記憶を使えます)

3.書き込み、付箋が付けられる
(ファシリテーションする人だと、自分なりの改変を書き込みたいはずです。)

紙と電子の両方いい所があります。
どうぞ、お好きな方を、選択ください。


((お詫び))

発売前に、どこかで「電子書籍はないのですか?」と聞かれ、当時は紙の本しかでないと思い込んでいたので「ありません」と答えてしまいました。どこで誰に回答したのかを失念してしまい、個別に情報訂正できないでいました。このブログをご覧になることがあれば、この場でお詫びさせてください。間違った情報をお伝えしてしまい、申し訳ありません。発売後ほどなく電子書籍もリリースされました。

posted by 石井力重 at 09:22 | 『すごいブレスト』2020年

2020年11月27日

新刊のご案内『使えるアイデアがあふれ出る すごいブレスト』(石井力重、2020年12月)

すごいブレスト.jpg

11年ぶりに、新刊が発売になります。
先ほど、amazonでの正式な予約が開始されました。

amazonのURL

説明文は、暖かい感じに書いていただいています。
引用します。

【「仕事に使える優れたアイデア」を大量に生み出せる驚異のメソッドを大公開! 】


ここ数年「人間の仕事の大半は、人工知能(AI)にとって代わられる」
というようなことをよく耳にします。
近い将来、「なくなる仕事」について論じられた本などもたくさん出ています。
確かに、今の技術の進歩を見ていると、
乗り物の自動運転や自動操縦などは近い将来、実現しそうですし、
仕事の大半が人間の手から機械へと移っていくことは間違いなさそうです。

しかし、いくらコンピュータが進化しても、
人間にとって代わることができない仕事があります。
それは「アイデアを考える」ことです。

確かに、チェスや囲碁などルールが決まっているゲームの世界では
すでにコンピュータが人間の能力を超えています。
しかし、コンピュータのアルゴリズムが
人間のアイデア創出能力と同等(あるいは、それ以上)のレベルに達するには、
かなり長い年月が必要になりそうです。
もしかしたら、「アイデアを考える」ことは、
人間にとって最後に残された仕事になるかもしれません。

そうなると、
アイデアを考えることは、
これからの生き抜くためには
とても重要であることがおわかりいただけると思います。
年齢、性別、職業を問わず、
すべての人にとってアイデア創出能力は必須スキルになるでしょう。
これは、個人レベルにおいても、集団レベル(企業など)においても同様です。

そうは言っても、
「新しいアイデアを考えるのが好き! 」という方は少数派で、
ほとんどの方は、アイデアを考えることに対して
多かれ少なかれ、苦手意識を抱いているのではないかと思います。

そんな方には
「ブレインストーミング(ブレスト)」がおすすめです。

「アイデアが出ない……」と1人で悩むのではなく、
みんなでワイワイ話し合い、
楽しみながら脳に汗をかいて、
よいアイデアをたくさん出すようにすればよいのです。

しかし、ブレストというと多くの方が
あまりいい印象を持っていないかもしれません。

たとえば、
「アイデアを出し合っているときは楽しいんだけれど、
結局、仕事に使えるアイデアが出ないんだよな」とか
「ブレストで出たアイデアが実際の成果につながったことがないんだよな」
などというケースです。

なぜそうなってしまうかというと、
成果が出るようにブレストを進めていないからです。

ブレストが正しく機能すれば、
参加者の潜在的な創造性が十分に引き出され、
独創的なアイデア、使えるアイデアはたくさん出ます。

「そんなこと言っても、正しいブレストのやり方なんて誰も教えてくれないし、
アイデア発想術の本を読んでも、
ブレストについてそれほど詳しく解説されてしないしなあ」などと
思われる方もいらっしゃるでしょう。

でも、大丈夫です。

これまでに、グーグル、マイクロソフト、NTTドコモ、富士通、KDDIをはじめ
600件以上の企業や教育機関で、のべ2万人以上のビジネスパーソンや学生に対して
アイデア創出やブレストの研修を実施してきた石井力重さんが
誰でも、どんな組織でもすぐに取り組める
「ブレストの方法」と「アイデア創出のコツ」をお教えします。

ブレストを「単なる雑談」ではなく、
「よいアイデアと成果が出る創造の場」にすることは、
実は、それほどむずかしいことではありません。
まず、次の4つの「ブレストの作法」を
みんながきちんと守るようにします。

1 まずは徹底的にアイデアを出し尽くす。そこからさらに出す(すべてを吐き出すと新しいアイデアが浮かぶ余地が生まれる)。
2 他人のアイデアを非難しない。よいところだけを見つけて言うようにする(誰もが思いついたことを言いやすい雰囲気になり、創造性が高まる)。
3 できるかどうかわからない未成熟なアイデアも、突飛なアイデアもかまわず出す(そのままでは使えないアイデアであっても、場に新規性や多様性をもたらす)。
4 出たアイデアを面白がる。その面白い要素をもとにさらにアイデアを出す(1つのアイデアからさまざまな可能性を探索する)。


これであれば、誰でもできるのではないでしょうか。
「みんなが、自由に発想して、自由に発言する」
ただこれだけのことなのですから。

そして、この4つのお作法を前提としたうえで 本書で紹介する次の6つの方法を試してみてください。

1 初心者でもうまくゆく「フリップボード・ブレインストーミング」
2 大人数のオンライン・ブレストに威力を発揮する「3人ブレスト」
3 「1人ブレスト」でアイデアをどんどん生み出す方法
4 大量のアイデアから良案を選び出す「ハイライト法」
5 アイデアを徹底的に出し尽くす「1ダース法」
6 50個の一気に脳を使う「クイック・ヒアリング」


この6つのブレストのやり方とアイデア創出法は、
著者の石井さんが長年研究している「創造工学」の理論をベースにしており
実際の現場(企業、教育機関など)で何度も実施されて、
参加者から「よいアイデアがたくさん出た! 効果があった! 」
という称賛の声があがったものばかりです。

さて、この6つの方法の優れたところは、
「ブレストでアイデアをたくさん出す」だけにとどまらず、
「アイデアの中からよいものを選び出し」
さらに「選んだよいアイデアを具体的に形にする」という点です。
つまり、アイデア出しから具体化までを一気通貫に行なうことができるのです。

この「正しく機能するブレスト」を
あなたやあなたが所属する組織が実現できたら
これまでとはまったく違う「創造性あふれる世界」に到達できるでしょう。
もちろん、すばらしい成果を上げられるようになることは間違いありません。


本書は、アイデア創出のスペシャリストとして全国で研修を行うかたわら、
アイデア創出ツール「ブレスター」(みやぎものづくり大賞受賞)、
発想を引き出す専用メモ紙「nekonote」(日本創造学会学会賞受賞)を開発し、
さらにはNHK「おはよう日本」で紹介された「アイデアトランプ」など
数々のアイデア創出ツール品を開発している
石井力重さんが
アイデアを生み出すためのノウハウとコツを
あますところなく大公開しています。

常に新しいアイデアの創出を求められている
ビジネスパーソンは必読の1冊です。


【主要目次】
第1章 なぜ「アイデア出し」にブレストが効くのか?
第2章 FBS(フリップボード・ブレスト)
――最もやりやすいオンライン・ブレスト
第3章 大人数のオンライン・ブレストに使える「3人ブレスト」
第4章 1人ブレストでアイデアをどんどん出す方法
第5章 アイデアを整理して良いアイデアを選び出す方法
第6章 〈上級編〉ブレストの達人への道(オンライン&リアル対応)
第7章 短期間でアイデアをきたえる方法
第8章 アイデアの創造をめぐる雑談

個人的に思うのですが、新商品というのは、マーケティングが上手すぎても不幸です。
本来はあまり対象者でない人も買ってしまったりするからです。
読まない層までたくさん買ってしまう本というのは、買った人もムダ金になり不幸ですし、その結果レビューも荒れ、長期的な商品寿命の意味でマイナスです。

ですので、この本も、アイデアスイッチと同じく、ゆっくり数年かけて世に出ていくといいなぁと思っています。

とはいえ、潜在的読者にきちんと情報が届くように、これから数カ月は情報発信をしていきます。

しばらく、PR的な記事が増えますが、生暖かく見守っていただければ幸いです。

お願いついでに、〇〇書店で見かけたよ、とSNSで #すごいブレスト をつぶやいていただけたら、投稿者と書店さんに心の中で感謝を申し上げます。

そこまで来たら、近くの図書館に、リクエストカードを出してもらえたら幸いです。(一度読めばわかる内容なので、借りて読んでしまえばいいんじゃないかと。)

((と、落語で昔見た演目をまねて書いてみました。なんでしたかね。ちょっと施しを受けたら、そこに少しだけ希望を加えて、どんどん要求が多くなるといった話。酒も、肴も要求していき、どんな落ちでしたか、覚えておりませんが。))

さて、アイデアの著者らしくちょっと変わった工夫を。
「リクエスト・カード」を作ってみました、ここに置いておきます。


リクエストカード_記入見本.jpg

ぜひこれを、プリントして、ポケットにねじ込んで、図書館などに行った際に、そこのリクエストカードに書いていただければ幸いです。

著者が言うのもなんですが、本をずっと本棚に置いておくには、日本の住宅事情は狭すぎますので、紙の本は増やしたくない、というのが今の読み手のニーズではないでしょうか。

ブレストに悩むまだ見ぬ誰かにも、あなたのおかげで情報が届く、かもしれません。

ぜひ、近所へのリクエストを、よろしくお願いします。(深々お辞儀)
posted by 石井力重 at 14:46 | 『すごいブレスト』2020年



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(76)
ideaplant 作品(28)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(87)
知であそぼう(5)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(167)
アイデアプラント 5th(2018-2020)(93)
オンライン・ワークショップ&研修(40)
執筆作業と拙著(2)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(405)
アイデア・スイッチ(39)
アイデアの技法(226)
メソッド&ハウツー(194)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(134)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(16)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(443)
仙台(5)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(12)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(43)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(17)
311special(7)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)
『すごいブレスト』2020年(7)
過去ログ
2021年09月(1)
2021年08月(2)
2021年07月(5)
2021年06月(1)
2021年05月(3)
2021年04月(3)
2021年03月(6)
2021年02月(7)
2021年01月(13)
2020年12月(10)
2020年11月(9)
2020年10月(3)
2020年09月(9)
2020年08月(8)
2020年07月(4)
2020年06月(20)
2020年05月(9)
2020年04月(10)
2020年03月(9)
2020年02月(4)
2020年01月(6)
2019年12月(2)
2019年11月(2)
2019年10月(1)
2019年09月(1)
2019年08月(5)
2019年07月(1)
2019年06月(5)
2019年05月(3)
2019年04月(10)
2019年03月(6)
2019年02月(2)
2019年01月(8)
2018年12月(4)
2018年11月(3)
2018年10月(9)
2018年09月(3)
2018年08月(1)
2018年07月(8)
2018年06月(12)
2018年05月(11)
2018年04月(7)
2018年03月(8)
2018年02月(6)
2018年01月(2)
2017年12月(6)
2017年11月(12)
2017年10月(3)
2017年09月(3)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(5)
2017年05月(8)
2017年04月(5)
2017年03月(8)
2017年02月(6)
2017年01月(6)
2016年12月(10)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(5)
2016年07月(6)
2016年06月(9)
2016年05月(11)
2016年04月(10)
2016年03月(12)
2016年02月(15)
2016年01月(32)
2015年12月(41)
2015年11月(28)
2015年10月(11)
2015年09月(5)
2015年08月(10)
2015年07月(6)
2015年06月(6)
2015年05月(7)
2015年04月(19)
2015年03月(4)
2015年02月(7)
2015年01月(6)
2014年12月(6)
2014年11月(9)
2014年10月(12)
2014年09月(11)
2014年08月(11)
2014年07月(14)
2014年06月(2)
2014年05月(8)
2014年04月(6)
2014年03月(10)
2014年02月(2)
2014年01月(5)
2013年12月(7)
2013年11月(6)
2013年10月(8)
2013年09月(10)
2013年08月(11)
2013年07月(17)
2013年06月(7)

Powered by さくらのブログ