2010年11月22日

本の自販機、長距離電車ホーム

少し前のことですが、恵比寿駅から大宮駅に向かう列車に乗ろうとしたときの様子です。土曜日の夜のこのホームはすいていました。

何気ない閑散とした風景。

ishiirikie_blog_DSC04038.jpg

大宮まで、すこしあるなぁ。でも何かを食べるような路線ではないし、売店もないので手持無沙汰。なにかないかなとあるくと、なんと本の自販機が。

ishiirikie_blog_DSC04036.jpg

値段は550円(で統一だったか不明ですが、多くは550円)でした。下流志向や水木しげるの戦争を描いた作品や、地震や昔の国鉄列車のことを書いた本、しっかりした小説などなど。

普段、昔ほど、書店にいかなくなってきた(アマゾンで買うので)身としては、接することのない分野の本は興味を惹かれました。今だから逆に新鮮かと。

そして売店では選べない(売店は、売り子さんのフィールドに入ると5秒ぐらいの意思決定をしないといけない感があり、つい、よく知っているビジネス誌を買いそうになりますが、よく見ると文庫もあったりします。趣味がちょっと、渋いのであまりまじまじと目を向けないでいましたが。

本を買うのは、売店でのど飴やお茶を買うのとはちょっと違う。その意味では、こういう自販機売りは(本を買うユーザ層にマッチしていて)結構ありだなぁと思いました。

おいている場所もいいですね。恵比寿駅にも、長距離列車の発着がありそれが大宮行の列車。大宮まで行くとなるとちょっとなにかを仕入れておかなきゃ、という気分にもなりますし。

面白さもあってちょっと買ってみよう、という人も結構いそうです。

これ、単に売るだけの販売機能だけじゃもったいない気もしますね。買う人の行動を蓄積できるとか、本の一部を試し読みするかのように、電光掲示板にながすとか、そういう機能があったら結構面白い実験もできそうで、面白いなぁと思いました。(自販機型の箱の中に、売り子さんが座っているショーケース、なんてのも、イベント手法の販売には面白そうです)

ちなみにこの本をいくつかネットで調べてみたら、販売機の表示価格は定価でした。(”本”なのである意味当然かもしれませんが)
posted by 石井力重 at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会動向を見る

2009年09月30日

非対称のフォルムの時代

TRIZにおける「技術の進化トレンド」には、
対称→非対称、という発展のトレンドがあります。

2つの面から、それは支持されていると思います。

一つ目は、大量生産。
大量生産にむく製品は、平面的であり、対称的。
少量で高い価値のものを生産する時代には、
大量生産のための形状、という制約は徐々に外れるでしょう。
(個別には、子供用の靴など、産業レベルですでに生じました)

二つ目は、手の非対称性。
円や円柱状の形状は、人間の手のひらのとっては
引っかかりがなくて、余計に力がいる。
UD性のたかいステープラーでは、
手のひらになじむように卵型のフォルムが採用されています。
人間の体には、軸対称・左右対称である部分も認められますが
それ以上に、非対称の部分が多くあります。

二つ目は、大量生産の作り手にとっては都合の悪いものでした。
これまでのようは大量生産の産業から、産業が転換するこの時期、
多分、非対称のフォルムにより、
「価値(おもに使いやすさや、人間の少ない筋力での操作)」
の高い製品が増えると思います。

短期的にはそうではないものも登場するでしょうし、
価格勝負のエリアではそういうトレンドは出現しないかもしれません。

ただ、一部の産業を見通す指針には、なるはずです。
posted by 石井力重 at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会動向を見る

2009年07月14日

縮小基調のトレンド『自分で化』

(学術論文風な、硬い文体の練習をしています。文体が、ブレますがお許しください。)(なお、大学院でこういう研究をしているわけではありません。経済学の大学院には所属していますが、専門は、創造工学です。)


日本において、人口減少というトレンドは、40年以上継続する確率が高いと考えられている。

21世紀のはじめ、ゴールドマンサックスの予想では、2050年の世界は、1.5倍に伸長する一方で、日本は9000万人へ減少をしていると述べられている。

また、日本の政府系の人口に関する統計などを発表する機関は、2100年、日本の人口が江戸時代と同規模になると予想している(3000万人)

メモ:上記の数字は、出典調査中であり、後で、正確な数字への修正が必要である。引用の際に注意されたい。


これらの分析の妥当性が高いとするならば、日本の人口は長らく減少基調の社会になるといえるだろう。(ただし、世界的に人口増をするなかで、日本への移民による外国人増加の可能性も考えられる。ドライブフォースとなりえる、政策や労働資源確保における企業サイドのニーズにより不確定な要因が多いため、この議論では、移民による外国人増加は、無い前提で論じたい。)

社会が拡張基調であった時代には、複雑なことを行うよりも、同じものを早く大量に作る「大量生産、アウトソーシング(事業上の機能の外部化)」が主たるトレンドを占めていて、もはや、疑う余地のないものと考えて経営上の根底ルールの一角の位置を占めていた。

拡大する経済においては、経済は伸長するものであり、消費は市場成長期には急速に拡大するものであった。その中では、自社の強い事業部分に特化して、不得意なものは、外部化する、ということをすることで、企業は資本回転率を最大限まで高めることが、合理的な行動であった。

縮小する経済においては、経済は全体規模が減り始め、市場は、成長期においてさえ、急激な拡大は必ずしも期待できず、規模を稼ぎにくくなった市場成長は、これまでよりも速度が鈍化する。そのため、新陳代謝もおそくなる。結果として2つのことが企業群に見られるようになる。一つは、既存市場における新規事業の登場割合の減少である。急成長を見込みにくくなる社会では、既存マーケットへのチャレンジは、以前のようなベンチャーモデルが難しい。残念なことであるかもしれないが、創造と破壊の循環はその速度をおとすことになるだろう、。二つ目は、『自分で化』である。企業は、これまでの「外部化」(コア・コンピタンスに絞る)することで、大量生産の際の生産性を最大化してきた。「時間はない・金はある」という企業は、自社でやるよりも、外部サービスを使った方が、合理的であった。

現在は、ちょうど逆になっている。「時間はある・金はない」という企業が増えている。しかも規模や分野を問わず、急速に。現場の生産性は十分にあり、意欲の少ない現在の市場のニーズにこたえるには、フル操業の必要がない。人材の時間はたくさんあり、その一方で売り上げが減るので資金がない。そこで、これまでの外部化してきたもの(たとえば、専門企業に依頼していた軽作業)などを、自社で行う『自分で化』が顕著になってくる。

自分で化、という表現は、さも、効率が悪いように感じるが、それは、「拡大基調の判断基準」を持ち続ける経営眼の場合である。「縮小基調の判断基準」に変わった場合、ざっくりいって、これまでの企業が行ってきた行動を逆にたどる行為の中に、多くの価値を見出すことになる。特化した事業で、早く操業が終わってしまって、少ない売り上げで、人材が遊ぶことを許せるほど、事業環境が良好ではないので、結果的に、外部に任せたことを、内部でおこない、そのコストを削減することで、正常な事業収益構造を発生させることになる。

小まとめ:萌芽的なトレンドの一つ『自分で化』

「外部化」の逆としての「自分で化」は、日本企業の多くにとって、長期にわたり見られるトレンドとなる可能性と思われる。



なお、主旨とはずれるが、今後の同行を紡ぎ出すための視点としていくつかの事柄に触れておきたい。

拡大基調の40年間で、おこってきた企業群の行動は、ゆっくりと来た道を戻るようなことを想起するとそのうちのいくつかは、実際におこるトレンドとなって表れるだろう。

単純に、来た道を戻るだけではないため、(戻りの道から想起されることが)必ずしもすべては起こらないであろう。その「単純に戻らない」最大の要因は、技術革新とドミナントデザイン、であるとおもわれる。

高効率エネルギーの機構や家電部品の登場で、デジタルをアナログに退化させることなく、ほとんど電気を消費しない製品への発展を遂げることで、進化を逆戻りする(つまり退化の)道を進まずに、
折り返し地点をまわってくる物事があるだろう。

人間社会の中に認められてしまって、容易に代えがたいもの(ドミナントデザイン、キーボードの配列パターンなど)は、やはり、折り返し地点で純粋に退化するようなプロセスはたどりにくい。

それについては、ドミナントデザインが、変化を阻止しつづけながら、縮小社会で変化を遂げるため、「いびつな退化」をむかえるかもしれない。あるいは、イノベーションによって、退化とはちがう道へと、社会はそれを克服するのかもしれない。


余談:(もはや、論文的な文体をはなれて、アイデアを書きたい)

なお、大きく余談となるが「自分で化」は企業側だけではない。一般消費者、一般家庭の消費動向でも、同様に「自分で化」のトレンドは顕著になるだろう。その場合、企業の大量加工の方が安いものは、人件費割合の少ない工程についてだけをおこない、人件費割合の高い工程はなさずに「半完成品」としての製品が市場に出回るようになる可能性が考えられる。

ユニクロのウエアが、縫いあげられるところは、もし人手であれば、そこをはいした、型紙から切り抜かれたシャツ生地だけを、ユニクロの1/10で提供するような未来企業が登場するかもしれない。当然裁縫を自分でするので、不器用な人には向かない。ホッチキス型のハンドクラフトツールが同時に登場する必要がある。パチン、パチンととめて、それをレンジかけると、針は熱で溶けて、ウエアを縫いとめるようにユウチャクさせる。そうすることで、針を使わずに、縫物を多くの人ができるようになる。また、自分で仕上げるので、カスタマイズは、自分で行えるようになり、安価な購入代金で、自分に合った服を手に入れられる、という構造になる。


<こういう文体は、慣れてしまうと多用してしまう可能性が高いですね…。口語体の方が、伝えられる情報量がおおい(特に感性的なテイストなど)ため、口語体の文体であり続けたいなぁと思っています。>
posted by 石井力重 at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会動向を見る

2009年07月08日

企業向けの研修サービスはなぜ伸びているのか?

少し前のヤノレポートに興味深いレポートがありました。

教育産業市場に関する調査結果2008
http://www.yano.co.jp/press/press.php/000412
(そこの「詳細」と「PDF」へのリンクもぜひ開けてみて下さい)


それによると「教育産業市場」は減少基調にあります。それらを構成するのは「補習・進学教育市場」「資格取得市場」「英会話・語学教育市場」「趣味・習い事市場」「幼児教育市場」「企業向け研修サービス市場」「eラーニング市場」「各種教材・通信教育・学習ゲーム市場」「知育玩具市場」とのこと。

個々の市場がやはりダウンしている中で「企業向け研修サービス市場」(といくつかの市場、たとえば、ゲーム機用学習ソフトウェアを含む市場など)が伸びています。

「教育産業」というベースが地盤沈下しているなかで、ベースアップを実現している「企業向け研修サービス市場」はとても興味深いと思います。似ていると思いがちな「資格習得」市場は「資格バブル」という感もありましたが、下降気味である、という部分が、コントラストをさらにくっきりとさせています。



「企業向けの研修サービスはなぜ伸びているのか?」

この答えは、レポートを買わないといけない(個人で買うには高額)ので、推察してみます。

企業は不況で、人材への投資だって控えるのではないか、と普通は思いがちですが、そうではない、と。一方で、IT分野の人材に関する動向で、示唆あるレポートがありました。NTTデータ経営研究所の最近(2008年)のレポート『IT人材マネジメント、3つの提言』です。そのなかで、3つのポイントが目を引きます。

「(1)転職志向」
「(2)ポテンシャル(成長の伸びしろ)」
「(3)スキルシフト(変化への対応)」

詳しい引用は避けて、それをもとに考えた私見をのべます。IT分野の企業は確かに、人材投資に積極だと感じます。人材の流動化はIT分野では他の分野より顕著です。業界自体、企業自体が若いため、近年の人材のフリーな働き方を反映しています。また、楽しく成長してもらうための教育投資は盛んであるとも感じます。それを踏まえ、私見にもとづく仮説ですが、こうではないかと思います。

社会トレンドにあるように、転職志向で優秀な社員が会社をさるリスクは年々上がる。優秀な社員は、自分のノビシロを求める。変化する社会の中で、修得するスキルも変化していることを感じている。自分自身が人材市場の中で価値ある存在でありつづけられる環境を提供してくれる環境に、いたがる。優秀な人材が自発的にいたくなる環境を作らねばならないとなる。そこで、新しいタイプのスキル学習を提供してくれるサービスを人材開発部門は活用する量が増える。

IT業界ほど顕著ではないとでしょうが、社会環境を考えると、各業界に同じ構造があると思われます。「企業向けの研修サービスはなぜ伸びているのか?」という自分でたてた問いに、きわめてプリミティブな仮設で、ですが、ざっくりと答えてみました。

研修提供するプロの個人が、私の友人知人には多いですが、研修サービスの顧客(企業の研修部門)は、どういう環境にさらされ、何を望んでいるのか、を推察することで、よりエッジの立ったコンテンツが作れる気がします。そうしたヒントになれば幸いです。
posted by 石井力重 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会動向を見る

2009年04月19日

2033年。48年生まれの人が60歳になるころ

未来年表によると、2033年頃は、こういう時代だと予測されています。


未来年表 2032年
未来年表 2033年
未来年表 2034年

(2033年とプラス・マイナス1年の予測)


ざっと拾ってみると、がんの細胞制御が始まる時期であり、インドの経済規模が日本を抜き、中国の人口は15億人でピークを迎え、パソコンは第4の回路素子「memristor」で設計された新しいコンピュータが登場するそうです。

さらに、前後2年(2031年、2035年)を含めると興味深いことが分かります。

日本の毎年の人口減少が100万人規模という超人口減少社会に。限界自治体が132市町村に。1人当たりのエネルギー消費量が半減(2005年に比べ)。


私(および私と同じ昭和48年生まれの人)が60歳になること、社会はこういうふうになっている可能性があります。

結構な変化ですね。

とはいえ、TRIZ的な考えから言うと、さもありなん、とおもいます。未来の24年分の変化量は、過去の48年間に経てきた変化量とほぼ等しい、わけですが、それは1960年ごろの日本と今のギャップと同じほど、2033年頃の社会と今とではギャップがある、ということです。

1960年代、世界中の人が、PCでほとんどコストを使わずに、文字や音声やましては動画を発信できる、取得できる、とは思わなかったでしょう。国内の移動も、昔なら東京―仙台の移動は、一日がかりだったでしょうけれど、いまは、100分です。その気になれば、4〜5往復できそうです。

これと同じくらい社会が変化するならば、想定されるのは、かなり進んだ世の中ですね。


この時代に到達するまでに、いろいろとかなえたいものごとがあります。その未来の社会の一部に、自分の力で作り出したものが実現している世の中であってほしいものです。
posted by 石井力重 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会動向を見る

有限寿命の時代

人が寿命を持つ存在であるから


企業は永続することを期待される。その生産的な行為が社会にとって必要だと評価され続ける限りは。

しかし、人はいずれ寿命が来る。企業体の本質は、構成している人の労働で構成されている。どんな会社にも寿命があるのだ。人間というものが心臓部である限り。

もちろん、マインドを継承する、ということもなされるのですべての企業体に寿命があるとは言い切れない。

ただ、「プロの個人」として個人事業主を行う場合や小規模事業〜専門特化型中小企業という道を選択した場合、そのサービスがどれほど高いものを作り上げたとしても、それは、創業者の寿命とそう変わらずにその企業体は寿命を迎える。こちらはほぼ確実に、寿命のある存在である。



小さい企業の割合が増える

これから、世界経済は長期的に人口増加局面をいくが、日本は人口減少局面を非常にながく経験する。(研究機関の公表する予測では2100年頃の日本は江戸時代の人口に近い、とも)

その中では、企業が大規模・大量生産を主軸に成長を続けるトーンは弱くなり、一方で、小規模で少量の仕事でも収益の出せる小回りの利く企業体がより経済におけるプレゼンスを高める。




企業有限寿命の時代

その意味では、日本の企業体は、有限寿命の組織体である、というのが、これからの社会では当然と認識される可能性が高い。

(もちろん、現在でもそういう割り切りの考えの方もいるが、社会的には企業って、どういう存在だろう、ずっと続くものなんじゃないかな、という意識も現在の社会には少なくない)







・・・・・・


「事業の時間が有限である」

そういう意識を持つと、個人事業主で創業した私の場合は、体の健全性を保てると予測される60歳(2033年)まで、あと24年が、この事業体にあたえられた時間である、とわかる。

35歳で、プロの個人として創業した場合、
事業寿命は、24年しかない貴重な資産、なのだ。

自分で事業をする、ということは、
有限寿命である人の人生を生きることと
時間の制限がある存在という意味でほぼ同じだ。

貴重な有限の時間をもった人間が、
活き活きと生きるために
「メメント・モリ」という
いずれ来るべき終わりの時があるからこそ、
今を活き活き生きる。
考え方をもつ。

これからの企業体も、そう。

有限寿命である企業体もいずれ、その存在を終える時が来る。
だから、こそ、今を活き活きと生きる(事業をする)。

あと24年間しかない事業だからこそ、
まごまごなんてしていられないし、
今回は我慢しておこうなんて、していられない。

道がないから迂回する、と言っていられない。

進む先に常に道なんてあると思わぬタフさがあれば、
『作りながら道を行く』という思考様式になる。

もっといえば

『作りながら、その道を疾走していく』

24年という有限時間で、僕は誰よりも遠くまで
この道の先にあるものをみたい。



有限寿命の時代には、
メメントモリ、ということを意識した企業体が増える。

僕のような考え方の企業は増えるだろう。



そして、もし僕の仮説が正しいならば
彼らが、残したいと思っているものは
「企業」ではなく「意志」だろう。


僕はそれを「背中が残る」と、表現し、信じている。
posted by 石井力重 at 02:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会動向を見る

2009年01月07日

本質の時代

「先行きの不透明な、寒い時期、備えに励む体力のある人はなにをするか?」

それはたぶん、「基本スキルを鍛えておく」「本質的なものを選択しておく」ということになるんだと思うんです。

いつ見通しがきくのか分からない中では「判断保留」出来ることはできるだけ、しておいて、どっちにころんでも必要なものだけを取り入れておく、そういう心理状況になると推測されます。

今年の物事には「本質」「基本」という言葉が増える、とおもいます。


プチ予測でした。
posted by 石井力重 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会動向を見る

巡音ルカのアイテムは、どのように創造されるのか

VOCALOID(初音ミクのソフトウエア)のシリーズに
第三弾が発表された。

「巡音ルカ」
めぐりねるか、という名前。

たぶん、歌唱ソフトウエアの声の性格を加味して
名前のオンの印象(※)のテイストが選ばれていると思われる。
オンの印章:音の印象:アルファベットやひらがなの構成文字毎にもつ印象。IやTはシュッとしている、Bは力強い、Mはファミリア的、なもの。正確な出典は探せなかった

MEGURINE RUKA

比較的、丸っこい、滑らかな感じのオンだとおもう。



第二弾は
「鏡音リン・レン(KAGAMINE RIN REN)」
であったが、この
「かがみね りん れん」は、
短くとはっきりした立ち上がりを思わせるオンだった。

このケースでは、アイテムがロードローラー(しかし、すごいな(笑))に
なっていく過程で動画がおおきな役割を果たしている。

実質的に、小さな訴求ポイントが一人もしくは、
疑似的な共同創作メンバー間の直感的な解釈しあいによって
アイテムが登場し、それが大きな支持を得て、定着する。

黄色・オレンジ色の果物、という案もあった模様だが、
大勢はロードローラになったようだ。



この大勢の支持は、そうしたプロセスを経ているが、大勢が支持する水面下のポイントは「提案したアイテムが、キャラクターから感じる印象とマッチしているか」という直感的な部分もあると思われる。

公式サイトに掲示されるキャラクターの性格付け、もあるが、生身の存在ではない「キャラクター」の性格付けは、「シンボルとしての名前」が大きく影響しているとおもわれる。



「めぐりねるか」というアールのついた滑らかな曲線のテイストを持つオンなので、

「滑らかな質感」
「おおぶりの美しい曲線をもったもの」

がアイテムとして登場した時に支持されるのではないだろうか。

(なお、オン(名前の持つ音のイメージ)だけではない、かもしれない。
 キャラクターのイラストから感じるテイストは、
 その名前のテイストから感じるものと近い。
 第三弾も、第二弾も)

 
人々が創発的にアイデアを作りだし、
それが市場のすばやい評価を受けて
覆しがたい「支持」「不支持」に分かれる。

大きな流れを分岐させるのが、時間空間的には
小さな「点」のような情報の登場である点が
とても興味深い。

あるいは、こうした着眼点は
まったくの的外れかもしれない。


余談:

いずれにしても、昨年学会でお会いしたあの札幌の企業さん
新しいプロダクトが
市場から期待を持って迎え入れらていて、
(勝手に)うれしく思う。

知識創造が、人口減少社会の日本において
長期的産業になると予想されるが
「創造する道具を創る」のは、その水門を開くための
キーポイントであり、将来、現在を歴史的に振り返ったとき
各分野の「創造する道具」の原点の一つとして位置づけられているのが、
同社の製品及び、ヤマハの要素技術であるとおもう。
posted by 石井力重 at 05:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会動向を見る

2008年05月28日

「初音ミク」を創った方にお会いしました(神戸にて)

神戸に来ています。音楽情報科学研究会に参加しています。

この研究会で「初音ミク」という音声合成ソフトの開発者の方の講演がありました。講演のあと、ごあいさつして少しお話をさせていただきました。


私も最近勉強したばかりですが、まず、いくつかの単語を紹介します。

[ニコニコ動画]

今、動画共有サイトとして、Youtubeとは違った路線の「ニコニコ動画」というサイトがあります。字幕が流し込める点で、動画製作者と閲覧者の距離が非常に近く感じられる空間がかもされています。

[ボーカロイド]

ボーカルとアンドロイドを合わせた造語。ヤマハが開発した音声合成ソフト。そのソフトに、人間のサンプリングした声のデータベースを持たせると、旋律と歌詞を打ち込めば、サンプリングした声を合成して歌唱してくれる。

[クリプトン・フューチャー・メディア]

札幌にある(ベンチャー)企業。講演者の方のお話では、20名規模の企業ということと、面白いことはやってみようという社風から、いわゆるベンチャーですが、社歴は古く企業タイプとしては、専門特化型中小企業、と表現するべきかもしれません。サンプリングした音の販売を長らく生業としてきた企業で、現在は、初音ミク、というボーカロイドのソフトウエアも開発・販売している。最近のメディア露出やユーザの盛り上がりは「初音ミクの会社」という印象が強いが、専門の世界ではサンプリングした音源の企業として評価されている。

[初音ミク(はつねみく)]

16歳という設定の女性声のボーカロイド。同社からはボーカロイドの第一世代として、メイコ、カイトという、女性・男性の声のソフトがある。初音ミクは、第二世代のもの。計画では、第三世代まである。なお、第二世代には、鏡音リン・レン(かがみねりんれん)というソフトウエアもある。起用した声優の名前を前面に出しているもの(第二世代)とそうでないもの上がるが、同社の姿勢として声優への配慮を元に、そのソフトごとに、方針を決めている。ニコニコ動画などで、このソフトを用いて制作された歌が非常に人気を博しており、CGM(消費者が創り出すメディア)の本格的な可能性を感じさせるものとして、ユーザ以外からの注目も集めている。ユーザ兼制作者による共同創造や楽曲管理に関する問題は、従来はさほど問題にならない(問題にすることができなかった)が、巨大なユーザ層が、時にゆるやな、時に強力な、共同創造を行っているため、現代の管理制度上のひずみが、明確な問題になりつつある点でも大きな貢献をしている。なお、初音ミクには、しゃべる機能が乏しいので、しゃべる行為はロボット感が強いが、パラメータの調整で、非常に高度に自然さを演出する制作者も存在する。楽曲のクオリティーはずぶの素人のものではなく、ある程度楽曲制作を心得た人から、たぶんプロと思われる人の存在まで感じられる。しかし、本当にずぶの素人が、とりあえず作ってみた、というトーンのものも楽しまれているため、非常に楽しみの間口が広い。また、本来は、初音ミクの画像については、クリプトン・フューチャー・メディアは3枚しか制作していないが、それを元に、また初音ミクの付帯イメージを元に、様々なイラストや動画がユーザによって制作されている。同じく、素人からプロと思われるものまで、幅広い。動画に関しては、イラストの切り替えや、文字スライドに近いものから、3次元の立体画像をポリゴン技術などを用いて運動させているものまである。顔の表情、背景画などには技術や文化度の高いものも多い。


以上、私なりに、初音ミクとは?を調べて、今日の講演も踏まえて、整理してみました。

以下、講演を伺った際の感想を付けます。非常に私見です。


今日は初音ミクの開発をされた方が1時間お話をされたのですが、 「なんだかいいひとだなぁ〜、音楽、すきなんだろうなぁ〜」という気持ちでお話を伺っていました。

同社は面白いことがすき、ということで、面白い仕事をしているのですが、聞いていて、私の駐在しているデュナミスに雰囲気がにているかなぁ、とおもいました。私はそういう企業が大好きです。

初音ミクというソフトウエアを、私が使えるかどうかわからないくらい私は、そもそも楽曲作りの素人ですが、その創られて、動画共有サイトで流されているものは、非常に好きです。細身でさらっとした質感の素敵な楽器、という印象がします。

新たしい知識創造の時代は、来ているのかな、と思いました。 創り手も、それを研究する人も、企業も。



■しばらく前に、書いたメモも添付します。
 広範囲な普及には複数の入口があること続きを読む
posted by 石井力重 at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会動向を見る



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(61)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(84)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(161)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(356)
アイデア・スイッチ(38)
アイデアの技法(218)
メソッド&ハウツー(189)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(119)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(13)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(4)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(13)
311special(5)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)