2011年11月25日

オープンアワー(11月)を実施しました。

バックデイトで更新しています(数時間後に実施日の日付位置へ動かします)

Fandroidでは、多くの作り手の方が顔の見える関係をつくれるように、よくオープンアワーを行っています。夏には、オープンアワー=ブレストCafe、という構図でしたが、今は、ブレストの他にも、UIや、ただの自由時間、という趣のものもそろえています。

11月25日は、アエル7Fで、以下のような形で行いました。今回も、半分ぐらいは新しい方にご参加いただけました。


第一部)ブレストCage

発想テーマ:「スマフォ×家電で、出来るアイデア」

従来の震災対応アプリ、という重めの、シリアスなテーマから、今度は外部機器連携を視野に入れて、家電とスマフォで出来るアイデアを考案してゆこうと考えています。

5分の3人ブレスト、を3回行い、アイデアをスケッチに書き、ハイライトを行い、特に☆の集まったものをレビューしました。

アイデア・スケッチ
20111125ideasketch_FEJ_openhour.pdf

今回は、テーマの初回であり、かつテーマ設定を少し曖昧に設定したため、幅広いアイデアになっています。(アイデアワークの設定部分にすこし課題を抱えていました。次回はもっとブラッシュアップします。)


第2部)UIカフェ

ここでは紙を切り貼りしながら、アイデアをユーザ・インタフェースにしていく、というものを行いました。私は、「素数アプリ」のUIを作ってみました。たぶん世界中に何人もダウンロードしないだろう、でも、いつか自分用にほしいアプリ。素数を、ゆっくり表示していくようなものです。実際に画面の形の紙に書いてみると、何を考慮すべきか、次々分かりました。私のテーブルは、隣に、エンジニアの田中さんがいたので、田中さんに尋ねながら作業を進めていきました。「技術的に、こういうことって可能ですかね?」と、テーブルの中の人同士で、手を動かしながら話を気楽に話せるのはいいですね。

(自分なりに、気が付いたこと)

・寝る時に使う
・とりあえず100個目の素数まで。(2、3、5、・・・、541)
・夜なので暗い方がいい
・徐々に数字が黒に近づく(これは簡単にできる模様)
・人の睡眠時の呼吸で数字が切り替わる
・切り替わりでは画面は滑らかに暗くなり明るくなる
・画面のふちから5ミリを削った領域を描画領域にする
・その中に納まるようにフォントサイズを徐々に小さくする(桁が上がった時にはみ出ないように)
・最後の方の数字はほとんど黒。
・終わったら、スリープに。

画面を描いていこうとすると、具体的にこの時はどうなるんだろう、というのがとてもよく想像できて、次々詰めていくことができました。


第3部)なんにもしないタイム 

私は、自由時間とか、交流タイム、というものにいつも、違和感を感じていて、交流は自分でするからそんな時間は要らない、と思いがちだったのですが、実際にはこういう時間もあった方が、よいかもしれない、ということで、実験的に「なんにもしないタイム」が作られました。実際にやってみて、ブレストとかのパートよりも、この枠の方がいいんじゃない?みたいな気もして、うれしいような、微妙なような、気持ちでした。めいめいに、好きな人と話したりしてすごしました。私も、事務局の中でなかなか普段話せないメンバーと、会議で話さないようなことを話したり、初めてお会いする方といろんなお話をすることができました。 


・・・

以上です。オープンアワー11月は、このような形で終わりました。
 
12月21日は、10人と、少し絞り、「エンジニアじゃなくても、アプリを2時間で作ろう」という主旨の物を行います。場所は、仙台の南町通り、明治屋の近くのオフィスにて行う予定です。詳しくは、もうすこし時期が近付いたら、Fandroidの公式ページやFacebookから発信いたします。
 

2011年11月23日

オータムセミナー2011で、アイデアワークショップをしました

今日は、オータムセミナーで、ブレスターと発想トランプを使ったアイデア出しを楽しむカードゲームをしました。

AS_iws_2011DSC01321.jpg



動画もあります(10秒ぐらい) ※音が出ます





ワークとしては、ブレスター(Easy)を行うつもりでしたが、急遽、発想トランプ(試作品、小学生向けの発想道具)を混ぜて使ってみました。

(急遽使った進行マニュアル)
ブレスタープラス.pdf

今回は、8セットのブレスターで40名ぐらいの方に楽しんでもらいました。

そして最後に、この発想トランプの商品化アイデアについても皆さんから寄せていただきました。

本日ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!

AS_iws_2011DSC01331.jpg



2011年11月21日

日経BPのサイトにて「ダメプレゼン→指導→変化→受賞」に至る2日間の様子が

日経BP ITProの記事で、シリコンバレーから来てくださったエバーノートの会長・外村(ほかむら)さんらの前で、プレゼンをした時の様子が紹介されました。A3授賞式プレゼンの前日練習、ということで行ったものです。

あなたもやりがち“あるあるプレゼン

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20111117/374615/?ST=selfup&P=1


記事内には動画もあがっていますが、そのプレゼンの分かりにくさと言ったら・・・お恥ずかしい限りです。

で、そのあと、外村さんたちが、稽古をつけてくれました。(なんて贅沢な!と思う環境です。なにせ、外村さんは『スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン』の監修者でもありますから)

そして、20分後ぐらいに、もう一度、プレゼンをする機会をもらいました。プレゼンをしてみると、とても話しやすいことに気が付きました。

なるほど。と思いましたが、正確にはこの時には、変化を客観的にはわかっていませんでした。

興味深いのは、その日の夜にFacebookにも書いたことなんですが、「一度目がそこまで分かりにくかったのは、自分ではわからなかった」し、「二度目がどれほどよくなったのかも、自分ではわからなかった」ことなんです。その練習会の会場にいる時には。

正直なところ、家に帰って、もらった動画ファイルを見て「ウォー、わかりにくい」と恥ずかしさに悶絶。そして「あれ、すごくいい感じじゃん、二度目」とおもっていました。
 
人は「自分の事はわからない」、と思い知らされる点でもとても大きなものでした。講師のお仕事をしている中で、自分の我流でわかったつもり、できているつもりになっていること、実はいっぱいあるんだろうなーと、思う出来事でした。
 
(そして、知識を提供する場面で、受け取り側には常にそういう側面を持つのだとも感じました。つまり、どれだけいいものを渡しても、その場でめぼしい効果をわかりはしない、こともあると)


記事の最後の文章

氏のように自分自身のプレゼン映像を見たり、第三者のアドバイスを聞いたりすることで、聞き手に何を伝えなくてはいけないかに気づき、すぐにプレゼンが進化することもある。「自分はできている」と思い込まないことが、プレゼン上達の近道でもある。

おっしゃる通りです。

行くほどに、道半ば。 最近、いろんなことがそれを教えてくれます。

2011年11月20日

長く担当していて定型的なアイデアしか出ない。広い視点で考えるにはどうすればいいか?

仕事柄、友人から「アイデアに関する困り事」について相談をもらうことがあります。

それの中から、また一つ、紹介します。

Q

長く担当していて、定型的なアイデアしか出ない。広い視点で考えるにはどうすればいいか

A

1つの仕事に長く従事していれば、それは起こります。創造的な人だって、ずっと同じお客さんを担当し、次々新しい提案がし続けられるかと言えば、実際は苦しいです。(建前としては、市場や事業環境の変化があるから、新しい提案はいつも可能、とは言うけれど。)

このことの原因は「NGゾーンが広くなっていくこと」や「新しい情報との接触機会の減少」など、いくつあります。

詳しい説明は、後回しにして、そういう課題を乗り越えていく「創る人々」に学ぶ打ち手としては、次の事があげられます。

  1. かつて検討してNGだったところにも、まだまだやっていないことがあると信じてつぶさに見ていくこと
  2. いろんな作品や人や土地をたずね、直接的に役に立つわけではない新しい情報とも接触していくこと
  3. 既に知っている作品(モノだったり、コトだったりしますが)をつぶさに見て、新しい洞察を得ること
  4. 自分の創造のプロセスを単純なモデルにしてみること。その一部に別のものを取り入れていくこと


そんなことを意識してみると、自分なりのよい方法が見つかるかもしれません。


この辺については、関連するで面白いこともたくさんあるのですが、いま下書きをしてみたら、えらく冗長になってしまったので、ばっさり削っておきます。この辺、折に触れ、また紹介したいと、おもいます。


・・・


6観点リスト


なお、創造工学的に「発想の観点を大きく変えるには」という当初の問いに、ダイレクトにも答えておきたいとおもいます。ただし、先にあげた物よりも、「即効」であり、ずっと「表面的」ではありますが。

古今東西の発想技法の文献を見ると、発想トリガーにあたるものは、各種あります。それらを分析して、一定の方法で、その観点を抽出してまとめ直し「発想の観点のリスト」に整理したものです。自分の取り組む課題に対して、広い視点で見てみようとする時に、(1)考えていなかった観点を探して、(2)そこに対して考えをめぐらせます。


6kanten_0.jpg

6kanten_1.jpg

6kanten_2.jpg

6kanten_3.jpg

6kanten_4.jpg

6kanten_5.jpg

6kanten_6.jpg

(リストの出典:拙著『アイデア・スイッチ』)

ことさらに、こういう道具が無くても、人は「沢山考えれば出てくる観点」ではありますが、一般に、ヒューマンスケールよりもずっと大きいもの(環境)や、インタンジブルなもの(意味・価値)、あるいは、会議室ではすごくスポイルされている感覚などは、短い時間のブレストや検討では、観点として、抜けている傾向が強いです。これはそれを補います。

2011年11月16日

コクヨの情報誌「worksight」創刊号

コクヨさんの情報誌、創刊号が届きました。

worksightDSC01254.jpg

ワークサイト、中をみても興味深い記事が沢山。

以前の情報誌の「エシーフォ」
http://www.eciffo.jp/jp/backissue.html
が、50ちょっとで終わったのですが、どれも興味深いものでした。創造性の観点からも、面白い話題がいくつも。

今回のワークサイトも面白い展開がなされそうです。

ちなみに、終わりの方のページに

worksightDSC01257.jpg

というミニコラム集があります。

実は私も少しだけ寄稿させてもらいました。

worksightDSC01258.jpg

Fandroidのメンバーの藤井さんがアプリ「脳波スポーツ」を出す少し前の寄稿だったのですが、それが無かったとしても、今の脳波簡易測定のデバイスの登場は、面白いトレンドだと思います。個人的にはこの技術や産業化のトレンド、とても興味深いと思っています。

話しが我田引水に過ぎましたので、もどしますと、このワークサイト、コクヨさんの知的生産の文具やオフィスや働き方からあふれ出る創造的なトピックが満載です。気楽な雑誌と興味深い論文誌を兼ね備えたような、そんな面白い紙面でした。
 

2011年11月15日

【スライド】日本VE協会、アイデア創出ワークショップ

VE_ideaworkshop2011_web_haifu.pdf
本日、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

ご参加になられた方は、社内での配布や出力であれば、ご自由にどうぞ。
 
 
 
 
 
追記:2011/11/19

VE協会のサイトで、当日の実施の様子が紹介されました。
http://www.sjve.org/topics/entry/508/ 

2011年11月09日

「ブラッシュアップに向けてどのアイデアを選べばよいか」

アイデア創出に取り組まれている企業の、企画力開発の担当方から、質問を一つ頂きました。すこし固有情報を一般化して、紹介してみます。 

 テーマ:

「ブラッシュアップに向けてどのアイデアを選べばよいか」 

 Q 

絞るというフェーズはこちらの任意で決めてしまってよいでしょうか?
絞るという方法にも何かこつのようなものがあれば教えてください。 

 A 

候補にしているものを、三つぐらいの評価軸で絞ります。

 評価軸は、
  1. このプロジェクトが重視したいと考えているものを出し合い、
  2. 重要だと思う理由を議論して、
  3. 三つぐらいへ減らしたり、統合したり、して

作り出します。

 評価軸の取り方はいくつかあります。
三つほど例となるケースをあげると、こうです。ただし、互いに似ています。

 ケース1:
  • 「技術性の軸」
  • 「経済性の軸」
  • 「独自の軸」

を、三軸にする

ケース2:
  • 「新規性の軸」
  • 「有益性の軸」
  • 「実現性の軸」

を、三軸にする。ただし、アイデアの強化作業があとにする場合は、実現性はさほどシビアに見ない。
この場合、簡便な方法としては、ハイライト法の実施でも良い

ケース3:
  • 「新規性の軸」
  • 「技術的な独自性(特許取得可能性)の軸」
  • 「顧客満足の軸」
  • 「収益性(市場が大きい、成長する、高く売れる)の軸」
  • 「技術的容易さ(保有技術で出来る)の軸」
  • 「資源<人>(人手が少なくて済む)の軸」
  • 「資源<金>(準備する資金が少なくてすむ)の軸」
  • 「資源<モノ>(材料、特殊部材、設備などの用意が容易)の軸」
  • 「資源<時間>(開発や生産の期間、現場で作業時間の短さ)の軸」
  • 「安全性の軸」
  • 「エコロジー性(環境への影響、資源やエネルギー消費の低さ)の軸」

の11軸から、重視したいものを選び出す。

(なお、ケース2とケース3は、密接に関連をしています。)

なお、

一つ目は、VEライクです。
二つ目は、創造工学の、創造的製品の三要素です。
三つ目は、様々な企業、組織、プロジェクトで重視される軸を集めて、分類して標準化したものです(IDEAVoteを開発する際にアイデアプラントが独自に整備しました)。 

これらは、参考程度にしてください。プロジェクトメンバで熟議し、重視したい評価軸三つを創りだし、それに照らして優れたいるものを選び出してください。

 

・・・ 

この情報が必要な方というのは少ないかもしれませんが、アイデアを絞るこういうというのは、出す以上にデリケートな部分が必要で、そういうことに困っている方に、いつか役に立てば幸いです。



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(60)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(84)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(154)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(353)
アイデア・スイッチ(38)
アイデアの技法(217)
メソッド&ハウツー(189)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(119)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(13)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(3)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(12)
311special(5)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)