2016年11月30日

アイデアWSデザイン講座(企業内のイノベーション担当者に向けたアイデアワークの講座)の第二期をしました。

アイデアデザイン講座(略称)の二期を実施しました。(2016年11月24日、25日、千代田区)。この講座の特徴として、大企業のイノベーション担当者が、組織を超えて一緒にわいわいブレストしていく、というところにあります。服装は、カジュアルで来てください、と強く推奨していますので皆さん私服ですが。

idea_design_koza.jpg

講義のフルスライドを掲載します。


中から、スライドを三枚抜粋します。

idea_design_koza_01.png
idea_design_koza_02.png
idea_design_koza_03.png


クリエイティブ教育のNPO法人iCONでは、三か月〜六カ月ごとに、アイデアソンのファシリテータ向けの講座を行っています。(私石井もそのNPOの理事の一人を務めています。)

企業内でイノベーション担当になった。多くの人の創造性を引き出して優れた商品アイデアやビジネス企画を生み出したい、されど、ただただブレストをしてみても、どうも燃焼不足というか、何もを生み出すことはできていないなあという時に、具体的に何をするか、と、それをする意図や効果は何かを、実践を交えてここでは紹介しています。

創造工学的な知見もベースにはたくさんありますが、そんなのはどうでもよいから、とにかくアイデアワークショップの一式や、普段の会議でも使えるブレインストーミング技術を知りたい、という方にまず、提供できるに講義しています。そのうえで、脱線、として、その根底にある知見や人々の創造活動に関する特性についても皆さんの興味次第で触れていく、という方法を取っています。

(ですので、受講者さんたちが、そういう部分を知りたい人が多い回は、脱線の話をずいぶんしてみたり、エクストラセッションをしてここにはないものを入れてみたり、と、毎回話す内容は違ってしまっていますが、そんな感じで講義を行っています。)

大企業のイノベーション担当者の方が多いですが、個人としての参加や街づくりの市民活動の方や大学教員(創造的教育に取り組まれているいろんな専門の先生方)も、多く参加されています。

ご興味があれば、ぜひiCONのページの講座概要をご覧になってみてください。

石井の都合次第というところもあり、恐縮ですが、基本的には、三か月インターバルでの開催を目指しています。

開催日は、土日の回と、平日の回があります。
場所は、大抵は、ちよだプラットフォームスクエアです。(竹橋駅の近くです)

2016年11月29日

京都大学で事業企画のアイデアワークショップをしました(GTEP=京大のEDGEプログラム)

11月下旬、京都大学で二日間のワークショップをしてきました。

ワークショップの場は、20名超の京大生やビジネスマンが参画するGTEPというプログラムです。

ベースには文科省のEDGEプログラムがあり、東大、阪大、早稲田、など13校が採択されています。そして、京都大学採択プログラムが「GTEP」です。

EDGEプログラム

当日の様子は、GTEPの報告サイトから、プロセスと実際の様子やアイデアが詳しく報告されています。

GTEP_2016_IDEAPLANT.jpg




アイデアワークの設計やイノベーション系のファシリテーションをする方にむけた、すこしマニアックな話を以下、つづります。


このワークショップは、他のワークショップとは、大きく異なる構成や前後の状況でした。

◎アイディエーション(アイデア出し)とチームアップを二日間でやる。

◎殆どの人が自分がやりたいアイデアを持っている。

◎前回は未来洞察をしていて、次回はプロトタイピングをする。前回は仮のチーム。次回は確定チーム。ゆえにこの回では、チームが6~7つぐらいになりそれぞれのチームに主題となるアイデアがある。という状態で終えねばならない。

◎これまでのワークでは仮のチームで進んでおり、部分的に対人関係がある。全体としても相互に軽い面識はある。組んだチームはこの先のアイデア具現化のプロセスで長い間ともに汗をかく相手となる。

そういう状況でした。

このため、二日間の構成を組んだうえで、それをWordファイルにつづり、ワークショップの進行はそれを投影し、すすめました。ワークごとの発想メソッドのパワポは、二つ目のプロジェクターへ投影して実施する、というスタイルを取りました。

こうすることで、現場で皆のニーズや進捗度合いに応じて臨機応変にプログラムを変えていけるようにしました。(プログラムに沿ってスライドをくみ上げてしまうと、どこかのワークをまびいてスキップするということが柔軟に出来なくなります。それを避けました。)

常に、残時間とワークの進捗度や発想アウトプットの粒度をみながら、現場で舵切りをしていくような、ファシリテーションでした。

特に、機械的に進めることはできない難しい点は、チームアップです。各人が自分のアイデアを持ち、事業化したい。それを収斂していってアイデアを核にチームアップする、ということは、半数よりももっと多くの人が自分をあきらめて、チームメンバーになる、ということです。

また、アイデアだけでくみ上げるわけにもいきません。当日限りのワークショップイベントならば、あるいは、数日で終わるハッカソンならば
アイデアを核にしたチーム形成でもいいのですが、これから長~い時間、一緒に事業化を狙うチームを作るわけで、メンバー間の相性、リーダーとメンバーのやりたいことやりたくないことの率直なぶつけあいも必要です。

この辺は、実際にベンチャー企業が出来ていくプロセス、特に創業初期のチームが出来上がっていくプロセスを模して、完全に民主主義的な決め方でもなく、さりとてプリセットのお仕着せでもないスタイルにしました。特に一日目の終わりの夕方のブレストは練習ブレストですが、メンバー同士の相性を見ることにつかったり、懇親会も立食でわいわいいろんな人をスカウトする場として実践的に使う、という形を取りました。

そんなことを考えつつ、舵切りをしながらの二日間でした。

この場の特殊性は、ほぼ全員がリーダーとなって自分のアイデアを実現したいと思っている。という本気度の高さです。通常は場に10%もいれば上出来、というタイプの人材が、ものすごくいっぱいいる。そういう場なので、お仕着せでもなく、がちがちのワークステップだけないようにするのは、緻密にくみ上げる以上にハードな事でした。自分の忘備録として記しておきます。

以上、マニアックな話でした。



おわりに。


GTEPプログラムの中で提案されたアイデアの中には、とても大きなビジネスチャンスの気配のあるモノ、すぐにやろうと思えば小さくもできるモノ、研究者シーズをもとに高度な展開も可能性をもっているもの、など、面白いビジネスアイデアがありました。

全てがうまくいく、、というほど、ビジネス化は甘くはないのですが、ただ、それらのプランを追いかけて汗をかいていく過程は、その先に次のプランを事業化しようとしたときにきっと、生々しく学びとして心に残るでしょう。ぜひ、この才能の多いチームで、自分たちの目指す事業化への道を全力で駆け上がってください。

良いアイデア、良い事業化の努力、良い運。
それらを導くのはすべて人です。
良い運だって、ヒトなんです。

”チャンスは備えあるモノに訪れる” (パスツール)

備えるというのは、華々しくない水面下のたくさんの努力です。

それをするか。しないか。

良い目が巡ってくるまで、努力しない。そういう姿勢でなく、来る前からやっておく。汗をかいていく。
そういう人材であるかどうか、も、大きな成功には、効いてきますから。

2016年10月11日

【スライド公開】ブレインストーミングを極める編(10月11日、品川)

デザイン思考系の方々に向けて、「ブレストするところだけに特化して、テクニックをぎゅっと紹介しちゃいます」ワークショップをします。その講義のスライドです。


手前みそですが、現代の企業における集団でのアイデア創出ワークにおいて、従来のものよりもかなりうまく使えるブレスト方法です。

餅は餅屋。デザイン思考はデザインの方々にしていただく、として、そういう総合的な活動の一部にある、ブレインストーミング・セッション、それだけにフォーカスを当てて、ブーストする技術、がこの講義の内容です。

ブレストだけで何かを生み出すのは難しい。
ですが、何かを生み出す時にするブレストを最高に引き出す技術があったほうが便利、なのは確かです。
アイデアプラントは、それを、目指して知見を世に提供しています。

「ブレストがうまくいかなくて悩んでいる」ということがあれば、(石井もまだ道半ばで分からないことだらけですが)、石井なりにこれまでの知見を駆使して、いつもアドバイスさせてもらっています。

企業内研修で呼んでいただいたときの講義終了後の個別相談などで、良くそういうやりとりをしています。もし、私のアイデアワークショップや創造研修に参加されることがあれば、ブレストでお困りのことがあれば、講義終了後に気軽に訪ねてください。

(ワーク中の休憩時は、ぼんやりしているようで、そのあとの流れを組み替えたり、数パターンのシナリオを展開したり、といういわば「ファシリテーションの詰将棋」みたいなことを脳の中でしています。なので、休憩中は私の反応が「薄い」かもしれません。最近アンケートを拝見していて気が付きました。
終了後、次の街へ行くために飛び出してしまうケースもありますが、なるべく、終了後に質疑応答にお答えできるようにしています。
懇親会がある場合はその場でも、ほとんど質疑応答をしているような感じで過ごしていますので、お酒片手に困りごと、相談してください。)

2016年08月29日

早稲田大学 デザイン論(2016年)講義のハンドアウト

全15コマを夏季集中講義で行う、早稲田大学でのデザイン論の講義ハンドアウトを公開します。

毎年内容を更新しています。基本は同じで、石井が一年の間に新しい表現や技法を取り入れたり、Instractional Designが改善されたりした分だけ更新している次第。

4つめの資料は、誤植がありました。当日、訂正版を配ります。 ⇒更新版 waD4.pdf

教務に出された受講届が、270名に迫る数字でした。その80%ぐらいが実際の出席人数だとしたら、200名強の学生さんとこれからの四日間一緒に授業をしていきます。

15コマの全てが「実際に手を動かす」、ワークショップ型講義です。特に最後の二コマは、学習内容を全速力でつかわざるおえない「最終試練」をします。(これをクリアするか、200名強の前に出て即興登壇をするか、のどちらかをクリアしないと、単位が出ません。)

教育が本質的に作っているものは、その国の未来の可能性である。
と、私は思います。

企業さん向けの創造研修とはまた違った感じの学習の場ですが、この仕事も全力で臨みます。

2016-08-29.png

授業の様子は、学生さんたちの同意が得られれば、写真やビデオで紹介します。
また、新しい知識を想像する場としても、ことしは授業を活用しようと思います。うまくいけば、11月の沖縄での学会で、一部紹介できるかもしれません。

2016年08月21日

【スライド】仙台ミラソン2016(8月22日、仙台)「アイデア創出パート」

8月22日、仙台のパブリックなイベントの中でアイデアワークショップをします。スライドを掲載します。


主催はワカツクさん。ワカツクさんは、私のNEDOフェロー時代、駐在していたベンチャー企業(デュナミス。地域課題を解決するようなソーシャル・ベンチャー)の社長だった渡辺一馬さんが、現在トップを務める社会的なNPOです。

「仙台ミラソン」で、検索すると、過去の展開が見えますが、年次ごとにいろんな切り口で、まちと社会をもっと良くするプランが提案されてきています。

今年もまた、様々なプランが生まれていくでしょう。どんな良いアイデアが出てくるか、楽しみにしています。

2016年08月02日

【教員向け講義スライド】「発想する授業」

全国各都道府県から集まる商業高校の先生方向けにデザインした「発想する授業」のスライドです。
ベースは、商業の中心校である県立岐阜商業高校での商品開発授業です。

hassousurujugyou.png


2016年08月01日

【スライド】技術者の創造力発揮方法

8月1日の講演&miniワークのスライドです。エンジニア向けの創造力発揮方法、という線で組み立てています。(なので、個人の創造力発揮方法部分には、TRIZがメインとして登場させています。)

掲載します。


このような講演を設計するときにいつも願っています。組織の創造的発展にほんの少しでも役立ててもらえたら、と。
そしてそのことを通じその企業がより良い価値を社会に提供しすることの一助になれれば幸甚です。

2016年07月20日

【スライド】起業を検討している人のためのアイデアワークショップ(醸成〜発展作業まで)(@大阪・産創館)

sansoukan_idea_2016.png

起業支援をする公的機関の代表格の一つ、産創館(さんそうかん)。数年おきにアイデアワークショップをやってきましたが、今回はより骨太に、起業アイデアを醸成し描き発展させていく、というワークショップを実施します。

フルバージョンのスライドを掲載します。


handout.pdf (フル版が長いので大幅に間引た、受講者の手元資料)

worksheet.pdf (ワークショップの作業でつかうシート群)


今回の資料は、2つの新作のワークスライドがあります。

◎前半部
「好きと得意からアイデアの部品を作る」
(経営戦略論の教科書のまえに知っておくべき知見があります。それを発想の部品にします。)

◎終盤
「軌道修正の時、アイデアの核を残してPIVOTする方法」
(創造的な中核をどのように見つけ出すか。実現に向けて検討し変えていくべきことはなにか。その辺を、ある程度、理屈でおっていくことが出来るようにしました。※それでも、初見の人には分かりづらい資料だとおもいますが。)

2016年07月13日

再掲【ご案内】起業・スタートアップのための、 アイデアビルディング 1DAYワークショップ(7/23、大阪)

産創館(大阪の公的機関)で、起業家と将来起業を考えているのためのための、1DAYアイデアワークショップを行います。



日時2016年7月23日(土) 13:00-17:30

場所大阪産業創造館17F フリースペース

対象 @起業したいと考えて積極的に行動しているが、
     「何をやるのか」がまだ明確になっていない方
   A起業後5年未満のスタートアップ企業の経営者の方
   B第2創業を検討している中小企業の経営者の方

((7月13日時点で、受講者の大半のプロファイルが見えましたので、最適なプログラムをデザインしてみました。以下です。))

sansokan_ideaworkshop2016.png

今回のポイントは、「起業したもの、アイデアが細くて、ひたすら価格競争・体力勝負の道しか見えない〜」と青息吐息だったり、「将来、自分で事業をしようとおもうのだけれど、思いだけあって具体的なアイデアになかなか結像しないんだよなぁ」という方が、良い事業アイデアを発想し表現していくことを、ワークショップの形でやることにあります。

また、そのあとの、育てて強くする、というところは、時間圧縮のために、サンプル(場から1アイデアを題材に選定し)形式で、講師とともに、数人が皆を代表して、アイデア発展の作業を登壇して行います。

じっくり体感としてわかること。
得る知見内容が広範であること。

この2つの矛盾する要求を同時にかなえるために、そんな形式にしてみました。

ご興味あれば、ぜひご検討ください。

※大阪の方向けですが、参加規程に地域の縛りはありませんので、遠方からでもどうぞ。
※企業人で、起業なんて全然考えないけれど、社内で新事業をやれと言われている。という方も、どうぞ。
※応募締め切りは、7月15日です。
※なお、定員30に対して残席僅かですので、超えた場合は、主催者さんの選考が入るかもしれません。(私の知人の方で、飛行機を手配したのに、選考で落ちちゃった、という方がいれば、石井までご連絡ください。何か考えます。)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

((以下、5月20日の公開時点のもの))

内容

「感じる」 
 ・発想の特性とは〜3枚の絵
 ・創造的努力の具体的な方法


「知る」
 ・ブレインストーミング・カード
 ・ブレインストーミングの根底にある「創造的な思考展開モデル」とは


「分析する」
 ・発想テーマの紹介
 ・問題を見つける(属性分析)


「発想する」
 ・アイデアを醸成する(スピードストーミング)
 ・1人で発想する(クリエイティブ・ジャンプ)


「表現する」
 ・アイデアスケッチ(事前に3分絵心教室)
 ・上位案+αのピッチ(上位5案+イノベーションの眼3案)


「突破する」
 ・プレゼントーナメント(プレゼン・勝ち抜きを繰り返し、ファイナル3組が登壇)


「導く」
 ・創造工学の雑談
    アイデアを鍛える3要素
     (ベンチャープラン評価の3ステージ)
    「軌道修正でつまらないアイデアになる」の
      回避法(アイデアPIVOT)
    まとめとメッセージ


※7月13日の設計完了段階では、上記の内容からわずかに変更しました。

対象は起業家ですが、それ以外にも、アイデアソンとかアイデア発想法とか、そういうことをみんなでわいわいしながらやってみよう、もっと学ぼう、という方でしたら、何かしら得るものがあると思います。
定員多数の場合は選考になるようですが、たぶん、新しい取り組みをしようという方なら、どなたも大丈夫だと思いますので、ご興味あればぜひご検討ください。

2016年07月06日

【スライド】創造研修(イノベーティブな経営者層向け)


昨日は、六本木一丁目駅のところにある、アークヒルズの新しいスペースHAB-YUで、8時間の創造研修でした。
手堅い業界のイノベーティブ企業さん。その経営幹部の皆さんに向けて、という内容です。
仕立ては柔らかく、しかし、本質は深く。という方針で設計してあります。

最後の未来構想の部分、聞き耳を立てていましたが、とても興味深く、深い洞察から具体的な未来を構想されていました。

2016年06月26日

【スライド】京都ビジネスデザインスクール(6月26日、京都)

本日の講義資料はデータで配布します。(紙のハンドアウトなしの代わりに)

パスワードは、このスクールの人気者Sさんの苗字をローマ字でうったものです。小文字6文字。
今日から三日間、ダウンロードが可能です。


追記:

こんな雰囲気の場でした。

Kyoto_BDS_idea.jpg

2016年06月25日

【部分スライド】Googleにて、アイデアソンを行いました。

六本木ヒルズの上の方にあるグーグルさんにて、アイデアソンを行ってきました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

ideathon_at_google_jp_ideaplant.jpg

石井が総合司会とファシリテータを務めました。

アイデアソン部分の2時間のスライドを抜粋、掲載します。


今回は、内容がなんらかの記事的な公式なものがでるのかどうかわかりませんので、配慮した形に、切り出して、ここに活動報告として記しておきます。どの案件でもそうですが、今回も、貴重な体験が出来ました、ありがとうございます。

さて、今回一つの奇跡的な進行が出現しまして、驚きました。(ファシリテーションをする人以外には、あまり興味ない話です。)

タイムライン・ホワイトボードの更新最終版の写真がこれです。

timeline_20160625.jpg

進行遅れが2,3分ずつ積み上がり、特に、プレゼン作成のところで、一気に遅れてまして、その時点の進行遅れ、なんと41分。

これは苦しい。審査員の中にはそのあとの予定がありどうしても終わりを出っ張らせてはいけないなかで、徐々に遅れていくのを見ていて、焦らず、しかしどこかで回収しなくては、と念じながら進行していました。

ところが、プレゼンはてきぱき進行し、審査と表彰もスムーズにどんどん進んだ結果、なんと、クロージングの終了時点で、進行遅れがさらになんと、0分!

あれだけ遅れていたのが、最後は「ではちょうど定刻となりました。これにて終了です。ありがとうございました。」みたいなセリフ、滅多にいえることがない私の進行スタイルですが、今回は、奇跡的。ファシリテーションをする人にしか共有できないマニアックな部分なのですが、そう感じました。

ただ、それは良く考えると、もともとの大きな基本設計を、QUANTUMさんが初めにしていて後半の回復可能性を作っておいてくれたことと、参加者の能力の高さ、運営サポートメンバー(かなりの人数を配してくれていました)の遂行能力の高さ、の3つがもたらしたものなんですけれどね。

今回のこのイベント、裏側で展開されていた主催チームの綿密なやりとり、すごいものがありました。そういう部分は、普段の私は見えないのでともすると存在を忘れてしまいますが、今回は総合司会の立場もあり、終始拝見して、そういうことを直に感じ取ることが出来ました。

そういう方々への感謝が、いつも心になければ、よいファシリテーションも、よい知識創造の場も、長くは提供できないわけで、これからはそういう水面下にいつも感謝して、登壇したいと思いました。 


追記:

オープンイベントの登壇の際には、このブログでもご案内をする方針でいたのですが、今回は、属性がファッション系ということもあり(かつ、外国に行っていた時期におもにすすんだりしたのもあり)、掲載をさぼっていました。

婦人画報社さんからはこんな募集案内が出ていました。



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(61)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(84)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(163)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(359)
アイデア・スイッチ(38)
アイデアの技法(219)
メソッド&ハウツー(189)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(119)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(13)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(4)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(13)
311special(5)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)