2010年10月26日

消せる紙とscansnap

消せる紙を作っているチームと先日東京で打ち合わせをしてきました。打ち合わせてといっても「最近、石井君、顔見せに来ないじゃない、あそびにきたら?」的なオファーをいただきふらっと遊びに行ってきました、というのが実際のところ。

私たちの作品の中に『ブレイン・ペーパー』というのがあります。「アイデア発想専用のホワイトボード」なのですが、これが消せる紙のテクノロジーでできていまして、共同開発したそのときからの付き合いです。



さて、最近のいろんな事業環境や技術的な発展についてひとしきり情報交換をしていく中で、ちょっと面白いことを伺いました。(僕が遊びに行くとき、本当に遊びに行くだけです。なにか次の受注発注があるわけでも期待するわけでもなく。寅さんがあそびにきたよ、という感じぐらいの、ほんとにふらっとくるだけなのです。)

石井(以下、石)『新製品アイデア会議用ホワイトボード(ブレインペーパー02)、をRさんとか、企業研修で使ってもらっているんですが、そでがよごれるんですよね。』

消せる紙チーム(以下、消)『どういうことですか?』

石『プロジェクト型研修で、各グループが新製品構想をするんですが、大きなテーブルの上にA1のこのシートを広げてみんなでわいわい言いながら書くんです。すると、手前はいいけど奥のほうを書こうとすると袖が手前に書いた部分にふれてホワイトボードマーカが袖に付いちゃうんです。服は汚れるし描いたことは消えちゃうし。壁に貼るのが本来の使い方なんですが、実際の使用の現場では、そういう感じなんですよね。まあ、仕方ないところですが』

消『こすっても消えないペンがあるんですよ』

石『え?ほんとですか?』

消『ええ、ウォータークリアというペンです。水で消すタイプで、こすってもつかないんですよ』

(そこで、早速、iPadでしらべてみる。ゆめ画材さんというところでネットオーダできる模様、打ち合わせでiPadをみながら、ああこれですね、とかっていう会話がすごく増えました。余談ですが。)

石『水で消せる。こすっても消えない・・・ということは、ですよ、scansnapを通せるってことですかね?』

消『多分、そうじゃないですか』

石『それって、かなり大きい気がしますよ、消せる紙にしても、scnasnapにしても』

(オートフィード型のスキャナは複数種類あります。石井は卓上型とモバイル型のscansnapをつかっているので、どうしてもスキャナのことをスキャンスナップ、と表現してしまいますが、スキャナー全般と同義で言っています)

そんな会話をしてきました。

それで、最近、ウォータークリア(8色セット)を、アマゾンで買って手に入れました。ゆめ画材さんというところが出していますが、送料はそこそこかかりますが対応が超迅速。すぐに届きました。

早速使ってみました。
感想としては、こんな感じでした。
・A4の消せる紙にマインドマップを書くには、ちょっとペン先が太い。でも、十分使える範囲。
・書いて数秒ですっと、文字が濃くなるので他のペンに比べてやや違和感。慣れればなれる。
・書いた後、さらさらになる色とぺたぺたとする感じの色がある。薄い色はぺたぺたになりがち。濃い色(赤、青)は、さらっとしている。
・先に書いてある油性マーカーの線とやや干渉する感じ。油性マーカーをなぞると色がすこし混じる。
・ペンの書き味は悪くない。
・色も多色あって楽しい。

これをつかって描いてみた「とあるセミナーの構想メモ」です。scansnapで読み取った画像です。

消せる紙+ウォータークリア.jpg

大体、書いたとおりになりました。実際の見た目と違ったのは、2点。左の中段ぐらいにかいた「水色」と右の中段ぐらいに描いた「黄色」があまりはっきりと写りませんでした。特に水色は、スキャナの紙送りローラーに触れた影響で、「スタンプ」のようになっていました。文字がローラーの上に転写され、それが消せる紙になんども付着していて、うっすらと文字がスタンプされていました。黒、赤、青、についてはそういう現象が見られませんでした。書いた後にぺたぺたとする「淡い色」はいろんな意味で、スキャナと相性が悪いようです。逆に濃い色は、ばっちりです。主要3色だけつかう、ということに限れば、全く問題ない感じでした。



次に気になるのは「スキャナの強い光にさらされて、うまくきえるのか。変質しないのか」です。

そこで水をたらして消えるのかを実験してみました


(クリックすると動画が開きます、多分)

感想としては「あれ、やや消えにくい」という感じでした。描いてから時間がたっているのもありますが、水を落としてから、すかっときえるまでの時間が長くかかるように思いました。書いて数分後のものはみずをたらすだけですっときえていくのが、この場合は結構、消えずに頑張っていたように見えます。

それでも最後にはきれいさっぱり消えました。
これで、スキャナに通せるホワイトボードが、原理的にできることがわかりました。

まとめますとこうです。

1)消せる紙に、ウォータクリアペンで書く。
2)できるだけ、濃い色でかく(黒、青、赤)
3)スキャンする
4)あとは水で消す

ここまで分かった上でしたいのは「オリジナルフレームワーク・ホワイトボード」を消せる紙で作れるか」というところです。

油性ペンでフレームワークをかき、ウォータークリアペンで書き込み、電子化する。後で消したときに油性ペンがはげずに残るか、というところです。

(これをホワイトボードマーカでやると、油性ペンもはげます)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 石井力重 at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/scansnap

2010年10月24日

scansnapは新しい空間を作った

この夏、大幅な書類整理と書籍整理を行いました。

本を大事にする。その姿勢は愛すべきもので自負していたのですが、空間が一杯になると新しいものを物理的に受け入れなくなる。人間にはそういう愚かしいところがある。それもまた事実。そこで、スキャンスナップで、何百冊かの本を電子データにしました。

その直後の書棚はこうです。

ishiirikie_blog_DSC02072.jpg

見事にすっからかん。です。
その本はどこにいったのかといえば、ここです。


ishiirikie_blog_DSC02076.jpg

iPad。

Apple製品のフリークではない私でも、iPadは素敵な体験をくれるものだと思います。ノートPCで見るとPDFファイルで本をみるのは、ちょっときついですが、iPadはそのちょうど足りないところを補ってくれます。手に持って扱えるて、非常に制裁に文字を表現する。(重さは、ちょっときついですが、電池のもちと、HDDのない粗い扱いを許容するところはぴったり足りないところを補っています)。

さて、重要なのはここから。

8月に空になった本棚は10月の今、「本と物で一杯」です。

8月には私の書斎には無かったもの、あるいは、「パッキングされて日の目を見なかった試作のアイデア」がいまはオンタイムで書斎の中にいます。

日々の時間の中で目に入るものは限られている。ほしいのは物体じゃない。知識なんだ。体験なんだ。その点を、二ヶ月で埋まっていく本棚を見ながら、リアルに感じました。

scansnapは、新しい空間を作った。

このスキャナという道具の本質は、そんなところにあるのではないか、と私は思うのです。



posted by 石井力重 at 01:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/scansnap

2010年10月22日

水で消すカラーペン



ホワイトボードマーカとして面白いものがあります。
「ウォータークリア」というペンです。
水でぬらしたティッシュで消すというもので、ふき取りではなく水により無色に変わる、というもの。
安全性にも配慮したものとなっており、かすも出ないとのころで、書斎などで小さいホワイトボードや「はちのすボード」を使うときにとても良さそうです。

消せる紙の開発メンバーにお会いしたときに、教えてもらいました。

手に入れて使ってみましたが、なかなか面白いアイテムです。水滴をおとすとふわっと文字が消えます。一方でこすったぐらいでは消えません。ホワイトボードマーカーと使い比べてみると、細かいかすがでると、でないとでは、大違いで、これはかなりいいな、と思いました。

特にいいのは、消せる紙に書いたものがスキャンできる点です。

posted by 石井力重 at 16:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/scansnap

2010年04月04日

名刺サイズじゃないデザイン名刺のスキャン工夫

スキャンスナップの名刺読み込みが、とても便利です。
パワフルでとても正確。

ただ、以前から、デザイン系の方の名刺で困っていることがありました。それは「しゃれたデザイン名刺は、91*55よりもずっと細い」ということでした。

最初に困ったのは、アメリカに行った後のこと。おおう、しゃれた名刺だなーとおもったものの、名刺OCRモードでスキャンしても、スキャンスナップは、エラーを返してきます。名刺サイズじゃありませんよ、と。

しょうがないのでこれだけは、アナログで管理していました。しかし、最近、名刺がしゃれたものを持っている人が増えて、ちょっと困っていました。

そこで、自作で工夫してみました。

こちらです。

scansnap_kufuu.jpg

クリアフォルダーを切ったもので、外形サイズが91*55ミリになるようにしています。また、読み取り面を傷つけないように、鋭利な角は、角丸にしています。全てはさみでえいやとつくりました。それでも、いざスキャンしてみると、これは、名刺だ、とScansnapは納得してくれるようで、100%エラーなしに読み取りました。(重なりを検出しました、は時折出ます。これは、でても、大丈夫なのですが。)

また、二つ折り、三つ折り名刺は、ばさりと、切ってスキャンします。その方の名刺は2種類登録されますが、それで実用上は問題ありませんし。全国どこでへでも、名刺フォルダーが持ち歩けるのは、PC内にあるからなので、原紙よりも、携帯できるデータ化を重視しています。(下さった方、ごめんなさい。でもちゃんと全部の情報を保管しています。)

Scansnapに、ちょっと工夫してつかってみた方法の紹介でした。
posted by 石井力重 at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/scansnap

2010年02月24日

シャーペンの文字、ボールペンの文字、スキャナの設定

ScanSnapで大量の名刺カード大のアイデア記入カードを読み込むことがありまして、ScanSnapの使い方について、得られたノウハウを、ご紹介します。

課題:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 大量のカードにアイデア書かれている。書いた人は筆圧の低い人、シャーペンで書いた人もいる。自動設定のままスキャンすると、かなりかすれて読みにくくなる。一方で闇雲に高画質設定をすると、重たくなるしなにより、高画質すぎても読みにくいこともある。どういう設定が、「手書きのシャーペン」「太くて黒いペン」混在の状態情報をうまく読み取れるのか。

結果:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スキャンスナップの常駐アイコンを右クリック。

設定画面が出る。
そこの「クイックメニューを使用する」のチェックをはずす。

読み取り設定、を開き「新しい読み取り設定」をおす。

名前を付ける画面になる。何でもいいが、おすすめは以下。
名前=「カード(スファ、白黒、最濃、片面」
文字制限いっぱい。他の名前でも良い。

アプリ選択
→指定したフォルダに保存、を選択。

保存先
→好きなところを指定。
 おすすめは、「Scansnap箱」という名のフォルダを作りそこへ。
 とりあえず、ざざざっとスキャンして箱に入れておく感じ。

読み取りモード

これが最も重要。
→画質の選択=スーパーファイン
→カラーモードの選択=白黒
→読み取り面の選択=片面
→継続読み取りを有効にします、にチェックいれる。

そして地味な「オプション」ボタンを押す。ここも重要。

→白黒読み取りの濃度=最も濃い(右はじ)
→その下のすべてのチェックを外す。
 特に、「文字をくっきりします」のチェックを外す。

最後のくっきりは、チェックを入れがちですが、手書きの薄い文字の場合、このくっきりは、チェックを入れておくと、文字の線が切れるような(うすいところは、きれていると処理しているっぽい)感じになりますので。

ファイル形式
→特にいじらない。お好きなようにいじってもOK。

原稿
→特にいじらない。

ファイルサイズ
→選択できない(押せない)

これでよみとると、2月19日に掲載したようなアイデアシートを作ることができます。



補足:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1ページに、複数枚のアイデアカードをいれてA4出力するには、Acrbatの印刷機能を使う。印刷時に複数枚設定をすると、アイデア一覧が作りやすい。ただし、あまり高度な設定はできないし、使用とすると面倒。簡単に表現出来る形式で出すのがおすすめ。


以上です。
posted by 石井力重 at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/scansnap

2010年02月16日

デザイナーからのaiデータを、閲覧するには

いま、新商品の仕込み中です。

商品の部品となるものを、昨日、パートナー企業であるマグネットデザイン社さんから、各社に発注してもらいました。

そのぐらいのフェーズになると、「入稿データ」というデータを扱うようになってきます。ai形式のファイル、が多いです。

私のように、ビジネス側の人がチームリーダの場合、イラレとかがはいっていないので「それ、開けないよ〜」ということが、結構あります。

そんな時に役立つ技を教えておもらいました。ただしScanSnapを持っている人、もしくは、Acrobatというソフトを持っている人にかぎる技ですが。


ScanSnapには、データをPDF化するため、Acrobatというソフトが付いてきます。PDFを見るときに立ち上がる「Acrobat Reader」じゃなく、「Acrobat」です。たいてい、9.ほにゃらら、という数字ついています。

それが、aiを(多少体裁がくずれるけれども)開ける、というのです。

試してみました。

aiのファイルを開こうとすると「プログラムが見つかりません」とでます。そこで、参照、ボタンからAcrobatを選びます。立ち上げます。すると、ほどんと元データに近い状態で表示出来ます。たぶん、図形とか配置で、細かな部分で正確じゃないのがあるのかもしれませんが、文字の誤字脱字のチェックなら、まったくもって問題なし。

ビジネスパーソンが、なんとかai形式のファイルを開こうとしたら、このAcrobatを持っているか、が、一縷の希望かもしれません。

(もちろん、PDF化したものも毎回つけてもらえば、いいじゃないか、という話もあるのですが、それは純粋にデザイナー側の人に手間を要求しているので、急ぎの場合には、こうした方法が役だったりします。)


ちょっとしたことですが、私と似た状況の人に役立てばと思います。

(ビジネスパーソンであり、Scansnapをもっていて、デザインワークにプロジェクト的にかかわることもあるけれど、イラレはイラネという方、に)
posted by 石井力重 at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/scansnap

2010年01月05日

自宅でscansnapする人の裁断機



本の裁断機としてPK-513というのが、もっともわかりやすのですが、子どもが家にいるとどうもこわいです。

手の届かないところにおいても、何かの拍子に下にあるのを、さわったりしないともかぎらない。起こる可能性のあることはいつか起こるとは、マーフィー'sローですが、子供の安全は第一にまもりたい。

そんなわけで、私は以前からカールのディスクカッターをつかっています。ただ、上記のものではなくて、もっとも簡単なガイドレールとマットのタイプのもの。


ちなみに、私は本棚まるごとを取り込んだときは

1)大学院に本を大型かばんにいれて、車で行く。
2)院生室の裁断機(PKの親玉みたいの)で背表紙を落とす。
  大体、一度に、2時間はしました。
3)もってかえってきてスキャン。
  3日以内に終えます。
  でないと、大量の本の山(しかも背表紙がない)がくずれると
  アウトですので。

(あの社会人院生の人、来る度に、本切っているなー、と
 おもわれていたでしょうね)

しかし、これは、やっぱり力技な解決法でした。

ちょっとした冊子を1つ、背を落としたい、というときには、「じゃあ次に大学に行く時に、、、」とおもっても、結局なかなかできなくて、調子が悪かったんです。

本棚に入る裁断の道具がやっぱり、スキャンスナップを使うにはほしいところ。最近チームメンバーに上記のものを推奨してもらって、なるほど、これはなかなか、具合が良さそうです。とくに、切れる予定の部分が蛍光の集光でわかる、という仕様はなかなか。

s1300がうちに来てから「小さいという収納性」が気に入っています。その流れの中、多分、このカールの裁断機も、だんだんとニーズが高まってくると思われます。

手に入ったらレビューします。
posted by 石井力重 at 06:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/scansnap

2010年01月03日

ScanSnapの新しくて小さい「s1300」を使ってみました

ScanSnap(s1500)のサクサク感はすごい、ということで、本棚がごっそり、外付けHDD数個に置き換わった2009年でした。そろそろ消耗品を交換する域になってきました。

さて、全国のアイデアワークショップの際に「その場で、参加者の書いたものをスキャンしてスライドに出したい」と思っていました。一度、s1500をもって出張に行こうとしたのですが、それをすると「鞄」か「手荷物のPC」か「私の腰」がだめになる。そうおもって、断念していました。というのも、私の出張は1週間ぐらいが多く、スーツケース、ビジネスカバン、文具入れの小バック、の3点なのですが、スキャナは緩衝材いれると、どれにも入らないのでカバンを1つ追加するしかないからです。

そんな折、スキャンスナップに新しく小型版(s1300)が出ました。

手に入ったので、年末に、私なりの使い方「50枚のカードメモのスキャン」で「s1300の使い勝手」をためしてみました。ご紹介します。

今回のレビュー、結論を1枚に示すと、こうなります。

scansnap_s1500_s1300_card-scan-speed.jpg
縦軸は秒。
横軸は、{機種、電源仕様(USBのみ明記)、読み取り画質}の違いです。


比較したのは、

s1500
s1300「コンセント電源」モード×「画質=おすすめ」
s1300「コンセント電源」モード×「画質=カスタム」
s1300「USB電源」モード×「画質=おすすめ」
s1300「USB電源」モード×「画質=カスタム」

です。

「画質=カスタム」は、s1300の読み込みを最速にするだろう設定です。

※カスタムの設定

 サイズ=名刺サイズ
 面=片面
 画質=ノーマル
 色=モノクロ

※おまかせの設定

 サイズ=自動
 面=自動
 画質=自動
 色=自動


※なお、s1500は「コンセント電源」モードしかありませんので、コンセント電源モードです。また、画質は「おまかせ」です。


読み込みにつかった資料は「名刺サイズのカード、50枚」です。標準的な名刺のもつ「厚み」と「腰」があるタイプの紙です。

「横で他の作業をしながら、スキャンしている状態」を想定しています。継ぎ足しながらなるべく止めないように、読み込みました。途中で、うまく紙が送り口にいかず「用紙がありません」と止まってしまった時間ロスも含んでいます。

なお、この枚数設定「50枚」は、KJ法的なアイデアワークをする場面を想定して決めました。20分程度のブレストで生成されるアイデアの数が、だいたい30〜40、多くて50〜60ぐらいであるため「50枚」としました。





レビュー結果


さて、結果ですが、「時間」を主軸に、「画質」と「ストレスの無さ」をふまえてレビューします。



最速は「s1500」。文句なしのスピード。

 タイムは49秒(1枚あたり1秒)

 一度にたくさんの紙を台にのせられるので、継ぎ足しは2度ですみました。完了までの総時間が短くストレスなし。動作は早いですが、読み取った画像の「曲がり」は殆どありません。ガッシュ、ガッシュ、ガッシュと心地いいマシーン・サウンドには中毒性すら覚えます。

次に速かったのは「s1300:コンセント電源:(画質=)カスタム」

 タイムは1分49秒(1枚あたり2.2秒)

 読み込みの途中で「カードがありません」と表示されて直していたロスタイムが10秒ぐらいありましたので、最速タイムだと、1分40秒ぐらいにはなるでしょう。1枚あたり2秒なので体感速度としても、かなり早いです。
 ただしここまで早いと今度は「のせられる枚数が10枚」という制約が効いてきます。10枚のストックが切れる前に継ぎ足すので、15〜18秒に一度継ぎ足します。50枚を終えるまでに、6度ほど継ぎ足し作業をしました。

 画質ですが、生成されたPDFファイルを見ると、幾分、曲がって読み取られていました。(このレビューでは、補正機能を切っています)。ですが、角度にして3〜5度ぐらいのものであり、メモされた情報はほとんど損ないません。

 カスタムは、読み取り画質のスペックを最低限にしたのですが、読み取り後のPDFファイルの画像は、原紙と比較して遜色ないものでした。300%に拡大するとさすがに荒く見えますが、実用上は十分な品質。

 なお、ファイルサイズは200KBと軽く「(画質=)おすすめ」の場合の約半分でした。

 体感的な感想としては、作業ストレスが少しありました。そばで別の作業をしたくても、頻繁に継ぎ足すので、他のことが出来ず、さりとて、まつにはちょっと長いインターバルでした。しかし、読み込み作業だけに専念するならば、ストレス・レスと考えても良さそうです。

3番目に速かったのは、「s1300:コンセント電源:(画質=)おすすめ」

 タイムは3分00秒(1枚あたり3.6秒程度)

 継ぎ足しまでのインターバルは、30秒あります。これだとそばで別の事をしながら、作業が出来ます。総時間が3分、と言うのは、ひと仕事する区切りに収まっているので、なかなかよい線だと思います。

 「画質=おすすめ」は、画質やサイズやカラーを判断してくれるので、出来上がるPDFファイルは、非常に綺麗です。「画像の曲がり」もほとんどありません。300%に拡大しても、綺麗に見えます。ファイルサイズは400KBです。s1500の読み取り品質とほぼ同じです。

 「画質」「同時並行作業のしやすさ」「総合時間」「からいって、この使い方がもっとも「大量のメモカードで知的生産する人」にはいいと感じました。

4番目に速かったのは、「s1300:USB電源:(画質=)カスタム」

 タイムは3分10秒(一枚あたり3.8秒)

 「コンセント電源:(画質=)おすすめ」のタイムと、ほぼ同じです。このぐらいならば他の作業と同時並行しやすいので、オススメです。

 「画質」「曲がり」「ファイルサイズ」などは「2番目」と同じです。ほどほどであり、実用上は十分。

 電源がないところでも使えると言う点では大きな利点があります。たとえば、アイデアワークでは動きまわることが多いので、意外とこれはいい仕様です。

5番目は、「s1300:USB電源:(画質=)おすすめ」

 タイムは5分55秒(一枚あたり7.1秒)

 継ぎ足すまでの時間は1分強あります。継ぎ足すまでのインターバルが長いので他の作業ができますが、読み込みの総時間が、6分というのは、ずっと継ぎ足しを気にしているには、長い時間だと思いました。このモードを選ぶぐらいならば、一手間かけても、コンセントにつないで「コンセント電源:(画質=)おすすめ」で読み込む方が、ストレスが無いでしょう。

 画質などは「3番目」とほぼ同じで、非常に綺麗です。




総合評価:

「50枚のメモカードをさっと読み取りたい」場合に最もおすすめなモードは

「コンセント電源」×「画質=おすすめ」

でしょう。

50枚のメモカードがジャスト3分。悪くない速度です。

ようは、コンセントにつないで、設定は何もいじらずに、ぽんとボタンを押すだけ。後は、30秒毎に、カードをフィード口に10枚、追加していくだけ。s1500が書斎にあっても「机の上がカオス」という時には、s1300を迷わず選ぶでしょう。そして、往々にして、読み込みたい紙の多いときには、決まって、机はカオス。



次点は

「USB電源」×「画質=カスタム」

です。ワークショップの最中や、新幹線の待合室など、電源の取りにくい場所で、メモカード読み込みの作業をしてしまいたいならば、かなり使いでがあります。


三番目は、「コンセント電源」×「画質=カスタム」

これも”あり”でしょう。出先の会議室で、”画質は低くてもいいから、取り込んでデジタル側でカードを使いたい”シーンでは、別のことを同時にしようとしないで、読み込み作業に専念して取り組めば、100秒で50枚がおわります。単純作業なので、器用な人なら、ブレストしながも可能でしょう。




辛いかな、とおもうのは、「USB電源」×「画質=おすすめ」

このモードの場合、電源がないところでつかう、のはちょっと厳しいです。せめてPC側には電源が来ていてほしいところ。想定出来るシーンは「電源のある新幹線の席で、隣席に人がいない場面」でしょうか。


以上、s1300のファースト・レビューでした。

全国のワークショップの際に、もっていって、どんな使い方ができたか、またレビューします。
posted by 石井力重 at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/scansnap

2009年05月10日

ScanSnapで領収書をサクサクと

個人事業主になって、
領収書や請求書の書類のデリケートな扱いに
ストレスを感じていました。

もともと領収書の処理は面倒なたちだったのですが
個人事業主になって、幅広い用途で
領収書が出てくると
財布はパンパン、
大事なもの保管箱(ディズニーランドのお菓子の管箱)も
あけるたびにさわさわして4月を過ごしました。
領収書は不定形で、
縦長、横長、きゃしゃな紙、固い紙、いろいろあります。
中には、印字の消えてしまいそうなものや
洗車機の領収書などは、金額データにちょろっとした
ことしか書いていなくて、覚えておけるかどうか
不安なものもあり、
「記憶しておくストレス」が募っていました。

GWがあげて5月の書類もそろそろ入ってきます。
その前にと、月次決算に挑んだのですが、
もうすこし勉強が必要そうで
現状を維持したまま5月の事業活動が
始まりそうです。

そこで、まずは日付順にならべて、
ScanSnapで読めるかどうか、とにかくやってみました。

この機械、すごいですね。一度もエラーなしに全部を
読み取りました。

タクシーの領収書やJRの特急車内で発行される小さな領収書も
これでしっかり読み取れます。

ただし、細すぎるものと小さすぎるものは
クリアフォルダをはがきサイズぐらいに切り出して
そこにはさんで読み込みました。

それから、JRの駅で買う切符と同じ材質の
固い領収書も、さくっと読み込みました。

今後はホテルの領収書など、大きくて不定形のもの。
これもジャムらないで読みとってくれました。

やってみてコツがありました。
日付順にした領収書は、大きいもの、小さいもの
さまざなものが入り混じり、用紙をガイドする
受け口のガイドレールはセットが面倒なので最大に広げます。
そして、一枚ずつ、手で送りいれます。
機械の中心に、領収書が来るように手でちょっと
ガイドして、送り出せばサクッと読みます。

読み取り時間が早いので、次の領収書を送りだすところに
もっていったら、ポンとボタンを押す。
その繰り返しです。

個人事業主なので、領収書の枚数が少ないから
これができるのかもしれませんが(ちなみ四月は34枚でした)
後で処理するにしても、不定形の紙片をばさばさと扱い、
書類の多い書斎で、紛失に注意することをおもうと
PDF化した「領収書_2009年4月」ですむことは
精神的にすごくよさそうです。

ScanSnapにはAcrobatが付いていてPDFに注釈を
書き込むことができるので、
領収書の一言メモを付けておけます。
「なになにの用途で何何を買った」
「これは洗車の代金」
「この交際費は、だれとだれとだれ」
といったことも1カ月程度なら思い出しやすいので
ここで一気にメモして、忘れることができます。

その領収書は、1〜9日、10〜19日、20日〜31日の区切りで
クリップでとめて、「領収書 2009年04月」と
付箋を張ったクリアフォルダーに。
台紙に張り付けるよりも厚み少なくてすみ、
もし領収書の原紙がいるときもすぐに手にとれます。

PC状で処理することがおおい経理処理で
どうしても紙、となる部分をスキャナでデジタル側に
統一できるのはいいですね。

一昔前、スキャナは結構面倒だったのですが
いまはほとんどの紙ものを、さくさくと
取り込んでくれるので、
本当に気持ちいいです。

OCRにかけてしまえば、金額の転記もコピペで済むから
すこし手間が省けそうです。
posted by 石井力重 at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/scansnap

2009年05月07日

私の定番化文房具

知的生産をされる方の中には文具好きが多いと思います。
淘汰されずにながく自分のツールにあるものは
自然と似ている何かがある気がしますね。

私の場合は、どんなものがあるのか
ちょっと整理してみました。

■ペン

『プラマン』



紙へ接したペン先の「かさささ」としたさらりとしつつも、
ぐっと手ごたえのある摩耗感がたまりません。

500円と高いし、ペン先がつぶれないように使うのも
気を使うのですが、書き心地が最高です。
なにかメモを書きたくなってしまいます。


■メモ紙

『コレクトの情報カード』



名刺サイズのただの紙です。
私がこれがいいなと思う理由が2つあります。

飲み会で、コースターに即興の図やメモを書くことがあります。
コースターは、文具のふさわしくないシーン最高の文具。
このコレクトのメモカードは、そういうモノなんだろうと思います。

もう一つは名刺サイズであること。
これにより、もしシリーズでよいメモをかけたら、
市販の名刺フォルダーに一覧表示できます。
他の不定形のメモカードは一覧性が手間なんです。


ちなみに、このカードを入れておく専用の道具があります。


■メモ紙のケース

『メモパース』



入れておく部分が半透明なので、
いれたメモが見えます。

くわしくはメーカサイトの写真が分かりやすいです。
http://www.correct.co.jp/06cat/ip/ct_45a.html
余り売っていないので、アマゾンからが一番いいでしょう。
ヘビーに使うと18ヶ月くらいで壊れてきます。


■アイデアからデジタルへのインターフェーズ

『ポメラ』



PCの「メモ帳」だけを単離したらこうなります。
しかも乾電池駆動。

私は、ワードでテキストを書くことはまれで
ほとんど、アクセサリーの「メモ帳」ソフトを使います。
ワードの気が効き過ぎるアシストが
思考を邪魔する時があり、それを避けるために。

ポメラは欲しいものだけをとり出してくれたアイテムで
しんとした書斎、という時間をくれます。


■書類を一時的にまとめるアイテム

『プラファスナー』



進行中の案件にはどうしてもA4紙がたくさんあります。
後でリサイクルをするから、ホチキスは極力控えたいし
スキャナに入れることも考えてできるだけワンタッチで
はずせるほうがいいので、これを愛用しています。


■ホチキス

『サクリフラット』



軽い力で二倍の距離を押し込んで
確実にとめられます。
フラットになるので、スマートです。
デザインもいい感じで手になじみます。
替えの針が背中に入っているので
タマギレになくこともなくて秀逸です。


■スキャナー

『ScanSnap S1500』



つないでポンと押すだけで
きもちよい速度でぐんぐん電子化してくれます。
手に入れる書類を吸い込ませ、
ノートPC一つでも外出先で必要な書類を参照できて
効率的です。
プレゼンの時、プロジェクターで投影したい紙資料も
吸わせておけば、すごく簡単にそれができます。
捨てるかどうかまよった書類は吸わせて即リサイクル。
サクサク「片付く」心地よさ。ちょっとした快感です。


■ホワイトボードのマーカー

『ハンディホワイトボードマーカー』



ノック式でしまえるので、
外出先でのホワイトボードへの記入の際に、
さっと胸から出してつかえるので便利です。
会議室で書けないマーカーにあたると
気分が乗りませんが、持参することで
快適にします。
クリアフォルダとかプラ系素材は
だいたいホワイトボード的に使えますので
一本持っているとどこでも「仮に」な感じで
かけて調子が良いです。

ちなみに、普通紙にもかけるので、
書類にちょっとした強調を入れたい時に使えます。
青インクのマーカをもっていると
書類の文字をつぶさずにマークでき便利です。
posted by 石井力重 at 02:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/scansnap

2009年04月23日

死蔵していた辞書に第二の輝きを

ScanSnapで、高校時代からずっと死蔵していた和英辞典や慣用句辞書を、電子化しました。

初めは小ぶりの辞書、それでも400ページありましたが、スキャンしてみると、なかなかいい調子で電子化できました。

そして、高校で手にする一般的な厚さの辞書。ページ数は1600強です。だいたい辞書というのは4〜5センチ厚で1600ページ構成なのかもしれません。

それを裁断して、スキャンしています。これは400ページのものにくらべて格段に苦労しました。まず、裁断がうまくいっていないところがあって、のりが落ちていませんでした。なので、のりを外す作業をすべてのブロックで行う必要がありました。また、紙がうすいので、ジャムってしまいがちで、一度に投入する量をおさえて、ガイドも正確に当てるようにしました。

その結果、別のことをしながら、大体1時間くらいで、読み込み完了。ときどき手を貸すだけなので、時間は実際には10分程度の実働でしょうか。

この辞書をOCRでテキスト化します。そして、「本棚」とかいたポータブルのHDDに入れます。あとは、英文や和文を検索するような時には、ネットをみるかわりに、そのHDDを対象にして、Acrobatで検索をかければ、ネットにないような質の言葉探しが可能です。

デジタルの方が便利で、使わなくなって死蔵していた辞書が、高校生のあの時につかっていた「机の上の主役級」の輝きをまた、とりもどしました。

物体としては、リサイクルに回りますが、資源としてそれはそれで第二の人生を生きるでしょう。

死蔵していた辞書が私は20冊以上ありました。いろんな専門分野にいたため、使う頻度の少ない辞書が様々ありました。
一例を挙げると
・理化学辞典
・和英辞典
・国語辞典
・慣用句辞典
・ドイツ語辞典
・物理学辞典
・自動車競技のルールブックなど

一年に3回以上手に取らない状態になっている辞書は、かなり本棚をあっぱくします。しかし、辞書はそうそう捨てられません。そういう価値観をかつての先生方からもらっているのかもしれませんが。

モノとしての活用が、破壊がまず最初に来るため、ちょっと抵抗がありますが、こうした活用もなかなかよいです。出張先にすべての辞書を連れて行ける、というのも大きいですね。
posted by 石井力重 at 04:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/scansnap

2009年04月15日

書棚があくと楽しくなる

書斎の机の上に常設するつもりのScanSnapをちょっと本棚にいれてみました。クリックで大きくなります。

shodana.jpg

私の書棚は、こんなふうに、本以外のものが結構入っています。

書棚があくと楽しくなります。人間はどうしても空間的な認知や空間的な記憶が多くのウエイトを占めます。空間のショーケースとしての書棚は、心理面への影響は大きそうです。
posted by 石井力重 at 01:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/scansnap



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(61)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(84)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(163)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(359)
アイデア・スイッチ(38)
アイデアの技法(219)
メソッド&ハウツー(189)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(119)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(13)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(4)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(13)
311special(5)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)