2010年06月26日

iOS4 ビフォア・アフター

私のiPod touch 8ギガにiOS4をいれました。今存在する8ギガのiPod touchの最新ハードですが、この新OSの恩恵は少ないです。それでも変わったことがあります。


iOS4_before.jpg



iOS4_after.PNG

下のアイコン置き場が、なんだか素敵な感じに。

それから、元から入っているアイコン(アップルの作っているアプリ)がわずかに変わっています。

メールは、封筒が大きくなった。
サファリは、世界地図がくっきりした。
予定表は、幾分、バーが立体的になった。
計算機が、大人っぽくなった。

これが変わったことの1つ目。


二つ目。メールの使用が変わりました。私はGmailなのですが、今までメールチェックを眠い状態ですると、握ったままね落ちして、スライドでメールを削除してしまう、という困った事態がありました。これが、今度は、「ゴミ箱」じゃなく「アーカイブ」になったので、安心です。


三つ目。フォルダが使えるようになりました。(これ、つっこんじゃうと、わからないですね。アイコンの色の似たものを一つにして、色で選択するほうが、探しやすいかもしれません)。


これなら、OSを変えないほうが良かった?どうでしょう。唯一の大きな変化であるフォルダ機能。人に見せるときとか、プレゼンの時に手元でいろいろするときに、要らないものはフォルダに突っ込んでおけるといいなぁとおもっていたので、それはいい気がします。


気のせいかもしれませんが、動作については、ちょっと、もたつくことが増えた気がします。ビジュアルについては、心もち、全体的にクリアになった気がします。
posted by 石井力重 at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/iPod touch

2010年04月21日

iPod touchは、プレゼンの手元用にちょうどいい

iPod touchを使い始めて、すごくプレゼン周りが便利になりました。

プレゼンの前のタイミングは、前方のテーブルで出番を待っていたりするわけですが、その間に、直前リハーサルをしたいときってありますよね。

私はそういうときに、iPod touchをつかって、さっさっさっと、一通りのスライドをおさらいしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

iPod touchにプレゼンを入れる方法

1)パワーポイントを、保存するときに、よく見ると、形式が選べますが、そのときにJPEGとか画像を選べますので、それで保存します。

文字輪郭がぎざぎざで汚い、と感じますが、それでOKです。

2)iPod touchに写真を転送するフォルダーにその画像を入れます。ただし、スライドナンバーを1→01、2→02のようにしておきます。しないと、スライドが変な順番になります。(1の次に11が着ます)。

3)同期させます

これだけで、完了します。後は写真のアプリを押せば手元にスライドがだせます。ぎざぎざがアンチエイリアスというのでしょうか、輪郭あいまい化処理がなされて、すっきりとして見えます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このiPod touchでリハーサルすると、小さくて読めない文字があります。それは、スライドを見る後方の人にとっても、読みにくいものなので、次からは、何か工夫しよう、と気がつきます。


直前リハーサルの効果は絶大です。発表と同じ緊張の状態でスライドをめくると、あれこのスライドがあとにあったんだけっけ、というのを、リハーサルできてしまうので、壇上では、二度目となり、余裕ができます。




二つ目の話なのですが、壇上でも、熟達すると使えるようになります。これは、プレゼンに不慣れなうちは難しいやや上級者編なのですが、こんな感じです。

プレゼン中に、ビデオをみせるなど、30秒ぐらいの時間がある、そういうコンテンツにしておいたとき、この後、どういう展開ができるんだっけ、と手元でささっと、さき数十枚を確認することができます。

講演やワークショップなど、長丁場の登壇の場合、トイレ休憩がはいったりしますが、そういうときに、トイレまで歩きながら、さっとこの後を確認したり、もできて便利です。


これは、ちょっとしたことですが、かなり便利です。





補足:

ただ、唯一、懸念されるのが、登壇中に、アイフォンでメールをみているのか、と誤解されそうなことです。見た目には、会議中のメール内職とそう変わらないわけで、そこだけは、気になるところではあります。


なお、プレゼンのクリック装置として、使うアプリの中には、先のスライドを表示しておくものがあります。これは便利、ですが、私はちょっと使いにくいので、無線のクリックツールを別に持っています。日本にIDEOのトムケリー氏がきたとき、アイフォンでクリックして行ってその姿はとてもかっこよかったで、個人的には、好きなんですが。
posted by 石井力重 at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/iPod touch

2010年04月06日

iPod touchをPCのあるところでも使うわけ

PCの起動には時間がかかります。
1分が長いときも、短いときも。

そういうときに、PCの前にいても
iPod touchをかちり、すっと、立ち上げて使います。
メールを読み始めるまで、ごくわずか。
ノートをかばんから取り出し広げるのとそう変わりません。

そんなわけで、メールチェックを済ませて、
さあ、返信をしっかりかくぞ、となったら
PCはしっかりと起動しているので、そちらですぐに
作業にかかれます。

文字インプットには、PC、ですが
すばやい情報閲覧装置としては、
iPod touchは秀逸です。
だから、PCのあるところでも、
何かの「閲覧だけに特化した作業」だと
iPod touchをつかうことが良くあります。

しばらくひたすら読み込むだけの作業をするときには
ころがって、iPod touch片手に、腰を休めながらとか、も。

また、もう一つがPCのスペックが低い問題です。
スキャンしたPDFデータをOCRをかけて、たくさんCPUを
働かせると他の作業が重たくなります。
WEBの閲覧は、まだいくらかいいですが、動画の閲覧などを
使用としたり、あれこれと、オフィス系文章を開こうとすると
かなり動作が不安定になります。
(ハイスペックマシーンをつかっている人はともかく
 モバイルノーと一つで家でも仕事をするような
 私のような人にとっては、これは、よく起こります)

そういうときにも、iPod touchが役に立ちます。
文書の閲覧は、メールに添付して自分に送れば
iPod touchのメールである程度
可能ですし、動画系の資料であれば、
Youtubeならほぼ、PCとおなじように見れます。

それから、最適化とか、再起動に入ってしまうときにも
iPod touchがそばにあると、まつイライラの代わりに
しばらく、趣味のサイトをみたり、仕入れたかった情報を
あれこれ学んでおく時間にも当てられます。
PCはこれまで、その存在が大きかったゆえ
PC作業中にPCが重たくなる、再起動する、というのは
ほかに何も作業を進捗できない、ストレスフルな状態だった
わけですが、そういう部分をことごとく、超えさせてくれます。

それから、ツイッターの吸引力に、負けない工夫もあります。
ツイッターは、なぜか永遠に時間を費やしたくなるふしがあります。
それを回避するには、iPod touchからツイッターをみると
いいです。
ツイッターの小さい画面でも十分に見れます。
そして、返信をするために入力も、ある程度はできます。
でも面倒。この面倒、がいいんです。
iPod touchで見る限り、リツイートぐらいは、ほいほいできて
あまりコミュニケーションフルな状態にはいりにくい。
どうしてもの時はPC側でブラウザーをたちあげて入力しますが、
その敷居の高さを作っておくことで、さっとちぇっく、さっと終わり、
という使い方になります。

そのほか、予定表をグーグルカレンダーでみるときも
iPod touch側で見ると、作業中の画面を消したりしなくて済むので
調子がいいです。

PCがある、でも、その横で、常にこまごまと使う。
iPod touchがPCのあるところでも使うわけはそこにあります。


余談ですが、上記のiPod touch、という言葉は
iPad、に置き換えてもほぼ、いけるでしょう。
多少机の上におくには邪魔ですが、スケジュールの
閲覧とか、閲覧系作業は、すごくいいでしょうね。
posted by 石井力重 at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/iPod touch

2009年12月16日

iPod touchの連載の第3回が、掲載されました。

誠Biz.IDでの連載記事「iPod touchの使い方アイデア」(紙面上のシリーズ名は、iPod touchだってできるもん、という名称)の第三回目が、アップされました。

辞書をばさばさとスキャンして、辞書引き学習法に近いテイストで知識習得をたのしんでみよう、という使い方です。



私は、『認知心理学事典』をこれで、徐々に読んでいます。なかなか良い感じです。スキャンする手間はかかりますが、自分の好きな辞書を持ち歩けるのは気持ちいいですし。
posted by 石井力重 at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/iPod touch

2009年12月09日

iPod touchの連載の第2回が、掲載されました。

週末、激しく体調不良の為、臨時休業をしておりました。今日から、自宅内で、仕事再開しました。

昨日、誠Biz.IDでの連載記事「iPod touchの使い方アイデア」(紙面上のシリーズ名は、iPod touchだってできるもん、という名称)の第二回目が、アップされました。

この連載はかなり、コネタ・テイストですが、「iPod touch 活用法 石井力重の場合」的なものとして、見ていただけましたらば幸いです。



タイトルは、旬的な要素から、フィンフルエンザ、ですが、内容的には、単身赴任の方や、週末を挟んでの出張になるのが寂しいお父さんが、家族のリアルタイムの今を、BCGにしながら、癒されるようにと、考えて書きました。

あるいは、産休・育休でお休みしたビジネスパーソンが、子供を別室で寝かせてちょっとしたいことをするときに、子供の様子をモニターするための、使い方を意図しています。
posted by 石井力重 at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/iPod touch

2009年12月01日

誠Biz.IDでiPod touchの連載を始めました。

iPodについては、素人に近かった石井ですが、必要があって購入してからは「発想する生活の中の道具」として、使い方アイデアをいろいろ考えて試してみていました。

発想法の連載に比べて、かなり、コネタ的なテイストですが、「iPod touch 活用法 石井力重の場合」的なものとして、見ていただけましたらば幸いです。

posted by 石井力重 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/iPod touch

2009年11月17日

発想トリガーの自動表示装置としてのiPod touch



発想トリガーの自動表示装置としてのiPod touch
拙著『アイデア・スイッチ』の中の「12変化リスト」が元ネタです。
一瞬で読み込めるように、分割して23リストにしています。
posted by 石井力重 at 13:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/iPod touch

ああ、こうすれば良かったのか。iPod touchのカレンダー

最近、家族とカレンダーを共有するようになりました。お父さん(私)が「平日9時17時」じゃない働き方をするので、家族も、いろいろと、調整が大変そうでしたので。

ここで、はるか昔に止めていた「Googleカレンダー」を再度利用しはじめました。当時は「面倒だなぁ」となぜか思ったのですが、今となってはすごく便利です。今の仕事環境では、ほとんどいつもPCを触っていて、いつでもネットにつながっていますので。

しかし、面倒なのが外出中、電話でのアポを行う時。「まってください、いま、PCを開きます」というのはいかにも、もたもたしているし、PCのない時もあります。

かといって、紙の手帳を同時並行してつけるのは、ほとんど無理です。頻繁に書きこまれるIT側の記録を、アナログ側で追いかけるのは、それだけで一仕事ですから。

そこで、「アナログの手帳をやめる」という選択肢を自然とせざるをえなくなりました。

そこで、iPodに同期したらいいや、と、パーム時代を思い出して、やってみると、できるんですね。パームのころはパームデスクトップのカレンダーしか、だめでした(そしてそれは使うPCが1台であることを前提にした運用でした)が、Googleカレンダーのようなものが、iPodに送り込めるのは、かなり、いい感じです。

参考になる記事があり、その設定はすらすらとできました。マイクロソフト・エクスチェンジ。それが何なのかわかりませんが、とにかくできました。

しかし、もうひとつ困っていました。それは、Googleカレンダーの複数のカレンダーのうち、一番上のカレンダーしか、取り込まない、ということでした。

これについて、「ああ、こうするのか」とすぐに理解できた、とてもいい記事がありました。

こちらです。 iPhoneとカレンダーを同期 Google Syncを試す

3ページ目のGoogle Sync、というのが、あるというのは知りませんでした。もともと、ITのことは、知らないことが多いですが。

これで、Googleカレンダー内の複数のカレンダーを取り込めました。この半月、この「複数のカレンダー(家族と共有、自分オンリー、など)の全てが見れない」ことで、結構、予定をダブルブッキングしてしまいそうで、怖かったのですが、完全にクリアできました。
一時は自分ルール(IdeaPod以外は有料アプリを買わないで活用できるか実験するのだ)をやぶって、スケジュールアプリを買おうかかとすら思っていましたので。

そんなわけで、多分、私と同じ水準の方がきっと、同じようにその記事を参考にされると思います。とくに年末で手帳を買うかどうかの時期になると。とても便利だったので、ちょっとしっかり、メモしてみました。


余談:


それから、そのGoogle Syncを設定する記事の1ページ目で、iTunesの設定を変える操作があり、「Googleコンタクトを同期」させることになりました。もともと「連絡先」は空っぽで、画面のずっと後ろの方に入れていたのですが、Gmailのアドレスは、FaceBook登録すると一気にどーっと、「この人、知人じゃない?」機能が立ち上がるのを見て、多分、長年の使用で蓄積したリストが、流し込まれたのかな、とおもってみると、やっぱりそうでした。1802件。なんの名簿管理もしていないのに、一気にこれだけのアドレスリストが出来上がるのは壮観でした。「名刺フォルダーをめくりながら、このプロジェクトの連携相手を探す」という行為がこの小さなデバイスを見ながらできてしまうわけで、これはすごいなぁとおもいました。と、同時に、相手も同じ環境にある可能性があるわけで、ビジネスで一度あった方には、最低、一度はメールをやり取りした方が、相手の連絡先一覧にはいれていいんだろうな、と思ったりしました。

最後は余談が過ぎましたが、Apple(iPod touch)とGoogle(の機能)で、いろいろ便利な世界ができているんだなぁと思います。どっちも、本社は結構近くにあります。シリコンバレーの、クパティーノ、マウンテンビューだったとおもいます。
posted by 石井力重 at 01:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/iPod touch

2009年10月09日

起動したまま画面を(実質)ロックする方法

iPod touchを使うと、これ一台で、講演などでもいろいろ便利です。
単純な「ベル」としてだったり、学会的な
1ベル、2ベル、3ベルを設定したタイマーだったり。
あるいは、手元でちらりと見たい、メモ資料だったり。

ただ、「この画面のまま、触らないでおきたい」時には
少し困ります。
電源を切れば、また立ち上げてすぐに戻れるものもありますが、
時間進行しているものなどは、起動したまま「画面に触らない」
ようにしたい、ということがおこります。

演台において離れる。

それがいいのでしょうが、ワークショップなどでは
経過時間をチェックする為に、
ポケットに入れて持ち歩きたいこともあります。

でも、どうやっても、ソフトをたちあげたまま
画面のタッチ反応を「ロックする」(無反応にする)ことが
できないようです。

そんな時、私の使っているケースが物理的な無タッチ状態を
実現する一つの答えになりました。

フロシキシキ、というケースを使っています。

これは樹脂製でフレキシブルなカードケースです。
ぺたぺたするので、これを座布団にして机の上にiPod touchを
おけば、滑らないし、立てかけるのにもすべらず便利です。

これは透過性があるので
「目的のソフトをスタート」→「フロシキシキにしまう」としてしまえば
胸ポケットに入れておけば、OKです。画面は見えます。
負荷の低いアプリなら、特に発熱もしません。

(電源ボタンは、こいにねらって押せば、カバーの上からでも
 押せることがあります。ただ、ぺたぺたするので、ふつうは
 カバーあまりをちょっとつけておけば、緩衝空間が保持できます)


ネット上で探してみたのですが、記事がありませんでした。
あまりこのニーズはないのかもしれません。


なお、iPod touchの指の認識方式は「静電容量式タッチパネル」と
思われますが、この場合は、導体などでも条件が合えば代替えできるそうです。
逆に、画面との距離を十分に話す、不導体で覆えば、タッチは無反応になります。
サランラップは薄すぎて微妙ですが、不導体の膜状のものでも
同じようにできるとおもわれます。
posted by 石井力重 at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/iPod touch

2009年09月26日

iPod touch 常時点灯

iPod touchで、ある種のカード画像をずっと、表示させておきたいというニーズがありました。

でも、触らないでおくと、30秒で画面の輝度が低くなり1分で、画面が完全にオフになってしまいます。

どうしらたら、iPod touchを、つけ続けておけるのか、あれこれ考えていました。

結論から言うと、「設定アプリ」(歯車の絵のアプリ)で設定をいじると出来ることが分かりました。

ギアのアプリのなかに、さらに「一般」(歯車のマーク)があります。
そこを開きます。

そこに「自動ロック」の項目があります。選び、開きます。

すると、1分、に設定されています。

一番下の「しない」を選べば、ずっと点灯したままにしておけます。




ちなみに、どれぐらい電池が減るのか、発熱するのか、を知りたくて、今日は午後2時ぐらいから今午後5時ぐらいまで、ずっと、写真をひょうじさせてあります。ライトも暗くならずにずっと明るいまま。その結果、7分ぐらいだった電池が5分ぐらいにへりました。発熱は全く割いていません。この調子でいけば、満充電なら、8時間程度は、持つのかもしれません。

なお、輝度をさげる設定をしておけば、もっとながくもつのかもしれません。ただし、非常に見えにくいのは受け入れざるを得まえんが。
posted by 石井力重 at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具考/iPod touch

2009年09月25日

iPod touchでPDFを表示・保存(無料×オフライン)

PDFファイルをiPod touchで見るには?
(かつ、無料で)(かつ、オフラインで)

ということを試していました。


「無料」という条件を

外してしまえば、「有料アプリ」をかうことで
すぐに実行できます。


「オフライン」という条件を

外してしまえば、ブログにPDFをおいておいて、
safariからそれをクリックすれば、
iPod touchでのPDF表示は実行できます。


「無料×オフライン」

でありながら、あまりサーバとか脱獄とかややこしい
知識をもっていない、私と同じような人向けの方法として

「AOL.comのメール」

が良いようでした。



iPod touchには標準でメールアプリ(手紙のボタン)があります。

それには大抵の方は、Gmailとかmobile meを設定していると
おもうのですが
AOL.comのメールは使っていない方が多いでしょう(推測です)。

そこで、メールアプリに2つ目のアカウントを作ります。

一度「設定アプリ」(歯車のボタン)で
2つ目のメールの設定をします。

そのまえに、aol.comでアカウントを作っておきます。
英語表示ですが、たぶん、登録できるでしょう。
悩ましいのはZIPコードぐらいです。
私は、982080といれました。日本の住所の頭6文字、という
尻切れトンボの気持ち悪さがありますが、まずは通れば
良しとして。

さて、「設定アプリ」で、AOLメールを設定します。
ユーザ名とパスワードぐらいで簡単なものです。

そして、「メールアプリ」を起動すると
アカウントを選べるボタンが左上に洗われます。
それをおせれば、AOLメールを開けます。


あとは簡単です。

PCのAOLメール画面で、自分のアドレス(AOLのアドレス)に
PDFファイルを送信します。

ただし添付ファイルの大きさの制限は16MBまでだそうです。

 The largest size of an e-mail
 that you can send or accept from the Internet is
 16 megabytes (MB).

添付サイズについては、
下に工夫の結果を述べます。



これで、iPod touchの方からメールをクリックすれば
添付ファイルのついたメールが見られます。
そしてその添付を開く(この時はDLに数十秒かかります)と
PDFを読むことができます。

なお、そのメールを閉じることなく、
他のアプリへ移動した場合、またメールアプリに戻ったときには
PDFのそのページが開いたままでいてくれます。

わたしはこれで、電子化した本をよんでみたのですが
開いていたページが出てくるので便利そうでした。







■■■■■■■■■■

添付サイズを下げる工夫

■■■■■■■■■■

これは、ScanSnapなどで、本を電子化した人向けの話を
前提としています。


ScanSnap+PCで140ページぐらいの学術書をとりこみます。

そのあと(ほぼ勝手に)PDFファイルになります。

私が試した140ページの学術書は
そのままで30MBありました。

そこで、次の3つの方法を試しました。

いずれもAcrbat9の機能です


■その1

メニューバーの「文章」を選び
「ファイルサイズを縮小」を選び
「Acrobat9.0及びそれ以降…」を選びます。

むかしのバージョンに対応しない形式にとどめることで
大幅に軽くなります。

30MB→7MB

これでもiPod側では十分に読めます。
ただし、これをするとPC上で妙に汚くなってしまう
ページがあるのですが
そのページはiPod側では丸ごと白紙になってしまうことがありました。


■その2(おすすめ)

メニューバーの「文章」を選び
「スキャンされたPDFを最適化」を選びます。
「高圧縮」から「高品質」までを5段階で調整する
つまみがありますが、私は、高品質から2つ下げたものを
えらびました。

(そのファイルは、PC上では、文字がやや、ぼやっとした感じになります。)

これで非常に軽くなります。

30MB→3MB

iPod上では、このぐらいでもまったく遜色なく文字が読めます。
小さい画面でよむわけで、PC上でのぼんやりさは関係ないみたいです。



■その3

ファイルを分割します。

「文章」とのころで文章を分割する方法があります。
これで2つに分けたところ15MB強のファイル2つになりました。
ただ、これは、結果としてうまくいきませんでした。
AOLメールに添付は出来ます。
しかし、iPod側で受信したメールを見ると
「20MB」と表示され、それを見ようとしてタッチすると
「大きすぎて開けません」となりました。

(なお、傾向として、実際のファイルサイズの3割増しぐらいの
 サイズが表示される傾向があるようです)

できるだけ、高品質で読もうとしたのですが
この方法は、手間がかかる割に、文章も分割されて
メールの数も増えてしまい、あまり効果的ではありませんでした。





試した結果、お勧めは「方法その2」です。

ファイルの品質を2段階ぐらい落として
AOLメールに添付する。
これが最もスマートな方法のようです。
posted by 石井力重 at 16:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 道具考/iPod touch

2009年09月24日

パワーポイントをiPod touchのフル画面で見る

パワーポイントを、iPod touchのフル画面で見るにはどうしたらいいだろうか?

としばらく考えたり探したりしていました。
ブログ上のPPTのファイルをクリックすると見れます。
しかしそれを保存する方法がなさそうです。
そしてフル画面になりません。
できれば、フル画面で見たい・見せたい、とおもい
何かいい方法が?と探していました。

そこで、「多少、文字が汚くなるけれど」と観念して
pptをjpeg形式で出力することにしました。
(保存の時に、その他の形式を選択し、jpegを選ぶ)

ここで、試してみたのが「スライドの大きさを変えて画像化する」ことでした。スライドの寸法を、iPod touchの画面サイズに合わせて縮小します。スライドは、そのまま小さくなってもほとんど同じ用に見えています。ただし、線の太さが相対的に、やらた太くなります。こちらで保存した画像は、きれいに見えるのでは?と期待して。

結果から報告しますと、「それは、かえって画像が汚くなる」ということでした。普段のスライドのまま、画像化して、iPod touchに転送するほうが、画像は圧倒的にきれいでした。

なので、スライドをそのままjpegで保存して、1〜9枚目だけは、01〜09に書き変えて、フォルダを丸ごと、iPod touchに送り込むだけで、十分なスライドフル表示が実現できました。細かい文字はやはり厳しいですが、それは、そもそもスライドで使ってはいけないほどの小ささだけかと思います。


なお、補足として、PC画面は4:3にたいして、iPod touch画面は3:2なので、多少の余白ができます。


以上、簡単にPPTをiPod touchでフル表示する方法でした。
私のように初心者の方にとって、いくばくかのお役に立てれば幸いです。
posted by 石井力重 at 06:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | 道具考/iPod touch



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(61)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(84)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(161)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(356)
アイデア・スイッチ(38)
アイデアの技法(218)
メソッド&ハウツー(189)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(119)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(13)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(4)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(13)
311special(5)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)