2010年10月31日

開米さん、新刊

開米瑞浩(かいまい みずひろ)さんが、新しい本を書かれました。

『エンジニアのための
 図解思考 再入門講座』

(翔泳社、2010年10月)

誠ブログのつながりで、開米さんとは交流がありましたが、おっても面白い人で、愛されるキャラクターです。なんだかこんな先生にならったら勉強ってたのしいだろうなぁ、というのが私にとっての開米さんの第一印象でした。

その開米さんの9冊目にあたる新刊。

ishiirikie_blog_DSC03645.jpg

一言で言いますと、そうですね・・・、ビジネス書と学術書の中間のような、スキル本と辞書の中間のようなもの。決してそういう意図で書かれたわけではないかもしれませんが、開米さんの軽妙なテイストと、きちんとした論理思考が融合して出来上がる作品として非常に、「らしさ」のある本だと思います。

ishiirikie_blog_DSC03649.jpg

わかりやすいノートを作る友人。高校時代にそういう人がいませんでしたか?そんなことをふと思い出すような、コンパクトな要約が柔らかい文字で書かれた扉で、各章がはじまります。

この15の章のとびらをみるだけでも、かなりのノウハウ集だとおもいます。
私はこの部分を書き写して、参照できるようにデバイスに入れています。

その中から、3つほど紹介してみます。

P148(10章)
「物の動き」、挙動特性を説明されたら、
論理的に考えなくても答えがわかるように、
自分の身体感覚に照らして図解しよう。

P180(12章)
「適切な見出し」は図解の伝達力を大幅に向上する。
長文を要約して適切な見出しをつけると、
意見の違いが浮き彫りになる効果もある。

P206(14章)
誰も答えを知らない問題を解決するには、
ゼロベースで問題の構造を図解しよう。
問題そのものを理解する地道な努力が肝心。


8章ぐらいまでが、基本スキルを教えてくれて、9章あたりからは、かなりぐっとエッジのたったスキルが並んでいます。この本が「ハウツー図解」にとどまらず、知的生産の技術、という領域へ緩やかに端をかけているような感じがします。やさしい言葉で、本質的な知的作業を解説しています。

それから、光栄なことに5章には、『アイデアスイッチ』を出典として、SCAMPERリスト(の詳細版)を紹介していただいています。

ishiirikie_blog_DSC03650.jpg

※ 発想トリガー法は、ビジネスの思考術全般に重宝されていて、経営学の本にも出てくることもあります。

最近では、カヤックの柳沢さんの『アイデアは考えるな』にも、TRIZ系の発想トリガーとして、智慧カードのリストが紹介されています。

そして、最後の見出しは、開米さんの力強いメッセージと気持ちを感じるセクションです。

ishiirikie_blog_DSC03654.jpg

開米さんの最後のメッセージ。いくつかの本でも「実践しよう」が明確に語られています。この本のあとがきは、かなりあっさりしています。語るべきことは、本編を通して語っているから。

エンジニア向けの本、として出されていますが、非エンジニアでも、楽しく読めると思います。




読んで、わかって、トライ・アンド・エラー。

それが大事だと思うんですよね。これが本来、本を買ってお金を払った対価の享受のし方、だと私はおもうのです。







蛇足:

図解のハウツー本とか、体験ワークをともなっている本というのは、これから電子書籍が確立されていく中で、おもしろい可能性があるなぁと、いつも思います。(じゃあ、石井はどうなんだ、と自己問答をし始めると、筆が止まるので、まずは思ったまま書いていますが。アイデアワークの本も、機能性ある紙面とかなり相性がいいだろうなぁと、おもいます。アイデアを実際に出すと、ツイートされたり、専用サイトで他のユーザが発想したアイデアを、書籍内にダウンロードすることができたら、と。)

2010年07月29日

技術的ブレークスルーノート

TRIZを適用する。技術的課題を解く。
そういう作業にはいろんな前提知識がいります。
宮城TRIZ研究会では、そういう部分を一切はしょった説明を
地元中小企業さんから求められているのを感じていて、
それにあったワークブックを作りました(正しくは2年前に)。

それを掲載します。

いまだとiPadにいれたi文庫HDあたりでみてもらうと、
結構電子書籍っぽい感じで楽しんでもらえるかもしれません。

ただし、ワークブックですので、書き込んで使うことが前提でつくっていて、電子書籍アプリの書き込みしにくい現状では、片手落ちかもしれませんが。

お手数ですが、A5に印刷して現場でわしわし汚しながら使ってもらえたら幸いです。


 
 TRIZ_技術的ブレークスルーノート.pdf



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(61)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(84)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(163)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(359)
アイデア・スイッチ(38)
アイデアの技法(219)
メソッド&ハウツー(189)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(119)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(13)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(4)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(13)
311special(5)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)