2018年06月07日

【特許講座】アイデア創出方法の講義

知財講座_アイデアの創出方法_2018_ページ_043.jpg

6月7日、宮城県の某所で行われた「知的財産権制度セミナー」の中の「アイデアの創出方法」の講義資料を置いておきます。




この講義の構成は、4部構成です。

◎創造性ベーシック
◎理想度の高いアイデアを考案する方法
◎日々の中から特許のアイデアのネタを洞察する方法(nekonote)
◎TRIZ発明原理(と智慧カード)で課題解決のアイデアを創出する方法

(創造性、TRIZ、開発工学、課題発見、などの領域にまたがる話ですが、そういう前提知識のほとんどない方が初見でわけるような内容にしてあります。)

ご参加いただいた皆様へ:

ご参加いただいた方は、自社内でお使いになる分にはご自由にお使いください。
(社外に用いる場合や、商業出版物に転載するなどはご相談ください。)

たまたま検索で見つけてごらんいただいた方へ:

もし、特許セミナーや知的財産権制度のセミナーをされておられて「どうも、特許の話だけしても、うまく受講者に刺さらないんだよなぁ、さりとて、特許のためのアイデアを出してもらいつつ、特許の話に入るのも、大変だしなぁ〜」とお悩みの方がいたら、ぜひ、こんな感じでアイデア創出の時間を実施してみてください。

受講者の方々は、自分の課題を洞察し、そこからアイデアの初期段階のものを出して、そのうえで特許の話を聞くことになり、格段に、特許の講座の学習内容が、入ります。

もし、「石井のアイデアの講義を入れてみたい」というリクエストがあれば、お気軽にご連絡ください。(ブログの上部にコンタクトのボタンがあります)。

お時間の許す限り、お伺いして、お話しします。

(石井は、特許のプロではありませんが、大学院・博士課程のある時期、MOTと知的財産権の研究室にいたこともあります。またNEDOのフェローとして新技術商業化まわりに携わっていたこともあります。知財の知識のベースの素養はあります。(ただし、特許制度などの講義は、できません。その辺のことについて、初歩の知識がある、というだけです。)






余談:

石井の板書は、スライドを補完する「思考の展開していく様子」なので、こんな感じです。ノートに書きとることはほぼできない、ふんわりしたことだけ、書いています。書きとるべきことがあるなら、それはスライドに記載しておこう、という姿勢です。

石井力重_板書.jpg


2018年06月05日

創造する組織の参与観察(アイデアプラント・レポート2009)

9年前の事です。創造する組織に、縁あって、一週間滞在させてもらいました。
その時の気づきは、私にとって、今でも大きな示唆を与えてくれます。

当時は、そこでの気づきをITmediaの媒体で連載を持っていたこともあり、媒体上で毎日綴っていました。
その記事を、レポートとして、一つのファイルに再編集しました。


22ページあります。(石井はフリーコンテンツ的な志向の強い方ですが、このコンテンツについては、取材対象者さんにも配慮して、無断転載等はなさらないでください、としておきます。)

2018年06月04日

アイデアを整理・引き出してくれるメモ用紙(NHK おはよう日本 まちかど情報室)

6月4日。今朝、まちかど情報室(NHK おはよう日本 5時40分頃)にて、nekonote(ねこのーと)が、再放送されたようです。

machikado.jpg

nekonote(ねこのーと)の開発者として、厚く御礼申し上げます。

今日、このブログを初めてごらんいただいた方のために、要約紹介します。

◎猫の手の付箋(猫の手のメモ)が、アイデアを引き出し、整理してくれます。
◎付箋をつなげていけます。
◎付箋は三つの分岐(肉球)があり、広がることを促します。
◎付箋が広がり切ったら、整理していきますが、その時に、一塊のつながり(房ごと)をいっぺんに移動できます。


Amazonで手に入ります

製品の使い方サイトがあります。

もっと、情報を検索したい、という時には、
ねこのーと nekonote アイデア
と、3つの単語を並べて検索してみてください。

(”ねこのーと”だけでは、猫をめぐる大量の情報の中に埋もれてしまいます。)





posted by 石井力重 at 11:23 | プレスリリース&メディア掲載

2018年06月01日

nekonote(ねこのーと)のワークショップ・スライド(3種)

nekonote(ねこのーと)の使い方は、とてもシンプルです。

==基本の使い方(一人用、グループ用)==


グループワークやワークショップの冒頭で使う場合には、アイスブレイク的にも使えます。

==アイスブレイク用==


また、ディスカッションやブレインストーミング・セッションの前に「洞察」をすることは、とても効果的ですが、それを実施するためのワークにも使えます。

==洞察用==


こうしたスライドが、皆さんの創造的活動の一助になれば幸いです。

2018年05月31日

【記事】『ブレストの極意』【FINDERS】

石井のインタビュー記事が新しいWEBメディアに掲載されました。

「クリエイティブ×ビジネス」をテーマにした新しいメディア ” FINDERS(ファインダーズ)”の5月30日の記事です。

Fin_idea.jpg


インタビュアーの安齋氏は、東北大学の後輩でもあり、私の話すことをうまく引き出して、記事にしてくれています。

前半から少し引用しますと、

” 日本のブレストがうまくいかない理由は、いきなりWhatとHowを同時に求めてしまうから。”

という話に前後して、「二段階ブレスト」と「PPGブレスト」が紹介されています。そこに続く形で「PPCOプロセス」も。

ブレストの極意、というタイトルに対応する部分です。


後半では「なぜシリコンバレーは発想が豊かなのか?」という問いかけをもらい、石井なりに回答しています。ここは、もう少し多く記事引用します。(なお、記事中の石井の回答は、あくまで石井個人の独断と偏見であり、所属する学会や大学等の見解ではありません。)

”なぜAppleやGoogleの本社があるシリコンバレーの人たちは発想力が豊かなのか? 石井氏は、シリコンバレーの人たちと日本人では、アイデアの考え方に違いがあるという。
前者は「アウト・オブ・ボックス(箱の外で考える)」。簡単に言うと既存の枠組みの中で解決するのではなく「創造的に考える」「斬新に考える」という思考だ。これ対して後者は「イン・オブ・ボックス(箱の中で考える)」。箱の中をどんどん改良していく、小型化していく、便利にしていく、そういうことは日本人に向いている。シリコンバレーの人たちと日本人では、創造するやり方が違うだけなのである。
例えば、いま崖の前にいるとする。シリコンバレーの人たちの考え方は、崖の先に新しい土地を作るという発想だ。日本人は地面がないところに踏み出せないため、新しい土地がないなら、崖の前の土地に一生懸命ビルを建てようとする。これが箱の中の思考だと言える。”

読者の方の中には、この点については、賛否両論あると思いますが、少なくともアイデアの立場からはこう見える、ということを述べたものです。このトピックは、今後も、イノベーションをめぐる人々でディスカッションをしてみたいところです。

この記事は、端的な表現で多くの情報が載っています。

石井のブログより、何倍もわかりやすいでしょう。ぜひ、ご覧になってみてください。

posted by 石井力重 at 15:07 | プレスリリース&メディア掲載

2018年05月30日

【NHK まちかど情報室】つながっていきます、ネコの手のメモ、アイデア【neko note(ねこのーと)】

今朝のNHK おはよう日本、まちかど情報室(7時半過ぎ)で、「neko note(ねこのーと)」が紹介されました。

取材してくださったNHKの取材班の皆さまに、
また、取材を受けてくださったユーザの皆さまに、
「neko note(ねこのーと)」の作者として、
心から御礼申し上げます。
ありがとうございました。

ねこの手のメモ_NHK おはよう日本.JPG

ねこの手のメモ_NHK まちかど情報室.JPG

この「ネコの手のメモ」の情報について、記しておきます。

製品名:「neko note(ねこのーと)」
製造販売:株式会社マグネットデザイン  アイデアプラント事務局

オンラインショップ店http://braster.ocnk.net/product/62 (在庫が多く、書類対応もできます)
Amazon店https://www.amazon.co.jp/dp/B06XGZZPKY (注文容易で、在庫は少なめです)


なお、作り手として、これは学会受賞作品なんです、というのも、ぜひともコメントしたいところでして、
当時のブログ(2017年に、慶応大学で学会が開かれたときの様子)も、あわせて記しておきます。




nekonote(ねこのーと)や、アイデアプラントの発想道具が、創造的に何かに取り組む人々のお役に立てば、幸甚です。

石井力重
アイデアプラント 代表

posted by 石井力重 at 12:03 | プレスリリース&メディア掲載

2018年05月28日

広がる・つながる nekonote(ネコノート)、その特徴

猫の手の形をした「nekonote(ねこのーと)」は、【広がる】【つながる】【構造が浮かび上がる】という利点があります。

IMG_2310_nekonote_a.jpg

細長いアーチ状の紙で、左端には差し込む剣先、右端には差し込まれる切り込みが3つあります。

思いつくことを、短く書きます。長くなることは、分割し、複数枚にわたって書きます。
コツとしては、なるべく単語で書いてつなげると、どんどん書けます。

直線的に長く、一本道で長くつなぐ。
途中で分岐して、いろんな派生案を広げていく。
広げきったら、全体を見て、「この辺は丸ごとこちらへ付け替えたい」という時には、房ごと外して、別の場所に付け替える。

そういうことができます。

「マインドマップ」ですね、と言われることがあります。それは鋭い指摘です。
実際、マインドマップの最初の学習の前にこれをトライしてもらうと、そのあと、マインドマップをどんどん書き広げるのが、そのグループはうまくなります。

書いて、広げて、組みなおして。

これをみんなでやると、個人のアイデアを越えた広いアイデアやコンセプトが出せることに気づくからです。


==既存のツールとの違い==

 ネコノート  模造紙    ポストイット ホワイトボードソフトウエア 
仮の考えを書き出しやすい×
つながりを示しやすい×
出てきた要素の構造を変えやすい××
大量要素の一覧性  ×


模造紙:
「書いたら消せない」という心理的な抵抗があり、とりあえず書く、をためらいます。

ポストイット:
「繋がり」を可視化することや、つながった要素グループ全体を一度に動かすことが、しにくいです。

ホワイトボード:
書いた意見を「この辺をひと固まりとして、向こうに移動したい」はできません。

ソフトウエア:
画面の中で、大量の情報を広い面積で操るのはやりにくいものです。特に集団では。

アイデア創出の支援専門家として、大量のアイデア創出を見ているうちに、人々の「マイクロ使いにくさ」(ほんのうっすらとした、ためらいとか、抵抗感)をみて、補う試作品を何度も作り直して、たどり着いたのが、nekonote(ねこのーと)です。



=== 閑話 ===

上記のは無しとは全く違う余話を。

NHKの番組で「アイデア」という主題歌の番組があります。
番組の中でも、人々が、ディスカッションしたり、アイデアを生み出したり、発想に苦悩したり、着想を洗練させたり、ということが頻繁に出てきます。
人々の営みを見ていて、とても面白いなぁと思いました。
発想、アイデア、クリエイティブ。
この辺は、テクノロジーがどんどん進化した未来の世界で人間が最後にする仕事の半分だろうと思います。

シンギラリティー後の人々が見ても、今のこの番組は、古くない内容かもしれません。

猫の手の形をした、つながる付箋、nekonote(ネコノート)も、未来において人々が、ディスカッションの場面で使ってくれているものだといいなぁと思います。



===最後に===


nekonote(ねこのーと)の基本パックが、Amazonに登場しました。(160枚入り)です。

nekonoteの製品の中では、これが最も安いパッケージです。

もし「一セット手に入れてみたい」というときには、これがおすすめです。
4人で、1時間のディスカッションを1回するのに最適です。

posted by 石井力重 at 16:48 | アイデアプラントの試作の目線

2018年05月24日

うちの製品が、ヨーロッパに。

代表をしている私石井が英語が弱いので、アイデアプラントの製品は、長らく日本販売のみを続けていましたが、製品上市10周年の節目から海外販売を始めました、というのは過去に報告した通りです。

現在の販売品は、TRIZ Brainstorming Cards(智慧カードの国際版)と、neko note(ねこのーと)の国際版です。

TRIZ_Brainstorming_Cards.jpg

海外販売開始から一年がたち、徐々に広がり、アメリカ、アジアで販売していたのですが、昨日、ヨーロッパのある国からもオーダーが入りました。その国でのアイデア創出やイノベーションに役立つのであれば幸甚です。

アイデアプラントの製品は、製品販売からの収益で開発しています。こうして海外版を展開し、世界にとどけられているのも、製品を購入してくださる皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。

世界で使っていただいた中で、更にわかってくることがあるだろうと、思っています。
文化や地域を越えたブレインストーミング・ツールのニーズを感じ取り、我々はいろんなことを学んでいくでしょう。

その知見をベースにして、さらに良い道具を作り続けて、広く社会に届けてゆこうと思います。

以上、本日のブログは、海外展開に関する近況報告でした。

(今日まで7泊、東京滞在でした。蔵前で書いています。)
posted by 石井力重 at 12:20 | アイデアプラント 5th(2018-2020)



カテゴリ
プレスリリース&メディア掲載(67)
ideaplant 作品(26)
一人ブレスト(20)
電子書籍コンテンツを意識して(2)
今日の一枚(2)
IDEAVote/アイデアを、チームでスマートに楽しく評価していくツール(45)
アイデアプラントの試作の目線(86)
知であそぼう(4)
アイデアプラント 1st (2005-2008)(251)
アイデアプラント 2nd (2009-2011)(580)
アイデアプラント 3rd(2012-2014)(122)
アイデアプラント 4th(2015-2017)(167)
アイデアプラント 5th(2018-2020)(16)
アイデアワークショップ(&アイデア創出の技術&創造工学の講演)(373)
アイデア・スイッチ(39)
アイデアの技法(224)
メソッド&ハウツー(191)
研究(創造工学)/検討メモ&資料(124)
研究(創造工学)/発表論文&スライド(14)
TRIZ(143)
日記、価値観、仙台オススメ(434)
仙台(4)
Fandroid(11)
フリー・オートシェープ素材(ご自由にどうぞ)(2)
創造工学の絵本(5)
社会活動/全般(39)
社会活動/Five Bridge(11)
シリコンバレー(23)
面白法人KAYAC(9)
社会動向を見る(9)
カード・メソッド(todoとideaと会話をカードで可視化)(2)
研究(MOT)/検討メモ&資料(41)
研究(MOT)/発表論文&スライド(3)
ベンチャープラン「音co知心」(8)
MMJ(37)
事業化コーディネータのお仕事(165)
航海マネジメント・ツール(11)
道具考/pomera(6)
道具考/scansnap(14)
道具考/YUREX(1)
道具考/iPod touch(21)
道具考/ALL(32)
道具考/iPad(8)
ブレイン・ペーパー(1)
石井力重とは(9)
8月22日(13)
311special(6)
ideaplantに、お仕事を依頼してみませんか(9)
創業初年度の確定申告(8)
こども用(4)
iPad+アイデアワーク(10)
旅先にて(11)
Finland(5)
新しい知識を学ぶ(1)
ブレストカフェ(2)
気づきは仮説に過ぎず。だが表現すべし。(1)
アイデアプラント・ノート(1)
加藤昌治さんと石井力重の「往復書簡」(4)
ファシリテータの小ネタ(1)
過去ログ
2018年07月(8)
2018年06月(12)
2018年05月(11)
2018年04月(7)
2018年03月(8)
2018年02月(6)
2018年01月(2)
2017年12月(6)
2017年11月(12)
2017年10月(3)
2017年09月(3)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(5)
2017年05月(8)
2017年04月(5)
2017年03月(8)
2017年02月(6)
2017年01月(6)
2016年12月(10)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(5)
2016年07月(6)
2016年06月(9)
2016年05月(11)
2016年04月(10)
2016年03月(12)
2016年02月(15)
2016年01月(32)
2015年12月(41)
2015年11月(28)
2015年10月(11)
2015年09月(5)
2015年08月(10)
2015年07月(6)
2015年06月(6)
2015年05月(7)
2015年04月(19)
2015年03月(4)
2015年02月(7)
2015年01月(6)
2014年12月(6)
2014年11月(9)
2014年10月(12)
2014年09月(11)
2014年08月(11)
2014年07月(14)
2014年06月(2)
2014年05月(8)
2014年04月(6)
2014年03月(10)
2014年02月(2)
2014年01月(5)
2013年12月(7)
2013年11月(6)
2013年10月(8)
2013年09月(10)
2013年08月(11)
2013年07月(17)
2013年06月(7)
2013年05月(11)
2013年04月(11)
2013年03月(6)
2013年02月(13)
2013年01月(11)
2012年12月(34)
2012年11月(13)
2012年10月(8)
2012年09月(12)
2012年08月(13)
2012年07月(40)
2012年06月(27)
2012年05月(23)
2012年04月(15)
2012年03月(17)
2012年02月(23)
2012年01月(10)
2011年12月(20)
2011年11月(32)
2011年10月(18)
2011年09月(22)
2011年08月(24)
2011年07月(32)
2011年06月(20)
2011年05月(7)
2011年04月(34)
2011年03月(74)
2011年02月(36)
2011年01月(36)
2010年12月(50)
2010年11月(47)
2010年10月(57)
2010年09月(36)
2010年08月(42)
2010年07月(39)
2010年06月(64)
2010年05月(74)
2010年04月(78)

Powered by さくらのブログ